野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京港野鳥公園

今回は東京港野鳥公園です。

当日は晴れたり、曇ったりのお天気で、時間もなかったためにこれと言った写真は撮れませんでした。

そして、画像もアンダー気味であったり、オーバー気味であったりとどうもしっくりいかない感じのものばかりで、カメラを修理に出したのは良いのですが、何かが違うようなそんな違和感もありました。

設定は全て同じで、何もしていないのですが、これも単なる気のせいから来る違和感なのでしょうか。

そう言った事情もあり、当日はどちらかと言いますと記録優先と言う感じになりました。

機材は EOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM +1.4×テレコン使用での撮影です。

20081230_04.jpg

オカヨシガモ君です。
ここには例年10~20羽程度の個体が来ますが、この日もほぼ例年通りでした。

本当はペアでいる所を撮影したかったのですが、この日はどちらかと言いますと行動がばらばらでその機会が殆どない状態でした。

20081230_07.jpg

池の畔でオカヨシガモ君です。
こちらもどうもすっきりしない、多少オーバー気味であるかの感じの画像でした。

20081230_02.jpg

カイツブリ君です。
この当日はさすがに夏羽の個体は見掛けず、全ての個体が冬羽の装いでした。

20081230_03.jpg

樹木の上にオオタカ君が潜んでいました。
しかし、ここから見渡せる池には、カイツブリ君とカルガモ君が1羽ずつしかいませんでしたが・・・。

20081230_05.jpg

ホシハジロ君です。
当日は一番個体数の多い種類でした。

20081230_06.jpg

遙か遠くにジョウビタキ君です。

20081230_08.jpg

メジロ君です。
この日は混群でシジュウカラ君とエナガ君と一緒に行動している個体が多くいました。

20081230_09.jpg

アオサギ君です。

20081230_10.jpg

こちらも遙か遠くでしたが、杭の上にイソシギ君です。

20081230_11.jpg

キンクロハジロ君ですが、わずかに違和感のある個体です。

20081230_12.jpg

コガモ君です。
エクリプスから完全に換羽していない感じの個体です。
この日は♂♀のペア、一組しか確認できませんでした。

20081230_13.jpg

マガモ君です。
この日はこの個体以外は見当たりませんでした。

アンダー気味でどうもしっくり来ない画像です。

全体的にすっきりしない画像ばかりとなってしまいました。

また、いつもの如く進歩のない表も添付しておきます。

20081219東京港野鳥公園

クリックして拡大、場合によっては更に拡大してご覧ください。

この日は全体的にはこの時期としては種類数、個体数ともに若干少なめなのではないかと言う感じがしました。

そして、カモメ君の種類が全く見られなかったこと、サギ類がアオサギ君2羽だけで他は見られなかったことが、例年とは大きく違うところではないかと感じます。

***今現在、年末年始の予定はおおむね消化している状況です。
しかし、本日はどうも強風のようですので、フィールドに出ることはやめる事にしました。
たまには家のことを片付けていきたいと思っています。

現在の在庫写真は10月以前のものは別として、以下の通りです。

【鳥類】
①葛西臨海公園
②旧芝離宮恩賜庭園
③水元公園
④清澄庭園
⑤井の頭恩賜公園
⑥上野恩賜公園 ・ 不忍池
⑦洗足池公園
⑧柏の葉公園
⑨栃木県・井頭公園

【昆虫類】
①蝶の里公園(10月下旬~11月中旬の3日間分)
②長池公園(10月下旬~11月中旬の5日間分)
③松木公園(10月下旬~11月中旬の3日間分)

となっています。

次回は出来るだけ、最近の鳥類在庫を消化する形で掲載したいと思います。

また、今年も残すところ、本日のみとなりました。
本年も多くの方々にご覧いただき、また多くのコメント、そして、あたたかいお言葉、ご指導・ご鞭撻を賜りまして、誠にありがとうございました。
皆様方におかれましては、どうぞ良いお年をお迎えください。
スポンサーサイト
  1. 2008/12/31(水) 06:04:35|
  2. 野鳥
  3. | コメント:10
<<2009年 | ホーム | 番外編 : 我が家の昆虫類>>

