野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

長池公園 (その3)

今回は長池公園のその3です。

前置きはその1と重なりますので、割愛させて頂きます。

機材は EOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM + 1.4×テレコン使用での手持ちによる撮影です。

806I112804.jpg

ヒメキマダラセセリ君です。
夏型の♀と思われますが、♂、♀、季節によってかなり模様が違う様です。

初めて会う種類です。

806I127404.jpg

現在不明種です。
コキマダラセセリ君が一番近い様な気もしますが、様々に個体差があるために良くわからない状況です。

どちらにしても、初めて会う種類です。

806I123704.jpg

クロヒカゲ君です。

806I125004.jpg

ヒメウラナミジャノメ君です。

806I130304.jpg

マユタテアカネ君です。

806I132004.jpg

現在不明のクモ君です。
更に調べているところですが、似た種類も多く、時間がかかっています。
オニグモ君の系統の様にも思われますが、はっきりしません。

806I137004.jpg

ネコハエトリ君です。
ネコハエトリ君とは良く聞くお名前ですが、実際には初めて会う種類ではないかと思われます。

806I139104.jpg

ヨツボシホソバ君です。
大変に色鮮やかなきれいな、蛾君です。

初めて会う種類です。

806I143004.jpg

ツチイナゴ君の黒ごまタイプの幼虫です。

806I146804.jpg

カメムシ君ですが、今のところ、該当する種類が見つかっていません。
更に調べていきたいと思います。

806I149204.jpg

スグリゾウムシ君です。
ゾウムシ君にしては随分と丸っこい感じの体つきです。

初めて会う種類です。

長池公園はこれで以上ですが、まだまだ多くの不明種が残っています。

***過去の判明分

9月1日(月)掲載分の「葛西臨海公園 ・ 鳥類園 (昆虫類、その他生き物編) その2」の6枚目のアブ君の写真ですが、その後の調べで違う事が判明しました。
クロヒラタアブ君としていましたが、背中の光沢や模様に違和感があり、更に調べていたところ、ミズアブ君と判明しました。
ここに追記訂正します。

***小さな訪問者***

今までHPでうちの庭などに訪れた生きものたちを「小さな訪問者」として掲載してきました。
ただ、HPはここしばらく、更新をしていませんので、こちらに掲載しようと思います。

DSCF131301.jpg

毎日サボテン類の様子を見ることが日課になっていますが、どうも違和感があるのに気が付きました。
良く見ると、蛾類がとまっています。
フェロカクタス属紫鳳竜君の株元の刺の当たりでした。

まわりを見ても調べた限り、食草になる様な種類は見当たりませんし、どこから来たのでしょうか。
朝方に気が付いて、夕方までずっととまっていましたが、日が暮れるとともに飛び立っていったようです。
夜にはいなくなっていました。
飛び立つときに刺に引っかかりでもしないか、心配で、時間のあるごとに様子を見ていましたが、どうも大丈夫の様でした。

セスジスズメ君です。

初めて会う種類でした。

撮影は Fujifilm Finepix S7000 での撮影です。
スポンサーサイト
  1. 2008/09/06(土) 23:14:43|
  2. 昆虫
  3. | コメント:12
<<蝶の里公園 (4日目のうち、その1) | ホーム | 長池公園 (その2)>>

コメント

どれもすばらしい画です

1枚目、この手のチョウはキマダラセセリで済ませていましたが、ヒメがつくのですね。いや、どうしてどうして一筋縄ではいきません。
クロヒカゲ、何度か登場してきましたが、なかなか美しいチョウですね。目玉模様の辺りの茶の濃さに惹かれます。
マユタテアカネですか。似たような色合いの仲間がいますが、曖昧な覚え方をしているとだめですね。
不明種のクモ君、ずいぶん長い前脚ですね。
ネコハエトリ、この目の美しさ、すばらしいです。大と小と合わせて4こあるのですか。ヨツボシホソバ、これはきれいな装いをしていますね。
紫の斑点がいいアクセントになっています。脚も紫ですね。
おしゃれな蛾です。
スグリゾウムシ、ほんとに象の感じです。
ゾウムシの仲間はどれも目が美しいですね。これはよしの88さんのカメラの腕でしょうね。
  1. 2008/09/06(土) 23:32:10 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

