野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

長池公園 (その2)

今回は長池公園のその2です。

前置きはその1と重なりますので、割愛させて頂きます。

機材は EOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM + 1.4×テレコン使用での手持ちによる撮影です。

806I083004.jpg

ショウリョウバッタ君です。

ショウリョウバッタ君は緑色と褐色の個体がいて、更にその混ざった様な個体が多いと感じています。
特に身体は緑色でも足は褐色とか、それこそ様々です。
この個体は全身緑色のきれいな個体だと思いました。

806I075904.jpg

ササキリ君です。
成虫かと思われますが、大変に小さいです。

ササキリ君の幼虫は何度となく会っていますが、成虫は初めて見ることになりました。
幼虫とは全く違うと言われながらも、何となくその特徴はやはり親子ならではで共通部分もある様に思いました。

806I111104.jpg

こちらがそのササキリ君の幼虫です。
道具置き場でしょうか、シートにへばりついていました。
場所的に暗かったのが残念です。

806I090604.jpg

カツオゾウムシ君です。
このカツオゾウムシ君、あちこちの葉っぱの上で日向ぼっこをしていました。
ただ、大変に小さいですので、良く見ないとわからないくらいです。

初めて会う種類でした。

806I091304.jpg

白いのでモンシロチョウ君かと思いきや、違っていました。
キタキチョウ君でした。
かなり色合いの薄い個体と思われます。

806I093104.jpg

キタヒメヒラタアブ君です。

806I095404.jpg

現在不明種です。
アブ君には間違いないのですが、胴体の真ん中が細くなっており、ジガバチ君の様な体型です。
更に身体はほぼ真っ黒です。
更に調べているところです。

追記(9月8日);hitakijo さんからご指摘を頂きました。
いつも誠にありがとうございます。
コウカアブ君でした。
ジガバチ君に似た身体の形状から、ハチ君に擬態するアブ君ではないかと考え、あれこれ調べていましたが、全くの見当違いであったようです。

どちらかと言うと腐敗物などに集まる習性の種類のようですが、写真を撮った場所の環境からすると池の畔で、葉っぱの上、あまりそのイメージはありませんでした。

やはり、初めて会う種類でした。

806I096904.jpg

シオカラトンボ君です。

806I097904.jpg

ツクツクボウシ君です。

806I101004.jpg

ツバメシジミ君です。

806I102304.jpg

キタキチョウ君です。
かなり暗い場所でした。

806I105504.jpg

こちらも現在不明種です。
シロスジカタコハナバチ君かヤマトヒメハナバチ君かが近そうですが、似た様な種類が多く、完全に判断できない状況です。

806I118204.jpg

サキグロムシヒキ君です。

806I120004.jpg

コフキゾウムシ君です。

以上で掲載写真の2/3程度です。
まだまだ不明種が多くあり、あれこれと調べているところです。
スポンサーサイト
  1. 2008/09/05(金) 03:17:56|
  2. 昆虫
  3. | コメント:8
<<長池公園 (その3) | ホーム | 長池公園 (その1)>>

コメント

ゾウムシがイイ!

カツオゾウムシくんを初めて見ました。かわいいですねー。これは遭ってみたいです♪コフキゾウムシくんのお写真もいい感じです。今日はゾウムシに目が行きっぱなしでした^^
  1. 2008/09/05(金) 08:41:14 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

コフキゾウムシ君・・・いいですね。実にホノボノです。(笑)
ハチ・アブ類の系統・・・私も撮りためたものを調べているのですが、断定できないものが多く、大変難しいです。
標本図版類も生体写真ではない点、角度が真上からの一定のものも多く、識別に悩みます。

よしの88さんも不明種とされているものに似たものを私も撮っていますが、似た種類が大変多く、また識別点が詳細に判る資料も少ない状態で、まだまだ時間もかかりそうです。
  1. 2008/09/05(金) 10:09:37 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

こんにちは

・ショウリョウバッタ、良いですね。裸地にいるので緑が際立って良いですね。
・ササキリの親子良いですね。
・カツオブシゾウムシ、良いですね。この2種は懐かしいです。最近は里山や山の方へ行っていないので、実物とはご無沙汰です。(笑)
・キタヒメヒラタアブ、良いですね。まさに素晴しい写真図鑑ですね。
>現在不明種です。・・・・・は、可哀想な名前のついたアブだと思います。
河川敷などの不法投棄のゴミの所にいるのを何度か見た事があります。ジガバチに似た「アブ」ですから良く覚えています。
前置きが長くなりましたが、ミズアブ科の『コウカアブ(後架虻)』だと思います。
ご存知のように「後架」は便所のことですから、可哀想な名前ですね。
・ツクツクボウシ、木漏れ日の感じが良いですね。
・ツバメシジミ、キタキチョウ、吸水中でしょうか、素晴しい画像ですね。
・またまた新たなハチを見つけられましたね。さすがですね。
・コフキゾウムシ、ラストを飾るに相応しい素晴しい画像ですね。
さらに、次回が楽しみです。
  1. 2008/09/05(金) 11:56:37 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