コメント

おはようございます

・オカヨシガモ、良いですね。やはり鳥類園とは違った雰囲気が伝わってきます。鳥類園のオカヨシガモはペアで行動していました。
水面に浮いている以外の情景見たことがありません。オカヨシガモのイメージがちょっと変わりました。
・カイツブリ、首をちょっと前に出した表情が良いですね。鳥類園では他から飛んできたのもいて、6羽いました。
・オオタカ若、自然の雰囲気が伝わってきて、好きな画像です。良く見ると愛嬌のある顔をした個体ですね。
・ホシハジロ、そちらの園でも優占種のようですね。
・ジョウビタキ♂、良いですね。私の好きな絵になっている情景です。
・梢のメジロ、良いですね。鳥類園でもシジュウカラと混群になっていました。
・アオサギ、良いですね。肩のところの黒い羽がない?個体のようですね。
・イソシギ、良いですね。好きな情景で何度もスケッチしています。
・キンクロハジロ、幼鳥ですね。明治神宮の北池に来ていた幼鳥を思い出します。
・換羽途中のコガモ、良いですね。そちらは個体数が少ないようですね。
・マガモ♂、良いですね。そちらも1羽のみでしたか。鳥類園も♂が1羽のみでした。葛西臨海公園の日本庭園の池には結構いるのですが、不思議と上の池には入りません。

今年1年素晴らしい画像を見せていただきありがとうございました。
良いお年をお迎えください。
  1. 2008/12/31(水) 09:00:15 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

 自分も先日用事で近くまで行ったので東京港野鳥公園に小一時間ほど
行ってきました。

 オオタカ、割と近そうですね。自分が行ったときもいましたがスコープで覗いて
見える程度で写真に撮ろうとは思えない距離でした。オオタカは弱ったカモなども
狙うようですね。センターの方はコサギを良く狙っていると言っていました。

 測光は背景が暗いとオーバー側に、明るいとアンダー側に寄りますから
背景に水面などが入っていると波の揺らめきで安定しないこともあるかと
思います。
  1. 2008/12/31(水) 12:57:21 |
  2. URL |
  3. kurabar #3aXRcdxk
  4. [ 編集]

私は

先日湖北町にコハクチョウを撮影しに行ってきました。ビオトープには居らず、田んぼで食事をしてました。中に一羽だけヒシクイガ混じって一緒に行動していました。

私もアンダー調が好きなので、今日のお写真には全く違和感なんて感じませんでした^^

来年もどうぞよろしくお願いします!
  1. 2008/12/31(水) 15:49:07 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

こんばんわ。

本年はいろいろとご教示いただきありがとうございました。
私の方は最後の最後まで、公私共にトラブル続き・・・ホトホト疲れましたが、来年はこれ以上悪いことは続かないだろうと楽観しております。(笑)

どうか良いお年を。
また、来年も宜しくお願い申し上げます。
  1. 2008/12/31(水) 18:17:35 |
  2. URL |
  3. MG #4Uul2xRw
  4. [ 編集]

さまざまな昆虫類、参考になりました

カメラ修理後の違和感があるということですが、しばらく使っておられなかったので、そのへんの感覚のずれということもあるかなと思います。
何度か使ってみてそのうちに手に馴染むようになればいいですね。
トップのオカヨシガモ、このしっとり感いいですね。地味な色合いですが、実に魅力的な鳥さんです。
オオタカ、こうした枝かぶりの所によく潜んでいますね。
枝があるにもかかわらず、しっかりと撮れていますね。
メジロ、正面向きの悪戯っ子のような表情がいいですね。
イソシギ、こうした遠景もいいなと思います。ジョウビタキもそうですが、やはり周りの写り込みがあると、その場の雰囲気が伝わってきます。
マガモ、やはり美しいですね。グリーンの光沢が何とも言えません。ややアンダーな感じが趣を添えています。

この1年、様々な画像を見せていただき、ありがとうございます。
特に昆虫類は大変参考になりました。
今更正確な名前を覚えきれませんが、それでも顔馴染みになるだけでもありがたいと思っています。
よしの88さんの研究熱心なこと、またその取り組みの前向きなこと、いつも感心しております。
来年もどうぞよろしくお願いします。
  1. 2008/12/31(水) 19:58:03 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、今の時点では日付が変わってしまい、新年に入ってしまい、お返事が遅れ、申し訳ありません。

