野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

洗足池公園

今回は久しぶりに地元の洗足池公園です。

ここのところ、地元は一番後回しとなっていて、しばらく様子を見に行っていないままでした。

当日は晴れたり、曇ったりのお天気模様でした。

機材はEOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO 150-500mm F4.5-6.3 DG OS HSM 使用で手持ちでの撮影です。

806I532340.jpg

ユリカモメ君です。
今シーズンはユリカモメ君が例年よりも多く来ているような、そんな感じがしました。

806I534240.jpg

ホシハジロ君です。

このホシハジロ君ですが、昨シーズンの同時期と全く同じで、♂8羽、♀2羽でした。
1年前とそれぞれ全く同じ個体数が来ているというのも、不思議と言えば不思議ですが、もしかしたら、毎年同じ個体が来ているのかも知れません。
いる場所、そして池の中での配置状況もほぼ昨シーズンと同じでした。

806I539640.jpg

キンクロハジロ君です。
ここでは例年、個体数が一番多い種類ですが、まだ数えるほどしか来ていないようでした。

806I543740.jpg

いつも1羽だけ必ずいる、カワウ君です。

806I546640.jpg

オナガガモ君です。
こちらも例年個体数はキンクロハジロ君と並ぶくらいに来ますが、今のところ20羽ほどと言うところでした。

806I549540.jpg

アオサギ君です。
水の中を歩くときも抜き足・差し足と言う行動をしていました。

806I552340.jpg

コサギ君です。
木道の欄干でうろうろしており、道行く人たちの人気者になっていました。
1m程度であれば、近付いても大丈夫でした。

あと、いつもいるアヒル君たちを含め、例年とほぼ同じ顔ぶれでした。
カワセミ君はあっちにこっちに飛んでいるのを見掛けましたが、撮影には至りませんでした。

あと、画像的な事ですが、どうも青が強いような、そんな違和感があります。
前のEOS 40Dがそんな感じでしたが、 EOS 1D MarkⅢでは少なくともそう言った違和感はなかったと思っていました。
今回の出来た画像を見ると、どうも前の40Dと同じような配色に感じてなりません。
本体での設定その他は全く変えていないのですが、その原因が何なのか不明の状態です。

Sigma APO 300-800 F5.6 EX DG HSM 使用ではまだわからないのですが、少なくとも先日の谷津干潟(掲載済み)で撮影したときはその違和感はありませんでした。

レンズの問題なのか、ずっとマクロ撮影していて、その画像になれてしまったための一時的な違和感なのか、それとも本体の不具合なのか、確かめていきたいと思っています。
スポンサーサイト
  1. 2008/11/29(土) 02:07:41|
  2. 野鳥
  3. | コメント:14
<<蝶の里公園 (10月下旬編、その1) | ホーム | 生田緑地 (盛夏編)>>

コメント

おはようございます

・トップのユリカモメ、実に素晴らしいですね。極めて薄いですが、胸がピンク色していいですね。個体によってはハッキリとわかるものがいます。今冬はまだ冬鳥をじっくり見ていないにで、今日の水元の講座は早めに行って、ユリカモメなどを感察しようと思っています。
・ホシハジロ、昨年と同個体数とは、仰るように同じ個体が来ているのかもわかりませんね。夢のある話で良いですね。そういえば、以前不忍池に来ていたコスズガモは同じ個体が毎年来ていたそうです。
・キンクロハジロ、良いですね。鳥類園にも結構来ていますが、調査の時に見るだけですから、個人的にじっくり感察したいです。
・カワウ、憂いを帯びた目の表情が素晴らしいですね。斜光が効果を上げていますね。
・オナガガモ♀、良いですね。水面の落ち葉と羽色がマッチしていて一幅の絵を見るようです。惜しむらくは画面が傾いてしまいましたね。咄嗟のことで難しいですね。(躍動感のある画面でしたら効果もあるのですが)
・アオサギ、いつになくかわいい表情が良いですね。
コサギ、水元公園には釣り人のすぐ横にいて釣り上がった魚をねだるコサギがいました。
  1. 2008/11/29(土) 08:19:05 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

