野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

石神井公園

今回は予定通り、割り込みで石神井公園です。

当日は晴れたり、曇ったりのお天気でしたが、やはりこの季節の低い太陽の関係で日陰が多く、撮影条件としては今一歩で、全体的に暗い写真が多くなっています。
また、それぞれに主観的ではありますが、思う事があった場合に考察を掲載しています。

機材はEOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO 150-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM 使用で手持ちでの撮影です。

20081216_01.jpg

コガモ君です。

(主観的考察)
コガモ君はこの園内では記念庭園にしかいません。
別の石神井池や三宝寺池に出ているのも見たことがありません。
個体数的には偶然でしょうか、昨シーズンの同時期と全く同じ個体数で16羽が来ていました。

この記念庭園のどこが気に入っているのか、不思議ではありますが、毎年必ず来ていますし、もしかしたら、同じ個体たちなのかも知れません。

20081216_02.jpg

カワセミ君を撮影するのも久しぶりですが、暗くて遠かったのが残念でした。
この日は各々の池(記念庭園・石神井池・三宝寺池)に1羽ずついるのを確認しました。

20081216_03.jpg

カルガモ君です。

(主観的考察)
個体数的には例年よりもかなり増えているように思われます。
記念庭園と三宝寺池に関しては昨シーズンの同時期とほぼ同数ですが、石神井池の個体数が昨シーズンの数倍とかなり増えています。

ここでは春の時期に子育てもしていますから、その成功率が今年は高く、子供たちがそのまま残っているのか、それとも他の場所から来ているのかは不明です。

20081216_04.jpg

キンクロハジロ君です。
個体数的には例年通りと言う所でしたが、いる場所がかなり分散しています。

20081216_05.jpg

オオバン君です。
1羽しか確認できませんでしたが、少なくとも昨シーズンはいなかったように思います。

20081216_06.jpg

オナガガモ君です。

昨シーズンと比べると若干ですが、個体数が減っている様です。
しかし、先に掲載した、善福寺公園のオナガガモ君と比較しますと、行動的にはいつも通りという感じがしました。

要するに、水さらいばかりしている状態でもなく、表情的に寂しそうな感じでもなく、普通の状態なのかなと言う感じがします。
お休み個体がかなり多く見られました。

(主観的考察)
先の善福寺公園のオナガガモ君とここ、石神井公園のオナガガモ君とは行動的、表情的にかなりの違いが感じられました。
その違いとは何なのか、単に人間の食べ物をあげる行為が極端に減ったと言う事だけではないような気がしてきました。
この違い、大変に気になるところです。

20081216_07.jpg

大変に暗いところでしたが、マルガモ君でした。
いわゆる、マガモ×カルガモ君です。

20081216_08.jpg

ハシビロガモ君です。
昨シーズンとほぼ同じ個体数でした。

20081216_09.jpg

いつもいるアヒル君です。
アオクビ系は4羽いたはずなのですが、3羽しか見当たりません。
もう1羽は隠れているのか、いなくなってしまったのか、気になっています。

20081216_10.jpg

ハシビロガモ君の♂です。

20081216_11.jpg

バン君です。
昨シーズンから比べると個体数が多くなっているように思います。

20081216_12.jpg

「つり禁止」看板でカワセミ君です。
先の個体とは別個体です。

(主観的考察)
1,カモ類についてはほぼ例年通りという感じで、特にその行動や表情に違和感はない状態。

2,カルガモ君がかなり増えている事については気になっている状態。

3,通年いたオシドリ君がいなくなっている(かなり前からだが)事について、夏頃♀のオシドリ君が来ていた時期もあり、その頃から姿が見えなくなったように思われます。
一緒にどこかに行ったのであれば良いのですが・・・。
ただ、夏の時期に子供たちが見られた時期もここでありましたので、子育てはしていたようです。

