野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

松木公園 (10月中旬編・その2)

今回は10月中旬の松木公園のその2です。

前置きはその1と重複しますので、割愛させて頂きます。

機材はEOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM + 1.4×テレコン使用での手持ちによる撮影です。

806I811304.jpg

セイタカアワダチソウさんにキタテハ君です。
半分逆光状態での撮影でした。

この翅にある、白斑ですが、見ようによっては「C」にも「L」にも見えてきます。
そうなるとシータテハ君かエルタテハ君かもと期待してしまいますが、やはりキタテハ君でした。

806I818604.jpg

モンキチョウ君です。
かなり久しぶりでした。

806I819704.jpg

ミヤマアカネ君です。
きれいな個体ですが、残念ながらこれ以上近付くことが出来ず、遠い写真となってしまいました。

806I821104.jpg

ナナホシテントウ君です。
こちらも大変に久しぶりでした。

今シーズンは何故か、どこでも出会う、このナナホシテントウ君とナミテントウ君とは縁がありません。
ナミテントウ君はうちの行く所では、未だに今シーズン、姿を見掛けていません。

806I823804.jpg

チョウセンカマキリ君です。
垂直に立った金属製柵の柱ですが、滑って落ちていかないところ、またこちらの様子をうかがっているところなどは余裕そのもの、素晴らしいです。

806I825304.jpg

アオクサカメムシ君です。

806I827904.jpg

チャバネセセリ君です。

806I815804.jpg

そして、ヒナバッタ君です。
2cmほどもない、大変に小さなかわいいバッタ君です。
様子を見ていると後脚を起こして、翅とこすり合わせて良く鳴いている(音を出している)のが良く見られました。

初めて会う種類でした。

このヒナバッタ君も長池公園ではあまり見掛けない種類です。
本当はこの松木公園とは正反対の長池公園・南エントランス側・やまざと広場の草地に多くいるはずなのですが、この当日は残念ながら大々的に草刈りが行われた直後でその姿は全く見られませんでした。

これで松木公園の10月中旬に行った、1日分です。
種類数こそ、隣の長池公園には叶わないですが、それでも多くの生きものたちがいる場所だと改めて認識しました。

この日より後は必ず、長池公園とこの松木公園をセットにして行くようになりました。

時間に余裕があれば、本当のところ、松木公園の先の浄瑠璃緑地~蓮生寺公園と長池公園までをセットにして歩きたいところですが、なかなか難しいところです。
スポンサーサイト
  1. 2008/11/04(火) 01:34:40|
  2. 昆虫
  3. | コメント:10
<<蝶の里公園 (10月中旬編 ・その1) | ホーム | 松木公園 (10月中旬編・その1)>>

コメント

おはようございます。

・キタテハ、素晴しい画像ですね。昨日の鳥類園でも1頭みました。
・モンキチョウ、いいですね。
・ミヤマアカネ、2本の花茎のカーブがとても効果的で良い画像ですね。
・ナナホシテントウ、良いですね。
テントウムシ(並=ナミ○○○○と言いたくないので・・・笑)を見かけないと言うことですが、鳥類園はテントウムシの方が多いです。昨日もいました。私の行く所はナナホシテントウの方が少ないようです。
・チョウセンカマキリ、表情がいいですね。昨日の鳥類園は風が寒く感じられました。カマキリ類は姿がありませんでした。
・アオクサカメムシ、良いですね。鳥類園では調査を始めてからはまだ見ていません。
チャバネセセリ、良いですね。今年は会えずじまいでした。
ヒナバッタ、良いですね。懐かしい昆虫です。鳴き声を思い浮かべています。
昨日の鳥類園は着々とカモ類が数をましています。珍しくオシドリ(♂若)がいました。寒さのせいか昆虫の姿はとても少なく、元気だったのはセイタカアワダチソウの花にいたシマアブくらいでした。アリスイがセンター前の桜の梢に止まってくれました。オオタカ(幼鳥)も来ています。鳥類園での個人的な感察は数ヶ月ぶりでしたから、10時頃から午後の3時までゆっくり見た廻りました。おかげで調査区域以外にも行けました。その甲斐あって「ウラギク」を見つけました。
  1. 2008/11/04(火) 08:40:02 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

昆虫達も通う度に違う種類が見られると思います。
時間帯や天候によっても随分違うものですね。
やはり定点観察も大変重要だと思っています。

関西での今年は、昆虫類も抱負なようで、それを狙った野鳥達の滞在期間も長い傾向があると聞いております。
どうやら、山中には実が少ない年のようで、冬鳥達は里に早くから降り、今年は楽しみな季節になるかなとも思っています。
フィールドを歩いていますと、まだまだサナエ系統のトンボ達も見かけますし、蝶達も活発ですね。
  1. 2008/11/04(火) 09:28:05 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