珍しい昆虫が

オンパレードですねー。いいなぁ羨ましいです。虫の目のマスターレンズの選択で未だに迷ってる私です。なんせ時間も金もなくひたすら働くばかりの毎日です^^;
  1. 2008/09/07(日) 00:45:07 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

 ネコハエトリ、かわいいですね。目が多いだけに視界が
広いのか、良くこちらを向いてくれます。

 ヨツボシホソバ。名前も写真も初めてですが、とてもきれいな
蛾ですね。鮮やかなオレンジと少しメタリックな感じのする紺色
との組み合わせがきれいですね。

  1. 2008/09/07(日) 01:22:43 |
  2. URL |
  3. kurabar #3aXRcdxk
  4. [ 編集]

今度は上手くいきますように

おはようございます。

送信したら文字化けしていましたので、再度送信しましたがダメでした。
そこで簡単なメッセージを送信してみたら上手くいったのでまた送信します。
上手くいったら、先ほどのコメントは削除してください。

素晴しい画像に見とれています。

実は寝る前に訪れてみると、更新されていたのでスクロールしてみると巣栗渓谷
での懐かしいものがあり、感激しながら床につきました。
そう言うわけで、また朝?番で拝見させて頂いています。何度見ての素晴しいですね。
・トップのヒメキマダラセセリ、良いですね。止まっている葉も面白いですね。誰の仕業でしょうか。
・コキマダラセセリ、良いですね。懐かしい花「セリ科のアキノタムラソウ」の蜜を吸っていますね。
・クロヒカゲ、美しく撮られましたね。素晴しいです。このチョウは巣栗渓谷では1番個体数が多くて、いたるところにいました。
>現在不明のクモ君です。・・・・・は、腹の模様が独特なので記憶があります。
以前に北本自然公園で見た「シモフリヤチグモ」に似ているのではと思いました。
・ネコハエトリ♀、良いですね。こちらは水元公園や鳥類園でのお馴染みさんです。
・ヨツボシホソバ、いいですね。初めて出会ったのは'93年の軽井沢・レクリエーションの森で、スケッチもする事が出来ました。(掲載済み)
巣栗渓谷では、蛾にな興味を示さなかった女の子たちも「かわいい、かわいい」と言って感察していました。今思いだしても良い光景でした。
・ツチイナゴ幼虫、黒ごま斑点が何とも可愛いですね。
・スグリゾウムシ、この昆虫もとても懐かしいです。
巣栗渓谷に行った時の宿舎の玄関脇に、成虫の食樹のフサスグリ(ユキノシタ科)があり、その葉を食べているシーンが毎年見られました。2003年以降いってませんので、とても懐かしく拝見させて頂きました。

・セスジスズメ良いですね。食草がないとすると何処からか飛んでいたのでしょうね。近くに公園があるのでしょうね。それにしての、最近のよしの88さんは「蛾」にも好かれていますね。
  1. 2008/09/07(日) 11:50:27 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

はじめまして あきGGと申します。
素敵なブログいつも拝見させていただいております。

このたびブログを開設することができましたので
お気に入りとして リンク先に掲載させていただきました。
もしまずいようでしたらご指摘いただければ
すぐに削除いたします。


今後ともよろしくお願いいたします。
  1. 2008/09/07(日) 17:52:26 |
  2. URL |
  3. あきGG #-
  4. [ 編集]

お早うございます。

今回もまた素晴らしい写真ばかりですね。
こちらは暑さが戻り、湿気も高い状態でフィールド探索はまだまだ大変です。

マユタテアカネは最近、見事な色のものが見られるようになってきました。これからが赤トンボ達の本番ですね。
ネコハエトリ・・・これはいいですね。このひょうきんな顔。私も撮りたいものです。
ヨツボシホソバ・・・大変美しいですね。これはお見事です。これも出会いたい種です。
マクロは持ち歩いていますが、もう完全に野鳥モードに切り替わりつつあります。

今年はタカの渡りも早く、休耕田にやってくるシギ・チも目が離せなくなりました。
  1. 2008/09/08(月) 09:52:50 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が遅れ、いつもながらに誠に申し訳ありません。

そして、お言葉も大変に恐縮の限りです。

キマダラセセリ君の系統ですが、一応は3種類いるようです。
普段はキマダラセセリ君に会う機会が多いかと思いますが、あとヒメキマダラセセリ君とコキマダラセセリ君などがいます。

