野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

20141227 生坂水鳥公園

今回は長野県東筑摩郡生坂村の生坂水鳥公園です。

この場所は今まで全く知らなかった場所ではありましたが、twitter上でその存在を知る事となりました。
今回初めて行く、新規に開拓をするフォールドです。

毎年年末には撮影行に行く、安曇野市の犀川白鳥湖、御宝田遊水池にも近い場所に位置しているため、この2箇所の撮影行の時に組み込んで行く事にしました。

この時期は特に車両移動に関して、積雪がどうなのか気になっていましたが、twitter上で現地のフォロワーさんからレポートを頂き、その点に関しては安心して行く事が出来ました。

あとは、場所などは地図上だけですし、現地の地形や環境も全くわかりませんので、時間的に十分な余裕を見て行く様にしました。

現地では、少し注意していれば、道路上に公園の案内看板もあり、全く迷う事なく現地に到着する事が出来ました。

着いてみると、大変に静かでひっそりとした山間の場所、人間はいなく、生きものたちの息吹だけが聞こえるような素晴らしい場所でした。

こう言った場所がうちの撮影行のフィールドを決める、最大のポイントであり、同時に好みの場所でもあります。


以下、風景写真の撮影は、SONY CYBER SHOT DSC-TF1 での撮影、
その他は、Canon EOS1D MarkⅢ+SIGMA APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM での撮影です。



20150103_b02.jpg


現地の風景です。駐車場横から東屋を入れて河川方向を撮影しました。


こじんまりとした場所ではありますが、大変に落ち着く、素晴らしい雰囲気の場所です。




さて、ここではもう一つの目的がありました。
怪我をしてしまい、この場所にずっといる、2羽のコハクチョウ君に会う事です。


20150103_b01.jpg


ゆったりと2羽で並んで、お休みをしていました。

この2羽はノブちゃんとフクちゃんと言うそうです。
twitterの現地のフォロワーさんが、ご熱心に見守りを続けていらっしゃいます。
公園内の清掃であるとか、釣り人への注意喚起看板であるとか、様々に活動をされていて、頭が下がるばかりです。

うちも何か出来る事はないかと模索していますが、行けても年に数回程度しか行く事が出来ませんし、直接の活動も難しい状況です。

幸いに長野県には多くの毎年行くフィールドがあります。
①アルプスあづみの公園 (安曇野市・春~秋通期、昆虫類撮影)
②赤怒田福寿草公園(松本市・フクジュソウ)
③千曲市戸倉・倉科セツブンソウ群生地(千曲市・セツブンソウ)
④ザゼンソウの里公園(諏訪市・ザゼンソウ)
⑤トンボの楽園(伊那市・ハッチョウトンボ)
⑥南割公園(駒ヶ根市・ハッチョウトンボ)
⑦烏川渓谷緑地(安曇野市・昆虫類全般)
などの場所です。

それぞれの場所に行く際に時間的余裕があれば、様子を見に行くと言う事が出来ると思います。

様々に心配な事はありますが、現地で見守りをされている方がいる事は大変に心強い限りです。




さて、その2羽ですが、どちらがどちらかはうちには見分けが付きません。
ただ、くちばしの黄色い部分の右側が若干山なりに尖っている方と切れ込みがある方で見分けられそうです。


20150103_b05.jpg


1羽の方です。
くちばしの右側の黄色い部分が少し尖って見えます。

羽繕い後に伸びをしている場面でしたが、羽は伸びていないようです。




20150103_b06.jpg


もう1羽の方です。
くちばしの右側の黄色い部分が切れ込んでいるように見えます。




その他、カモ類は対岸の遠い場所の方にばかりいました。

20150103_b03.jpg


遠くにカワアイサ君が泳いでいきます。
まわりでお休みはホシハジロ君です。



20150103_b04.jpg


河川上ではトビ君が舞っていました。
トビ君はどちらかと言いますと猛禽類の中でも柔らかめな印象を受けますが、こうして見ると、やっぱり猛禽類らしい眼をしています。


最後にこの場所が半永久的に保全される事を願い、またコハクチョウ君の2羽がずっと安心していられる様な環境であってほしいと願います。

そして、ここの近場のフィールドに撮影行に行く際はできる限り、様子を見に行くべく、この2羽に会いに行きたいと思います。


いつもの如くにこの場所の鳥類観察記録です。
↓↓ クリック拡大してご覧下さい。

20141227生坂水鳥公園










スポンサーサイト
  1. 2015/01/03(土) 17:08:19|
  2. 野鳥
  3. | コメント:0
<<東京都の荒川河川敷に舞い降りた、ハクガン君(主観的考察) | ホーム | 20141214 羽田沼>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。