野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

葛西臨海公園

今回は葛西臨海公園です。

当日はおおむね晴れ模様でしたが、午後からは強風模様で、曇りがちのお天気でした。

撮った写真を見ていますとどうもこれと言った納得できる写真がありませんが、一通り掲載をします。

この日は第1駐車場~芦が池~海岸側を歩いて、鳥類園へとまわりました。

機材は EOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM +1.4×テレコン使用での撮影です。

20090105_01.jpg


ホテル横の池でカルガモ君です。
ここではある程度の個体数(と言っても12羽でしたが)がいますが、その他の場所にはあまりいませんでした。

20090105_02.jpg


オナガガモ君です。
少し厳しいお顔付きに見えます。

20090105_03.jpg


ヒドリガモ君です。
ペアで来ていましたが、園内ではこのホテル横の池だけでしか、見掛けませんでした。

20090105_04.jpg


ハジロカイツブリ君です。
いつもは水路に多くいるのですが、この日は日が悪かったのでしょうか、3羽しかいませんでした。
ミミカイツブリ君も期待したのですが、それは無理だったようです。

20090105_05.jpg


コサギ君です。
見掛けたのは海岸側で1羽だけでした。
どうも最近、どこに行っても、コサギ君の個体数が少なく、大変に気になっているところです。

20090105_06.jpg


スズガモ君です。
やはり、いつもは数え切れないくらいの個体数がいるはずなのですが、この日は水路に1羽、淡水池に数羽と言うところでした。

奥にいるのは、キンクロハジロ君です。

20090105_07.jpg


オカヨシガモ君のペアですが、遙か遠くでした。
横にはカイツブリ君とオオバン君がいます。

20090105_08.jpg


チュウヒ君です。
オオバン君が捕まってしまったようですが、チュウヒ君の生命を繋いだオオバン君は話によると元々かなり弱っていた個体だったようです。

この日はチュウヒ君が珍しく、3羽来ていました。

20090105_09.jpg


木の上でアオサギ君です。
幼鳥のようで、余裕で日向ぼっこスタイルです。
その見ている先には先の写真のチュウヒ君がいます。

20090105_10.jpg


ダイサギ君です。

20090105_11.jpg


ホシハジロ君です。

例年に比べて、まだまだ個体数的には少ない感じです。
ざっと数えた限りでは、300羽程度で、例年の数千羽には到底時間がかかりそうです。


20090105_12.jpg


バン君は葦原の際で出たり入ったりしていました。
ここには3羽のバン君が見えます。
横で寝ているのは、コガモ君です。

20090105_13.jpg


上空ではミサゴ君が旋回、繰り返しホバリングをしていました。
いきなり、急降下したりしますが、何を狙っているのか、良くわかりませんでした。

20090105_14.jpg


これは大変にわかりにくいです。
まさに葦原と同化してしまっているかの如き、タシギ君です。
この日は2羽で採餌をしていました。

写真は以上ですが、いつもの如く、進歩のない表も添付しておきます。
今回は表が大きいですので、見にくいかも知れません。
クリックしてご覧下さい。場合によっては更に拡大した方が見やすいかも知れません。

20081221葛西臨海公園


こうして見ると、ここは海・陸・そして猛禽類と大変に恵まれており、鳥類の種類も単一ではなく、多岐に渡っていることが伺えます。


***お知らせとお願い***

いつもご覧いただき、誠にありがとうございます。
この度、かねてより計画をしていました、HP各分野の分割、再編ですが、何とか取り敢えずと言う感じですが、半ば終了致しました。

この「野鳥道傳説Ⅱ」は容量がいっぱいになり次第、「野鳥道傳説Ⅲ」へと移行します。

また、今まで昆虫類、植物類、動物類も全てこの「野鳥道傳説Ⅱ」に掲載していましたが、今後は新設した、「昆虫道傳説」、「植物道傳説」、「動物道傳説」へとそれぞれ掲載を移行するようになります。