オカヨシガモ君、地味ながら、しっとりとした、落ち着いた感じが好きな種類でもあります。

ここでは毎年、ある程度の個体数が来ていますが、その殆どが葦原の奥にいる事が多く、遠い場合が多いです。

今回は珍しく、葦原の表に多くいて、また畔にも上がっていましたので、運が良かったようです。
この距離が、ここで見られる一番近い場所でもあります。

鳥類園ではうちが行った時にはペアで行動していましたが、一番遠い場所でした。

ここではペアで行動しているようで、ばらばらでなかなか一緒の所の写真を撮ることが出来なかったのが残念でした。

そして、確かに陸に上がっているところは、うちもあまり見たことがありませんが、少なくともここでは何回か見ているように記憶しています。

カイツブリ君、どうも先を急いでいるかの感じの行動をしていました。
ここでは結構多くの個体がいるはずですが、この日は数個体を確認できたのみでした。

鳥類園ではうちが行った時でもあまり見掛けなかったような気がします。
6羽となると少ないようで、意外と多い個体数ですね。

オオタカ君、いつもは東側の淡水池の対岸にとまっている事が多く、大変に遠く、写真では豆粒程度にしか写らないことばかりです。

今回は全く別の場所で西側の方にいましたので、意外と近い場所で撮影する事が出来ました。

枝かぶりだったのが残念でしたが、これはいつものことで、仕方のないことかなと言う感じです。
すっきりと全身が見えている状態で撮影できることは殆どありません。

真ん前を向いているのは良いのですが、枝の影と目のあたりが重なってしまい、一見すると面白い表情に見えているのには後から気が付きました。

ホシハジロ君、今シーズンは結構個体数が多めではないかと思います。

鳥類園と比べると桁が違いますが、それでもここでは一番多い種類で、大変に目立ちます。

例年ではキンクロハジロ君の方が多かったようにも記憶しています。

蛇足ですが、カルガモ君が大変に少なく、確認できたのは数羽と例年にないことではないかと言う感じがしました。

ジョウビタキ君、かなり遠かったのが残念でした。
杭にとまったところと、掲載した写真の方と2種類撮影できましたが、同じ遠い写真でも掲載した写真の方が角度的には良かったと感じました。

この角度で近くで撮影できれば、言う事なしですが、そううまく行く事はまず難しいですね。

メジロ君、たまたま撮っている、真ん前にとまりました。
あわてて撮影した何枚かの中の1枚です。

ここでもシジュウカラ君と混群で行動している個体が多くいました。

アオサギ君、ここでは例年に比べ、個体数が若干少ないような感じがします。
そして、他のサギ類も見当たらないというのも例年にないことではないかと思います。

確かにおっしゃる通り、肩の色合いがない様にも見えますね。
その時は気が付きませんでしたが、その色合いが小さくて、角度的に見えないのか、実際にないのかの感じの個体の様です。

別の角度の写真が残っていませんので、確かめる方法がありませんが、別の公園では肩の色合いの全くない個体も撮影出来ていましたので、こういう個体もいることはいるようです。

イソシギ君、こちらもかなり遠かったですが、何とか撮影出来たという感じでした。

やはりこの角度だからこそだと感じます。
これが真横を向いていたり、別の角度では全く印象が違ってきてしまう様に思います。

キンクロハジロ君、良く見ていると色々な個体がいます。
昨シーズンは明らかに、キンクロハジロ君とホシハジロ君の両方の特徴を持った個体がいましたが、今シーズンはそこまで際だった個体はいませんでした。

明治神宮の北池となりますとオシドリ君とマガモ君が多く来る方かと思いますが、そこにキンクロハジロ君が来ていたこともあるんですね。

うちが記憶しているのは、明治神宮では2年か3年前に南池にぽつんと1羽だけキンクロハジロ君がいた事ですが、確かあのときの個体も幼鳥だったように思います。

コガモ君、ここでは例年数羽と言うところで、決して多くの個体数が来る事はありません。

今回は葦原の影にいた可能性もありますが、確認できたのはペアの2羽だけでした。

マガモ君、やはりここでは少数派です。
それでも、いつもはペアでいることが殆どなのですが、今回は♂1羽しか見当たりませんでした。

鳥類園では確かに上の池ではその姿を見ることは記憶から言っても殆どなかったように思います。

反対に下の池には何度か来ているのを見たことがありますが、それでも数羽と言うところですね。

日本庭園の方は見に行ったことがありませんので、その状況はわからないのですが、そちらには多く来ているとのこと、その環境ごとで来る種類も様々で不思議でもあります。

蛇足ですが、ヒドリガモ君、海岸側にはいますが、やはり上の池では見たことがないように思います。
ただ、反対にホテル横の池にはほぼ数羽いるのを見掛けます。
これもまた、何が違うのか、人間の目からはわかりませんが、不思議と言えば不思議です。