4、サギ類が殆ど見られないことは大変に気になるところです。

まだまだ気になることはありますが、全体的に見て、例年通りの状況と思われます。

進歩のない表ですが、添付しておきます。

20081216石神井公園

クリック拡大、そして場合によっては更に拡大してご覧ください。


また、年末年始の予定を組んでみました。

年末年始行動予定2008_2009

クリック拡大、そして場合によっては更に拡大してご覧ください。

一応予定はその日の天候にも大きく左右されますので、雨模様、また1日中曇り模様の場合は中止の場合もあり、予備日に変更するか、また機会を見てと言う事になります。

また、行く場所が入れ替わったり、変更する場合も多くあります。

あくまで予定ですが、基本的には表の通りに行動したいと考えています。
もし、現地で見掛ける様でしたら、お声でもかけて頂ければ、大変にうれしく存じます。

この表の予定以外では、
①舞岡公園
②渡良瀬遊水地
③北本自然観察公園
⑤彩湖 / 秋ヶ瀬公園
⑥大町自然公園(1月5日の予定のじゅん菜緑地と時間的にセットに出来れば良いのですが)

なども行く事が出来れば、組み込んでいきたいと思っています。

次回は、在庫から蝶の里公園・10月下旬編その3、または割り込みで昨日行った、東京港野鳥公園を掲載する予定です。
スポンサーサイト
  1. 2008/12/21(日) 01:45:27|
  2. 野鳥
  3. | コメント:18
<<蝶の里公園 (10月下旬編、その3) | ホーム | 善福寺公園>>

コメント

おはようございます。
・コガモ、良いですね。鳥類園の上の池ではハヤブサがコガモの群れを襲いましたが、狩は失敗しました。
・カワセミ、良いですね。冬の季節感が出ていて良い画像ですね。
・カルガモ、しっとりとして良いですね。
・キンクロハジロ、良いですね。鳥類園では一時期より減りました。その分ホシハジロが増えました。
・オオバン、良いですね。羽色が綺麗に表現されていますね。
・オナガガモ♀、穏やかな表情が良いですね。
・ハシビロガモ♂♀、良いですね。
・バン、羽を膨らませた表情がまた良いですね。鳥類園ではなかなかお目にかかれません。
つり禁止の看板上のカワセミ、象徴的で良いですね。
昨日の鳥類園では「自然感察とリースづくり」をやったのですが、予想より参加者が多く(30名)、ゆっくり鳥が見られませんでした。2階から上の池を見ただけです。
しかし、掲示板に止まっていた「ノコメトガリキリガ」を見ました。カメラがなかったのでスケッチをしました。

  1. 2008/12/21(日) 07:16:55 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

マルガモ

やはりいるんですね。もっと頻繁に見かけても良さそうなもんですが、初めて見ましたよ^^カワちゃんたくさん居るのですね。長いこと見かけていません。
  1. 2008/12/21(日) 07:18:20 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

だいぶ前からそばの川沿いにコガモが来ていましたので私も撮りました♪ 毎日観察?していると面白いものですね。 2週間ほど前 に和田堀池に一日だけですがオシドリ♂のみが来たそうで珍しいと思いました。 今春川にもペアでいましたので楽しみにしていますが。。。
  1. 2008/12/21(日) 10:46:50 |
  2. URL |
  3. J-ママ #L6L1d2IA
  4. [ 編集]

 石神井公園は久しく行ってませんが相変わらず鳥が多いようですね。

 場所により毎年来る鳥の傾向はあるようなのでやっぱり種に共通する
好みみたいなものがあるんでしょうね。

 カワセミは3個体ですか。池ごとに分かれてるのはやはり縄張りから
なんでしょうか。

 アオクビアヒルは顔が濡れているような不思議な質感に見えますね。
水に入れた直後なんでしょうか。

 看板の上のカワセミ。薄い板状でつかまりにくいと思うのですが
器用に止まるものですね。
  1. 2008/12/21(日) 12:17:43 |
  2. URL |
  3. kurabar #3aXRcdxk
  4. [ 編集]

