野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

長池公園 再び (その2)

今回は再びの長池公園、その2です。

前置きはその1と重なりますので、割愛させて頂きます。

機材は EOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM + 1.4×テレコン使用での手持ちによる撮影です。

最初からお嫌いな方には申し訳ないのですが・・・。





806I329804.jpg

センチニクバエ君です。
たまにはハエ君のお顔のアップも悪くないかなと思いました。
実際にハエ君のお顔のアップを見る機会もそうあることではありません。
いわゆる、大変に身近なハエ君と言う事になります。
お名前を意識し、また知ったのは初めてです。

806I331804.jpg

セスジスズメ君の幼虫です。
成虫には先日初めて会ったばかり、幼虫には初めて会いました。

806I335704.jpg

マメコガネ君です。

806I336704.jpg

コハナバチ君またはヒメハナバチ君の系統ではないかと考えられますが、今のところ似た種類が大変に多く、完全に該当する種類が見当たりません。
現在は不明で、更に調べていきたいと思います。

806I339704.jpg

アカガネコハナバチ君です。
前回より少しはマシに撮れたかなと言うところですが、良く見るとメタリックな色合いとエメラルドグリーンの眼が大変にきれいで、また大変に小さく、かわいいハチ君です。

806I341104.jpg

クロムネハバチ君です。
初めて会う種類です。

806I342004.jpg

後ろ姿しか写せなかったのが残念ですが、トビナナフシ君です。
初めて会う種類です。

806I346404.jpg

身体の模様、特徴から考えて、チョウセンカマキリ君と思われます。
初めて会う種類です。

806I347504.jpg

ハネナガイナゴ君、夢中で葉っぱをかじっていました。

806I351404.jpg

残念ながら、大変に暗い場所でボケてしまいました。
ようやく会うことの出来た、ゴイシシジミ君です。
初めて会う種類です。

その2はこのあたりですが、これでその1と合わせて、掲載しようとする写真のうちの約半分です。
この日はこうして見ると、初めて会う種類が結構多くいました。
引き続き、次回も長池公園を掲載する予定です。
スポンサーサイト
  1. 2008/09/18(木) 04:32:42|
  2. 昆虫
  3. | コメント:10
<<長池公園 再び (その3) | ホーム | 長池公園 再び (その1)>>

コメント

 センチニクバエのアップ、すごいですね。図鑑とかでは
見たことがあるのですがこんなに精細な写真では初めて
見たと思います。

 セスジスズメの幼虫。黄色い水玉がかわいいですね。

 ヤブガラシについた蜂。なんでしょう。ヤブガラシの花の大きさから見て
なかなか小さい蜂ですね。

 アカガネコハナバチ。光の加減でしょうか。目が緑色に光ってきれい
ですね。

 チョウセンカマキリと言う名を初めて知りました。いわゆるカマキリの
事なんですね。田舎では結構見ましたがこちらではあまり見ません。

  1. 2008/09/18(木) 09:00:23 |
  2. URL |
  3. kurabar #3aXRcdxk
  4. [ 編集]

センチニクバエというのですか!!私もはじめて知りました。一番身近な種でいながら、意識して撮るということはない種ですね。

何より驚いたのはゴイシジミです。
こちらでも大変貴重種になり、生息場所も大変少なくなりました。意識して探してはいたのですが、未だ会えずです。
この種が生きていける環境があるということですね。
  1. 2008/09/18(木) 09:39:43 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

おはようございます

さすがよしの88さん、感服いたしました。トップの画像を見てそう感じました。
・センチニクバエ、1階のゴミ置き場にもたくさんいる世の中の嫌われ者ですが、こうして拝見するとたくましい顔をしていますね。
・セスジスズメ幼虫、いいですね。3齢といったところでしょうか。私が載せた(8月6日)終齢幼虫とは、感じが違いますね。こちらは可愛いですね。(笑)
(幼虫と言えば、先日の草津でツリフネソウの葉の上に初めて見る幼虫が(何匹も)いました。(みんな丸まっていました)
家に帰ってPCで検索してみましたが、何処にもありませんでした。
ツリフネソウの群落は軽井沢で毎年(8月上旬)見ていましたが、その幼虫は見たことがありませんでした。時期が関係しているのかも分かりません。
今迷っています。名前の分からないものを載せたことがないので・・・)
・ヤブガラシの蜜を吸うハチ君、いいですね。これもかなり小さいと思いますが、撮影技術の冴えを感じます。
・アカガネコハナバチ、ヒメジョオンとの画面構成が素晴しいですね。
・トビナナフシ、いいですね。明治神宮で見て以来最近は見ていません。
・ゴイシシジミ、可愛いですね。水元公園で何度か出会っていますが、また出会いたいチョウです。
  1. 2008/09/18(木) 10:41:34 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コハナバチ