特に違和感を感じませんけど

ユリカモメ、この子がやって来ると、冬の鳥撮りの幕開けのような感じがします。
まばゆいような白がいいですねぇ。
キンクロハジロ、ひいきにしているカモちゃんです。
このひょうきんな表情がたまらなく好きです。
カワウ、この艶やかな羽、その模様、すばらしいです。
オナガガモのメス、これもまた素敵な文様です。
オスはむろんのこと、メスもとても気に入っています。
アオサギにコサギ、やはり嘴が鋭いですね。そして目つきも。
カモ類の柔和なまなざしに比べると獲物をとらねばならない生き方の違いが表れているように思えます。
私は今回の画像を見て、とくに青がつよいとは感じませんでした。
もっともカメラの造り出す色合いは微妙ですから当事者でないと分からないと思います。
光線の加減で色がちがったりすることは私自身もよくありますが。
  1. 2008/11/29(土) 18:54:14 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

仰るような

青みが強い印象は受けませんけどねぇ・・・。とっても美しい写真に見えていますよ^^ノ
  1. 2008/11/30(日) 02:08:37 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

水鳥達も

だんだんと戻ってきてくれていますね。
こちらでは例年に比べてまだユリカモメは少なく
キンクロハジロが多いように思います。
カワウのちょっと寂しそうなまなざしも
印象的ですね。
鷺の羽がだんだんと美しく見える季節、
特にコサギの美しい姿、
さすがよしの88さんの撮影だなぁ、と思いました。
  1. 2008/11/30(日) 09:23:34 |
  2. URL |
  3. xiao #rDKnVBoQ
  4. [ 編集]

コサギにそんなに近づけるというのは、ある意味素晴らしいですね。餌でももらっているのでしょうか。
これだけ近いと、手頃なズームの威力が出ますね。
  1. 2008/12/01(月) 09:41:10 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

こんにちは。
冬鳥さん達は、まだまだこれから増えるのでしょうね!
さすが、よしの88さんの写真は美しいです!(*^_^*)
  1. 2008/12/01(月) 14:59:43 |
  2. URL |
  3. りもふ #-
  4. [ 編集]

こんばんは。
寒くなり水鳥たちが増えてきましたね。 ユリカモメ目がなんとも可愛らしいですよね。キンクロハジロも冠羽がユニークで好みです。川沿いをワン散歩していますとバタバタと音をたてて川面を飛ぶカワウにびっくりすることがあります。 オナガガモは♂♀ともに優しい目をしていて和みますね。善福寺池では足元まで寄ってきて可愛いです。
今回も気持ちの良いほどシャープな画像を楽しませていただきました。 リンクをさせていただきました。
  1. 2008/12/01(月) 19:20:08 |
  2. URL |
  3. J-ママ #L6L1d2IA
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

また、お返事が遅れ、いつもながらに誠に申し訳ありません。

そして、それぞれの写真について、お言葉大変に恐縮です。

さて、ユリカモメ君、良く見ると確かにそうですね。
今まで全く気が付いていないことでしたし、また単に白色であると思っておりました。
今度はその色合いの違いにも気をつけて見たいと思います。

水元公園での講座、盛況のうちに終わられたと思いますが、いつもながらに様々にご活躍のご様子、素晴らしいことです。

そして、水元公園にもユリカモメ君は多く来ている季節ですね。
うちが今シーズン気になっているのは、昨シーズンのオシドリ君とアヒル君のペアで、今シーズンはどうなのか、確かめたいと思っています。
それと並行して、やはりヒドリガモ君でしょうか。
水元ではヒドリガモ君がうちの行く場所では一番多いですから、毎年の事ですが見逃せませんね。

ホシハジロ君、そうですね、確かに素晴らしいことではないかと感じています。
それぞれの個体数もさることながら、そのいる場所やグループ分けなども全く昨シーズンと同じで、1年前の光景に戻った感じでした。

昨シーズンは、この後♀が一時的にいなくなり、また段々♂も減って行ったと記憶しています。
真冬の時期には確か数羽しか残らず、また♂1羽だけは通期単独行動をしていたと思いますので、その点も確かめていきたいと思っています。

この単独行動していた♂は額からくちばしにかけて、他の♂にない特徴(言葉では説明しにくいのですが)がありましたから、同じ個体であれば、その面影も残っている可能性もあり、楽しみにしているところです。

不忍池のコスズガモ君、確かに毎年同じ個体が来ているようですね。
同じ種が決まって1羽だけ、それも毎年来るとなれば、自ずと同じ個体だろうという察しは付きそうですが、今シーズンも来てくれるかどうか、こちらも大変に楽しみにしているところです。