環境の変化

同じ場所に決まってやって来るというのは、コガモたちにとってやはりそこが最もいい条件をそなえているのでしょうね。
人間の眼には分からなくても。
キンクロハジロ、この鳥さん大好きです。
可愛さと滑稽さが同居してい感じです。
オナガガモのメス、この子の背中の模様に惹かれます。
すばらしい質感ですねぇ。
マルガモ、ちょっくちょく見かけます。
カモはけっこう交雑種が多いですね。
バン、きれいな個体ですね。
水中の足の指がおもしろいです。
バンは生活力旺盛でどこの池でも繁殖しているみたいですね。

鳥たちには環境の変化は死活問題でしょうが、鈍感な人間にはその変化がよく捉えられないことが多いと思います。
ちいさな変化にも敏感に感じ取れるようでありたいと思います。
行動予定表、すごいですね。
私などその日暮らしですから、すこしは見習いたいと思います。
  1. 2008/12/21(日) 20:40:15 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

オオバン、今日行って来て
アップしようと思ってたんですよ!
石神井公園では珍しいですよね。

カワウも多いけどゴイサギも多く見ませんでしたか?
今日も5話位木に止まってました。
後撮れなかったですけど
コゲラは元ちびっ子釣り場の後ろ位に居ました。
オシドリはチョット前に石神井川(高野台付近)に
居ましたよ!
買い物の帰りだったのでカメラは持ってませんでしたけど

予定表
どっかで予定合わせたいですネェ~
24とか25とか26とか
チョット未定ですけどね。


  1. 2008/12/21(日) 21:59:31 |
  2. URL |
  3. digitalseabass #-
  4. [ 編集]

こんにちは。
よしの88さんが撮影すると、鳥の目まで生き生きとして見えます!素晴らしいですね~(*^_^*)
年末年始は鳥撮り三昧なスケジュールのようですね!また素晴らしいお写真の数々、楽しみにしております!
  1. 2008/12/22(月) 10:37:38 |
  2. URL |
  3. りもふ #-
  4. [ 編集]

こんにちわ。

私も少しは落ち着きましたが、まだまだ大変な年末です。
近所ではカモさん達の個体数は減りつつあるようで気になっていますが、逆に種類数が増えたりと、やはり年によってかなり変動があるものだと痛感しています。
琵琶湖ではアカツクシガモが現れたり、サカツラガンが滋賀県では初記録、ヘラサギも5羽が定着しているという大変面白い状況です。

予定表・・拝見しましたが、すごいですね。
私はまだ予定が立たず、臨機応変に近場を中心に動くつもりです。
  1. 2008/12/22(月) 15:30:08 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

またそれぞれにお言葉も大変に恐縮です。

コガモ君、不思議な事にこの園内の3つの池のうち、一つの池に毎年必ず来ています。
その他の2つの池にはいるのを見たことがなく、また出ているのも見たことがありません。

