野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

水元公園(その2)

今回は水元公園のその2です。

当日は天気予報では晴れのはずでしたが、殆ど曇り空のお天気で、これと言った写真も撮れずになってしまいました。

機材は EOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM +1.4×テレコン使用での撮影です。


20090129_b18.jpg


アオサギ君です。
どうも何回やってもお目当てのお魚さんは捕まえられずの様でした。
30分くらい見ていましたが、成功率は0%、ちょっと心配になってきてしまいます。


20090129_b13.jpg


ヒドリガモ君ですが、どうも中途半端な色合いの個体です。


20090129_b14.jpg


かなり暗い写真ですが、ホシハジロ君の♀が遠くに泳いでいました。
探して確認した限りでは、ホシハジロ君はこの1羽だけしか見当たりませんでした。


20090129_b15.jpg


カイツブリ君です。
同種にしては、結構多くの個体が見られました。

珍しく、ある場所では8羽くらいかたまって行動している様子も見られました。


20090129_b16.jpg


ジョウビタキ君です。


20090129_b17.jpg


ダイサギ君です。
1枚目のアオサギ君とまた、コサギ君と3羽で一緒に行動していました。


20090129_b19.jpg


マガモ君です。
今シーズンはこのマガモ君、どうも少ないように思えてなりません。
バードサンクチュアリにいくらか確認できるくらいです。


20090129_b20.jpg


オオタカ君です。
そして、その生命を繋いだのは、ハシブトカラス君の様でした。


20090129_b21.jpg


少しして、幼鳥も飛んで来ました。

この日の水元公園は以上ですが、全体的に昨シーズンの同時期と比べて、全体的にはほぼ同じ傾向と思われるものの、細かく見て行くとかなり種類的に減っているような、そんな感じがしました。


その1と同じ表ですが、添付しておきます。

クリックして拡大、また表が大きいですので、更に拡大してスクロールしないと見にくいかも知れません。

20081224水元公園

次回は未定ですが、年末年始にかけての在庫がかなり多く残っています。
その中から選んで掲載をしたいと思います。


***最近の更新はTOPページから、「お知らせ・情報掲示板」です。
スポンサーサイト
  1. 2009/02/23(月) 21:28:22|
  2. 野鳥
  3. | コメント:14
<<とある場所 | ホーム | 水元公園 (その1)>>

コメント

 年度末が近づきお忙しいようですね。

 ヒドリガモ。かわいい横顔ですね。

 オオタカは獲物を捕らえたところなんですね。普段はどちらかと言うと
幅を利かせている感じのカラスもオオタカにかかってはひとたまりも
無いんですね。

 幼鳥はほっそりとしているように見えますね。成鳥とは模様も
ずいぶん違うんですね、
  1. 2009/02/23(月) 23:22:28 |
  2. URL |
  3. kurabar #3aXRcdxk
  4. [ 編集]

こんにちわ。

大変お忙しいご様子。
厳しい経済状況のなか、大変羨ましくもあります。

ヒドリガモも注意して見ていますが、目の周りのグリーンの部分が様々なパターンもありますね。
変異は少ない種だと思っていたのですが、どうやらそうでもないようです。
この個体は、かなり変っていますね。こういうものを注意深く見つけられる観察力には敬服いたします。

こちらでも、マガモは特に少なく感じています。
例年の1/3以下でしょうか。

オオタカ・・・こういう様子が撮れない私には、まことに羨ましい限りです。
  1. 2009/02/24(火) 10:08:51 |
  2. URL |
  3. MG #4Uul2xRw
  4. [ 編集]

こんばんは!
こんな状況の中、お忙しいとは・・・羨ましいです^^;
お体ご自愛下さいね!(*^_^*)
アオサギはいつもどんくさいイメージですね(笑)
となりでコサギが次々と獲物を捕らえるところをよく見かけます^^;
  1. 2009/02/24(火) 18:38:11 |
  2. URL |
  3. りもふ #-
  4. [ 編集]

