野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

柏の葉公園 (1月初旬編)

今回は柏の葉公園の1月初旬編です。

この場所は以前より行きたいと思っていた場所ですが、なかなか機会が持てずに今回初めて行く場所となりました。

更にいつもお世話になっている、asitano_kaze さんから情報も頂きましたので、せっかくの機会ですのですので予定の合間に組み込んで行って来ました。
asitano_kaze さんにはこの場を借りて、御礼申し上げます。

当日はおおむね晴れ模様でした。

撮影は EOS 1D MarkⅢ + Sigma APO 150-500 F4.5-6.3 DG OS HSM 使用で手持ちの撮影です。


20090404_b09.jpg


ヨシガモ君です。
今回の主な目的の一つにはこのヨシガモ君に会いに行く事でした。
かれこれ、ヨシガモ君は数年前の彩湖以来です。
この時もそう言えば、asitano_kaze さんから情報を頂いたのを思い出します。

追記
良く考えましたら、昨シーズン、水元公園でも会っていました。
最近はどうも記憶力が悪くなってきているようです。

羽が完全に夏羽になっていないのか、光の方向、あんばいによってでしょうか、この頭の緑色の色合いがうまく出せませんでした。


20090404_b01.jpg


アトリ君です。
今回の最重要目的の一つでした。
少し遠かったのですが、何とか撮る事が出来ました。
実質のところ、アトリ君に会ったのは、この場所でこの日が最初でした。


20090404_b02.jpg


散策路周辺ではハクセキレイ君が多く歩いていました。


20090404_b03.jpg


オナガガモ君です。
ここでは調整池にはある程度いますが、それ以外では数えるほどでした。


20090404_b04.jpg


マガモ君のペアです。
後ろはマガモ君かと思いきや、アヒル君のようです。


20090404_b05.jpg


池の畔にマガモ君の♀です。
何かを言っている様ですが・・・。


20090404_b06.jpg


葦原ではアオサギ君が隠れる様にして、佇んでいました。


20090404_b07.jpg


日向ぼっこ、キジバト君がいました。
最初は羽を痛めているのか何かなのかと思ったのですが、この後普通に歩き、飛んでいきました。
キジバト君にしては余計な心配だったようです。


20090404_b08.jpg


マルガモ君(マガモ×カルガモ)です。


20090404_b10.jpg


オオバン君です。
環境から言えば、もう少し個体数がいても良さそうですが、1羽だけでした。


掲載する写真は以上ですが、全体的に見て、総合的な公園としては素晴らしいところだと感じました。
鳥類相に関しては一般的ではありますが、少ないというわけでもないかと思います。

手賀沼にもほど近い場所に位置しますから、少なくとも様々な種類が立ち寄る可能性は多いと考えられます。

また、植物類、昆虫類も環境的に大変に期待できそうですので、また機会があれば行ってみたいところです。


いつもの如くのフィールドノートです。

クリック、拡大してご覧ください。

20081229柏の葉公園
スポンサーサイト
  1. 2009/04/04(土) 11:58:07|
  2. 野鳥
  3. | コメント:16
<<井の頭恩賜公園 (1月初旬編) | ホーム | じゅん菜池緑地 (1月初旬編 )>>

コメント

こんにちは

柏の葉公園、初めて知る公園です。いろいろなところを良くご存じですね。行動の積極さには感服いたします。
・ヨシガモ♂、良いですね。
私がヨシガモを最初に見たのは1971年の冬、明治神宮内苑の南池でした。その後数度しか出会っていません。鳥類園で会えれば最高ですが。
・アトリ、良いですね。「モミジバフウの種子」を食べている様子がまた良いですね。
・日光浴するキジバト良いですね。
以前はベランダの手摺りなどで日光浴する姿を度々見ていたのですが、外壁塗装工事以後はキジバトはおろかスズメも滅多に来なくなりました。
  1. 2009/04/04(土) 12:49:56 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

 ヨシガモ。珍しいんでしょうね。見たことがありません。顔の模様の感じが
とても独特で不思議な色合いですね。

 アトリ。きれいですね。首から胸のグラデーションが美しいです。
以前八ヶ岳のペンションに泊まった時に窓の外で見たことがあります。

 口をあけたマガモ。なんとも面白い表情ですね。一瞬口の中に虫がいるのかと
思いましたが単なる模様か何かのようですね。
  1. 2009/04/04(土) 14:49:02 |
  2. URL |
  3. kurabar #3aXRcdxk
  4. [ 編集]