多分にして、毎年(ここ数年ですが)同じ個体数が来ていますので、同じ個体なのか、それともその子供たちはどうなのか、色々と気になることは多くあります。

環境的には小さな池で森林の中、日差しが半ば閉ざされているような、ひっそりとしたところで、他の2つの池(石神井池、三宝寺池)と違って、人間も殆どいない様な所です。

この環境がコガモ君の好みに合っているとするならば、以前見た、葦の多くある目立たないところを好むとする説もあながち違っているというわけではなさそうに感じました。

あとは、どちらかと言いますと浅い池で浅瀬も石ころが敷き詰めてありますが、あります。

また、ここのコガモ君は大体において、中の島の樹木にとまっている事が多く、これも気になっているところです。

あとは食性から来る植生がどうなっているのかと言う事でしょうか。

ここのコガモ君は一般的に考えても大変に不思議です。

この不思議、謎を解明するにはとても難しいと思いますが、行った時に色々と気をつけて見てみたいと思います。

ハヤブサ君が突入しましたか。
残念ながらのようでしたが、コガモ君たちは助かったようですから良かったです。

カワセミ君、この写真もコガモ君のいる、記念庭園で撮影しました。
前にも書いたとおり、森林の中で日が閉ざされていますので、暗く、なかなかうまく行きません。

バックの背景は地面に多く落ちている、落ち葉です。
これが良い印象になったのであれば、うれしい事ですが、欲を言えば、もう少し近づければ良かったかなと思います。

カルガモ君、ここでは殆どの個体が悠々という感じでした。
お休みしているか、ぽかっと浮いているかのどちらかで大変に余裕のある感じの個体が多くいました。

また、園内の石神井池では昨シーズンに比べ、個体数が大変に増えており、これも何が理由なのか、気になるところではありますが、いつも様子を見に行けるわけでもなく、難しいところです。

キンクロハジロ君、例年とほぼ同じ個体数でした。
しかし、まとまっていることはあまりなく、かなり分散しているために少なく感じるようでもあります。

鳥類園では減ったようで、ホシハジロ君が増えているようですが、ここではキンクロハジロ君は例年通り、ホシハジロ君は来ていない状態でした。

とは言っても、うちの知っている限り、ここでのホシハジロ君は昨シーズンが♀1羽、その前は数羽と言う状況ですから、鳥類園とは全く桁が違いますね。

オオバン君、この場所も暗い場所で撮影には手間取りました。
オオバン君は少なくともここ数年はここには来ていない状況でしたので、比較的珍しいとも言えるかと思います。

バン君は毎年子育てもするくらいの場所ですが、オオバン君は全く来ていませんでした。

この両者似ている様で、がかなり違いますから、バン君がいるからオオバン君もいるはずと言う図式は成り立ちませんが・・・。

オナガガモ君、ここでの個体は先の善福寺公園での個体とはかなり違った表情に見えました。

これも主観的でしかありませんが、その環境的なものから来る事が多いような感じがしてなりません。

ハシビロガモ君、ここでは例年必ず数羽ではありますが、来る種類です。
おおむねは散策路の近くにいることが多いのですが、この日は池のほぼ中央近くを行ったり来たりしていました。

近くで見ると意外と小さく、またかわいい表情の種類であると思います。

バン君、たまたま散策路沿いの湿地にいたところで何とか撮ることが出来ました。
他の個体も同じようなところに多くいたのですが、暗くてこれと言った写真は撮れず仕舞いでした。

先のでたらめ報道からしたら、このバン君まで太った個体となってしまうのか、全く思い出す度にあきれてしまいます。

カワセミ君の先とは別個体、丁度「釣り禁止」の大きな看板の所にとまりましたので、撮ってみました。

本当は看板を全て入れて撮ろうと思ったのですが、カワセミ君があまりに小さくなってしまい、わからなくなってしまいますので、この様にしました。

しかし、こう言った大きな看板があるにもかかわらず、ここでは平気で釣りをしている連中が後を絶ちません。

公園協会には度々、提言をしていますが、改善されません。
ただ、一頃に比べれば、かなり釣りをしている人間が減ったと言うことは確かだと思いますが、まだ見掛けると言うことは管理が手ぬるいのだと感じています。

さて、鳥類園のお便りもありがとうございます。
イベントも大盛況だったようで、素晴らしいことですね。
30人とは結構大変なことではないかと思います。

そして、ノコメトガリキリガ君、初めて聞くお名前です。
先日お教えを頂きましたので、何となく想像は付いていたのですが、調べてみましたら、色合い的には目立たないものの、特徴的な模様を持っていますね。

やはり気候が暖かいと言うことにも通じてくるような、そんな感じもしてきました。

いつも色々とありがとうございます。
  1. 2008/12/23(火) 05:09:55 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

どりさま さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

マルガモ君、意外と良く見ていると見掛ける様な気がします。
この写真のように完全にそれとわかる個体もいれば、ほぼカルガモ君でありながら、マルガモ君と言う個体もいますので、その色合い、模様などはまさに様々です。