お忙しいようですね

アオサギがそんなに失敗するのは見たことがないです。
どこか身体が悪いのではないでしょうか。
でも、毛並みはよさそうですね。
ヒドリガモ、決して悪くはないです。
ここのダイサギ、アオサギ、コサギ、仲がいいのでしょうね。
オオタカ、いつもモビングされていますが、獲物にしたのですね。
水元公園、久しく行っていませんが、それというのも仰るとおり鳥があまり見られません。
ついつい遠ざかってしまいました。
お仕事ご多忙で、なかなかフィールドへ行くことが叶わないとのこと、胸中、お察しします。
その間、書籍をたくさん購入して学ばれているのですね。
早くカメラをもてるようになるといいですね。
  1. 2009/02/24(火) 19:51:32 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

お忙しいようですね。
今日、オオタカを見かけまして
こちらのページにアップされていることを思い出して
お邪魔してみました。
春が近づいてきて、花をとることが多くなってきましたが
ハシビロガモなどの羽根がとても美しく
あらためてその魅力を感じました。
お仕事が一段落されましたら
また素敵な画像を楽しみにしています。
  1. 2009/03/07(土) 18:33:24 |
  2. URL |
  3. xiao #rDKnVBoQ
  4. [ 編集]

kurabar さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が大変に遅くなり、誠に申し訳ありません。

例年の事ですが、年度末は仕事のピークとなり、まさに仕事以外の時間は全くと言って良いほど取れない状況となります。

そのために仕事以外の事でかなりしわ寄せが来てしまいますが、これも仕方のない事です。

ただ、皆様方のブログへの訪問が出来なくなるのが申し訳ない事です。

ヒドリガモ君、ちょっと模様の変わった個体(換羽の途中?)ですが、ヒドリガモ君独自の澄んだきれいな眼で良い表情をしていると思いました。

オオタカ君、いつもはカラス君に追いかけ回されているというイメージが大きいのですが、やはり猛禽類は猛禽類という感じですね。

多分にして、カラス君の方が頭の方は良いと思いますし、また身体の大きさ的にも鳥類の中では大きい方ですから、猛禽類とは言えども、かなり命がけなのかなと言う感じがします。

オオタカ君も生きるためにはある程度の危険を覚悟してまでもと言う感じもして来る事です。

うちが主観的に考えるにはいくら猛禽類とは言えども、その個体数、身体の大きさ、頭の出来などからカラス君の方が断然優位に立っているのではないかと言う感じがしてなりませんが、いかがでしょうか。

そして、成鳥と幼鳥ですが、模様も感じもかなり違って見えます。
今このお返事を書いている時点でふと思いついたのですが、いわばゴイサギ君の成鳥と幼鳥の違いと言う感じにも思いました。
  1. 2009/03/08(日) 04:20:09 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

例年の事ですが、この時期は仕事以外の時間が全くと言って良いほど取れないのが、困ったものです。

それによって、皆様方のブログへの訪問も出来ない状態で、大変に申し訳なく思っております。

この厳しい時代の中ではありますが、今期は早くも残り2ヶ月で目標、利益も達成している状況で、例年になく仕事も多い状態、そしてここ昨今の人員削減から一人一人の負担が大変に大きくなっている事から、この様な状況になっているものと考えられます。