カモさんたち行き来しているようです

この公園はのんびりとしていて寛げるので好きです。
このヨシガモ君は1羽だけでもう何年もここにとどまっているようです。
マガモに恋をしたりするなかなか面白い生き方をするカモのようです。
アトリはモミジバフウの実が食べ頃の時にはかなりの数で来ていました。
ハクセキレイはここでも我が物顔で歩いていますね。
ここに居着いているセグロセキレイと時折やり合う姿がみられます。
さすがによしの88さん、しっとりと見事に撮っておられますね。
マガモがかなりいますが、10羽以上のものが渡りをせずにここに居着いています。
交雑種もかなり多いようです。
キジバトの日光浴姿、大好きです。
この付近にはいつくかの池があって、水鳥たちは行き来しているようです。
ですからその日によって、数や種類もかなり異なるような印象を私はもっています。
  1. 2009/04/04(土) 17:06:31 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

なじめまして。

はじめまして。ブログ村ランキングからお邪魔しました。
私はカメラはD300(Nikon)ですがレンズがよしの88さんと同じでしたのでついコメントさせていただきました。
カモ類の写真の描写が私のとまったく違うので驚いております。
あと、フィールドノートを公開されているのがいいなぁと思いました。
私も次回の探鳥から真似してみようかなぁ。


乱文・雑文、失礼しました。
  1. 2009/04/04(土) 17:45:29 |
  2. URL |
  3. ゴイサギ #CD0YfO9M
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

柏の葉公園は千葉県柏市に位置します、総合競技場や体育館なども備えた、総合公園です。

この場所は手賀沼にも近い場所にあり、またボート池を初めとして、周辺に遊水池などがあり、カモ類に関しては気になっていた公園でもありました。

前から行こう行こうと思っていながら、なかなか機会が持てずにいたところでした。

今回ようやくその機会も持つ事が出来、行って来たと言うあんばいでした。

いつもながらにお言葉も大変に恐縮です。

知らない場所・初めての場所に行くと言う事は生物類に興味を持つ以前からの事で、今現在でも少しでも多くの場所へと行ってみたいと考えている毎日です。

1回行けば、その雰囲気もわかりますし、おおむねの傾向や状況もある程度はわかります。
おおむねはその場所ごとに素晴らしい面・気に入るところが必ずありますから、その素晴らしい面・気に入るところを様々に蓄積していき、その時ごとにその蓄積したデータから行く場所を決めて行くと言う様にしています。

この場所は冬がやはり良いかなと思うのですが、春先も良さそうです。

ヨシガモ君、この場所にはずっと1羽だけいる個体の様です。
まだ、完全に夏羽になっていないかのようでしたが、オナガガモ君やマガモ君と一緒になって、活発に行動をしていました。

明治神宮の南池にヨシガモ君がいた頃があるのですね。
うちの知り得ない頃の事かとも思うのですが、今ではまずどの種類も見掛けない池だけに大変に不思議に思う事です。

ヨシガモ君はどこにでもいると言うわけでもありませんが、会うとしたら、この場所か彩湖(埼玉県戸田市)と言う事になりそうです。

昨シーズンはそう言えば、水元公園にも来ていたのを思い出しました。
たまたま行った時に遠くに泳いでいましたが、これはすでに掲載してあります。

鳥類園ではうちの知っている限り、その記録はないのかと思いますが、谷津干潟でも毎年少ないながらも来ている事がありますから東京湾にもいる事は確かのようですし、環境的に来てもおかしくないと思います。

今度の冬と言う事になるかと思いますが、来てくれると良いと思います。

アトリ君、実質この日が初めて会った日でしたが、このモミジバフウさんがお好みのようで、何度も頻繁に飛んで来ていました。

遠くてこれと言った写真は撮れませんでしたが、反対になってぶら下がっている姿を何度となく見る事が出来ました。

キジバト君、この様な状態でいるのはあまり見ない事でした。
本文にも書いてありますが、何か怪我でもしているのかと余計な事を思ってしまい、せっかくゆっくりしているキジバト君の邪魔をしてしまったかの様です。