特に後者の見た目は全くカルガモ君そのものと言うマルガモ君が識別において、大変に難しいです。

実際にカルガモ君としている個体の中にもマルガモ君がいたりするのではないかという感じがしています。

カワセミ君、ここではどちらかと言いますと多くの個体がいるように思います。

最近はうちの行くところで、今までにはカワセミ君がいなかった所でも次々と今シーズンになっているのを確認できている事から、かなり生息域の幅を広げたのではないかと言う感じがします。

反対に言うならば、本来の生息する場所が環境の破壊、もしくは変化で生息できなくなり、今までには生息しなかった都会の池のある公園へと進出したとも考えられそうです。

どちらにしても、カワセミ君の生きていく環境が狭められていることは間違いのないことです。

身近にどこでも見られると言うことはうれしい事ですが、反対にその奥に潜んでいる見えない理由を考えるならば、複雑な気持ちでもあります。
  1. 2008/12/23(火) 17:52:00 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

J-ママ さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

コガモ君、お写真を拝見致しました。
動きがあって、また翼鏡のエメラルドグリーンが際だっていて、大変にきれいでした。

この石神井公園の記念庭園のコガモ君は毎年必ずで大変に不思議と言えば不思議に思っています。

毎日のように観察できれば、それに超したことはないのですが、現実的には地元の洗足池公園ですら、そうも行かないところもあり、難しいところです。

毎日観察が出来れば、その行動、増減、そして表情、またまわりの他の種との関わりなど様々な事が見えてきますでしょうね。

和田堀池にオシドリ君の♂が来ていたんですね。
確かにあまり聞かないことですから、珍しいのではないかと思います。

反対に石神井公園に1年中いた、オシドリ君の姿が見えなくなって、いくらか経ちますが、どうも情報からでは石神井川を下ったようでもあり、その個体が同じ個体である可能性もありそうです。

石神井公園にずっといた個体はどちらかと言いますときれいと言う感じではなく、また特徴のある個体でしたので、その石神井川にいる個体を見れば、同じ個体かどうかわかりそうな感じもしています。

石神井公園ではこの夏に♀のオシドリ君が来ていましたし、子供たちも泳いでいましたから、子育てをしていたことは間違いないと思われます。

そして、その夏に来た♀の姿を見た後にいつもいた♂の姿が見えなくなっていることもあり、一緒にどこかに飛んでいったのであれば、大変に良かったと思っていたところでした。

ずっと寂しそうにカルガモ君とともに行動をしていた、オシドリ君の♂にようやく春が訪れたのかも知れないとも思ったことでした。

春にはペアでいたとの事、その個体がどうかはわかりませんが、是非来てくれると良いですね。

また、来たら、前にいた個体なのか、それとも全く別の個体なのかを確かめたいとも思っています。
  1. 2008/12/23(火) 18:14:27 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

こんばんは

「つり禁止」と言われても
カワセミ君は困るでしょうねぇ(笑)

水鳥たちもようやく「出揃った」というところでしょうか。
こちらにはまだ「トモエガモ」や「オシドリ」の姿はありません。
いろいろな水場がだんだんと鳥たちにとっても
厳しい環境になっているようですが
こんなやさしい目を見ると
なんとか彼らの住処を守っていきたいと
切に願うばかりです。
いつもながら素敵な画像で
楽しく拝見しています。
  1. 2008/12/24(水) 00:02:55 |
  2. URL |
  3. xiao #rDKnVBoQ
  4. [ 編集]

