野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

葛西臨海公園 ・ 鳥類園 (昆虫類、その他生き物編) その2

今回は引き続き、葛西臨海公園・鳥類園でその2です。

前置きはその1と重なりますので、割愛させて頂きます。

機材は EOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM + 1.4×テレコン使用での手持ちによる撮影です。

806I829104.jpg

アカテガニ君です。
今までにも会ったことはありますが、お名前まではよく知りませんでした。
ここではどちらかと言うと林床やその周辺にいる様な感じです。

生態を調べてみると、これがまた不思議で大変に興味の尽きない、カニ君であると思いました。
更に色々と調べていきたいと思います。

806I831604.jpg

ムラサキシジミ君です。
真っ暗な林床での撮影でした。

806I836404.jpg

マルカメムシ君です。

806I840804.jpg

アカクビボソハムシ君です。

806I841804.jpg

クロバネツリアブ君です。
以前より、かなり個体数が減った様に感じられました。

806I842904.jpg

クロヒラタアブ君です。
初めて会う種類と思われます。

追記:その後の調べで間違っていることがわかりました。
クロヒラタアブ君の特徴とどうも違和感があり、調べていましたが、ミズアブ君と判明しましたので、ここに訂正し、追記します。
やはり、初めて会う種類です。

806I844104.jpg

撮っている時はショウリョウバッタ君ばかりしか目に入っていなかったのですが、あとで良く見ると、オンブバッタ君と誰かの幼虫が一緒にいました。
この幼虫に関しては現在不明種です。

806I845404.jpg

ウスバキトンボ君です。
残念ながら、後ろからだけしか撮れませんでした。

初めて会う種類でした。

806I848704.jpg

キンケハラナガツチバチ君かと思いきや、毛が金色ではなく、もしかしたら違うと思いました。

調べてみると、ハラナガツチバチ君、ヒメハラナガツチバチ君、オオハラナガツチバチ君の3種の可能性があり、様々な生態写真などを比較してみました。
どの種類も大変によく似ていますが、大きさと微妙な違いがあり、その点から考えて、オオハラナガツチバチ君と思われます。

初めて会う種類となります。

806I858804.jpg

帰り際にアオスジアゲハ君です。
日陰で完全にぶれてしまっています。

今回の葛西臨海公園・鳥類園は以上ですが、まだ不明の種やぼけていて良くわからないものなどがいくらか残っています。
こちらに関しても調べていきたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2008/09/01(月) 22:39:15|
  2. 昆虫
  3. | コメント:12
<<長池公園 (その1) | ホーム | 葛西臨海公園 ・ 鳥類園 (昆虫類、その他生き物編) その1>>

コメント

クロバネツリアブくん

私は見たことありません。変わった形のアブなんですねー。今日近所で大大好きなクロアゲハと一瞬の邂逅がありました。つれないクロアゲハはさっさと行ってしまいまして、満足に撮影させてくれませんでした^^;
  1. 2008/09/01(月) 23:19:31 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

こんばんは

今回の画像もまたまた素晴しいですね。
・アカテガニ、良いですね。
普段は森の中で生活していますが、産卵の時だけ海へ行きますね。先日の雨のナイトウォッチングの時も、腹一杯にタマゴを抱いた雌カニが海へ向かうところがたくさん感察出来ました。
石垣の中にはクロベンケイガニ、干潟にはヤマトオサガニがいました。
・ムラサキシジミ、良いですね。ムラサキツバメも極たまに見られます。
・マルカメムシ、アカクビハムシ、良いですね。
・クロバネツリアブ、良いですね。例の特に思い出のあるアブです。(笑)
・クロヒラタアブ、葉の光と陰の綾なす画面がとても絵になっていますね。
・ショウリョウバッタ、オンブバッタ、そして幼虫さん、実に面白い画像ですね。
枝にトゲがありますね。バラ科のようですが、植物の名が分かれば、食草から幼虫の同定の助けになるのですが。場所は覚えていますか?
・ウスバキトンボ、良いですね。個体数も多くなり止まっている個体も見られるようになりましたね。
・オオハラナガツチバチ見つけられましたか。さすがですね。シロツメクサの花から想像すると、ヒメハラナガツチバチより大分大きいでしょうか?.
・ラストのアオスジアゲハ、良いですね。私のカメラではアゲハ類は撮れません。
  1. 2008/09/01(月) 23:21:50 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