そして、その項目ごとに今回は、ブログだけではなく、画像掲示板もそれぞれ設置致しました。

2つの場が出来ることで、更に幅が広がるものと考えています。

また、不明種のその後や主観的な考察、その他なども、その時々によって変わりますが、ブログへの追記ではなく、画像掲示板にて掲載して行く予定にしています。

そこでお願いしたいことですが、このブログに直接お越し頂いている皆様方、そうでない皆様方も、出来れば、TOPページ( http://yoshino88.com )をお気に入りにご登録頂き、TOPからそれぞれの項目にお越し頂ければ、大変に幸いです。

このブログからは各ブログにはリンクがありますが、各項目のコンテンツとそれぞれの「画像掲示板」には行く事が出来ません。

以上、皆様方には大変にお手数をおかけ致しますが、一つよろしくお願い申し上げます。
また、ご意見は掲示板やメール、またブログのコメント内でも何なりとお寄せ頂ければ、幸いに存じます。

各画像掲示板に関しましては皆様方からのご投稿もお待ち申し上げておりますので、どうぞご活用ください。

現在、「昆虫道傳説」では1月4日に「松木公園(10月下旬編)」をアップしております。
「植物道傳説」では1月5日に「葛西臨海公園・鳥類園」をアップしております。
合わせて、ご覧頂ければ、嬉しい限りです。
スポンサーサイト
  1. 2009/01/05(月) 00:12:27|
  2. 野鳥
  3. | コメント:10
<<栃木県 井頭公園 (その1) | ホーム | 2009年>>

コメント

おはようございます

先日の画像ですね。
いずれも素晴らしいですね。
時間軸にそって掲載されているので、よしの88さんの撮影されている様子が目に浮かびます。
調査などで何度か歩いたコースですから、とても興味深く拝見させて頂きました。
  1. 2009/01/05(月) 09:56:09 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

おはようございます。
お忙しいのに、ホームページの再編・・素晴らしいですね。私も何とかやらねばと思っているのですが、PCのトラブルもあり、なかなかスタートできない状態が続いています。

この公園・・・勿論、全く知らない場所ですが、チュウヒも現れているとなると、かなり自然豊かな場所でしょうね。他の猛禽類もかなり飛来するのではないかと思います。
ハジロカイツブリがいるなんて、羨ましい限りでもあります。
  1. 2009/01/05(月) 10:22:06 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

私はいい写りだと思います

私はこの写り、いいと思いましたが、よしの88さんにとっては納得いかないのでしょうね。
カルガモもオナガガモもヒドリガモも、その羽の美しさ充分に表現されていると思います。
ハジロカイツブリに至っては最高の出来栄えではないでしょうか。
チュウヒ、オオバンを捕えているのですね。
すごい所を撮られましたね。
アオサギの幼鳥、可愛らしいです。やはりどことなくあどけなさが残っています。
逆光のダイサギ、美しいです。首の形が絵になりますね。
ミサゴ、くっきりですね。眼光が鋭いのがわかります。
獲物を探しているのでしょうか。
  1. 2009/01/05(月) 18:38:27 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

そうですね、少し間が空いてしまいましたが、この前にお邪魔したときの写真です。

お言葉も大変に恐縮です。
うちの中では撮った時のイメージと少し違い、全体的にどうも違和感がある画像ばかりなのですが、そうは言ってもこれだけは仕方のない事ですね。

うちの場合、朝から1日時間の取ることの出来る場合は、いつもこの様なコースでまわっています。

確かにお察しの通り、写真はその順番通りです。

午前だけ、午後だけと言う場合は鳥類園だけとなるのですが、やはり全体的にまわってみますとまた違った発見のある場合があります。

今回は水路側のハジロカイツブリ君、そしてミミカイツブリ君を期待していたのですが、たまたまいなかったようです。

河口付近のウミアイサ君も見当たらずでした。

これもその日ごとに様々に違うでしょうから、難しいところです。
  1. 2009/01/06(火) 04:00:12 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

ホームページの再編、これはもうだいぶ前(かれこれ2年くらい前でしょうか)から、ブログでも書いていましたし、計画もしていたのですが、なかなか手を付けられず、ようやくと言う感じでした。