kurabar さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

石神井公園、うちも少し久しぶりでした。

この季節はどうしてもカモ類の動向が気になってきますので、必ず様子を見に行くようにしています。

また、その場所ごとに様々な特色があり、また目に見えないところもありますから、具体的には難しいのですが、その種ごとの好みは勿論あるようです。

ここではほぼ例年通りのカモ類相でしたので、やはりその好みの環境が保たれていると言う事も言えるかもしれません。

カワセミ君、園内を大きく分けて、3つの池とすると、それぞれに1羽ずつ確認できました。

ただ、気が付いていないだけでまだいる可能性もあります。

ここでは子育てもしているようですが、やはり縄張りに関するところから、いる場所が分かれていると考えるのが妥当のようですね。

アオクビアヒル君、そうですね、鋭い観察眼です。
水中に頭を突っ込みながら、泳いでいますので、直前直後という所です。

しきりに水底をさらっているようです。

カワセミ君の別個体は確かに薄っぺらの看板ですから、とまりにくいようでもありますが、カワセミ君の足はかなり小さいですから、意外とうまくとまれるのかも知れません。

やはり水中を見るためにはどこにでも自由自在にとまることが出来ないと難しいでしょうから、足の形態もその様に進化してきたのではないかと思います。
  1. 2008/12/24(水) 20:39:35 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お言葉もいつもながらに大変に恐縮です。

コガモ君、ここの記念庭園には毎年必ず、ほぼ同じ個体数が来ています。
環境的には小さな池で森林の中、日差しが半ば閉ざされているような、ひっそりとしたところで、他の2つの池(石神井池、三宝寺池)と違って、人間も殆どいない様な目立たないところです。

そう言った環境をコガモ君が好むというのもまた不思議な感じもしないでもありませんが、やはりこの場所の環境が気に入っているからこそ、毎年必ず来るのでしょうね。

居心地、植生、身の回り、その他広い意味で全てを含んだ環境がコガモ君の好みに合うのではないかと思われますが、人間の目から見るとそれが何故なのか、大変に難しいところです。

おっしゃる通り、人間の目にはわからなくても・・・です。

キンクロハジロ君、うちの行く所では必ずいる種類でもあります。
今シーズンは例年よりも多く来ているところもあれば、少ないところもあり、それこそ場所によって様々です。

滑稽さとかわいさが同居・・・まさにおっしゃる通り、そのもの如くの素晴らしい表現だと思います。

オナガガモ君、♀は確かに地味ながら、なかなかきれいです。
カモ類の♀は全般的に地味でありながら、すぐそれとはわからないまでも秘めたるきれいさを持っているといつも感じます。

マルガモ君、うちの行く所では、それほど頻度は高くないですが、それでも結構見掛けますね。

カモ類は生息環境もあるのでしょうか、交雑は結構いるのではないかと思います。

交雑種同士は一般的に繁殖能力がないと言われていますから、この例で行くと、マルガモ君同士の子供は出来ないと言うことになりますが、実際はどうなのか、良くわかりません。

交雑種同士は全て一世代なのかどうか、こちらも大変に気になるところです。

バン君、この季節は結構きれいな個体が多くいると感じます。
足が水面下ではなく、地上に出ていれば、更にその特徴が強調されたかと思うのですが、これは仕方のないことですね。

そして、確かに環境適応力に優れているのでしょうね。
うちの行く所ではおおむね見掛けることが出来る種類ですし、また子育てもしているようです。

特にここ、石神井公園では毎年2~3組のバン君が子育てをしています。

さて、自然の生きものたちにとっては、人間の目に見えないわずかな環境の変化でもそれこそ生命に関わることでもあるかと思います。

ただ、目に見える環境破壊、まわりの変化などは感じることが出来ても、その環境でも広い意味での生物相、植生、また水質や魚類相なども大きく関係してくるだけに、なかなか人間の目ではわからないですね。

うちの場合は行ったところの種類、個体数などを記録しておき、またそれがどう変化したかを見る事によって、何かの環境が変わったのではないかという推測が出来るのみです。

その推測が具体的に根拠のあるものになるにはかなりの時間がかかるかと思いますが、地道に観察していきたいと思いますし、また手遅れにならないうちに手を打つことが出来れば良いと思っています。

まず人間としてではなく、生きものたち自身の身になって考えることから始めていきたいと思っています。

行動予定表ですが、これは予定を決めないで行動していては、毎日、どこに行こうか、それともどうしようかで迷いも出てきてしまい、大変に非効率的になってしまうのを防ぐために作ったものです。