おはようございます

3匹揃って写っている幼虫心当たりがあります。
止まっている葉は、セイヨウヤブイチゴ(ブラックベリー)でしょう。(トゲのある3出複葉は、鳥類園には他にないので)
バラ科で思い出しました。園芸種のバラの葉も食べるのでバラの園芸家からとても嫌われている「クロハバチの仲間の幼虫」だと思います。
余談になりますが、先日はフヨウの葉の上の「フタトガリコヤガの幼虫」<アオイ科(フヨウ、ムクゲなどの葉を食べます)を撮りました。
  1. 2008/09/02(火) 08:51:43 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

昆虫達もこれからが秋の本番の季節です。
野鳥達も既にタカの渡りも始まったと聞きます。まだ天候のせいなのか、サシバもハチクマも上昇ポイントで留まることが多いようです。

私も先日、カニを撮りましたがまだ調べておらず、不明種フォルダに入れたままです。同じく、バッタ類、ハチ類も調べずにそのままでした。
時間のある時にでもと思っていましたが、それがなかなか片付きません。

それだけに、いつもアップされているものの大変な時間をかけておられるなと感じます。私など、ヘタをすると一種調べるのに何日も悩む始末です。
  1. 2008/09/02(火) 09:09:09 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

同定作業の困難とそう快感

アカテガニ、こちらを横目で見てますね。
マルカメムシ、これはちいさいのでしょう。よくこれだけ撮れますね。
クロバネツリアブ、これはきれいです。お腹の白のラインが目を引きます。
ショウリョウバッタにオンブバッタ、そして巨大ないも虫が。密度が高いですね。
オオハラナガツチバチですか。様々に比較検討されるのは大変でしょうが結論ができたときの爽快感があるのでしょうね。
ヤブガラシにはアオスジアゲハがよく来ています。
私が子どもの頃からそうでした。好きなんでしょうね。この蜜の味が。
  1. 2008/09/02(火) 20:07:00 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

どりさま さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

また、お返事が遅れ、誠に申し訳ありません。

さて、クロバネツリアブ君、そうどうこでも見られるという感じではないようです。

うちの知っている、また行く所では、この葛西臨海公園と三ツ池公園でしか見ていません。

どちらかと言うと水辺を好み、またヤブガラシさんが好みの様ですが、実際の所はその生態について、はっきりとした記述が見当たりません。

中には貴重な種としている自治体もあり、またある意味で環境の悪いところにはいないと言う所から、指標生物とされている所もあります。

うちもこのアブ君については色々と調べていますが、大変に興味の尽きない種類でもあると感じています。

身体、模様、その他生態に至るまで特徴的なアブ君です。

クロアゲハ君、残念でしたね。
うちもクロアゲハ君はなかなか撮れませんので、やはり難しいのかもと思ったりもしています。

唯一吸水の時くらいしかチャンスはないのかなと思っています。

ただ、そう言えば、この公園で先日地面にへばりついて写真を撮っていたときに話しかけてきた年輩の方がいました。
何をやっているのだろうと思ったのでしょう、チョウ類を撮っている旨話すと撮った写真を見せてくれました。

手のひらサイズのコンパクトデジカメでしたが、ムラサキツメクサさんに来ていたクロアゲハ君を撮っておられ、たいへんにきれいでした。

また、うちの見付けられなかった、ツマグロヒョウモン君も画像の中にあって、やはり時の運も大いに作用するのかなと思った次第でした。

その方はチョウ類のお名前は殆ど知らない様でしたので、見せて頂いた種類と、その時うちが撮っていた種類(サトキマダラヒカゲ君、ヒメジャノメ君、コジャノメ君、ルリタテハ君→樹液に多く集まっていました)のお名前をお教えして差し上げました。
  1. 2008/09/04(木) 13:42:06 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

また、お返事が遅れ、誠に申し訳ありません。

そして、いつもながらに、お言葉も大変に恐縮の限りです。

アカテガニ君、うちがその生態に大変興味を持ったカニ君でもあります。
森林の中で生活しているカニ君と言うのも初めて知ったことですが、満月の夜に一斉に海岸に移動して、産卵するというのも大変に神秘的にも感じられ、また素晴らしいことです。