年を追うごとに忙しくなっていくような気がしてなりません。

さて、ヒドリガモ君、確かにおっしゃる通りで、良く見ていると様々にお顔が違うのに気が付きますね。

眼のあたりの緑色は個体ごとにそれぞれ違いますから、細かいところから言えば、個体変異の大きな種類となるかも知れません。

そして、お言葉も大変に恐縮です。
この少し変わった個体はたまたま撮った中にいたと言うあんばいで、意識的に見付けて撮ったというわけではなかった様に思います。

ヒドリガモ君でもここでは大変な個体数がいますので、それこそ、写真もヒドリガモ君だけで何百枚と撮っています。

そう言った中に撮った時には気が付かなくても、後で見たら変わった個体だったり、また運が良ければ、別の初めて会う種類がいたりと言う事があったりします。

マガモ君、そちらでも個体数が少ないようでしょうか。
1/3とはかなり少ない感じがしますね。

実際に来ているところには例年通りの個体数が来ていますから、全体的な個体数が減っていると言うわけでもなさそうですが、それでも心配は募ってきます。

都心部などでは実際問題、見掛ける事自体がそれほどなく、前々から少ない個体数であったものが、更に少なくなってきているという状態です。

反対にうちの行く場所では都内から離れた場所になりますと例年通り、またはそれ以上の個体数が確認できていますので、都心部での目に見えない環境の変化によるところが大きいような感じがしてきます。

これも実際にうちの行く場所でのデータにしか過ぎませんから、その全体像を掴む事は難しいです。

オオタカ君、うちの場合、こう言った光景はあまり好きではないので、意識して撮っている訳でも狙っているわけでもないのですが、やはりこれも厳しい自然界の一コマと考えれば、仕方のない事です。

猛禽類となるとどうしても都心部では樹木に隠れてとまっている姿か、今回掲載したような光景のいずれかが多くなってしまうようです。
  1. 2009/03/08(日) 05:08:12 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

りもふ さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

この厳しい状況の中、例年、この時期は大変に忙しい状態で仕事以外の時間は全くと言って良いほど取れない状況です。

仕事自体が多くなっている事も確かですが、ここ昨今の人員削減から一人一人の負担もかなり多くなっている事が大きな理由ではないかという感じがします。

お言葉も大変に恐縮です。
毎年の事ですが、この時期を乗り越えれば、かなり余裕が出来ますので、あと少しという所です。

アオサギ君、やはり身体が大きいせいでしょうか、動きはどちらかと言いますとコサギ君に比べるとゆったりしているような感じがしますね。

ここではこのアオサギ君とダイサギ君、コサギ君が3羽で一緒に行動していましたが、やはり機敏に行動しているのはコサギ君でした。

このアオサギ君は冬羽ではあっても、もしかしたらまだ完全な成鳥ではない可能性もありますから、不慣れである事も考えられます。

アオサギ君もこうした事を積み重ねて、成長をしていくのでしょうね。

今度行くときはその成長したこのアオサギ君に会える事を楽しみにしています。
  1. 2009/03/08(日) 05:24:58 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

さて、アオサギ君、確かにおっしゃる通りで、うちもそれほど失敗している所は見た事がありません。

この時はたまたま調子が悪かったのか、それとも完全な成鳥ではなく、不慣れであったのか、良くはわからないのですが、毛並みから見るときれいですし、まさに健康そうに感じます。
多分にして、こうした事の積み重ねから成長して行くのかとも思ったりします。

今度行くときはこのアオサギ君の好調な姿を楽しみにしたいと思っています。

ヒドリガモ君、たまたま模様の変わった個体が撮れていましたが、やはりヒドリガモ君特有のきれいな眼と表情であると感じました。

ダイサギ君、アオサギ君とコサギ君、3羽一緒に行動をしていました。
普通に考えるならば、獲る種類が同じですから、もめ事が起こりそうですが、そう言った事もなく、確かに仲が良いのかとも思えてくる事ですね。