HP作成は全く手探り状態で、不慣れなものか、大変な時間がかかってしまいましたが、今現在は取り敢えずと言う状態で、何とか再編の目処が付いたと言うくらいのところです。

皆様方にはご覧いただく際に大変にお手数をおかけするものとは思うのですが、それぞれのページを作り、場を確保することで、ある意味で新たな幅が広がると考えています。

さすがに趣味の範囲を脱しませんから、結局は時間の合間を見てやって行くしかなく、大変に難しいところです。

そして、この公園ですが、うちの気に入りの公園でもあります。
いわば、東京湾の湾岸地域で谷津干潟、三番瀬と同じ並びの場所にあります。

干潟などは人工干潟ではありますが、その季節には様々な種類が来ますし、またここでしか見られない種類も勿論います。

猛禽類ですが、東京湾岸ではうちの知っている限り、ここが一番多くの種類、個体数がいるような感じがします。

添付の表にもありますが、この日は海岸側でトビ君、あとはチュウヒ君が3羽、オオタカ君、ミサゴ君などが来ていました。

それだけにカモ類などはあっちにこっちに、上空を旋回したりで落ち着かない様子でした。

自然環境は実際の所、作られた場所であることは否めません。
その殆どが全て人工で作られた環境ですから、元々あった自然環境ではありません。

ただ、最近は鳥類に関してもそうですが、特に昆虫類など予想以上に多くの種類がいることもわかり、人工で作られた場所でありながら、多種多様な自然環境を形成している様にも感じられるところです。

ハジロカイツブリ君、ここではいつも海岸側に大変に多くの個体を見る事が出来ますし、その中にはミミカイツブリ君もいたりする事があります。

ただ、この日は残念ながら、3羽しか見当たらずの状態でした。
今のところ、この時期にハジロカイツブリ君が全くいないと言う事はうちが行った限りではない事です。

当たり前の事ではありますが、その日ごとによっても様々ですので、これも難しいところです。
  1. 2009/01/06(火) 04:42:34 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お言葉もいつもながら、大変に恐縮の限りです。

写り的にはなかなか難しいものがありますが、結局の所、撮った時のイメージと違うと言うことが一番の原因ではないかと思われます。

また、センサーのゴミ、これが大変に気になったりします。

丁度、コサギ君の頭のすぐ上に、これは困ったものだと思いました。
良く見れば、全ての写真に入っていますが・・・。

今ではこう言ったものも修正すれば消すことが出来るようですが、「画像修正はしない」と言う基本から、結局はそのままの状態で掲載しました。

カルガモ君、オナガガモ君、ヒドリガモ君とありがとうございます。
こちらはほぼ順光で撮ることが出来たのが、まだ良かったものと思っています。

ハジロカイツブリ君、こちらは海岸側に向かっての撮影ですから、必然的に逆光状態となってしまいますが、うまく順光の向きになった所を狙いました。

チュウヒ君、こう言った場面を見る事もそうない事ではありますが、実際問題はあまり良い気がしないことも確かです。

そのオオバン君はかなり弱っていた様ですから、必然的にチュウヒ君の目に付いてしまったのかも知れません。

これも厳しい自然の中の一コマでもあり、その現実でもあります。

アオサギ君、ここでは幼鳥が2羽いました。
そのうちの1羽はずっとこんな感じでかなりゆったりとしていました。
やはり、おっしゃる通りで、いつも見る成鳥の表情とはだいぶ違った様な感じがします。

ダイサギ君、お察しの通り、完全なる逆光状態でした。
首を縮めているところ、特に意識して撮ったわけではなかったのですが、改めて見るとまたいつもとは全く違った雰囲気に見えますね。

ミサゴ君、空抜けの写真となってしまい、なかなかうまく行きませんでしたが、かろうじてと言う感じでした。

もっと近くに来て、画面いっぱいになった写真も撮れていたのですが、残念ながらボケ写真でした。

こうした状態の写真を撮影するときはやはり、手持ちの方が有利であることは否めず、今のセットでは追い切れず、難しいところがあると感じました。

この時はその殆どが下方ばかりを見ていましたし、いきなり急降下することも何度となくあったのですが、実際には何を狙っているのか、その対象が良くわかりませんでした。

ミサゴ君となると、その下方に多くいるカモ類ではなく、どちらかと言いますと魚類を狙うはずなのですが・・・。
  1. 2009/01/06(火) 05:28:18 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