セイタカアワダチソウ

アレルギーもちの私のような人間には迷惑なだけの外来種ですが、こうやっていろんな昆虫のために役に立っているのですね。それでも生態系には望ましくない状況には変わりありませんよね^^;
  1. 2008/11/04(火) 14:51:53 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/11/04(火) 16:25:45 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

虫君たちへの配慮

トップ、美しい画像ですね。キタテハさんもこれくらいきれいに撮ってもらえば満足でしょう。
モンキチョウ、翅が少し傷んでいますね。これは幼虫で越冬するんですよね。
キチョウは成虫で越冬しているのを撮ったことがありますが。
ナナホシテントウ、この子を見るとほっとします。見慣れているせいでしょうね。
オレンジ、黒、白の色合いが大好きです。
アオクサカメムシですか。これは保護色で、分かりませんね。
ヒナバッタですか。2cmに満たないとはちいさいですね。
虫たちは草刈りされると住処を失ってしまいますね。
公園によっては一部刈らずにそのままにしてある所が見られますが、そうした配慮が必要ですね。
  1. 2008/11/04(火) 23:42:38 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お言葉、いつもながらに大変に恐縮です。

キタテハ君、1頭しかいませんでしたが、活発に動いていました。
うちの行く所にもよるのかと思いますが、キタテハ君を複数同時にいるのを見たことがないような気がします。

鳥類園でも1頭いたとの事で、まさにこの時期は冬に備えての行動とも思えそうです。

モンキチョウ君、久しぶりでした。
かれこれ、夏の蝶の里公園以来なのではないかと思われます。
モンキチョウ君はここでは3頭いました。

ミヤマアカネ君、蝶の里公園ではいつもその姿を見ていましたが、写真のようなきれいな個体は初めて見たような気がします。

お名前が「ミヤマ」とはなってはいるものの、普通の里山にも多くいるようです。
ただ、個体数はそれほど多くはなく、その殆どは1頭しか見掛けることがありません。

2本の茎が良い効果を出しているとすれば、偶然良いところにとまってくれたと言う事になりそうです。

ただ、柵があって、これ以上近付くことが出来なかったのが残念でした。
もう少し、この色合いをはっきりと近い場所で撮る事が出きれば申し分なかったのですが・・・。

ナナホシテントウ君、今シーズンに限ってですが、うちの行く所では全く見掛けない状態でした。
今回ようやくという所でしたが、これも行く場所の環境によるものが大きいのではないかと考えています。

ナミテントウ君、確かにそうですね。
言うなれば、「ただのテントウムシ君」と言う事になりますから、あまり良いお名前ではないですね。

しかし、この「ナミ」と言う言葉は結構色々な種類で使われており、あながち無視するわけにも行かず、うちはそのままのお名前で表記することにしています。

と言うわけで、ナミテントウ君、今シーズンのうちの行く場所では今現在、全く姿を見ておりません。
昨シーズンはあちこちで出会ったのですが、今シーズンは全くとこれも行く場所の環境によるものなのかなと思っています。

チョウセンカマキリ君、カマキリ類は全般について言えることなのですが、首が回ることから、様々に表情が豊かであると感じています。

このチョウセンカマキリ君も最初はこの鉄の柱を登っていると言う所でしたが、撮影をしているうちにこっちを向きながら(様子を見ながら)登るようになりました。

この鉄の柱を無事に登り終えると、セイタカアワダチソウさんの多くいるところにたどり着けます。

カマキリ類も寒い日にはなかなか出てこないようでしょうか。
これから気温も下がっていきますから、昆虫類にとっては動きにくい季節になってくるのかも知れません。

アオクサカメムシ君、鳥類園では調査開始以来、まだ見つかっていないとのことですが、うちも平地ではあまり見掛けた記憶がありません。

どちらかと言うと里山で多く出会っているような気がします。

チャバネセセリ君、今シーズンは会えず仕舞いだったようですが、まだまだわずかとは言え、時間はありますから、可能性はあるのではないかと思います。

うちは里山方面に良く行くようになってからは、セセリ君系については様々な種類に出会うことが出来ました。

どちらかと言いますと時期的なものもありますが、チャバネ系ですとイチモンジセセリ君がダントツであとはオオチャバネセセリ君、コチャバネセセリ君が多く見られました。
チャバネセセリ君はその中でもそうは多くはないのか、出会ったのは数回程度でした。