オオタカ君、確かにいつもカラス君に追いかけ回されているというイメージが強いのですが、今回はかなりの危険を冒しての事だったのではないかという感じがします。

個体数、頭の出来、身体の大きさから考えても、カラス君の方が断然優位に立っているのではないかと思います。

それだけにオオタカ君もこの場所で生きていくのには大変な苦労があるのではないかと感じてきます。

そして、鳥類の種類が少ないとの事ですが、確かに大まかに見ると例年通りではありますが、細かく見て行きますと、冬の小鳥類が殆ど確認できなかったのに気が付きます。

これだけはその年その年ごとに大きく変化するものでもあるかと思われますので、難しいところですね。

また、例年の事ですが、この時期は1年のうちでも一番のピークで仕事以外の時間は全くと言って良いほど取れないのがいつもの事です。

これだけは仕方のない事ですが、大変に困ったものです。

この忙しさもあと少しですから、その後は様々に色々なところに行きたいと思っています。

仕事の休み時間、合間となりますと近くに撮影する様な場所がない限り、難しいですので、結局は今までに出来なかった事などの中で書籍選び(全てネット注文で、現物を見に行く事なしに購入しています)が殆どとなっている状況ですが、決して大それた事ではありません。

読む時間も見る時間もそれほど取れませんから、この時期は購入するだけに終わってしまう事が殆どとなってしまいます。

今現在でも空き時間があれば、撮影に出たいと思っていますが、お天気も優れず、なかなかうまく行かないものです。

もう少しすると、カモ類は北へと旅立ち、待ちに待った、シギ・チドリ類の季節到来です。
その頃にはある程度の余裕も出来るかと思います。

ただ、今シーズンはどうでしょうか、昨シーズンのような事がなければいいのですが、これだけはわからないだけに気にかかる事でもあります。
  1. 2009/03/08(日) 06:16:20 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

xiao さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

この時期は1年のうちでも一番のピークで例年の事です。
仕事以外の時間は全く取れない状況が続いておりますが、それもあと少しという所です。

オオタカ君、ここではいつもいるようですが、こう言う光景は初めて見るようでした。

そして、そのオオタカ君から思い起こして頂き、ありがとうございます。

もう気候的には春なのかなと言う感じがしますが、確かにお花の方が気になってくる季節でもありますね。

うちも今シーズンはこの初春のお花が気になっているのですが、時間がなく、なかなか撮りに行く事が出来ず、このままでは機を逸してしまいそうです。

今気になっているのは、ザゼンソウさんとセツブンソウさん、カタクリさんあたりですが、セツブンソウさんは先日仕事の合間に行った場所で葉っぱだけになってしまっていて、目的叶わずでした。

セツブンソウさんについては、秩父の自生地に行く事を考えていますが、時期的に間に合うかどうか、時間が取れるかどうかが難しいところです。

カタクリさんについては毎年、この時期に西東京の殿ヶ谷戸庭園に行きますので、何とかなるかと思うのですが、今シーズンは更に大きな自生地に行きたいと目論んでいます。

ザゼンソウさんについては栃木県大田原市の自生地に行く事を考えていましたが、時間的にも時期的にも難しそうですので、今度は3月20日から開園する、箱根湿性花園に行く事で、期待したいと考えています。

全てに関しては時間が取れたらの話ですので、3月中は大変に難しいところです。

あと少しで多少は余裕も出来るかと思います。
その頃にはカモ類は北へと旅立ち、今度はシギ・チドリ類の季節到来です。

少しでも多くの撮影時間が取れる事を楽しみにしたいと思います。
  1. 2009/03/08(日) 06:34:14 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

こんばんは

お忙しかったのですね。
カイツブリの表情がユニークですね~
子育てのファミリーを毎年見られます。
ずいぶんかわいく撮れていますね。
雛を襲ってるカラスに毅然と立ち向かい追い払う
親の姿に感動しました。 
オオタカの幼鳥は初めて見ます!
凄いシーンを撮られましたね。
  1. 2009/03/09(月) 21:53:19 |
  2. URL |
  3. J-ママ #L6L1d2IA
  4. [ 編集]