この子はとろいのか、いつも花で狩をしているカマキリの餌食になっています。小さくてかわいいヤツですよね~。
  1. 2008/09/18(木) 12:03:51 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

進化の過程で

あはは、まあ何とリアルな姿。こうして見ると愛嬌がありますね。
セスジスズメの幼虫、これも存在感がありますね。
ハチ君、ヤブガラシの蜜をうまそうになめていますね。
アカガネコハナバチ、何とも魅力的な目ですね。
進化の過程でエメラルドグルーンになったわけがちゃんとあるのでしょうね。
トビナナフシ、私にはこのアングルなかなか素敵に見えます。
ゴイシシジミですか。知りませんでした。
いや、シジミチョウもなかなか面白いのがいますね。
  1. 2008/09/18(木) 19:55:35 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

kurabar さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お言葉も大変に恐縮です。

センチニクバエ君、一番身近な種類でありながら、お名前を意識し、また良く見たのはうちも初めてではないかと思います。

実際にハエ君の写真は何度となく撮ってはいるのですが、さすがにそのままになっていて、よく調べてみたのは今回が初めてでした。

お顔のアップもそう見る機会もないかなと思い、今回は思い切って掲載してみました。

いつも身近にいながら、そのまま見過ごしてきただけに、今回は良い機会であったと思っています。

セスジスズメ君の幼虫、この模様はその齢によって、色合いが変わっていくようです。
その後に再度別の齢の幼虫も見掛けましたが、だいぶ印象が違っていました。
黒地にこのアクセントとも思えるような模様はなかなか悪くないと思いました。

不明のハチ君、確かにおっしゃる通り、ヤブガラシさんと比べてもわかる通り、その大きさはかなり小さいですね。

今現在でも不明の種で、なかなかこれと言った決め手のないままです。

多分、ヒメハナバチ君の1種ではないかと思っていますが、未解明種も含め、かなりの大所帯ですので、調べるのに時間がかかっています。

また、或いは「ヒメハナバチ君の1種」で終わってしまう可能性もなきにしもあらずです。

この系統は図鑑でもサイト上の資料でも満足なものは殆どない状態で、種の同定は大変に困難です。

アカガネコハナバチ君、そうですね、光の加減もあるのですが、元々この様な色合いの目をしています。
鳥君で言えば、カワウ君の様な目の感じとでも言ったらいいでしょうか。

身体のメタリックな色合いと目の色合いのきれいな大変小さくてかわいいハチ君です。

チョウセンカマキリ君、おっしゃり通り、いわゆる通常カマキリ君と呼ばれている種の名称です。
カマキリ君の種が気になり始めたのはつい最近のことですが、やはりこの大きさですと、どちらなのかどうしても気になってしまいます。

実際は今までにも何度となく見て来たであろう種ですが、その違いを意識していませんでしたので、初見と言う事にしました。

こちらではカマキリ君はよく見掛けますが、それでも少し前から比べると個体数は少ないような気がします。

やはり自然豊かな場所の方がそれだけに多くの個体数がいて良いですね。
  1. 2008/09/20(土) 04:58:54 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

センチニクバエ君、うちもお名前を意識したのは初めてのことでした。
身近にいる種類でありながら、殆ど気にしていなかった、見過ごしてきたわけですが、今回はそのアップ写真を撮ることによって、そのハエ君のお顔を初め、お名前、生態などを知ることが出来て、大変に良い機会であったと感じています。

今までにも何度となくハエ類に関しては色々な個体を撮ってきましたが、写真はそのままの状態になっています。

やはり、全ての生きものたちの姿、表情を分け隔てなく撮影する、これが大きな主旨でもありますので、今回は思い切ってTOPに置いてみました。

ゴイシシジミ君、ここと同じくよく行く場所で蝶の里公園でもいるはずなのですが、何度となく行ってはいるものの、会えることがありませんでした。

ここでもいると言う事で注意してはおりましたが、やはりなかなか会えず、ようやくと言ったところでした。

どうもなかなか見つからないのは、葉っぱの裏に隠れてとまっている事が大きな理由ではないかと考えられます。

この時はたまたまショウリョウバッタ君が葉っぱに飛び移って、その裏にいたゴイシシジミ君が飛び出し、それで気が付いたというあんばいで、その偶然がなければ会えることはありませんでした。