続々登場しますね

ショウリョウバッタは子どもの頃夢中で追いかけて捕まえました。
後ろ脚をもつと、米つきバッタのように動くので、それをみんなで楽しんでいました。
緑色がいちばんきれいですね。
コレガササキリですか。見たことはあるのですが、名前が分かりませんでした。
キタキチョウですか。確かにモンシロチョウにしては黒い模様がないし。
それにしても淡いクリーム色ですね。
キタヒメヒラタアブ、これはくっきりですね。強靭な感じがします。
アブの不明種、これも精悍な感じですね。
ツクツクボウシ、鳴いてますね。そろそろ夏の終わりですから。
セミの中では1,2を争う美しさだと私は思っています。
コフキゾウムシ、以前にも登場しましたが、とても生きている虫とは思えないです。
ご婦人の襟元にある、高貴なブローチみたいなものを連想しました。
いやそれにしても、ほんとに次から次へと登場しますね。
こんなにもたくさんいるのですね。
  1. 2008/09/05(金) 19:35:59 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

どりさま さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

ゾウムシ君、なかなかかわいいです。

カツオゾウムシ君、近付くと葉っぱの裏にトコトコと隠れてしまいます。

と言うわけで、あまり近付きすぎると撮れなくなってしまいます。

この日はあちこちの葉っぱの上でゆったりしていました。

コフキゾウムシ君もやはり同じですね。
近付きすぎると、葉っぱの裏へ・・・。
  1. 2008/09/07(日) 20:52:02 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

コフキゾウムシ君、ここ最近はこんな光景を良く目にする様になりました。

近付くと、そのまま葉っぱの裏に隠れてしまうのも、単独でいるときと全く同じですね。

ハチ類・アブ類は大変な大所帯ですし、またわからない、解明されていない種類も多いのではと感じます。

うちも不明のものがかなり多くある状態ですし、確かに標本写真は一方向からだけの写真、そして生きているときの感じとは若干違和感もあり、そのあたりでもわからない原因となっているかのようです。

やはり、標本写真+生態写真、また様々な角度からの写真、細部の特徴、その他、完璧なものがあれば良いのですが、そう言う図鑑がないと言うことは、やはり作るのが難しいのでしょうか。

多少の金額は張っても、そう言った図鑑が欲しいと思う今日この頃です。

今回の不明のハチ君、確かに似た様な種類がかなり多くいます。

今回はハナバチ君の系統ではないかと考えていますが、ハバチ君やキバチ君でもこう言った感じの種類がいますし、それこそ全ての特徴を完全に押さえないと難しいと思えても来ます。

こらからもそう言った、様々な図鑑類と写真との格闘が続きそうです。
  1. 2008/09/07(日) 21:22:07 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お言葉もいつもながらに大変に恐縮です。

ショウリョウバッタ君、いつもはバックがどうしても同じ緑色となってしまいがちですが、今回は丁度のせせらぎの橋の様な所の上にとまってくれました。

いつもと違った感じで撮れたものと感じています。

最近はショウリョウバッタ君もかなり大きな個体が多く見られる様になってきました。

ササキリ君、成虫は初めて見たことでした。
茂みの方にいましたので、暗かったのが残念でしたが、何とか間に合いました。
撮った直後に茂みの中に消えて行ってしまいました。

ササキリ君の幼虫、こちらはここ最近よく出会いますが、こうして良く見るとやはり親と共通点が多いと感じました。

今までは親と子供はかなり違った感じではないかと思い込んでいましたが、実物を見ること、やはりこれが一番大事ですね。

カツオゾウムシ君、初めて会いましたが、なかなかかわいいです。
この日は葉っぱの上で多くいましたので、運が良かったのかも知れません。

だいぶ前にハスジカツオゾウムシ君は会ったことがありますが、大きさ的にも感じ的にもかなり違う様な感じがしました。

確かに鰹節を振りまいた様な、そんな色合いですね。
お名前もそこから来ているとか、かなり単純な命名だとも思ってしまいました。

やはり、このあたりの種は平地ではあまりいない様でしょうか、この場所も丘陵地帯ではありますが、低山というわけでもないのですが・・・。

キタヒメヒラタアブ君、珍しくじっとしていてくれましたので、何とか撮ることが出来ました。
少し前はホソヒラタアブ君と混同していましたが、最近は何とか見分けることが出来る様になったと思います。