うちもこの系統に関しては最近知ったばかりですし、またキマダラセセリ君以外は会う機会も滅多にありませんので、なかなか難しい面があるのも確かです。

今回は運も良く、ヒメキマダラセセリ君とコキマダラセセリ君にも初めて会うことが出来ましたので、その実物を見る機会に恵まれました。

ただ、模様も♂、♀、そして季節によってかなり違うようですから、表裏を確実に押さえた撮影をしないと判断はかなり難しいとも思えてきます。

クロヒカゲ君、いつもは薄暗いところばかりでしたので、これと言った写真が撮れないままでしたが、今回は少しは明るいところにいてくれましたので、撮影には幸いしました。

似た種類にはヒカゲチョウ君がいますが、そちらよりも色合いが濃くて、なかなかきれいです。

写真の個体はクロヒカゲ君の中でも色合いがどちらかと言うと薄めの個体かと思われます。

マユタテアカネ君、ここ最近は良く会う種類です。
いわゆる、赤トンボ君の系統は多くの種類がいますが、全ては胴体の模様、翅の模様などから判断が出来ると言う事を、ここの公園で発行している「長池公園のトンボ図鑑」を購入することで、改めてよく知ることが出来ました。

最近は、赤トンボ君の系統を撮るときは出来るだけ、翅の模様、横から胴体の模様がわかるように、またお顔の形状が見える様に撮るようにしています。

この3通りの写真があれば、何とかその種に行き着くことが出来るものと思われます。

クモ君、確かにおっしゃる通りかなり長い足です。
そのあたりからも調べるのにはそう時間もかからないであろうと思っていたのが間違いでした。

未だに不明種で、該当種が見つからない状態です。

ネコハエトリ君、実質的には初めて会う種類なのかと思います。
この系統は目がきれいで表情が良いですね。
出来るだけ、正面から表情がわかるよう撮る様に心がけています。

目については正面に大小4つ、あとは頭の上に小さな目が4つあるはずと思います。

ヨツボシホソバ君、初めて会いましたが、大変に色鮮やかできれいな蛾君です。

葉っぱの上で大変に目立っていました。

斑はお名前の通り、4つあります。
これは確かに良く見ると紫色ですね。
足も紫色、これは気が付いていなかったことでした。

スグリゾウムシ君、かなり小さく、かわいいゾウムシ君です。
ここ最近はゾウムシ君の種類に会う機会も多くなり、大変に興味を持っている種類にもなっています。

ゾウムシ君、おっしゃる通りで表情が良いですね。
これは全てにおいて、モデルが良いと言うことではないかと思います。
決してうちのまだまだの腕によるものではないことも確かでしょう。

いつも色々とありがとうございます。
  1. 2008/09/10(水) 03:12:28 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

どりさま さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が遅れ、誠に申し訳ありません。

さて、珍しいというのでしょうか、うちにとっては初見初撮りがかなり多くありますが、こちらも様々ですね。

まずは多くの種類がいる場所、そして、大切なことは「撮りやすい環境の場所」に出来るだけ行く事に尽きるかと思います。

最近はそう言った意味で、こちらで行けるところではこの場所と、蝶の里公園、そして四季の森公園の3ヶ所かなと思っています。

お仕事も大変にお忙しいようで何よりです。
マスターレンズの選定もまた難しいものがありますね。
うちなどにはまだまだわからない世界です。
「虫の目」にも興味はありますが、未知の世界でもあります。

当分は普通のマクロ撮影でやって行くことになりそうです。
  1. 2008/09/10(水) 03:24:34 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

kurabar さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が遅れ、誠に申し訳ありません。

さて、ネコハエトリ君、確かにこの種類は視界が広いのでしょうね。
多分こちらのことはよく見えているのだと思います。

ただ、こちらを向くと言う事は、良く見るためには前面の目でと言う事になる様な感じですね。

この種は出来るだけ正面から表情のわかる写真を撮っていきたいといつも思っていることです。

ヨツボシホソバ君、葉っぱの上で大変に目立っていました。

写真では完全にその色合いを表現できないのが残念です。

初めて会いましたが、オレンジ色と紫色の4つの斑が大変にきれいでした。
  1. 2008/09/10(水) 03:47:52 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が遅れ、誠に申し訳ありません。

そして、大変にお手数をおかけしたようで、大変に申し訳ありませんでした。
履歴を見ましたら、4回送信されているようでしたが、文字化けの原因が何なのかわからないだけに困ったことです。