ヒナバッタ君、ここでは大変に多くの個体がいました。
声に関しては、金属音のような、言葉では言い表しにくいですが、そんな感じだったと思います。

そして、鳥類園の様子もいつもありがとうございます。
これからの季節が大変に楽しみな時期ではないかと思いますが、カモ類も順調に個体数が伸びているようですね。

そして、オシドリ君がいたとのこと、うちの知っている限りでは初めて聞くような、珍しいですね。

そして、やはり気温が低いと昆虫類もなかなか難しい様ですね。
セイタカアワダチソウさんにシマハナアブ君が・・・アブ君は全体的に寒さに強いのかどうか良くはわかりませんが、比較的今現在でもまだ見られる種類ではないかと思います。

そして、アリスイ君も来ているようですね。
昨シーズンの亀島でのアリスイ君を逃していますので、それだけに長く滞在してくれることを期待したいものです。

オオタカ君、いつものオオタカ君とは別個体でしょうか。
やはり松さんのところにいるのかななどと勝手に想像しています。

普段お忙しい中、久しぶりのご自由な散策も大変に成果があった様ですね。
やはり、調査などでは行動範囲、時間に縛られてしまうでしょうから、そのあたりが難しいところなのかと思います。

ウラギクさん、だいぶ以前、アップされていたかと思う種類です。
今のところ、まだ会えていない種類です。

どこかで偶然に会えればいいのですが、なかなか難しいものです。

いつも色々とありがとうございます。
  1. 2008/11/05(水) 23:46:06 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が遅れ、誠に申し訳ありません。

さて、確かにおっしゃる通りで、同じところでも行く度に違う種類が見られたり、またお天気、気候によっても変わったりしますね。

何日か連続で同じ場所に行っても、毎日同じ種類ばかり見られるというわけでもなく、また昨日見られたのに今日は見られないとか言う場合も結構多くありました。

定点と言いますと大げさに聞こえそうですが、同じ場所に続けて行って見ると言う事は結構重要ですね。

昨シーズンでしたか、地元の洗足池公園でやはり毎日のように立ち寄り、その様子を見たことがありますが、毎日来ているカモ類の種類が違っていることに驚いた事があります。

今シーズンも地元の洗足池公園に関しては合間合間に様子を見るだけでも立ち寄るようにして、そのデータを集めていきたいと思っています。

そして、今シーズンの関西方面は昆虫類には恵まれているようで、大変に羨ましい限りです。

確かに昆虫類が多ければ、その上位に立つ捕食者も当然多くなり、また滞在も長くなると言うことはあり得そうですね。

そう言った観点から見ると、昆虫類の生態系も大変に重要だと感じる所でもあります。

そして、今シーズンはお山の実りの少ない季節ですか。

となると、数年前のこちらでもあった、お山の鳥君たちが一気に下りてくると言う現象になる可能性があると言う事ですね。

こちらも良いことなのか、悪いことなのかは別にしても平地に鳥君が多くなると言う事は喜ぶべき事なのかも知れません。

しかし、お山のクマ類を頂点とした生態系はまたも完全に崩れ、お山を下りて来るだけで、人間に射殺されると言う蛮行が相当多くなると言う危惧もないわけではありません。

何が良くて、何が悪いかは置いておいても、全ての生きものたちがバランス良く共存できる、これに超したことはありません。

さて、秋の季節の昆虫類は毎度書いていることですが、初めての体験でした。

確かにチョウ類もトンボ類もまだまだ活発に動いていますね。
ただ、気温もかなり下がってきていますので、もう少しなのかななどと思っています。

確かにサナエ類のトンボ君、この時期に見られるとは全く思っていなかったのですが、ここの場所で先日、ミヤマサナエ君とオナガサナエ君に初めて出会いました。

オナガサナエ君は撮影に失敗しましたが、ミヤマサナエ君は何とか撮影できましたので、後日掲載したいと思います。
  1. 2008/11/07(金) 00:51:34 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

どりさま さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が遅れ、誠に申し訳ありません。

さて、セイタカアワダチソウさんですが、アレルギーを引き起こす元であると言われてきているようですが、最近になって、それは全く違うと言うことがわかってきたそうです。

これはコメント内でご指摘を頂きましたが、セイタカアワダチソウさんではない、全く別の種類がその引き起こす元となっていることが解明されているようです。

うちの場合はアレルギーなどの諸症状はありませんので、全く気にしておりませんでしたが、こちらも様々ですね。

そして、考え方はそれぞれであるかと思いますが、うちの場合、外来種であろうと在来種であろうとその差別は一切しないと言う考え方です。

勿論、外来種が繁殖しすぎて、在来種が絶滅してしまっては本末転倒になってしまいますが、基本的に自然生態系の中では知恵のある、繁殖力の強い種が生き残っていくと言うことは当然の理でもあります。