やはり、鳥類は環境的な変化には当たり前の事ですが、敏感のようで、塗装剤などは特に影響をするようにも感じます。

うちでも裏の家が外壁塗装を年明け早々にしましたが、そのお陰かどうか、先日そちらに書いた、オナガ君が全く来なくなりました。

スズメ君やシジュウカラ君なども同じく来なくなりましたが、現在では徐々に戻って来ている状態ではあります。
それでもまだまだ以前に比べて個体数は少ないです。

ただ、ウグイス君は毎年の如く、変わりなく来ているようです。

ヒヨドリ君もようやく戻って来て、以前のような状態になって来つつあります。

種類によってもその傾向がまちまちですが、それに関しては現在、気が付いたごとに記録をしている状態ですので、ある程度データがたまりましたら、公開したいとも思っています。
  1. 2009/04/05(日) 19:18:56 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

kurabar さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

ヨシガモ君、珍しいと言うわけではないような位置付けの様ですが、確かに首都圏での個体数は大変に少なく、またなかなか会えない種類で珍しいとも言える種類かと思います。

うちの知っている限りでも、必ずいるとしたら、この場所とあとは冬の季節の彩湖だけです。
昨シーズンはたまたま水元公園に来ていたのを運良く見る事が出来ましたが、来ても1日でいなくなってしまうようですから、まさに運が大いに作用するかと思います。

また、谷津干潟にも毎年来ているようですが、来ても一時的で滞在する事がないため、これもなかなか難しいです。

そう言えば、2年前でしたか、洗足池公園にもこのヨシガモ君の♀か幼鳥と思われる個体が来ていました。
すでに掲載済みですが、やはり一時的だったようで、その後は見られませんでした。

色合い的には頭の緑色が輝く様な、そんな感じです。
「ナポレオンハット」などとも呼ばれているようですが、良く見ると他のカモ類にはない独特な色合いを持っていると思います。

このヨシガモ君はマガモ君やオナガガモ君などの中でただ1羽ですが、仲良く、大変に活発です。

また、今度は4月中旬~下旬にかけて、様子を見に行きたいと思っています。

アトリ君、実質この時が初めてでした。
♂と♀の色合いはかなり違いますが、このオレンジ色のような色合いが確かにきれいです。

もう少しすっきりと近い場所で撮る事が出来れば良かったのですが、これだけは難しいところです。

八ヶ岳では窓の外にとは良いですね。
こちらでは今シーズンこそ、あちこちで多くの個体数が見られましたが、実際は首都圏では珍しい種類かと思います。

マガモ君、池の畔でさかんに何かを言っているような、そんな雰囲気でした。
また、いつもの事ですが、よくご覧になられていますね。
うちは全く気が付きませんでしたが、口の中(下くちばしの裏あたりでしょうか)が黒く見えますね。

拡大して見たのですが、良くわかりませんでした。
多分おっしゃる通り、模様か何かなのだと言う感じですね。
  1. 2009/04/05(日) 19:46:41 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

柏の葉公園、今回ようやく初めて行く機会が持てました。
競技場なども備える総合公園ではありますが、その場所的にはレクリエーション部分と自然系部分がある程度分離されて配置されている様なところがなかなか良いですね。

残念ながら、競技場などには全く用がないのですが、そう言った施設がある事が全く気にならないと言う事は大変に重要ではないかと思っています。

そして、散策路沿いに多くのベンチが配置されているのも大変に助かりました。

モミジバフウさんの前ではだいぶ長い時間いましたが、ベンチが真ん前にありましたので、座って景色を見ているかの如くに待っている事が出来ました。

確かにおっしゃる通りで、のんびりしていると言うのでしょうか、うちの行く所の中ではずいぶんゆったりしていると言う感じの様に思えました。

さて、ヨシガモ君、最初は外周からまわっていきましたので、そのいる場所にたどり着いたのはかなり遅い時間でした。

最初はボート乗り場のあたりなのかと思い、その桟橋の下なども探したのですが、全くでしたし、もういないのかとも思ってしまいました。

今考えますと全く違ったところを探していたようです。

多くのマガモ君やその他の種類と仲良く、しかも活発に行動している事からも、普段感じる、ヨシガモ君とはちょっと違った雰囲気を感じます。

しかし、たまに1羽だけでいつの間にか遠くに行ってしまったり、また再び他のカモ類の仲間に加わったりと、様々な行動を見る事が出来ました。

以上の様に、たった1日だけでしたが、その性格と生き方などをほんのちょっとでしたが、垣間見たような感じがしました。

マガモ君との事、その子供たちに関しても貴殿の掲載されたお写真が大変に印象に残っている事です。

今シーズンはどういった展開になるのか、今後、4月中旬~下旬にかけて、再度その様子を見に行きたいと考えています。

アトリ君、実質的にはこの日が初めてでした。
駐車場から外周への散策路を歩いていた時にも数羽のアトリ君が飛んでいくのを見ました。

ただ、モミジバフウさんを目指して行き、すぐにその場所がわかりました。
別に誰もそこにはいませんでしたが、大変に目立つ樹木でしたから、多分ここだろうとそのまま待つ事にしました。