こんにちは。
これほど丁寧な撮影をされておりますのによしのさんには納得できないのですか、、、
こちらでは見かけない鳥さんが多く大変勉強になります。 ヒドリガモさんは見たことありますが名前は知りませんでした。
HPの再編集お疲れさまでした。 お忙しいのにすごいですね。さっそくお気に入りに追加をさせていただきました。
  1. 2009/01/06(火) 14:58:11 |
  2. URL |
  3. J-ママ #L6L1d2IA
  4. [ 編集]

J-ママ さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

これは永遠の課題でもあるのですが、写真は大変に難しいです。
納得できないと申しますと大げさですが、技術もないのにそんなことを言っても仕方のない事であることも十分にわかっているつもりです。

実際は撮った時のイメージと出来た後見る写真の感じがかなり違っていて、それが大きいほど違和感を感じるのが、原因でもあります。

また、画面中央の上部に写っているゴミですが、これも大変なマイナスですね。
いつも注意して、清掃はしているのですが、なかなか取れないゴミもあるようで、困ったものです。

お言葉も大変に恐縮です。
以上のような理由からなのですが、これも妥協していくしかないのかも知れません。

また、この場所は海岸部でもあるために内陸部とは少しですが、鳥類相が違っていますね。

ハジロカイツブリ君などはまず海岸部でないと見られませんし、そう言った種類は結構多くいるかと思います。

その中で少しでもお役に立てれば、大変に嬉しい限りです。

ヒドリガモ君、こちらもいる所にはいるのですが、いないと全くいないですから、場所ごとと言う感じですね。

少なくとも内陸部に入っていくほど見られる確率が下がっていくような感じがします。

HPの再編ですが、だいぶ前から計画をしていたにもかかわらず、なかなか手を付けられず、ようやく取り敢えずの状態ではありますが、進めているところです。

これから年度末に向かって、仕事以外の時間も殆ど取れなくなって来ますので、今のうちと思いました。

アクセスなどに関しては細かく分割されたことにより、皆様方にお手数をおかけしますが、よろしくお願い致します。

また、早速お気に入りにお入れくださったようで、誠にありがとうございます。
  1. 2009/01/06(火) 22:48:10 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

こんにちは!
ハジロカイツブリさんの美しいこと!!!
素晴らしいですね!
お忙しい中、ブログもますます充実されてるのですね!
リンクはhttp://yoshino88.comに変更した方がよいでしょうか?
  1. 2009/01/07(水) 16:19:58 |
  2. URL |
  3. りもふ #-
  4. [ 編集]

りもふ さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

お言葉、いつもながらに誠に恐縮の限りです。

ハジロカイツブリ君、逆光状態ではありましたが、珍しく近くに来てくれ、順光に向いた瞬間を狙って撮影をしました。

何枚も失敗、暗い写真が出来てしまいましたが、この掲載した写真はかろうじてと言う所でした。

ブログ関係の分割、再編に関してはだいぶ前から計画をしていた事でもありましたが、ようやく手を付けられるようになったところです。

実際は年度末に向かって、これからは仕事以外の時間はまず取れないであろうと考え、今のうちに取り敢えずの形で再スタートをしてみました。

様々な点でご不便をおかけ致しますが、ひとつよろしくお願い致します。

また、お心遣いも誠に申し訳ありません。

リンクに関しては「野鳥道傳説Ⅱ」で頂いておりますから、わざわざ、あえて新たに変更まではされなくても構わないかと思っております。

皆様方がうちのブログを始め、ご覧いただく際に、TOPページをお気に入り(ブラウザのお気に入りの中)に入れて頂ければと思った限りです。

いつも色々とありがとうございます。
  1. 2009/01/08(木) 00:07:01 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。