キンクロハジロ君、うちの行く場所では大変に多くの個体が来る種でもあります。
それだけにこの季節は大変に身近な種類とも言えそうです。
うちの行く場所では殆どの場合、少し距離を置いて、人間に近い場所にいる事が多いです。

カワウ君、この個体は何年も前から、ずっと1羽だけ(一時期は2羽になったこともありますが)ここにいます。
殆どはお気に入りの杭の上で日向ぼっこをしている事が多く、動いている、または泳いでいる様子はあまり見たことがありません。

ずっと1羽でいる事と、まさにユリカモメ君やオナガガモ君たちが多く来始めている状態ですから、それだけに何か違った表情にも見えて来るところがある様な感じがします。

オナガガモ君、ここではキンクロハジロ君と並んで、多くの個体数が来る種類でもあります。
丁度良いあんばいに初冬の感じを水面に出すことが出来たかなと思っていたのですが、やはり撮影するときは一瞬ですから、なかなか難しいところです。

勿論、撮っているときは被写体ばかりに目が行っていますので、その背景は気にしていませんですし、背景やその他に関しては後から気が付くことばかりです。

アオサギ君、以前はそれほどここでは見掛けませんでしたが、ここ最近は1羽だけですが、良くいるのを見掛ける様になりました。

反対にいつも必ずいた、ゴイサギ君を全く見掛けなくなったと言う事が残念ですが、アオサギ君が来始めていた時期とゴイサギ君がいなくなった時期が重複はありますが、ほぼ同じような時期ではなかったかと今にしては気になっています。

水の中でも抜き足差し足状態だったのが、大変に印象深かったことです。

コサギ君、木道の欄干にずっといましたので、道行く人たちの人気者になっていました。
ただ、ここでは釣りは一切禁止となっており、釣りをする人も当たり前ですがいません。
多分この日はたまたま人間の近くにいたものではないかという感じがします。

ただ、何年も前から写真も以前掲載していますが、人間にかなり近い場所にいるコサギ君が1羽、ずっといることは確かで、同じ個体なのかどうか、気になっているところです。

水元公園では確かに釣りをしている人間の横に佇んでいる、コサギ君がいますね。

人間にはまず近付かないであろうサギ類ですが、こう言った光景も水元公園ならではと思います。

その良いか悪いかは別としての話ですが・・・。

いつもご丁寧にご覧くださり、誠にありがとうございます。

冬もだんだんに深まり、行きたい場所が多くありますが、仕事も年末にさしかかり、全くどこにも行く事が出来ない状況です。
  1. 2008/12/03(水) 16:04:07 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

また、お返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

ユリカモメ君、確かに冬の季節到来という感じがしますね。
この個体は撮影条件もあるかと思いますが、大変にきれいな個体でした。

ユリカモメ君はここでは昨シーズンは数十羽と言う感じだったと記憶しているのですが、今回は100羽以上と例年にも増して、かなり多くの個体数が来ているように思われました。

ただ、毎日朝方から夕方までいて、ここにずっといるわけではないですので、毎日同じ様な個体数が来ているとも限らず、この日がたまたま多かったという可能性もあります。

キンクロハジロ君、うちの行く所では大変に人間に近い場所にいる種類の一つです。
人間に近いと言っても、ある程度距離を置いているところが、またオナガガモ君などと違った行動であると言う事も言えそうです。

この日はまだまだ数えるほどという感じでしたが、これから多くの個体数が来る様になりますので、大変に楽しみです。

カワウ君、ずっと前から1羽だけここにいる個体です。
飛んでいるところは見ますので、飛べないわけではないのでしょうが、この場所が気に入っているのか、何故かずっとここにいます。