J-ママ さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

この時期は例年の事ですが、仕事以外の時間は全くと言って良いほど取れないのが通常で、これも仕方のない事でもあります。

4月に入って、少しすればある程度の余裕が出来るかと思いますので、あと少しという所です。

カイツブリ君、上空を気にしたかの瞬間でした。
どちらかと言いますと身近にいる種類ですし、子育てもしていますから、馴染みが深いですね。

今シーズンも様々なところで子育てをするかと思いますが、毎年の春の時期は元気に子供たちが成長するのを見るのが楽しみでもあります。

そして、鳥類の子育てはいつでも外敵に対しての配慮を欠くことが出来ませんから、本当に大変な事だといつも感じます。

カラス君がカイツブリ君をと言う場面は見た事がありませんが、浮き巣という性格上、様々な危険が潜んでいるようで、成功率も決して高くはないようです。

親は身体の大きさを意識せずに果敢に立ち向かって行くところはまさに素晴らしいですね。

そう言った行動から世代が引き継がれていくのだと感じます。

オオタカ君、うちが行く所での場合はどちらかと言いますと幼鳥に出会う確率の方が多く、成鳥は滅多に見掛ける機会がありません。

これもその場の環境次第なのかと思いますが、成鳥とある程度育った幼鳥が同じ場所にいるのは初めて見る事でした。

こう言ったシーンを狙っている訳でもなく、またあまり好きではありませんので、まさに偶然でしたが、これも厳しい自然の一コマであるとともに、そこに生きている生きものたちの本来の姿でもあるのかと思います。

そして、各コンテンツを再度ご覧いただいたとの事、誠に恐縮の限り、またお忙しい中、ありがとうございます。
まだまだ未完成部分だらけですが、時間のあるときに少しずつでも充実させていきたいと思っております。
  1. 2009/03/10(火) 10:17:46 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

ビジブルダスト

初めまして、偶然検索サイトでヒットしてやって来ました。
とても素晴らしい写真の数々で機材も素晴らしいのですが、唯一イメージセンサのダストがかなり以前の作品からずっと写り込んでいるようです。

これだけ大きなビジブルダストはブロアだけでも随分減ると思いますし、ローパスフィルタが帯電していないときに筆のような物でなでるだけでも殆ど取れると思います。

自分では不安という場合にはサービスセンターに持ち込むしかありませんが、クリーニングキットも良い物が出ていますので是非お試し下さい。

素晴らしい写真だけにとてももったいなく感じましたので失礼を覚悟で投稿させて戴きました。
どうかこれからも素晴らしい写真を撮り続けて下さい。
  1. 2009/03/14(土) 12:25:27 |
  2. URL |
  3. 通りすがり #mQop/nM.
  4. [ 編集]

通りすがり さん

こんにちは、検索の方から、うちのブログをご覧いただき、またコメントまでも頂きまして、誠にありがとうございます。

過分なお言葉、誠に恐縮の限りです。

さて、おっしゃる通りですが、うちも以前から気になっている事であります。

いつも撮影の前に本体にレンズを付けるという作業が出てきますが、この時必ず手作業でミラーをアップしてブロアで吹くと言う事をしております。

また、センサーを光に当てて、その表面を確認すると言う事もしておりますが、いかんせん、それでも残っているようで、その残ったものが写り込んでいるものと思われます。

大変に気になる事ではありますが、これも仕方ない事として諦めておりました。

自動クリーニングは殆どあてになりませんので、全て手作業でしていますが、やはりまだ足りないのかも知れません。

筆でと言う事は考えもしなかった事ですが、今度試してみる事にします。

仕事の関係上、殆ど時間がなく、サービスセンターに持ち込むと言う事がなかなか出来ないために、自分でするしかありませんが、特にクリーニングのキットなども考えていない状態でした。

今後も毎回の手作業クリーニングは欠かさずに、また更に念入りに行う様にしていきたいと思います。

クリーニングキットに関しても時間のあるときに見て検討してみたいと思います。

この度は貴重なご助言も頂き、誠にありがとうございました。

以前から自分自身でも気になっている事だけに大変に感謝する次第です。

今後もまたお時間が許すようであれば、つたない写真ばかりですが、ご覧頂ければ幸いです。
  1. 2009/03/15(日) 14:59:44 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。