先にも書いたように、散策路沿いにベンチが設置してあるのが、この際に大変に助かりました。

少し待つと数羽が飛んで来て、木の下にそっと近寄り、そんな事をしているうちに気が付くと何羽も飛んできていました。

それでも数えるところ、8羽程度でした。
最盛期にはかなりの個体数が来ていたのかと思いますが、今回はいただけでも幸いでした。

ハクセキレイ君、散策路を歩いていますと結構多く歩いているのを見掛けました。

うちの行く場所ではどちらかと言いますとハクセキレイ君とセグロセキレイ君はうまく棲み分けをしているかの感じで、喧嘩しているのは見ないのですが、ここではハクセキレイ君の個体数が多いせいでしょうか、やはりセグロセキレイ君とぶつかってしまう様ですね。

いつも思う事ですが、うまく仲良くやってやって欲しいものですね。

そして、お言葉も大変に恐縮です。
このヨシガモ君は何枚も写真を撮影しましたが、あまり上を向いている事がない事と、日陰になる場所に多くいるためか、なかなかうまくその色合いを撮る事が出来ず、掲載したのは、その何枚もの中の1枚です。

そして、確かにマガモ君も多くいますね。
10羽以上もオフシーズンに残ると言う事も大変に驚きですが、そうなると、交雑も大いに起こり得る事かと思います。

カルガモ君との交雑種はいましたが、一通り見る限りでは、ヨシガモ君の特徴を持ったマガモ君は見当たりませんでした。

昨シーズンの子供たちはマガモ君同士の子供たちだったのかなと感じられますが、これだけはその子供たちがそのままここにいるというわけでもありませんでしょうから、難しいですね。

そう言った、それぞれに関して、4月中旬以降に行った際に色々と見て行きたいと思います。

キジバト君、第二水辺公園の階段を上がって、散策路に入ったすぐ真ん前にいました。
本文でも書いたとおりですが、初めて見る光景でしたので、怪我でもしているのかと余計な心配をしてしまいました。

とうのキジバト君にとってはせっかくゆっくりしているのにその邪魔をしてしまったようでした。

そして、その鳥類相ですが、確かにこの場所は手賀沼にも近く、また周辺にもいくつかの調整池がありますから、おっしゃる通り、それぞれを行き来している可能性は高いとうちも思います。

それだけに行ったその日によって個体数も変化すると言う事は十分に考えられますね。

頻繁に行く事が出来れば、その鳥類相もある程度見て行く事が出来るのでしょうが、こちらからは結構遠い場所となりますので、なかなか行く事が出来ないですから、行った時の状況である程度判断していくしかないのかも知れません。

今度行くとき、どのような状況になっているのか、大変に楽しみでもあります。
  1. 2009/04/05(日) 21:28:50 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

ゴイサギ さん

こんばんは、初めまして。
ブログ村からうちのブログをご覧いただき、またコメントをも頂きまして、誠にありがとうございます。

カメラのメーカーは違いますが、レンズが同じと言う事でもつながりを持てると言う事はまたうれしい事です。

うちの場合、鳥類撮影の場合は、この150-500mmか300-800mmのどちらかを使用して撮影をしています。

今回は150-500mmでの撮影ですが、掲載写真は出来たJPEG画像をリサイズするだけで掲載をしていますので、レンズ、カメラの特性などが特に大きく出ているのではないかと思います。