そちらでは貴重種と言う事ですが、こちらでも決して個体数は多くありませんし、なかなか会えない種類でもあります。

その生態を調べてみると特定のアブラムシ君に幼虫時代から成虫まで全てを依存している様で、このアブラムシ君がいること=ゴイシシジミ君と言う感じです。

反対に言えば、このアブラムシ君がいなければ、ゴイシシジミ君も存在し得ないと言う、大変に密接な関係にあるようです。

1種の生物に依存すると言う事はそれだけ危険も高くなり、生息場所も限られるでしょうし、また種の存続もそれ次第と言う事になるかと思います。

生態的にも今回初めて知ったことではありますが、大変に興味の尽きない種類であると感じました。

今回は水田のすぐ脇にいましたが、アブラムシ君がいたような記憶がありません。
今度はアブラムシ君がいるかどうか(ゴイシシジミ君がいるのですから、勿論いるのでしょうけど)も良く確認しておきたいと思います。
  1. 2008/09/20(土) 05:14:22 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、いつもながらにお言葉も大変に恐縮の限りです。

今回はこのブログの全ての生きものたちの姿、表情を分け隔てなく撮影するという主旨にのっとり、今まで一番身近でありながら、意識していなかった、見過ごしてきたハエ君を思いきって、TOPに持ってくることにしました。

センチニクバエ君、そう言うわけで今回はアップ写真をTOPに持ってきましたが、確かに一般的に言うならば、嫌われ者と言う事になってしまいそうですね。

一番身近でありながら、そのお名前を知ったのも初めてですし、これだけお顔を良く見たのも初めてで、良い機会になったと感じています。

お顔も特徴的で何とも憎めないような、そんな感じにも見えてきます。

セスジスズメ君の幼虫、この前家で成虫に初めて会ったばかりでしたが、今回は幼虫でした。
調べてみるとその齢によって、その模様の色合いも随分と変わるようですね。

この写真くらいの色合いがどちらかと言うと一番シンプルできれいな感じにも見えてきます。

この日の後に行った時にもセスジスズメ君の幼虫に会っていますが、その幼虫はかなり派手な色合いに感じ、かなり印象が違っていました。

そして、ご旅行の草津でもツリフネソウさんの所に不明の幼虫がいたとのことですね。
貴殿でも同定が難しい種とするとまずその地域の特定な種か、環境的に特定の種か、それとも時期的に一時期にしか発生しない種なのか、色々と考えられそうですが、大変に難しそうですね。

蛾類の幼虫に関してはやはり成虫と同じくして、大変な大所帯ですから、調べるのにも大変な時間がかかります。

ツリフネソウさんから結びつけていくことは当然にしてお考えになっておられるでしょうが、うちも時間のあるときにその関連する種類を一通りでも調べてみようと思います。

掲載に関しては難しい問題ですね。
うちは不明種でも掲載していきますが、そうは行かないところがあるかと思います。
わかる、わからないは別としても、どのような幼虫であるのか、画像を見てみたい気にはなるのですが・・・。

不明のハチ君、未だに不明種のままです。
おおむね、ヒメハナバチ君の1種と考えていますが、この種類も大変な大所帯で未解明種も多く存在するところもまた難しいところですし、図鑑を初め、サイト上にも満足な資料は殆どないと言って良いくらいで調べるのはかなり難航してします。

アカガネコハナバチ君、前回これと言った写真が撮れませんでしたので、今回は少しでもマシに撮れたらと思い、注意して探して撮影した結果です。

やはり、かなり小さいですし、また良く動きますので、なかなか難しいです。
公園全体でも気が付いた限りではありますが、1頭しかいませんでしたので、運が良かったと思います。

トビナナフシ君、前にもこの系統は生田緑地で見たことがあるかと記憶しているのですが、その時は特に種に関してはナナフシ君で終わらせていましたので、今回新たに初めてと言う事にしました。

後ろ姿しか撮れなかったのが残念ですが、良く見ると7つの節があるのに気が付きました。
ナナフシ君のお名前の由来かと思いますが、今まで知らなかったことでもあり、反対に胴体がよく見える形で撮れたことも悪くはなかったとも感じています。

明治神宮でも環境的にはいそうな感じがしますね。
明治神宮については鳥類ばかりの目的でしか行ったことがなく、昆虫類に関しては殆ど気が付かない、見ていない状態ですが、専念して歩いてみれば、かなりの種類がいそうな感じがしてきます。