また、お言葉もいつもながらに大変に恐縮です。

巣栗渓谷、行ってみたい素晴らしい場所に思っていますが、今のところその機会がない状態です。

その場所でご覧になられた生き物たちと共通点があるのだとすれば、この長池公園と言う場所もなかなか素晴らしい場所なのではと思えてきます。

現在、昆虫類では多くの種類がいる所、そして大切なのは多くの生きものたちがいても撮影できなければ始まりませんので、撮影のしやすい場所に行くように心がけています。

撮影のしやすい場所とは簡単に言えば、人間の歩くところに多くの生きものたちがいると言う事になるかと思います。

生きものたちが多くても、人間の行けない場所に多くいたのではうちにとっては意味のないことになってしまいます。

そう言った意味で、うちの場合は、ここの場所と蝶の里公園、そして四季の森公園の3ヶ所ではないかと考えています。

前置きが長くなりました。

ヒメキマダラセセリ君、♂♀、季節によっても模様がかなり違いますので、判断には迷った写真です。

とまっている葉っぱはちょっとわからないのですが、そう言えば穴が空いていますね。
多分誰かの幼虫の食べたあとなのかなと思いますが、これも良くわかりません。

コキマダラセセリ君、丁度山道のような所に2頭で行動していました。
とまっているお花はアキノタムラソウさんなんですね。
お名前は聞くように思いますが、初めて会う種類ではないかと思います。

クロヒカゲ君、いつもは暗いところにばかりいますので、なかなかこれと言った写真が撮れないままでした。

今回は多少は明るいところにとまってくれましたので、撮影には幸いしました。

やはり、この微妙な色合いは明るいところでないとそのきれいさがなかなかわからないですし、表現できないと痛感しました。

ここでは数頭見掛けたのみですが、渓谷の方には多くいるとすれば、山の方が会える確率は高そうですね。

不明のクモ君、シモフリヤチグモ君ではと言う事でいつも誠にありがとうございます。
現在更に調べているところです。
腹部の模様が特徴的とのことで、そのことも視野に入れて調べていきたいと思います。

ネコハエトリ君、水元公園・鳥類園では多くいるのですね。
お名前はよく聞くように思ったのですが、さてと記憶を辿りますと、どうも初めて会うのではないかと言う感じでした。

この系統は目、そして表情が大変に良いですね。
出来るだけ、その表情がわかるように正面から撮るようにしていきたいものです。

ヨツボシホソバ君、初めてでしたが、この色合いと4つの斑が大変にきれいな蛾君でした。

反対に鮮やかな色合いのために葉っぱの上では大変に目立ってしまっていました。

蛾類に対しては一般的にどうしても偏見がありがちですが、やはりその偏見をも吹き飛ばすような、そんな感じがしてきますね。

一般の方にはそう言ったところから、蛾類に関して見て行くことが出来れば、また違った意味での見方が出来るのではないかと思いますし、そう言った機会は大変に貴重ですね。

軽井沢と巣栗渓谷、やはりこの長池公園という場所は八王子市の丘陵地帯ですが、このヨツボシホソバ君がいると言う事でも環境的に似通ったところがあるのかも知れないと思えても来ます。

ツチイナゴ君の幼虫、いくつかタイプがあるようですが、黒ごまタイプのまだまだ小さなかわいい幼虫でした。

この時期ではかなり大きい成虫が見られても不思議はないのかと思いますが、未だに今シーズンはツチイナゴ君の成虫には会えません。
ただ、越冬性の性質もありますから、もう少ししてからなのかも知れません。

スグリゾウムシ君、こちらも初めてでした。
フサスグリさんの葉を食べていたと言うことで、この「スグリ」と言うのはそこから来ているのでしょうか。

そう言えば、その渓谷のお名前も「スグリ」ではないかと思いますが、不思議な一致ですね。

こうしてお聞きしていますと、軽井沢や巣栗渓谷で見られた種類が多くいるようで、そこからここの環境的なものもうかがい知ることが出来そうです。

比較的新しい公園ではありますが、そうなると、まだまだこの場所は多くの種類数・個体数が期待できるようにも思えてくることです。

次回は明日に行く予定にしていますので、少し時間を取って、ゆっくりと歩いてみたいと思っています。

セスジスズメ君、どこから飛んできたのでしょうか。
近くの公園はと言いますとちょっとした児童公園、少し離れて、東京工業大学(公園ではないですが)、洗足池公園と言ったところです。