実のところ、一眼レフはCANON製以外は使った事がありませんので、他社製のカメラに関しては全くわからないと言うのも現実です。

そちらにもお邪魔をして、お写真を拝見致しました。

確かに感じがかなり違った様に思える事は確かですね。

レンズが同じならば、多分にして、ニコン製の写真の作り方とキヤノン製の写真の作り方の違いなのかなと言う感じがします。

今のところ、レンズが全てCANONマウントですので、他社のカメラを使いたくても使えないという現状ですが、今回は大変に参考になる事でもあります。

もう一つは、うちの場合、撮影時に露出を下げていますので、どちらかと言いますとアンダー目なのも少し違った印象になっているのかも知れません。

あまりメカ的な技術的な事は良くわからないのですが、メーカーの写真の作り方によるところが大きいのかなと感じますが、いかがでしょうか。

大した写真はありませんが、またよろしかったら、ご覧頂けますと嬉しい限りです。

また、植物類、昆虫類、景色なども撮影して、それぞれ掲載をしていますので、よろしかったらご覧ください。

それぞれへはHPのTOP( http://yosino88.com )から行く事が出来ますし、ブログに関してはここのリンクの所からも行けます。

専門家からご覧いただいて、どうなのかも大変に気になるところです。

また、フィールドノートに関しては、ただ写真を撮るだけでは今一歩物足りなく、また不足気味にも思い、何か付加価値、または何かを残そうと思って、始めた事です。

個体数などを数えるのは大変に時間がかかりますが、あまり細かい事は気にせずにやっています。

これもデータがたまっていく事で、様々な傾向、鳥類相がわかり、また環境的な変化も考えられると言う事からも更に充実させて行きたいと考えているものです。

別に大したものでもありませんから、よろしかったらご参考にされてください。

現地ではA5タイプのメモ帳に走り書きをして、帰ってから、EXCELに入力、それを画像変換して掲載しているだけです。

今後ともよろしくお願い申し上げます。
  1. 2009/04/05(日) 21:58:21 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

お早うございます。

ヨシガモはこちらでは数も多いので、良く撮りますが、頭の色を出すのは大変難しいですね。
まだまだ居残りガモ達見かけますが、さすがに減ってきました。
また、こちらの小さな干潟でも賑やかになりつつあります。ノビタキも入り始めましたし、行きたい所だらけの状況です。
  1. 2009/04/06(月) 10:28:54 |
  2. URL |
  3. MG #4Uul2xRw
  4. [ 編集]

MG さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

ヨシガモ君、そちらでは多くいるとの事、大変に羨ましいですね。

こちらでは大変に珍しい種類になりつつあるかと思われ、いると言う所は、うちの知っている限りでも首都圏でほんの数ヶ所もありません。

この場所のヨシガモ君はただ1羽ですが、必ずいると言うのが救いです。

確かにこの頭の色合いは光の向き、加減によっても様々に変わりますし、なかなかきれいに行きませんね。

何枚も撮影しましたが、それこそ色々でした。

こちらに関してはまた4月の中旬以降に再度行って、今度はきれいな夏羽になっているでしょうから、その少し変わった姿を撮影したいと思っています。

さて、カモ類ですが、やはり全般的にこちらでもかなり減ってきています。

ただ、こう言うときに立ち寄るというのでしょうか、思いがけない種類が来たりする事もあるようです。

ただ、それも運にかなり左右されるようですが・・・。

そして、干潟の方も賑やかになって来ているようですね。

おおむね、傾向的にはこちらの干潟とほぼ同じかなと言う感じがしますが、まだまだ始まりですから、どうなるか予測が付きませんね。

ノビタキ君、こちらでは全く情報を聞きません。
大変に羨ましい限りです。

例年、この時期はシギ・チドリ類ばかりで干潟に行く事が常でしたが、今シーズンからは鳥類だけでなく、昆虫類、植物類も早い時期から見ていこうと考え、干潟以外にも更に行きたいところが山ほどある状態となっています。

出来るだけ均等に1日を2分割して、鳥類に専念する時間帯と植物類に専念する時間帯を作るとか、植物関係の場所に行ったら、今度は昆虫関係の場所に、または鳥類関係の場所になどとあれこれと限られた時間をやりくりしている今日この頃です。
  1. 2009/04/06(月) 23:26:27 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

おはようございます

柏の葉公園は、テニスの試合で何度か言ったことがあります。
地理的には近隣の市ではあるのですが
車が込んで、とても遠いところという印象があります。
ヨシガモ、名前は聞いたことはありますが
本当に美しい鳥ですね。
この時期はどのカモも、美しいように思いますが
きらめく羽は独特ですね。
何かを話しているマガモ君の姿は
本当にほほえましいです。
美しい画像だからこそ、その雰囲気が伝わるんだなぁと
改めて感心させられました。
  1. 2009/04/09(木) 09:25:43 |
  2. URL |
  3. xiao #rDKnVBoQ
  4. [ 編集]