現在所属する神奈川方面のネットワーク団体の一団体である、小網代の森の保全をしている団体があり、その森はアカテガニ君が象徴となっています。

その記録や報告書などの入手を検討しているところです。

その日は大変な雨模様であったことはお聞きしましたが、やはり満月の夜だったのでしょうか。

満月の夜にその月明かりに照らされ、アカテガニ君が海岸へと行く姿、まさに神秘的に感じられて来ます。

また、観察小屋などの石垣にも良く見るとカニ君がいるのがわかりますね。
近付くと隠れていく様に奥へと引っ込んでしまいます。
干潟ではかなり目立って多くいますが、その2種のお名前は今まであまり気にしたことはありませんでした。

ムラサキシジミ君、大変に暗い林床に2頭いました。
ここでうちがムラサキシジミ君に会うのは初めての様に思います。
今まで気が付かなかったのかも知れません。

そして、ムラサキツバメ君がいることもあると言う事で、少し前までは南方系の種類かと思いきや、やはりこちらの方にも生息域を広げ、もはや普通の種になってしまった感もありますね。

まだ、会ったことがありませんが、良く見るとムラサキシジミ君に大変に似ているように感じます。

後翅の突起を見て判断するのが一番良い様にも思いました。

マルカメムシ君、水門付近のところにかなり多くかたまっていました。

アカクビホソハムシ君、こちらは海岸側の葉っぱの上にいました。
このアカクビホソハムシ君はかなり個体変異が多くある種かと思うのですが、今のところ、このパターンの個体しか会えず仕舞いの状態です。

もしかしたら、この翅の真っ黒な個体をクロウリハムシ君と勘違いしている可能性もありますが、今後良く注意して見ていきたいと思っています。

クロバネツリアブ君、確かにそうでしたね。
うちもそのお陰もあり、大変に印象深く記憶に残っています。
中央通路にかなり多くいたのですが、今回は見当たらず、この個体は擬岩観察窓のあたりで見付けたものです。

前回に比べて、見えるところでしかありませんが、かなり個体数が減ってしまった様に感じました。

クロヒラタアブ君、丁度悪いことに日陰に入ってしまっていました。
思いもしなかったことですが、これが反対に写真的に良い方にご覧いただいている様でうれしく思います。

ショウリョウバッタ君、この時はショウリョウバッタ君しか目に入っていなかったものですから、オンブバッタ君と幼虫がいるのは全く気が付いていませんでした。

単なる面白い偶然でしたが、こう言うこともあるものだと思いました。

その後にコメントも頂いているようですが、この場所的なことは記憶が定かではなく、撮った写真の順番から推測するしかないのですが、おおむね、下の池の海岸側の散策路ではないかと思います。

その中でも特にアメリカデイゴさんとキョウチクトウさんが多くいるあたりから、木製の観察壁くらいまでの間ではないかと思われます。

その植物類の種類から、この幼虫の種を追っていくと言う事は食草を知り得ていないと出来ない事ですから、うちの場合はなかなかそこまでは思いつかない事です。

ウスバキトンボ君、初めてでしたが、今回はおとなしくとまっていてくれましたので、撮影には助かりました。

個体数が多くなっていくのは、丁度この時期のようですね。

オオハラナガツチバチ君、こちらは偶然です。
以前撮影したことのある、キンケハラナガツチバチ君と思っていたのですが、撮影しているうちに何か違うと思って調べたらというところでした。

ただ、この形態を持ったハチ君は3種類いて、その大きさ的なものから、また微妙な違いから、オオハラナガツチバチ君としました。

アオスジアゲハ君、水族館横のヤブガラシさんのところでした。
ここには一緒にコガタスズメバチ君もいましたが、撮影は失敗しました。

最近のコンパクトデジカメはかなり高機能のようですから、うちに撮れて、撮れないと言うことはないかと感じます。

先のコメントにも書いたのですが、先日この公園で写真を撮っていたときに話しかけて来られた、ご年配の方ですが、手のひらサイズのコンパクトデジカメで、ムラサキツメクサさんに来ていた、クロアゲハ君を大変にきれいに写されていて、驚きました。