自分で言うのもおかしいですが、性格的に決めたことは実行すると言う傾向が強くありますので、こうして予定を立てれば、迷うことなく、お天気が悪くない限り、必ず行くようになります。

いわば、自身への半ば強制的な意味合いも兼ねたものとなっています。

今のところ、予定通り消化していますが、ここの所、どうもお天気も優れず(晴れでも雲が多く、日が陰ることの多いお天気)で大した写真も撮れていないのが残念ではあります。
  1. 2008/12/24(水) 21:19:05 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

digitalseabass さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

オオバン君、石神井公園では確かに今まで見掛けたことがありませんから、知っている限りではありますが、今シーズンから来たのか、珍しいとも言えるかもしれませんね。

お写真を拝見致しました。
三宝寺池にいたこともあるとのことで、そのことは大変に興味深い事です。

石神井池と三宝寺池を同じ個体が行ったり来たりしている可能性もありそうですが、主観的に考えると間に車道を挟んで、石神井池と三宝寺池はごく短距離ですから、飛んで移動していると言うことはどうも考えにくいような感じもしてきます。

もしかしたら、まだ別の個体がいる可能性もあり、今度行ったときに確かめることが出来ればと思っています。

カワウ君、かなり多くいるのには驚きました。

しかし、ゴイサギ君が見当たらなかったのが、心配でした。

三宝寺池などに多くいた、ゴイサギ君が全く見当たらなかったと言うことは不思議でしたが、やはりいることはいるんですね。

見落としたか、または単にその日はどこかに隠れていたか、いなかったのではないかと考えられます。

コゲラ君、森林の方にいますが、釣り場の方にもいましたか。
どちらかと言いますと樹木があるところ、どこにでもいますし、最近は見る機会も多くなってきたように思います。

オシドリ君、ずっとここにいた個体ですが、その姿が夏頃より見えなくなっていたのでどうしたのか、気に掛かっていました。

石神井川を下っているようですが、高野台付近となると少し距離がありますね。

同じ個体かどうかは見ればわかると思うのですが、この方も機会があるときに確認したいと思っています。

情報をありがとうございます。

予定表ですが、いつも前日や当日に決めていては、あれこれ迷ったり、行かなかったりして、効率的に撮影にまわれませんので、いつもやっている事なのですが、予定を決めて行動することにしました。

性格的なものもありますが、お天気がよっぽど悪くない限りは、予定通り行く様になります。

今のところ、予定通り消化していますが、ここ何日はお天気が今一歩良くなく、これと言った写真が撮影できていないのが残念です。

明日は井の頭恩賜公園、井の頭自然文化園となりますが、仕事の時間的都合もあり、行く時間帯は未定です。
  1. 2008/12/25(木) 03:24:42 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

りもふ さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お言葉もいつもながらに大変に恐縮です。

鳥類撮影に際しては、やはり目が輝くかどうかでその表情も正反対に変わってきますから、いつも念頭に置いて、注意するように心がけていることです。

ただ、遠かったり、証拠写真などの類はその限りではありませんが、同じ種類でもその表情はその時その時で様々でもありますから、何度でも撮るようにもしていることです。

さて、予定ですが、特に撮影三昧と言う所までは行かないです。
仕事もありますから、それだけで全て行動するわけには行きませんが、ある程度時間的余裕があるところから、予定を組んでいます。

前日や当日などにあれこれと行く場所を決めていたのでは迷ったり、時間があっても結局は行かなかったりすることが今までにも多くありましたし、効率的にまわることも出来ませんので、いつも実際はやっている事ではありますが、予定表を作ると言う事で今回の年末年始は行動しようと考えました。

性格的なこともありますが、予定を決めたら、お天気が悪い、仕事の都合以外は必ず行くようになります。

今のところ、予定通り消化していますが、ここのところ、お天気も優れず、大した写真も撮影できていないのが残念ではあります。

在庫写真はたまっていく一方ですが、今度は整理する方が間に合わない状態となってしまっています。
  1. 2008/12/25(木) 03:44:50 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

