野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

井頭公園 (2月上旬編・その1)

今回は栃木県井頭公園の2月上旬編、その1です。

実はこの場所には今年に入って、1月と2月で4回足を運んでおります。
本当は多々良沼と井頭公園を数回ずつと思っていたのですが、多々良沼は行こうと思ったときに限って、強風模様の予報が多く、それだったら風の強くない井頭公園にと言う事で行く回数が増えました。

結局のところ、今年に入って現在で井頭公園4回、多々良沼1回と言う実績です。

当日のお天気はおおむね晴れ模様でしたが、強風を避けて来たのにも関わらず、予報は完全に外れ、突風も吹く、完全なる強風状態でした。

しかし、遠いところ、来てしまったからにはそのまま帰るわけにも行かず、風の様子を見ながらまわりました。

機材は EOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM +1.4×テレコン使用での撮影です。


20090321_b09.jpg


マガン君です。
初めて会う種類でした。

今まで栃木県にも稀に来ていたようですが、いつも空振りでした。

このマガン君、情報からですが、実は今現在でもここにいるようです。

ある説では移動中にはぐれてしまった幼鳥がこの場所に舞い降りて、そのままいると言う事ですが、確かにその可能性は強そうです。

情報からではガチョウ君たちと行動をともにしていると言う事でしたが、うちが行った時にはアヒル君たちと一緒に行動していました。

この先どうなるかはわかりませんが、自分をアヒル君またはガチョウ君と思って、そのままいる事にしたのでしょうか。

1羽だけと言うのも心配ですし、今後の動向が気になるところです。

ただ、考え方によっては少なくともこの様に人間に近い場所にマガン君がいるのはある意味、貴重ではないかとも思えます。


20090321_b01.jpg


アトリ君です。
この時は30羽ほど飛んできましたが、強風で撮影はうまく行きませんでした。


20090321_b02.jpg


ジョウビタキ君が道路の真ん中にいました。


20090321_b03.jpg


カルガモ君です。
大変な強風のために池の水面も波立っており、待避してきたかのようでした。

そして、依然として、カルガモ君はこの場所には大変に多く、前回に比べ少なくなったとは言っても、800羽ほどの個体数がいました。


20090321_b04.jpg


オナガガモ君です。
ここでは鳥見亭と言うところの真ん前に多くかたまっています。


20090321_b05.jpg


ついでにオナガガモ君の♂です。


20090321_b08.jpg


オオハクチョウ君です。
ここではハクチョウ類は殆ど来ませんので、大変に珍しいです。

ただ、今シーズンは例年になく、滞在をしているようでもあります。
この日は幼鳥2羽を含む、7羽が来ていました。


20090321_b10.jpg


同じく、オオハクチョウ君ですが、いる場所が殆ど逆光状態のために、撮影はうまく行きませんでした。


その1はこのあたりですが、この日は強風と言う事もあったのでしょうか、いつもと違った傾向が見られました。

フィールドノートです。クリックして拡大、また表が大きいですので、更に拡大しないと見にくいかも知れません。

20090201井頭公園


ここでわかる事は、水鳥類が殆どボート池に集中していたと言う事です。

おおむね、水生植物園、ラグーン池、その他にある程度分散しているのですが、今回はボート池以外はさっぱりいないと言う状況でした。

これが強風による一時的な事なのか、それとも何かの影響なのかは良くわからず、気になる事でもあります。

その2に続きます。
スポンサーサイト
  1. 2009/03/21(土) 18:26:40|
  2. 野鳥
  3. | コメント:12
<<井頭公園 (2月上旬編・その2) | ホーム | 清澄庭園 (12月下旬編)>>

コメント

こんばんは

・マガン、良いですね。
ガン類は東北などへ行ったことがないので縁がありません。ただ10年ほど前に渡良瀬遊水池で遠くを飛ぶ30羽ほどの群れを見ただけです。
強風の中の撮影は大変だったようですね。
・アトリ、良いですね。
今年は明治神宮へ行けなかったので、会えずじまいです。
・ジョウビタキ可愛いですね。
・カルガモ、良いですね。強風に耐えているのでしょか。
・オナガモ♀♂、質感が素晴らしいですね。
・オオハクチョウも来ていましたか。今年は鳥インフルエンザの影響であちこちで白鳥への餌やりを中止したところが多いので、その影響もあるのでしょうか。
ボート池に集まっているのは、
「ボート池→人がいる→餌が貰える」という図式が、考え過ぎでしょうか