さて、今時点では日付が変わってしまいましたので、昨年と言う事になりますが、様々な面で大変にお世話になり、また多くのコメント、あたたかいお言葉、ご指導・ご鞭撻を賜り、誠にありがとうございました。

写真の方はまだまだ駆け出しから脱せませんが、これからも時間のあるごとに色々な所に出て、撮影をしていきたいと思います。

また、新年も明けました。
新年おめでとうございます。

本年も一つ、よろしくお願い申し上げます。
  1. 2009/01/01(木) 04:16:43 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

kurabar さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、今の時点では日付が変わってしまい、新年に入ってしまい、お返事が遅れ、申し訳ありません。

東京港野鳥公園に行かれましたか。
この時期はカモ類が主力ですが、今シーズンはどうもその他の種類がふるわないような気がしてなりません。

オオタカ君、そうですね、いつもですと東淡水池の対岸側に良くとまっていますから、そうなると大変に遠いです。

今回は東側ではなく、西側(生態園側)の方にいましたので、いつもとは全く違った状況でその姿を見る事が出来ました。

距離的に言いますとここでは今までにない近さで、運が良かったとなるかも知れません。

そして、多くのカモ類が見渡せる場所でその1羽を探しているのかと思いますが、今回いた西側では、その見渡せる場所には、カルガモ君とカイツブリ君が1羽ずつしかいない状況でした。

もしかしたら、単に一休みの状況だったのかも知れません。

コサギ君、今回は全く見られませんでした。
アオサギ君が2羽だけで他のサギ類は全く見当たらず、これも例年になく、個体数が少ないような気がします。

露出、これはうちのレベルではまだまだ試行錯誤の段階で大変に難しいところです。

確かにおっしゃる通りで、この時期は太陽の高度も低く、また主に水面を斜め上から撮影する角度が多いためもあるのか、その水面の状態によって、出来る写真はかなり変わってくることが多いです。

補正をその都度、感覚的にではありますが、状況によって変えたりして撮影していますが、なかなかうまく行かないことばかりです。

これもその一瞬一瞬で状況が変わるために大変に難しい課題でもあります。

今の時刻、日付が変わってしまいましたので、昨年と言う事になりますが、色々とお世話になり、誠にありがとうございました。

また、新年も明けました。
新年おめでとうございます。

本年も一つ、よろしくお願い申し上げます。
  1. 2009/01/01(木) 04:46:14 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

どりさま さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

また、今の時点では日付が変わり、新年に入ってしまいました。
お返事が遅れ、誠に申し訳ありません。

さて、湖北町に行かれましたか。
コハクチョウ君たちはビオトープではなく、田んぼに集まっていたようですね。

多くのコハクチョウ君たちが集まっているようで、またその中にヒシクイ君までいたと言う事で、良いですね。

うちでのハクチョウ類関係は群馬県まで足を伸ばすしかありませんが、現在予定を延ばしているところで今のところまだ行っていません。

お天気次第になりますが、明日か、明後日かになりそうです。

また、写真についてありがとうございます。
どうも撮った時の感じと違う、いわば違和感があるような、そんな感じのものばかりが目立っていましたが、どうも気のせいの様ですね。

やはり、写真はオーバー寄りよりはアンダー寄りの方がうちも好みなのですが、このあたりは未だに試行錯誤の連続で感覚的に状況を見て、補正や設定を変えたりはしていますが、なかなかうまく行きません。

さて、新年も明けました。
新年おめでとうございます。

本年もこちらこそ、よろしくお願い申し上げます。
  1. 2009/01/01(木) 10:31:36 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

また、今の時点では日付が変わり、新年に入ってしまいました。
お返事が遅れ、誠に申し訳ありません。

早速にお言葉も大変に恐縮です。
「ご教示」などと大それたものでは決してございませんが、うちの場合、「疑問を持つ」、「何かちょっと違う」と言う事から始まるものですから、余計なことでお騒がせしてしまったかなと大変に申し訳なく思ってもおります。

こちらこそ、様々に素晴らしいお写真、また、興味を惹く、素晴らしい題材などなどを拝見させて頂き、誠に感謝している次第でもあります。

そして、最後の最後に故障、そしてお仕事でも大変にお忙しかったようで、様々に大変だったようですね。
もう年も明けてしまいましたが、決してご無理なさらず、早くの復旧を願っております。