今年もあと残すところわずかとなりましたが、大変にお忙しいようですね。

うちの方は年末の忙しさはある程度一段落して、多少は時間的な余裕が出来てきたところでもあります。

ただ、年が明ければ、年度末まで例年のピークを迎え、また仕事以外の時間はまず取れない状況となってきます。

さて、カモ類もこちらではうちの行く所、ほぼ例年通りなのかなと言う感じがしていますが、目に見えないところで、微妙に変化が伺えるような、そんな感じもし、大変に気に掛かっているところです。

そちらではだいぶ変動があるようですが、それもこちらとは環境的に桁が違いますから、一概には言えませんね。

そして、琵琶湖ではアカツクシガモ君ですか。
九州の方ではおおむね見られるかと思うのですが、ずいぶん北上してきたものかと感じます。
これもここ昨今の気候の変動によるものなのか、それとも単なるたまたまなのか、気になるところです。

そして、サカツラガン君、ヘラサギ君も5羽ずっといるようで、大変に羨ましい限りですね。

こちらでは今のところ、目立ったニュースは聞こえてきませんが、まだまだこれから色々とあるのではないかと期待をしています。

さて、予定表ですが、今回は仕事も勿論ありますので、これだけで全て動くわけにも行かないのが、唯一残念なところです。

ただ、いつもの事なのですが、予定を決めずに行動をしていますと、あれこれ迷ったり、結局は行かなかったり、それこそ気分次第と言う事になりがちな傾向になってしまいます。

今回はそう言った事のない様、また気になっているところを洗い出して、予定を立てることで、迷いをなくし、効率的にまわることを意図しました。

自分の性格的なところもありますが、予定を立てたら、また決めたら、お天気が悪くない限りは、まず必ずその予定で行動するようになります。

反対に考えると、予定以外の行動は一切しないと言う事にもなりますので、融通が利かないと言う点は否めませんが・・・。

本当は臨機応変に様々な情報を得て、行動していくことが一番良いのですが、なかなか難しいところです。

今のところ、予定は全てその通り消化していますが、ここのところお天気が優れず、その割には大した写真も撮れていないのが残念なところでもあります。
  1. 2008/12/25(木) 04:51:45 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

xiao さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

カワセミ君、釣り禁止の看板の上にとまって、その真ん前でそれを無視して釣りをしている人間にアピールでもしているかのようでもありました。

確かにカワセミ君もお魚さんを捕りますが、人間の道楽とは全く違いますから、全く気にしていないかも知れませんね。

さて、この季節のカモ類ですが、うちの行く所ではある程度の種類、個体数が揃ってきているような状況です。

ただ、微妙に例年と違う、また種類数が違うと言うことはあるにしても、まだこれからと言う事もありますので、引き続き見て行きたいと考えています。

そちらでは、トモエガモ君、オシドリ君は未だに来ていないとのことですが、是非来てくれると良いですね。

トモエガモ君にはうちも期待しているのですが、うちの行くとき(予定は1月5日)に来ていてくれるかどうかと言うところです。

また、環境も間違いなくどこでも悪化していると考えられますが、それが人間の目に見えない部分であるがために、大変に難しい問題でもあるかと思います。

そして、カモ類、大きく言えば生物全般の生きる場所がどんどん狭められて行ってしまうと言うことにもなっているかと思われますが、具体的に何がとなると殆どわからない事でもあります。

うちの場合は出来るだけ行った場所の記録を残し、またその結果から何かがわかればと思っていますが、こちらも主観的な部分に頼らざるを得ない部分が多くなってしまうのも否めません。

そこから、微力でも何か出来ることがあればといつも思っている事です。

お言葉いつもながらに大変に恐縮です。
暗いところでの撮影も多く、今回は画像的には今一歩と言う所ばかりでした。
どちらかと言いますと画像よりも被写体の表情優先でいつも撮影していますが、やはり画像がきれいでないと、その表情も同じくきれいに写らないだけに難しいところです。
  1. 2008/12/25(木) 05:12:59 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。