ただ、この刺だらけの場所にどうとまったのか、良くとまったと言う不思議さとまた良く刺に引っ掛からずに飛び立ったと言う感じが大変に強くあります。

1日滞在してくれましたので、全く動くことはありませんでしたが、色々と見ることが出来て良い機会でした。

最近は庭や簡易温室、そのまわりに色々な種類が来ている事に気が付きました。

昨日はアオバハゴロモ君がサボテン類の刺にとまって佇んでいました。
別に珍しい種類ではないですが、家で見るのは初めてでした。

そして、庭の不明の蔓性の植物類にイチモンジセセリ君のペアが2組来ていて、毎日のように追いかけっこをしています。

イネ科となると庭にエノコログサさんが多くいますが、果たして卵を産んでくれるかどうか、大変に楽しみにしているところです。

いつも色々とありがとうございます。
  1. 2008/09/10(水) 04:36:37 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

あきGG さん

こんばんは、また初めまして。
うちのブログをいつもご覧いただき、誠にありがとうございます。

実はうちのブログでは「記事の内容に関しての記述のないコメント」に関しては無条件削除の対象となっております。

しかし、どちらかで拝見した記憶のある、HNでもありましたので、遠回りに拝見させて頂きました。

今現在ネット上ではどのようなことがあるか、全く予測も付きませんので、そのまま安易に受け取ることも出来ず、またそのURLをクリックすることも出来ない状態です。

そう言った意味でも、今回のうちの行動に関してはご了承頂きたくお願い致します。

ブログを拝見致しますと鳥類を撮られているようで、安心致しました。

リンクの件は相互リンクが基本と考えていますので、少し様子を見てから、こちらからもリンクをさせて頂きます。

こちらこそ、よろしくお願い申し上げます。
  1. 2008/09/10(水) 05:01:15 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が遅れ、誠に申し訳ありません。

そして、いつもながらにお言葉も大変に恐縮です。

そちらもかなり暑いとのことですが、確かに暑さが急に戻って来たという感じがして来る様な気候ですね。

ただ、ここ数日ではかなり気温も下がってきたのではと言う感じもしてきました。

夜は涼しくなってきましたし、昼間も暑いながらも少しは過ごしやすいのかなと思っています。

マユタテアカネ君、今シーズンは出会う機会の多い種類です。
これからの季節、赤トンボ君の系統は更にきれいな個体が多くなってくるでしょうし、また種類数も多くなっていくでしょうから、大変に楽しみにしているところです。

先日赤トンボ君の系統に関しては、ようやくあれこれと識別点を頭にたたき込みましたが、フィールドで生かせるかどうか、これも試してみたいところですし、また今まで見落としてきた種類も見逃さないようにして行きたいと思っています。

ネコハエトリ君、このハエトリ君の系統は目もさることながら、その表情が大変に良いですね。

その表情がわかるように、出来るだけ正面から撮るようにいつも心がけているのですが、レンズを近づけた状態ではなかなか思うようにこっちを向いてくれないことが多いです。

ヨツボシホソバ君、初めてでしたが、葉っぱの上でこの色合いは大変に目立っていました。

オレンジ色と紫色の2色で構成された色彩の蛾君ですが、写真ではその色合いが完全に表現できていないのが残念です。

実物は当たり前ですが、大変に輝いてきれいでした。

さて、そちらでは拝見する限り、かなり賑やかなようで、大変に羨ましい限りです。

こちらでは、今シーズンのシギ・チドリ類があまりにさっぱりと言う状態ですし、その季節も終わりの時期ですので、来春に期待して、今秋は諦めて、そのまま引き続き、昆虫類の撮影に専念している状態です。

タカ類の渡りもそのポイントに行きたいとは思いながら、なかなか機会のない状態ですし、当分は望遠レンズを担ぐこともなく、冬まではこのマクロ撮影が主になって来るかと思われます。

しかしながら、9月に入って、仕事も大変に忙しくなり、例年通りではあるものの、この状態が3月まで続くようになります。

今後は多分にして、仕事ばかりでその他の時間がまず取れない状況となってきますので、なかなか撮影にも出られないのではないかと思います。

これも仕事あっての趣味ですから、仕方のないことなのですが・・・。
  1. 2008/09/10(水) 05:17:17 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。