  1. 2009/03/21(土) 19:33:40 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

強風は鳥も人も災難ですね

マガン、すばらしいですねぇ。
まだ出会ったことがありません。もっぱらブログで見せていただくばかりで。
羽毛の輝きがとても美しいです。
アトリさん、強風の中での枝留まりを撮るのは大変ですね。
でも、さすがにしっかりと撮れていますね。
カモ君たちも災難でしたね。確かに波がうねっていますね。
なかでもオナガガモの雄の美しさは際立っていますね。
黒の模様がすてきです。
オオハクチョウにも出会えたのですね。
白鳥は他の鳥と比べ段違いの大きさですね。
それだけに存在感もあります。大きな割には優雅な佇まいが絵になりますね。
  1. 2009/03/21(土) 20:18:16 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

 マガンですか。ガンの仲間はあまり見ないですね。やはり珍しいのでしょうか。
以前千葉の方でエジプトガンを見ました。普通は日本にはあまり渡ってこない
もののようなので、どういう経緯でそこにいたのかはわからないのですが。

 アトリ。かわいいですね。暖かい色合いの模様がきれいです。

 オオハクチョウ。やはり白鳥の姿は優雅ですね。
  1. 2009/03/22(日) 00:02:35 |
  2. URL |
  3. kurabar #3aXRcdxk
  4. [ 編集]

お早うございます。

オオハクチョウといい、マガンといい貴重な種が公園に定着するとは驚きそのものです。
マガンは私宅の隣町の田園にも、たまに通過途中に降りています。今シーズンは比較的多いようで、琵琶湖にも22羽やってきました。オオハクチョウや他のガン類も例年になく現れたりと、やはりいつもの年とは違うような気がします。

この時期、よく突風に出会いますが、こればかりはどうしようもないですね。ただ、野鳥達は撮り易い状態になることが多いです。
  1. 2009/03/23(月) 08:23:48 |
  2. URL |
  3. MG #4Uul2xRw
  4. [ 編集]

おはようございます!
こちらでも朝日山公園にシナガチョウと一緒にいるマガンが1羽います。
何故公園にいるのかは分かりませんが昨年は見かけませんでしたので心配なところです。
  1. 2009/03/24(火) 09:44:13 |
  2. URL |
  3. りもふ #-
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が遅れ、誠に申し訳ありません。

そして、いつもながらにお言葉も大変に恐縮です。

マガン君、去年の暮れにここに来て、それからたまにいない日もあったようですが、ほぼずっといるようです。

確かに渡良瀬遊水地で飛んでいくマガン君たちのお話はお聞きした記憶があります。

今まで、その近くの城沼に来ていた事もあり、何度か行きましたが、全て空振りで、会えず仕舞いでした。

また、東北地方(特に蕪栗沼)に行く計画もしていたのですが、やはり年末から年度末は仕事の兼ね合いで大変に難しいです。

結局の所はようやくと言う所でした。

どうも今現在でも滞在している様ですが、今後の動向が大変に気になります。

一般の来園者はガチョウ君やアヒル君たちと一緒にいる事から、さすがに国の天然記念物であるマガン君でこの場所では大変に珍しい種類であると気が付いている人は残念ながら、大変に少ないようです。

そして、当日は大変な強風で、突風も吹く状況でした。
うちのカメラはご存じの通りですが、風にかなり影響を受けますし、また倒れないとも限らず、強風の日の撮影は出来るだけしないようにしています。
撮ったとしても、風の影響でボケ写真ばかりになってしまう事が多いです。

実のところ、今回は多々良沼に行くつもりだったのですが、天気予報で強風模様のようでしたので、急遽変更して、予報が弱風である井頭公園に行った次第でしたが、予報が完全に外れました。