模様なども光の当たり具合でかなり変わってきますね。
背中の茶色みを帯びた色合いは初めて見たような感じすらするところです。

オナガガモ君、♀は地味ながら、大変にきれいだと思っています。
♂もエクリプスはあまり見掛けなくなり、殆どの個体が繁殖羽となってきていました。

ここではキンクロハジロ君と並んで、多くの個体数が来ますので、大変に楽しみです。

特にここに来るオナガガモ君は人懐っこく、とっておきにかわいいです。

アオサギ君、コサギ君、どちらもその生態によるところから、その感じがかなり違った様に見えてくるところ、確かにおっしゃる通りですね。

くちばしもその生態によって進化してきたものでしょうから、まさにその種類の生き方そのものを映し出していると言っても良いのではないかと感じます。

その眼の感じも同じくですね。

そう言った観点から、サギ類とカモ類を見比べてみるとまた違った側面が見えてくる様ですね。

そして、画像に関して、ありがとうございます。

撮った時にどうも青が強いような、いや厳密に申しますと前のEOS 40Dを使い始めた時の違和感があった様な、そんな漠然としたところでした。

出来た写真を見てもどうもその違和感は同じようにあり、良くわからないのですが、多分にして、ずっとマクロ撮影でその画像の作りに慣れてしまったことから来る一時的な違和感ではないかと今にしては思っているところです。

特に1~3枚目などは水面の色合いが強いような感じも受けますが、これは確かにおっしゃる通り、その時の光加減から来ることなのかも知れません。

結果的にはレンズによって、その作り出される画像の色合い、感じは当然わかっているはずなのですが、やはりかなり違うと言うこと、それに加えて、撮影条件によっての差がたまたま大きかったと言うことにもなるのかも知れません。

今まではマクロ撮影ばかりでしたが、これからは望遠がメインになってきますので、漠然としたものではなく、その撮影条件と色合い、レンズによる差なども具体的におさえて行く事も必要なことではないかと感じています。
  1. 2008/12/04(木) 13:50:55 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

どりさま さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

また、お返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

また、お言葉も大変に恐縮です。

さて、結果的に申しますと、今までマクロ撮影での画像になれてしまっていた事と撮影条件による差がたまたま大きかった事による、一時的な違和感だった様に思われます。

前のEOS 40Dを使い始めた時の「おかしい」と言う違和感そのものを感じましたので、何かがおかしいのではと気になったのですが、これだけはレンズの特性、その時の撮影条件などの微妙な差でも変わってくることですから、人間の目では大変に識別が困難とも言えそうです。

これからは望遠がメインになってきますので、そのあたりの様々な条件に対して、どういう画像が作り出されるのか、レンズの特性と合わせて、ある程度おさえて行く必要性もあるように感じました。

実際には大変に難しい事ではありますが、違和感があるというのは撮った時のファインダーで見たとき感じた事と違うと言うことにも繋がりますので、その差を埋めるべく、色々とやって行きたいと思います。

まさに永遠に試行錯誤の連続です。
  1. 2008/12/04(木) 14:06:07 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

xiao さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

またお返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

お言葉も大変に恐縮の限りです。

さて、冬も深まるにつれて、その季節の鳥君たちが戻ってくる季節となって来ました。

ここではユリカモメ君を筆頭にオナガガモ君、キンクロハジロ君が多く来る種類ですが、今のところではユリカモメ君は例年よりもかなり多いという印象はあるにしても、オナガガモ君とキンクロハジロ君はこれからなのかなと言う感じでした。

そちらではキンクロハジロ君が多いとのこと、その場所によっても傾向が違ってきているようですね。

今シーズンも少なくとも1回くらいはそちらのフィールドの様子を見に行きたいと考えています。

昨シーズンのようにトモエガモ君が来てくれるかどうかも楽しみにしているところです。

カワウ君、ずっと前から1羽だけいる個体です。
この季節は池も賑やかになりますから、その様子を見ているのかも知れませんし、また仲間の来るのを心待ちにしてるのかも知れません。

この表情も考えてみると様々に見えてきますが、その経緯から考えると、やはりずっと1羽だけでここにいると言う事がその表情に大きく響いて来ているような気がしてなりません。

サギ類もこれからまた繁殖羽に向かっていきますから、だんだんときれいになっていく季節でもありますね。

コサギ君、今回は散策路(木道)の欄干を行き来していましたので、いつもよりはかなり近い場所にいたというのも幸いしました。

年末も押し迫り、仕事の関係で全くフィールドに出ることが出来ない状態ですが、合間合間に時間を見付けて様子を見に行きたいと思っています。
  1. 2008/12/04(木) 14:32:45 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

また、お返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

コサギ君、ここではかなり前から人間に近い場所にいる個体を見掛けていますが、その個体が同じ個体なのかは良くわからないところです。

そして、ここでは釣りと動植物採取は一切禁止となっていますし、さらには食べ物を人間からもらっているのも全く見たことがありませんから、そう言った理由から人間の近くにいると言う事ではなさそうです。