それだけに機会のあるときに歩いてみたいとも思っているところです。

ゴイシシジミ君、蝶の里公園でも会えず、ここでもなかなか会えずでしたが、ようやくと言う所でした。

やはり葉っぱの裏に隠れているかの如くにとまっているのが、また見付けるのを困難にしているかのように思いました。

今回はショウリョウバッタ君のお陰でこのゴイシシジミ君に気が付いたというあんばいでまさに偶然でした。

個体数的には気が付いた限りですが、1頭しかいませんでした。

水元公園にもいるとのことですが、このゴイシシジミ君、幼虫から成虫までその全てを1種のアブラムシ君に依存していると言う生態を初めて知り、また個体数的にも大変少ないようでもあると感じました。

文献「水元の蝶」を見てみますと、見られる場所は限られているようですし、またデータを見る限り、それほど毎年見られる様でもないようです。

アブラムシ君の発生のメカニズムも不明の点が多いようで、それに依存しているゴイシシジミ君もそれ次第と言う事になるようです。

大変に生態的にも興味の尽きない種類であると今回感じた次第です。
  1. 2008/09/20(土) 05:57:43 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

どりさまさん

こんばんは、いつもありがとうございます。

さて、この不明のハチ君、そうでしたか。
うちはカマキリ君に捕まっている、ハチ君は見たことがないものですから、あまり想像できないところでもあります。

このハチ君はヒメハナバチ君の1種と考えていますが、この種は未解明種も含め、大変な大所帯ですし、専門の図鑑もなく、サイト上にも満足な資料さえない状況で、調べるのには大変に難航している状況です。
  1. 2008/09/20(土) 06:07:05 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

今回はブログの主旨にものっとり、ハエ君のアップ写真をTOPに持ってきました。

一番身近な種類でありながら、意識していなかった、見過ごしていた種類でもあり、今回そのアップ写真を撮ることで、また違った面が見えてきたような感じがします。

何とも憎めない、そんなお顔にも見えてくる様に思いました。

セスジスズメ君の幼虫、この前は家で成虫に初めて会い、今回は幼虫でした。
存在感があると言う事は別な意味から考えると目立つと言う事にもなりそうで、実際に葉っぱの上では大変に目立っていました。

これではすぐに見つかってしまいそうなものですが・・・。

不明のハチ君、ヤブガラシさんのところにずっといてくれましたので、大変に小さいながらも撮ることが出来ました。

ヒメハナバチ君の1種と考えていますが、この系統も専門の図鑑がなく、またサイト上にも満足な資料もない状況、そして未解明種も含め、大変な大所帯であることもあって、調べるのには大変に難航している状況です。

もしかしたら、或いは「ヒメハナバチ君の1種」で終わってしまいそうな感じさえしてくるところです。

アカガネコハナバチ君、前回撮影に失敗していますので、今回は少しでもマシに撮れたらと思って、注意して探して撮影をしました。

メタリックな色合いの胴体と緑色の目がきれいな小さなハチ君ですが、確かにこの目の色合いになっていくのには元々だった可能性もありますが、進化する過程でそうなったと言う事も十分に考えられることですね。

鳥君で言えば、カワウ君の目の色合いにも似たような感じがしますが、その色合いになった必要性、必然性が大変に気になってくるところではあります。

しかし、残念ながら、そう言った事に関して記述されているものが見当たらない状態ですので、わからないままの状態です。

トビナナフシ君、今までにも会ったことがあるのですが、特に種を気にしていませんでしたので、今回新たに初めてと言うことにしました。

後ろからしか撮れなかったのが残念ではありますが、反対に後ろからだったことが幸いした点もありました。

胴体を見ると7つの節があるのですね。
これは全く初めて知ったことで、これがお名前の由来なのかと勝手に思っています。

本当は表情を重視するとしたら、前方からまたは横からとなるでしょうが、後ろ姿もたまには良いのかなとも思いました。

そうおっしゃって頂きますと大変にうれしい限りです。

ゴイシシジミ君、蝶の里公園でもここでもいるはずがなかなか会えない状態でしたが、ようやくと言う所でした。

葉っぱの裏に隠れるかのようにしてとまっているのが、また見付けるのを困難にしているかのように思いました。

そして、このゴイシシジミ君の生態も今回初めて知ったことですが、特定のアブラムシ君に幼虫から成虫までその全てを依存しており、まさにそのアブラムシ君がいること=ゴイシシジミ君が存在すると言う、大変に密接な関係の様です。

言うなれば、そのアブラムシ君がいなければ、ゴイシシジミ君も存在し得ないと言う、大変に不思議な生態を持つ、シジミ類の中では唯一特徴的な種です。

それだけにその生態についても大変に興味を持つところであり、更にそのアブラムシ君についても調べていきたいと考えています。
  1. 2008/09/20(土) 06:26:24 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。