近い場所であれば、取りやめと言う事も出来るのですが、3時間近くかけて行っている場所ですから、そう言うわけにも行かず、風の様子を見ながら、まわりました。

アトリ君、ここでは一時的に30羽ほど飛んできましたが、すぐにいなくなってしまいました。

公園内のどこかにいるのかと思うのですが、これだけは追い切れませんから、偶然を待つしかありません。

そして、明治神宮にも来ていますか。
今シーズンは未だに明治神宮には行っていませんが、機会のあるときに様子を見に行きたいと思っています。

ジョウビタキ君、表の中の水生植物園、ラグーン池あたり(1万人プールとの間)でしたが、全くさっぱりと言う事で諦めて、ボート池にまわろうかと思っていた矢先に道の真ん中にいました。

カルガモ君、ここではボート池に800羽ほどいますが、大変な強風でしたので、いわゆる上がっている個体が多くいました。

いつもちょこちょこ動いているのですが、強風ですとじっとしているかの如くの様子でした。

やはり、カモ類にとっても強風は困る事のようです。

オナガガモ君、こちらもカルガモ君と同様でした。
どちらかと言いますとあまり動かず、じっとしていたのが撮影には幸いしました。

オオハクチョウ君、ここでは3月初めくらいまで継続して滞在したようでした。

この次に行った時は9羽になっていましたが、それでもいる時といない時があるようで、どこかと行ったり来たりしている様でもあります。

この場所ではハクチョウ類は殆ど来る事がなく、大変に珍しいです。

そして、滞在するとなると更に珍しいと言う事になりそうです。

おっしゃる通り、ここ昨今の人間の行動が変わった事から、様々なところに分散しているという可能性は大変に高いのではないかと思います。

そして、カモ類ですが、ボート池に集まっている事の要因として考えられる事は残念ながら、今のところわからない状態です。

ボート池に集まっている種類はオナガガモ君、カルガモ君、マガモ君がメインであり、またそのいる場所・いる部分もそれぞれに不思議な事に大体決まっています。

それから、ヒドリガモ君や他の少数派のカモ類がボート乗り場付近にいますが、これも毎年同じ傾向です。

ボート池以外にいる種類は、コガモ君、ミコアイサ君を主として、カルガモ君などです。

ここでは人間が食べ物をあげていたりする場面も見ますが、カルガモ君はそれに対しては、全く見向きもしない状態です。

更にコガモ君は人間には全く近付きません。
ミコアイサ君などは更に遠くにいる状態です。

今回はこのボート池以外にいる、人間には全く無関心なカルガモ君、ミコアイサ君、コガモ君を筆頭とする種類も、ボート池に集まっていたと言う状態でしたので、多分にして、おっしゃる事以外に理由があるように思われますが、いかがでしょうか。

これも何回もその様子を見る事が出来れば、その傾向もつかめてくるものかと思いますが、大変に遠い場所ですので、なかなか難しい事でもあります。
  1. 2009/03/24(火) 20:55:16 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が遅れ、誠に申し訳ありません。