多分にして、人間にはあまり近い場所にいないサギ類の中にあって、ここの公園の環境に馴染んだ、コサギ君と言う事になりそうです。

この日は散策路(木道)の欄干を行き来していましたので、手の届く範囲、レンズでもそれほどズームすることなく撮影できたというのも条件的には良かったと言えるかもしれません。

こういう場合は確かに単焦点よりはズームの方が使い勝手は良いでしょうね、
  1. 2008/12/04(木) 14:42:16 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

りもふさん

こんにちは、いつもありがとうございます。

また、お返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

冬も深まるにつれて、冬の種類も多く戻ってきているところではないかと言う時期です。

例年のある程度の個体数の記憶から申しますと、ここではユリカモメ君は大変に多く来ていますが、主力のキンクロハジロ君とオナガガモ君がまだまだこれからと言う感じです。

うちの行く場所によっても傾向はかなり違ってきていますから、色々と様子を見に行きたい所ですが、年末も押し迫り、仕事の関係もあって、どこにも行く事が出来ない状況となっています。

「さすが」と言う所にはほど遠いですが、お言葉も大変に恐縮の限り、誠にありがとうございます。

そして、蛇足ですが、現在鳥君の在庫は殆どない状況で、仕事の関係でフィールドに出ることが出来ず、どこにも行けないため、また次回からは昆虫類の掲載が何回か続くようになって行きます。
いつもながら、ブログを開けてみたら、「昆虫類」となってしまうことになるかと思われますが、ご了承頂きたく、よろしくお願い申し上げます。
  1. 2008/12/04(木) 14:56:43 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

J-ママ さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

また、お返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

冬も深まり、多くの鳥君たちが戻ってくる季節になりました。

ユリカモメ君はここでは主力の1種ですが、今シーズンは例年よりも多くの個体数が来ているような印象でした。

そして、画像に関してですが、ユリカモメ君は眼の構造から来るのでしょうか、思ったようにはその表情を表現することが大変に難しいといつも思っています。

その上にお身体が白い色合いですので、なおさらと言う感じがしています。

写真は実際に何枚も撮っていますが、その表情が見たイメージと違和感のないくらいの様に写っているのは、その中のごくわずかと言う所です。

鳥君を撮る上で一番のキーポイントは目の輝きだと感じています。
目が生きてこない写真は基本的にはその被写体が生きてこないと言う事にも繋がりますし、また表情も生きてこないと言う事になりますから、特に気をつけるようにしています。

ただ、遠い写真やいわゆる証拠写真などではそこまでは難しいですし、撮影条件、光の当たり方などによっても大きく左右されますから、なかなか思ったようには行かないことが実際は殆どと言う所です。

キンクロハジロ君、そうですね、冠羽が何ともユニークですし、行動的にもなかなかかわいい種類です。

カワウ君、飛び立ち方が助走しないと飛べないという所から、バタバタと言う感じになるのかと思いますが、そちらの方では川にもいるのですね。

大きな川では勿論見る事はありますが、都市部で住宅街の間を流れている、いわゆる人工的に作られてしまった川では見たことがありません。

オナガガモ君、おっしゃる通りですね。
善福寺公園にもおおむね冬の時期と夏の時期に何回かは行くようにしていますが、確かに池から上がって休んでいたり、足下に歩いていたり、色々ですね。

しかしながら、善福寺公園で昨シーズン気になったのは、コガモ君の姿を見掛けなかったと言う事です。

例年数羽は必ずコガモ君が来ていたかと思うのですが、昨シーズン数回だけですが、行った限りでは確認できませんでした。

そのあたりも行った時に確かめたいと思っています。

石神井公園の記念庭園には毎年10羽程度のコガモ君が決まって来ていますが、こちらも気になっていることの一つです。

そう言えば、その記念庭園に居着いたアヒル君も気になりますし、善福寺公園のバリケン君とシナガチョウ君が元気にしているかも気になっている事で、考えてみると気になっていることが大変に多くあることに気が付く次第です。

そして、お言葉も大変に恐縮の限りです。
リンクも早々に頂き、誠にありがとうございます。
こちらからも遅ればせながら、リンクをさせて頂きましたので、よろしくお願い申し上げます。
  1. 2008/12/04(木) 15:28:55 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。