また、構図が大変に良かったのもあり、色々とお話を聞いていましたら、絵をお描きになられる方だと言う事もわかりました。

撮った写真を色々と見せて頂きましたが、クロアゲハ君のお写真を筆頭にツマグロヒョウモン君、キタキチョウ君なども撮られていて、大変に構図も素晴らしくきれいでした。

そしてもっと驚いたのは風景のお写真、空(雲)のお写真など、本当にうれしそうにそのエピソードも交え、見せてくれましたが、その素晴らしいこと、大変にきれいでした。

やはり、絵をお描きになられる方は写真に関してもいわゆるセンスが違うとまさに改めて思ったことでした。

余談が長すぎましたが、写真と絵、ある意味では大きく通じるところがあるように思います。
  1. 2008/09/04(木) 14:36:28 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん 再度

こんにちは、いつもありがとうございます。

また、再度再度誠にありがとうございます。

ショウリョウバッタ君と一緒に写っている幼虫ですが、セイヨウヤブイチゴさんにいると言う事で、バラ科を連想され、そこからクロハバチ君と導かれたとはやはりすごい事です。

うちではとても思いつきもしないことですし、幼虫類の写真を片っ端から見ていくしかない状態です。

やはり、植物類、昆虫類、その他総合的に連携された知識が大変に重要であると感じます。

クロハバチ君の幼虫と言う事で、調べてみますとかなり近いかそのものの様にも感じられます。

引き続き、色々と調べていきたいと思います。

いつも誠にありがとうございます。

また、フタトガリコヤガ君の幼虫がフヨウさんの所にいたとの事ですね。
とは言っても、このお名前は初めて聞くところであり、うちなどはいるのを見ても見当も付かないかと思われます。
こちらに関しても、後日よく調べてみたいと思います。
  1. 2008/09/04(木) 15:14:49 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が遅れ、誠に申し訳ありません。

秋の昆虫類の季節、実質的にはうちにとっては初めての体験ではないかと思います。

毎年、この季節はシギ・チドリ類ばかり追い掛けていましたから、昆虫類に関しては殆ど全くと言って良いほど見ていませんでした。

今シーズンはあまりにもシギ・チドリ類がぱっとしませんので、それだったら、新たな出会いの多くある昆虫類を引き続き見ていこうかなと思っています。

タカ類、そう言えばその季節ですね。
うちもそのポイントとなる場所を調べては行きたいと思っていながら、結局は果たせていません。

そちらの方も視野に入れて、今後の計画をしていきたいと思っています。

ただ、お天気によってもその行動が変わるとするとなかなか難しそうですね。

また、カニ君ですが、うちも今までは撮ってそのままと言うことが殆どでした。
今回このアカテガニ君を掲載したのは、その生態の神秘的なところに大いに興味を持ったからです。

現在色々な文献などを引っ張り出していますが、見ていけば見て行くほど、その世界に引きずり込まれそうです。

ただ、森林に生息するためか、昨今の森林の分断、開発などでその生息数がかなり減っており、貴重な種であることも間違いありません。

バッタ類、ハチ類も大変な大所帯ですし、調べるのにはうちもかなり時間がかかっている状態です。

それでもやはり様々な種類の名前を知っていき、少しでも多くの昆虫類の生態を同じく知ると言う事は、今ある我々の置かれている生活そのものを知ることでもあり、環境、自然をこれ以上破壊させない、うちにとって、一番基本的なことを実行する上での基本でもあると考えています。

全ては生きものたちが無言ではありますが、教えてくれることではないかと思っています。

やはり、未知の種類はおっしゃる通り時間がかかりますね。
うちも調べるのに何日もかかることが多くあり、悩む以前の問題がそれこそかなり多くあります。
  1. 2008/09/04(木) 21:06:47 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が遅れ、誠に申し訳ありません。
そして、お言葉も大変に恐縮です。

アカテガニ君、確かに横目でこっちを気にしている様な感じですね。
近付くと横移動して、影に隠れてしまいます。
生態的に大変に不思議なところもあることに気が付き、今回を契機に色々と調べています。

マルカメムシ君、そうですね、良くいる小さいカメムシ君です。
それほど動きませんので、撮るのには最大限近付いて撮れました。
多分今のシステムではこの大きさが限界なのではないかと言う感じです。