そして、いつもながらにお言葉も大変に恐縮です。

さて、マガン君、ここでは去年の暮れに来て、それからたまにいない日もあったようですが、今現在でも滞在している状況です。

うちも今までは皆様方の撮られているお写真を拝見するのみでしたが、今回はようやくという所でした。

第1印象は想像していたよりもかなり「小さい」と言う事でした。

身体はガチョウ君と同じくらいかなと思いきや、実際はアヒル君よりも小さかったです。

やはり、実物を見ないとわからない事が多くあるものです。

ガチョウ君やアヒル君たちとも一緒に行動している事から、大変に珍しく、人間に近い場所にいる、かわいいマガン君です。

この先どうなるかは予測が付きませんが、その動向を見ていきたいと思っています。

アトリ君、この時は30羽ほどでどっと来て、どっと去っていったという感じでした。

枝は強風で揺れてはいましたが、これは連写のお陰でした。

揺れている場合は仕方がありませんから、連写で撮影するしかありません。

その中に一応は何とか見られる写真があれば、まだマシな方ですが、大方は全てボツ写真になってしまいます。

カモ類もやはり強風は苦手なのでしょうか、どちらかと良いますと上がって、じっとしている個体が多くいるように思われました。

オナガガモ君は強風のためか、じっとしていましたので、その分、強風でレンズ・カメラが揺れるとは言っても、撮影には幸いしました。

オナガガモ君の黒模様、つぶれているのではないかと心配していたのですが、何とかなっていたようで、一安心でした。

オオハクチョウ君、ここでは例年全くと言って良いほど来ませんから、大変に珍しいと思われます。

数年前に一時的に舞い降りたと言う事はあったようですが、数時間でいなくなってしまったそうですから、滞在するとなると大変に珍しい事ではないかと思います。

実のところ、今シーズンは多々良沼での結果が思わしくなく、コハクチョウ君だけでしたので、オオハクチョウ君はもう見る事は出来ないかなと諦めていたところでした。

そして、多々良沼に行くつもりが、強風の予報を避けて、この場所に急遽変更したのですが、風の予報は完全に外れたとは言え、オオハクチョウ君に出会えた事は大変に運が良かったと感じています。

ここでは一番大きいのは、ガチョウ君たちで、その次がアヒル君と言ったところでしょうか。

ガチョウ君と比べても桁違いの大きさですし、大変にゆったりとしたたたずまいが良いですね。

このオオハクチョウ君たち、今回は7羽でしたが、うちが次に行った時には9羽になっていました。

そして、3月始め頃まで滞在をしたようです。
  1. 2009/03/24(火) 21:28:13 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

kurabar さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が遅れ、誠に申し訳ありません。

さて、マガン君ですが、関東近県では殆ど見掛けない種類であるかと思われます。

東北地方にはかなり多くの個体数が越冬をしますが、関東の方にまでは殆ど来る事がありません。

栃木県でもここ数年で来た情報はわずかで、東京都では勿論の事、栃木県でも珍しい種類ではないかと思われます。

このマガン君は去年の暮れにここに来て、そのまま今現在でも滞在している様です。

どうも移動中にはぐれてしまって、そのままここにいると言う様な感じかと思います。

この先どうなるかは予測が付かないのですが、その動向を見て行きたいと思っています。

そして、エジプトガン君ですが、確かあれは柏の葉公園だったように記憶しています。

見に行こうと思っていながら、なかなか時間がなく、会えず仕舞いになってしまいました。

今シーズンは1月始めに柏の葉公園に行っていますが、勿論の事、そのエジプトガン君はいませんでした。

確かあのエジプトガン君は籠抜けだったような気がするのですが、もしかしたら記憶違いかも知れません。

ただ、こちらに来る様な種類ではない事は確かですね。

アトリ君、写真の個体は♀です。
この時はどっと来て、一瞬にして飛んでいったという感じでしたが、何とか撮る事が出来ました。

バックが紅葉の終わった樹木だった事もあるのでしょうか、全体的な色合い的にもいつもとは違った雰囲気になったと感じています。

オオハクチョウ君、ここではまず来る事がありませんので、大変に驚きました。

数千羽と言うカモ類の間を悠々と泳ぐ姿はまたいつも見る種類とは全く違った趣が感じられました。
  1. 2009/03/24(火) 21:47:03 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

この場所は都会の公園とは違って、栃木県の中でもどちらかと言いますと山奥の近い公園でもあるかと思います。

近くには鬼怒川が流れており、まわりは一面殆ど畑のような感じの場所です。

マガン君に関しては去年の暮れにここに来たようで、それからいない日もいくらかあった様ですが、今現在でも滞在をしている様です。

こちらに関しては今後の動向が気になるところです。

オオハクチョウ君に関しては、3月初め頃まで滞在をしたようですが、今現在ではもういません。

そのどちらも、どちらかと言いますと長期滞在であり、確かにこう言った公園では大変に珍しいとともに貴重でもあるかと思います。

これが近い場所の公園でしたら、大変にうれしい事なのですが、さすがにこの栃木県の場所に行くには高速道路で3時間くらいかかりますので、そう何度も行く事の出来る場所ではない事が残念な事です。

そちらではマガン君をはじめ、オオハクチョウ君や他のガン類なども来る事は拝見をしている事ですが、改めて、こちらとは全く環境的にも桁違いであるかと思います。

さすがに東京都ではマガン君やオオハクチョウ君はまず来る事がありませんし、見られてもごく稀に何年かに1回と言うのが良いところです。

そうなると関東近県にまで足を伸ばさないとならず、特にガン類に至っては、更に東北地方まで行かないと満足に見られないようなあんばいです。

それだけに琵琶湖の雄大な自然は素晴らしいですね。

何度となく行く計画をしては見るものの、年末から年度末はまず難しいところです。

今シーズンに関して、こちらではハクチョウ類、ガン類に関してはそちらとは違って、反対に少ないような気がしています。

ここのマガン君も完全なイレギュラーですし、オオハクチョウ君も今までにない事ではありますが、実際にハクチョウ類がいるはずの、多々良沼ではそれほどの個体数を見る事が出来ませんでしたし、羽田沼と言う所(行こうと思って行けなかったところですが)でもかなり少なくなっているようです。