さて、新年も明けました。
新年おめでとうございます。

本年もこちらこそ、よろしくお願い申し上げます。
  1. 2009/01/01(木) 10:54:32 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

また、今の時点では日付が変わり、新年に入ってしまいました。
お返事が遅れ、誠に申し訳ありません。

さて、表題からお言葉も大変に恐縮です。

昆虫類に関しては、本腰を入れて撮影し始めたのが、今シーズンからですし、それまでは撮っても大して調べることをしていませんでしたので、実質まだまだと言う所です。

撮っては調べての連続と言うような感じでした。

また、昆虫類は大変に膨大な大所帯ですから、調べてもわからない種類も多く、また基本的なことが未だですので、大変に時間がかかったことは多く記憶しているところです。

そんな中でも少しでもお役に立てたのであれば、大変にうれしい限りです。

さて、撮影後の違和感についてですが、どうも気のせいであったかの様でもあります。

最近はその撮影条件ごとにそのシーンごと、感覚的にではありますが、露出補正や感度調整、その他をして、撮影する様にしています。

しかし、出来た写真を見るとどうもその時感じたものとかなり違っているような、そんな感じでした。

確かに修理に出して、間がありますから、そのあたりの感覚的なずれもあるかも知れませんね。

今ではその違和感を多少引っ張りつつも、あれこれと設定を変えながら撮影をしているあんばいです。

その癖などをある程度把握できれば、馴染んでくるのでしょうが、これがまた試行錯誤の連続、なかなかうまく行きません。

オカヨシガモ君、うちも地味ながら、しっとりした、落ち着いた感じが大変に気に入っている種類でもあります。

ペアで撮る事が出来れば、更にその魅力を引き出せたかと思うのですが、当日は行動がばらばらでペアでの撮影はする事が出来なかったのが残念でした。

オオタカ君、いつものことですが、全身すっきりと撮れることは殆どないことです。

本当にこう言った所に良く潜んでいると言う表現が一番合っているような、そんな感じがしてきます。

枝かぶりではありますが、ピント合わせはいつもMFですので、AFではうまく行かないかと思いますが、MFでは特に問題なく撮影できました。

唯一残念だったのは、枝でお顔が影になってしまった事ですが、これも仕方のないことです。

メジロ君、カモ類を撮っている時に丁度真ん前にとまったのを慌てて撮ったうちの1枚でした。

こちらを向いて、何とも良い表情をしていました。
もう少し近ければ良かったのですが、これもその時その時色々です。

イソシギ君とジョウビタキ君、かなり遠かったのが残念でしたが、たまにはこう言った感じも悪くないですね。

とまっている角度が一番最良の角度ではないかと思っていますので、遠くてもその感じは出ていたのかなと言う感じがします。

うちの場合、まわりの光景にいかに馴染ませて、その被写体を撮ると言うことが、いつものことですが、うまく行きません。

今シーズンはそう言った所にも配慮して撮っていきたいと思っていますが、なかなか難しいところです。

マガモ君、この日はこの1羽しか見当たりませんでしたが、やはり頭の色合いはきれいですね。

アンダー目ですので、どうもすっきりしないのですが、多分これをオーバー目に1段上げたら、飛んでいたのではないかと思われ、大変に微妙な撮影条件であったとも感じています。

このあたりも大変に難しく、これからも試行錯誤の連続となりそうです。

また、現時刻では新しい年になりましたので、昨年と言う事になりますが、こちらこそ、暖かいお言葉、ご指導・ご鞭撻を賜り、色々と誠にありがとうございました。

昆虫類に関しては冒頭に書いた通りですが、少しでもお役に立てたのなら、大変にうれしい事です。

そして、過分なお言葉、大変に恐縮の限りです。

「研究熱心」などと、そこまでは到底行く事が出来ません。
うちの場合は単にわからないから、調べると言うくらいの段階を脱しませんから、まだまだ遠く果てしない道のりであるかとも思っています。

生きものたちの世界は大変な大所帯で、人間の頭でまかなう事は到底不可能でそれこそ天文学的な果てしない、そして奥の深い、魅了してやまないものであると感じています。

これからもその天文学的な世界の中でわずかでも、1種類でも多くの生き物に出会うべく、色々なところに行ってみたいと思います。

今の時点では昨年となりますが、色々とお世話になり誠にありがとうございました。

本年もこちらこそ、よろしくお願い申し上げます。
  1. 2009/01/01(木) 12:01:06 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。