クロバネツリアブ君、大変に印象のある種類で、いれば必ず撮る種類です。
とは言っても、うちの行く所でクロバネツリアブ君がいるのは、気が付いただけで言いますとここと三ツ池公園だけです。

生態についても不明な点が多く、大変に興味をひく、アブ君でもあります。

色合いはぱっと見では地味ですが、こうして間近で見てみると翅の色合いと言い、身体のワンポイントの白線と言い、なかなかきれいですね。

ショウリョウバッタ君、この時は一緒にいる、オンブバッタ君と幼虫には気が付いていませんでした。

あとで良く見るとわかったものですが、やはりうまく保護色となっているのだろうと言う感じがします。

こういう事もあまりないことではないかと思いますので、あとでわかったことですが、まさに偶然でした。

オオハラナガツチバチ君、最初は本文にもある様にキンケハラナガツチバチ君と思っていましたが、撮っているうちにちょっと違うなと感じました。

確かに様々に調べることはかなりの時間もかかりますが、やはりその名称を知って、その上にその生態を知ると言う事は、我々の生活、自然環境を知ることにも繋がると考え、一番の基本ではないかとも考えていることです。

それだけに単にそのお名前を調べるだけでなく、その生態、自然環境との関わりについても出来るだけ調べていく様にしています。

ヤブガラシさんにアオスジアゲハ君、以前からの変わらぬ風景なんですね。
ずっと続いてきた密接な関係が変わらず続いていると言うことはまた大変に素晴らしいことですね。
  1. 2008/09/04(木) 22:11:54 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

よしの88さん、こんにちは。

オオハラナガツチバチとされている蜂ですが、ヒメハラナガツチバチのメスのようです。メスは翅先が暗色なのがヒメハラの見分けポイントになります。
腹部の毛帯が4本ですね。オオハラナガツチバチは腹部がさらに大きく毛帯は3本です。印象としてはオオスズメバチ程の大きさなので、出会うとドキッとして思わず足が止まります。
夏から秋に出現すると図鑑にありますが、二年続けて10月に入ってから出会いました。ですので、出現期間もヒメハラやキンケに比べると短く感じます。
よしの88さんは、このあとに出会われたでしょうか。
  1. 2015/03/12(木) 20:18:14 |
  2. URL |
  3. 飛行機雲 #-
  4. [ 編集]

飛行機雲 さん

飛行機雲 さん、こんにちは。
再度とブログをご覧をいただき、コメントを頂きまして、誠にありがとうございます。

年度末の仕事の繁忙期でコメントをお寄せ頂いているのに気がつくのが遅れました。

お返事が大変に遅くなり、誠に申し訳ありません。

自分自身、葛西臨海公園の昆虫類の記事は大変に懐かしくもあります。

この場所は鳥類が対象のフィールドでしたが、この頃から昆虫類にも目が行くようになり、意外と様々な種類がいるのに気がついた時期でもあったと思います。

最近は遠方フィールドが多くなりましたので、都内のフィールドに行く機会はかなり減りましたが、それでも時間のある時は行ってみたいと新たに思いました。

さて、記事中でオオハラナガツチバチ君としている個体ですが、今見てみましてもはっきりとこれと言う確信が持てない状況です。

と言うことは、未だにこの種類の判別を完全に把握し切っていないと言うことでもあるかと思います。

ヒメハラナガツチバチ君の判別に関しては、思い出してみますと背中の白色の点刻を基準にしていた様に思います。

翅の先端の暗色に関しては把握していませんでした。
毛束も撮影の仕方や方向、状況によって見えたり見えなかったりしますので、難しいところがあります。

時間のある時に資料を引っ張り出して、再度調べてみたいと思います。

この系統のハチ類は大きいですが、大変におとなしいですので、撮影時などに指に乗ってもらったり、色々と遊んでもらっています。

様々なところで出会う機会の多い種類ですので、キンケ、オオ、ヒメなどの識別のポイントは改めて把握しておきたいと思います。

再度誠にありがとうございます。
  1. 2015/03/19(木) 10:48:07 |
  2. URL |
  3. よしの88 #.Z5ScvtY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。