これは栃木県、群馬県での事ですが、おおむね、全体的に同じ傾向かと思われます。

しかし、反対に個体数的には例年と同じで、集中傾向から分散傾向になっているのではと言う見方も出来そうです。

ここのところ、毎日のように強風、突風で写真撮影には大変に困ったものです。

強風で撮影がしやすくなる事もあるのですが、やはり、身体の安定・影響、レンズ・カメラへの風の抵抗・影響、樹木その他の揺れ、などなどを考えると風は穏やかな方が良いように思います。
  1. 2009/03/24(火) 22:07:24 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

りもふ さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

朝日山公園、貴殿のメインフィールドですね。
そちらにマガン君がシナガチョウ君と一緒にいたとの事ですが、昨年はいませんでしたか。

この場所でもガチョウ君(シナガチョウ君の白タイプのシロガチョウ君1羽、エムデンガチョウ君2羽、ツールーズガチョウ君3羽)と一緒に行動をしていたという事もあり、何か共通点があるような感じがしてなりません。

ここにいる写真のマガン君はどうも移動中にはぐれてしまって、この場所に舞い降りて、そのままいると言う見方が強いようです。

一般的には公園にいると言う種類ではありませんから、はぐれてしまったとか、その場所が気に入ってしまったとか、何かの理由があるのでしょうね。

ここのマガン君は未だに滞在している様ですが、今後の動向が大変に気になるところです。
  1. 2009/03/24(火) 22:22:14 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

こんにちは。
栃木県にも井頭公園というところがあるのをこちらのblogで知りました。 マガンもちろん初めてですが、触れるのではと思うほどきれいに写されましたね! 大白鳥も見られるなんてびっくりいたしました。 今年はこちらでもアトリの集団が見られましたがまもなく移動したようです。
  1. 2009/03/25(水) 11:46:19 |
  2. URL |
  3. J-ママ #L6L1d2IA
  4. [ 編集]

J-ママ さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

この場所には必ず毎年、年末年始にかけて行くようにしている所です。

ご存じとは思いますが、栃木県では有数の探鳥地ともなっています。

東京都の方は井の頭(いのかしら)でこちらは、井頭(いがしら)と読みますが、紛らわしいですね。

だいぶ以前に掲載した時に東京都の井の頭公園とお間違えではないかと見受けられるコメントもあったりしました。

マガン君、どうもはぐれてしまったようで、ずっとここにいるようです。

ガチョウ君やアヒル君などと一緒に行動をしており、珍しく大変に人間に近い場所にいる、かわいいマガン君です。

この先どうなるか、大変に気になるところですが、動向を見ていきたいと思います。

お言葉も大変に恐縮です。
いる場所と撮影場所の関係から、斜光状態で今一歩うまく撮影できなかったのが残念でした。

ただ、これでも約20mほどは離れています。

一般的にマガン君は大変に警戒心が強く、人間からはかなり遠い場所にいるのが普通ですから、環境の違いこそはあれ、大変に珍しい事です。

オオハクチョウ君、ここでは数年に1回程度ほんの数時間舞い降りる事はあっても、今シーズンのように滞在する事は大変に珍しいです。

こちらに関しては大変に運が良かったと言う事になるのかも知れません。

この2月の初めを頭にして、いたりいなかったりと言う事はあった様ですが、3月初めくらいまで滞在をしたようでした。

アトリ君、今シーズンは大変に多いと聞いておりましたが、うちの場合は結局栃木県や千葉県などに行った際に良く出会ったという所でした。

残念ながら、都内の公園などでは見掛ける事がありませんでしたが、やはり来ている事は来ているんですね。

もうそろそろ、お山へと帰る季節でもありますね。
  1. 2009/03/25(水) 13:53:47 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。