野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

羽田沼 (12月年末編)

今回は2010年の12月、年末に初めて行った、栃木県大田原市の羽田沼です。

あと一歩足を伸ばせば、福島県と言う事もあって、結構遠く感じました。
うちの行く所では、静岡県磐田市の桶ヶ谷沼とも同じくらいに匹敵する遠い場所です。

この場所はハクチョウ類飛来の地として、結構名が通っている場所ですので、一度は行ってみたいと思っていた所ですが、ようやくその機会が訪れました。

沼の大きさ的には予想外で大変にこじんまりとした感じで、多分地元の洗足池公園よりも面積的には狭いのではないか、もしくは同じくらいかなと言う印象でした。

【撮影データ】

時 間 ・・・ 10:00~15:00
天 気 ・・・ 曇り、雨/時々晴れ、午後より強風
撮影順序 ・・・駐車場入口~観察舎前~遊歩道、往復
撮影枚数 ・・・1,129枚
使用機種 ・・・Canon EOS 1D MarkⅢ *2機
使用レンズ・・・Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM
Sigma APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM


お天気が殆ど曇り模様で雨も時々降る様な状況でしたので、これと言った写真は残念ながらない状況です。
一通り、掲載をしておきます。



20100110_b01.jpg



オオハクチョウ君です。
この日1日での観察ですので、何とも言えないのですが、ここにいるのはオオハクチョウ君だけでコハクチョウ君はいません。
ハクチョウ類の来る、様々な場所に最近は行くようになりましたが、オオハクチョウ君とコハクチョウ君の好みの違いや飛来地の環境の違いなども気になってきました。

この場所は沼の中に陸地はありませんので、ハクチョウ類の習性から考えて、休息などで立ち寄るだけで滞在と言う意味での場所ではないと考えられます。

この関係はうちの行くフィールドで多々良沼、城沼、越辺川河川敷なども含めて季節の終わった後に考察をしてみたいと思っています。



20110110_b02.jpg



オオハクチョウ君の幼鳥です。
個体数における、成鳥と幼鳥の比率はほぼ1:1位でした。




20110110_b03.jpg


オナガガモ君の♀です。
駐車場近くに多く固まっているために大変に多く感じ、目立ちます。



20110110_b06.jpg



カルガモ君です。
オナガガモ君に混じっていると言う感じです。



20110110_b07.jpg



オオバン君、ここでは1羽だけしか確認できませんでした。




20110110_b08.jpg


ホシハジロ君、キンクロハジロ君と並んで少数派ではありますが、オナガガモ君などと一緒に行動していました。
圧倒的に♂の方が多く感じます。



20110110_b04.jpg


ホシハジロ君の♀ですが、♂に比べてかなり少なく、確認できたのは2羽程度でした。



20110110_b09.jpg



キンクロハジロ君です。


20110110_b10.jpg



ヨシガモ君です。
ここでは♂♀のペア1組しか確認できませんでした。
うつむいてばかりで、なかなか良い表情が撮れず仕舞いでした。



20110110_b05.jpg


そして、遠くではアオサギ君が多くいました。



20101229羽田沼


当日の観察記録です。
クリックして拡大してご覧下さい。

こうして見るとこじんまりとした沼ではある物の、一通りのカモ類が揃っていると言う事が伺えます。
ハシビロガモ君が見当たらないのとヒドリガモ君が大変に少ないと言うことは環境的に考えて見ると決して悪くはないと言う指標にもなりそうですが、それだけに一通りある程度の個体数が揃っているという事は貴重だとも感じます。
その場所の環境と飛来する種類、個体数などの関連もいつかはまとめたい事項でもあります。


*「自然道傳説・別編」にここでの風景写真を同時に数枚アップしています。









スポンサーサイト
  1. 2011/01/10(月) 17:55:31|
  2. 野鳥
  3. | コメント:2
<<旧芝離宮恩賜庭園 | ホーム | 2011年 謹賀新年>>

コメント

こんばんは。いろいろな場所をご存知ですね。
羽田沼、かなり遠いところのようですね。お疲れになったでしょうね。
撮影時期の人間社会は慌ただしい師走が、画像の鳥たちはゆったりした表情がいいですね。
ヨシガモがいたのですね。いいですね。かれこれ10年近くであっていません。
アオサギの群飛、壮観ですね。このようは情景は見たことありません。

  1. 2011/01/10(月) 19:19:58 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつも誠にありがとうございます。
また、お返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

さて、この羽田沼、ハクチョウ類の飛来地として結構名の通っているところですので、以前から知ってはおりましたが、行く機会がなかなかなく、今回ようやく、その機会が訪れたと言うあんばいでした。

場所的には思ったより遠く、愛知県にあと一歩の静岡県磐田市の桶ヶ谷沼よりも遠いかも知れません。

日帰りで行ける、うちが行く場所では最も遠い場所とも言えそうです。

当日の走行距離は往復で500kmでした。
桶ヶ谷沼ではおおむね、往復450kmくらいです。

当日は雨が降ったり、晴れたり、風が強かったりの荒れた天候でしたが、みなおっしゃる通り、ゆったりとした雰囲気でした。

ヨシガモ君は1ペアだけでしたが、いました。
ヨシガモ君はなかなか出会う機会のない種類ではありますが、うちの場合、必ず会える場所として、柏の葉公園と彩湖と考えて、必ず行く事にしています。

アオサギ君、うちもこれほど(実際は写真の2倍ほどの個体数)多くいるのは初めて見ました。
栃木県の井頭公園でも昨年、十数羽での光景を見たことがありますが、それとは比べものにならない光景でした。

何はともあれ、意外にこじんまりとした場所ではありましたが、おおむね一通りの種類が揃っていることが貴重な場所ではないかと思いました。
  1. 2011/01/17(月) 03:48:36 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。