どの子も驚くほど色が綺麗に出てますね!!
素晴らしい・・・(*^_^*)
何かをしゃべってそうなマガモ、可愛いです!!(笑)
  1. 2009/04/10(金) 11:41:11 |
  2. URL |
  3. りもふ #-
  4. [ 編集]

xiao さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が遅れ、誠に申し訳ありません。

柏の葉公園、今までにも気になって、何度か行こうと思ったところではありますが、こちらからでは場所的に不便な面もあり、なかなか行く機会が持てない状況でした。

今回は様々な事もあり、ようやく行く機会が持てましたので、様子を見てきました。

そちらでも場所的には難しい場所にある様でしょうか。
うちが行った時には道路混雑などは気になりませんでしたが、初めて行くには、案内看板に気が付かなかったのか、少なかったのか、少しわかりにくい感じもしました。

ヨシガモ君、首都圏ではどこにでもいると言うわけではありませんので、どちらかと言うと個体数はかなり少ない種類かと思います。

うちが知っているだけですが、必ずいると思われるのは数ヶ所程度でしかありません。

それだけにこの場所にいる、ヨシガモ君は大変に貴重であると言う事が出来るかと思います。

確かにこの時期のカモ類は繁殖期の前ですから、羽色がきれいになるのは知られている事ですが、その中でもこのヨシガモ君は特徴的な羽色であると思っています。

この写真の個体はまだ完全に夏羽になっていない様ですから、今現在は更に頭の色合いがきれいになっているものと思われます。

4月中旬以降にまた様子を見に行こうと思っていますが、どのようになっているのか、大変に楽しみです。

マガモ君、調整池の畔での様子です。
その真ん前には♂♀のマガモ君が多くいますが、さて何を喋っていたのでしょうか。
その言葉がわかればといつも思う事でもあります。

そして、いつもながらにお言葉も大変に恐縮です。

カモ類も含めて生き物全般に言える事ですが、その表情はその時その時、まさに様々です。

それだけにいつも同じ様でいて、実はそれぞれ違った表情をしています。

その違った表情をとらえていく事をいつも気をつけているところです。
  1. 2009/04/13(月) 23:14:25 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

りもふ さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が遅れ、誠に申し訳ありません。

そして、いつもながらにお言葉も大変に恐縮です。

この時期はカモ類も繁殖期の前の大事な時期ですから、種類によらずに、きれいな羽色になっていますね。

その羽色も、角度、光の状態、その他色々な条件に左右されますが、やはり出来る限り、表情も含めて、きれいに撮ってあげたいものだといつも思っている事です。

そして、マガモ君、写真には写っていませんが、この前方には多くの♂♀のマガモ君たちがいます。

何を喋っていたのか、その言葉がわかればといつも思う事でもあります。
  1. 2009/04/13(月) 23:38:23 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

Jーママ

こんにちは。ちょっと ご無沙汰をいたしました。
こちらではヨシガモはいないのでしみじみ見させていただきました。 いつものことながら素晴らしい撮影に見入ります。 見慣れたハクセキレイもよしのさんですと別の鳥さんに見えちゃいます。。。ほんとマガモ君、姿勢正して歌っているようにも...とても愛らしいカットで和みますね。
  1. 2009/04/22(水) 17:59:15 |
  2. URL |
  3. J-ママ #L6L1d2IA
  4. [ 編集]

J-ママ さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、こちらこそ少しご無沙汰をしております。

年度末の仕事のピークを4月の初旬に越えたものの、相変わらず仕事の忙しさは変わらず、この時期としては例年にないことでもあります。

依然として、年度末よりは多少落ち付いたとは言え、仕事以外の時間を取ることはなかなか難しい状態が続いております。

ブログもアップできない状況が続いており、また皆様方のブログへの訪問も満足に出来ない状況で大変に申し訳なく思っているところです。

さて、また、いつもながらにお言葉も大変に恐縮です。

ヨシガモ君、確かにどこにでもいる種類ではないですから、ここの個体は大変に貴重です。

うちの知っている、または行く所でヨシガモ君がいるのはほんの数カ所に過ぎません。

会いに行くとすれば、この場所か冬の彩湖かに限定されてしまいます。
たまにイレギュラーで谷津干潟や水元公園などにも来ることもありますが、来ても滞在するまでには至らないことばかりです。

ハクセキレイ君、いれば必ず撮る種類です。
別のようにも見えたり、大変に嬉しいお言葉も恐縮です。

マガモ君、池(調整池)の畔で多くのマガモ君たちの真ん前で何を喋っていたのでしょうか、それともおっしゃる様に歌でも歌っていたのかも知れませんね。

その言葉がわかれば、どんなに良いかと思う事もありますが、それは到底難しいことですし、それだから、また興味が尽きなく、また惹かれるところがあり、良いのかも知れませんね。
  1. 2009/04/23(木) 22:23:26 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。