ただ、日の陰っていたときでしたので、感度を上げており、残念ながら画像としては今一歩ですっきりしない写真になってしまったのが残念です。

不明のアブ君、コウカアブ君と言う事でありがとうございます。
確かにそれそのものでした。

それにしてもまた、とんでもないお名前ですね。
写真を撮ったところは池の畔で、そう言った腐敗物のイメージからはほど遠い場所でした。

ツクツクボウシ君、半分逆光でしたので、写っているかなと心配でしたが、かろうじてと言う所でした。

木漏れ日はまさに逆光の副産物ですが、写真として良い方向になっているのであれば、うれしい限りです。

ツバメシジミ君、キタキチョウ君、どちらも吸水中であったと思います。
丁度、炭焼き場所の一角で炭がかなりぬれていましたからそうではないかと思います。

それに多少であれば近付いても大丈夫でしたので、まさに吸水中であったものと思います。

ハチ君、撮れば撮るほど、不明種が増えていくという感じです。
現在はヤマトヒメハナバチ君にかたまりつつありますが、更に調べていきたいと思います。

このハチ類もかなり似た様な種類がいて、全体的に調べないと似ている、近いと言うだけでは断定できない難しさもあるかと感じています。

コフキゾウムシ君、最近はこの光景を良く目にする様になりました。
ただ、バッタ君のこの光景は未だに目にすることがありません。

これからの秋の季節、昆虫類は初体験でもあります。
シギ・チドリ類があまりに今シーズンはぱっとしないために、引き続き昆虫類を撮っていこうと考えています。
  1. 2008/09/07(日) 21:55:04 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お言葉もいつもながらに大変に恐縮です。

続々・・・、いえいえ、この場所は結構多くの種類がいる所と思いますから、まさに場所が良いのだと思いますし、その環境のお陰だと感じています。

ショウリョウバッタ君、最近はかなり大きな個体を多く見る様になってきました。
うちは子供の頃のバッタ君に関しては覚えがないのですが、色々とありますね。

そして、ショウリョウバッタ君には褐色個体もいますが、緑色の個体はなかなかきれいです。

特に今回のこの個体はその中でも特にきれいな個体だったのではないかと思っています。

ササキリ君、初めて会いましたが、何となくササキリ君だろうと見たときに感じました。

あとは調べてみないとわからなかったのですが、いつも良く会う、幼虫とかなり共通点がある様に見えました。

キタキチョウ君、初めて見る色合いの個体でした。
最初はモンシロチョウ君と思っていたのですが、紋がありませんし、透けて見える表の黒い部分も全く違っていました。

そこから、キタキチョウ君であると思いましたが、本当に意外なほどに薄い色合いの個体でした。

キタヒメヒラタアブ君、日が陰っていましたので、感度を上げており、画像的には今一歩という感じになってしまいました。

ただ、じっとしていてくれたのが救いでした。

不明のアブ君、コメントでお教えを頂いておりますが、コウカアブ君と言う事です。

どうも腐敗なるものに集まる様な印象のアブ君のようですが、撮ったところから考えるとそう言うイメージが沸いてきません。

どちらかと言いますと、ジガバチ君の様な感じでしたから、ハチ君に擬態したアブ君と言う考えも持っていたのですが、そうではなかった様です。

アブ君も様々で大変に難しい種類だと痛感します。

ツクツクボウシ君、そうですね、もう夏も終わりという感じがしてくることも確かです。

この小さい身体と翅の透明感、ほんの少し入った緑色が良いのかも知れません。
しかし、よく考えてみると、セミ君に緑色の色彩は結構多い様に感じます。

コフキゾウムシ君、本当に何とも不思議な虫君です。
じっとしていたら、置物と思ってしまいそうな、そんな感じもしてくることですね。

またこの不思議な色合いからも何か違ったものを連想できそうな、やはり色々に見えてきますね。

ここにはまだまだ多くの生きものたちがいると思われます。

HPでも公開されていますが、その昆虫相はかなり豊富です。

少し遠いですが、蝶の里公園と同じく、また気に入りの場所となりそうです。
  1. 2008/09/07(日) 22:27:17 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。