しかし、それでは絶滅してしまう種類が多くなってしまうでしょうから、調整と言う事が必要なのではないかと思います。

外来種であるからと言って、根絶やしにするなどと言う事は生命への冒涜でしかなく、人間のおごり高ぶりも良いところです。

しかし、外来種と言われている種に押されて、絶滅に瀕する種を保護すると言う意味合いからその株数などを調整すると言う事は必要でないとは言い切れません。

考え方が難しいですが、結局は事の始まりは人間がその外来種と言われている植物類を連れてきてしまったことが一番の原因です。

これは動物に対しても同じ事ですが、植物類でも外来種とは言われていても、その種は同じく、足を下ろしたその地で生きていく権利があり、また次世代の足がかりを残していく義務を負っています。

それだけに現在、外来種と言われている種でもうちは一切差別はしないという考えを通しています。

外来種と言われている種も在来種であっても生命の差はあるはずもなく、全く等しく同じです。

と言うわけで長々と書いてしまいました。

さて、ここではこのセイタカアワダチソウさん、大変に人気者でした。

様々な昆虫類が集まっていましたから、それだけでも昆虫類にとっては大変に重要なのではないかと思われます。

自然生態系に関しては様々な議論がありますが、うちの考え方は先の通りです。
  1. 2008/11/07(金) 01:15:05 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

「管理人のみ閲覧できます」のお返事です。

こんばんは、お返事が遅れ、誠に申し訳ありません。

コメントの性質上、具体的なことを書くことが出来ませんが、ご指摘誠にありがとうございます。

全く知らなかったことですので、大変に助かりました。
  1. 2008/11/07(金) 01:17:40 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が遅れ、誠に申し訳ありません。

そして、いつもながらにお言葉も大変に恐縮です。

キタテハ君、残念ながら撮影時は半分逆光状態でしたが、何とか撮れていたのが幸いしました。
キタテハ君も喜んでくれていれば、撮っている方としてもそれ以上のことはないですね。

ただ、もう少し何枚かわずかに角度を変えて撮っておけば良かったと今では思っているところです。
翅を含めて、全てにピントが合っている状態、なかなか難しいです。

モンキチョウ君、翅の痛んでいるのは気が付きませんでした。
良く見ると一部そんな感じがしますね。
そして、越冬スタイルですが、モンキチョウ君は幼虫での越冬なのですね。
このあたりは全く未知の世界でこれからの季節、様々に見て行きたいと思っているところでもあります。

反対にキチョウ君は成虫での越冬、同じチョウ類でもそのスタイルは様々ですね。

ナナホシテントウ君、うちが勝手に思っているだけなのかも知れませんが、一番身近なテントウムシ君と言う感じがしています。

しかし、今シーズンは全く会うことがなく、行く場所にもよるのかと思いますが、大変に不思議に思っていたところです。

ようやくその姿を見ることが出来て、うちもほっとしているところです。

アオクサカメムシ君、確かに葉っぱと全く同じ色合いで良く見ないと見落としそうな感じです。

この時も何か動いた感じがしたので、見たら、アオクサカメムシ君がいたと言う所でした。
動かなかったら、まずわからなかったと思います。

ヒナバッタ君、初めてでしたが、2cmほどの小さなバッタ君です。
小さなバッタ君にはヒシバッタ君もいますが、ヒシバッタ君はお世辞にもかわいいと言う感じではありません。

しかし、このヒナバッタ君は小さい上にその行動的にもなかなかかわいいです。

いる場所には結構多くいるようですが、この場所でも局地的で相対的な個体数ではそれほど多くはないようです。

確かに大々的に草刈りが行われてしまいますとそこにいた昆虫類は居場所を失ってしまいますね。

ただ、ここの公園内は人間が絶対に立ち入れない(多分草刈りなども同じく)聖域が園内のど真ん中にありますから、多分そちらの方へとみんな避難したのではないかと思われます。

そう言った意味では、人間のいることの出来る場所でいくら草刈りをしたとしても大丈夫なのかも知れませんが、やはり、分割して時間をおいて草刈りをするとか、欲を言えばいくらか残しておくとか、そう言った配慮は当然ながら、こう言った自然型公園には必要不可欠なことですね。

このことはここの指定管理者である団体に今後の様子を見て、提言していこうと考えています。
  1. 2008/11/07(金) 01:40:22 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。