野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

葛西臨海公園 ・ 鳥類園 (昆虫類、その他生き物編) その1

今回は葛西臨海公園・鳥類園です。

この場所はその殆どがその場所の名称の如く、鳥類を見に行くと言うことが殆どでしたが、あるきっかけで、昆虫類を見る様になり、その大きな多様性に興味を持つところとなりました。

気が付いていないだけで、実際に見てみれば、それこそ多くの種類がいて、大変な驚きであったことも記憶に新しいことです。

掲載する画像的には少し前のものとなりますが、当日は晴れたり曇ったりのお天気模様でした。

機材は EOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM + 1.4×テレコン使用での手持ちによる撮影です。

806I805504.jpg

アオモンイトトンボ君です。
当日はアジアイトトンボ君やクロイトトンボ君もいたようですが、残念ながら、うちには見付けることが出来ませんでした。

806I807004.jpg

ヤブガラシさんにナミハナアブ君です。
ナミハナアブ君もここのところ、久しぶりの様に思います。

806I807404.jpg

オンブバッタ君です。
まだまだ大変に小さな、かわいい個体でした。

806I810504.jpg

シロテンハナムグリ君です。
シラホシハナムグリ君も考えられそうでしたが、前頸節の形状、白い点のパターンなどを「日本産コガネムシ上科図説・第2巻」において、検討してみました。
その結果はやはり、シロテンハナムグリ君でした。

806I813704.jpg

クズノチビタマムシ君です。
チビタマムシ属と言う種類がいるのも初めて知りましたが、これは現地で hitakijo さんから、お教えを頂いたものです。
多分お教え頂かなければ、気が付いていなかったと思われ、氏には感謝するところです。

初めて会う種類でしたが、それにしてもお名前の通り、大変に小さく、身体の構造が今一歩わからない写真になってしまいました。

806I818004.jpg

咄嗟のことで、かなり遠い写真になってしまいましたが、水を飲みにオオフタオビドロバチ君が来ていました。

806I820404.jpg

シオカラトンボ君です。

806I820904.jpg

ベッコウハゴロモ君です。

806I822804.jpg

大変に小さな、かわいいハチ君です。
アカガネコハナバチ君と思われますが、撮れた写真はこれ1枚だけでしたので、背中からの模様がわからない状況です。
初めて会う種類です。

806I823304.jpg

シオカラトンボ君の♂です。

806I824704.jpg

ミドリグンバイウンカ君です。
こちらも大変に小さいです。
初めて会う種類でした。

806I825504.jpg

ヤマトシジミ君です。
ここではかなり多くの個体がいるようです。

806I825804.jpg

ホソヘリカメムシ君です。

これで当日に見られた昆虫類のほぼ半分強と言う所です。
この日は15:00頃からシギ・チドリ類に専念するために、それまでを昆虫類等に、その後はシギ・チドリ類にと時間を分けてまわりました。
全体的に昆虫類に関してはもっと種類的に期待をしていたのですが、大幅な草木の刈り取りもあったためか、残念ながら、少ないと言わざるを得ない結果であったと感じています。

**ちょっと情報編です。

1,「日本産アリ類画像データベース2008年度版」が以前の2003年度版からバージョンアップしました。
日本に生息するアリ類、275種の画像、全データがCDに収録されています。


2,「県別クモ類分布図Ver.2008」のCDが以前の2006年度版からアップしました。
分布図は1490種.収録写真は797種,データは56,044件がCDに収録されています。

以上の2点、うちも以前から愛用をしている、CDデータ集でまさに素晴らしいものです。

興味のある方は是非ご覧いただきますこと、お勧めしたいところです。

内容や問い合わせ先に関しては検索サイトで検索して頂ければわかるかと思います。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/31(日) 20:40:47|
  2. 昆虫
  3. | コメント:10
<<葛西臨海公園 ・ 鳥類園 (昆虫類、その他生き物編) その2 | ホーム | 横浜自然観察の森 (その4 )>>

コメント

わぉ

いい情報をありがとうございます。私も入手を検討したいと思います^^

シオカラトンボくんの♂すばらしい写りです♪
  1. 2008/08/31(日) 21:56:01 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

 葛西臨海公園にもずいぶんいろいろな虫が
いるんですね。

 シロテンハナムグリ、ハナムグリといいながらこの
虫が花についているのを見たことがありません。
クワガタに混じって樹液についているのしか見たことが
なかったのですが、ちゃんと花にも来るんですね。

 クズノチビタマムシ。名前も初めて聞きましたが
こんな虫がいるんですね。知らなければ気づかなそうです。

 ミドリグンバイウンカは先日幼虫を見かけました。お尻から
綿毛のようなものが生えている不思議な虫でした。
成虫はこんな感じなのですね。


  1. 2008/08/31(日) 22:43:55 |
  2. URL |
  3. kurabar #3aXRcdxk
  4. [ 編集]

こんばんは

先日の画像ですね。実に素晴しいですね。悪条件にもかかわらず、さすがの成果ですね。
・トップのアオモンイトトンボ、翅の脈の表現すばらしいですね。
・ナミハナアブ、何と素晴しい表現でしょう。見とれてしまいました。
・オンブバッタ、実に良い場面を見つけられましたね。さすがです。すばらしい。
・シロテンハナムグリ、正面からのアングルいいですね。
・クズノチビタマムシ、いいですね。あれほどの小さなものを実に鮮やかに、さすがですね。驚きました。
・水を飲むオオフタオビドロバチ、素晴しい生態写真ですね。見たかったがぞうです。
・アカガネコハナバチ、実に小さなハチですね。じっくりと見せて頂きました。実物はゆっくり見る事ができません。
・ミドリグンバイウンカ、何とも素敵な形と色をしていますね。
余談になりますが、土曜日のナイトウォッチングの手伝いに3時半頃出掛け、ウォッチングセンターへ行く途中で、『サザナミスズメ』に出会いました。鳥類園では初めてだったので嬉しかったです。しかし、ナイトウォッチングでは、土砂降りにあいました。(笑)
  1. 2008/09/01(月) 00:03:05 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

ナミハナアブ・・・素晴らしいお写真になっています。目が何ともいいです。
チビタマシ属・・・これは私も全く知らない世界ですね。恐らく何かの虫フンだと思って見過ごしてしまうでしょう。
普段は気がつかない場所にも様々な多様性が隠れていることは昆虫達を見ていると気がつきます。
また、同じ場所に通っても違う発見があるのが昆虫達の世界ですね。それだけに奥が深く、マニアックな世界です。
CDデータ集・・・正直な所、購入しようという気がなかったですが、これは一度検討してみなくてはと思います。
  1. 2008/09/01(月) 11:06:05 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

蛾を見直しました

アオモンイトトンボ、この色合いがとても好きです。
真横からのアングルで、ピンがぴたりと決まっていてとても気持ちが良いです。
ナミハナアブというのですか。ヤブガラシとお似合いです。
シロテンハナムグリ、その光沢がとても美しいです。
これは何の実でしょうか。一見、カクレミノに似ていますが、こんなふうにしべはないですね。
ベッコウハゴロモ、これ美しいですね。葉脈もとてもきれいです。
ここのブログで少々蛾の存在を見直しました。

よしの88さん、さすがに専門的な資料をそろえておいでですね。
国内に何と257種ものアリが生息しているのですか。
  1. 2008/09/01(月) 21:49:52 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

どりさま さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

いえいえ、あまり知られていないことではないかと思い、また、うちの愛用しているデータでも素晴らしいものですので、ちょっと紹介させて頂きました。

お勧めではありますが、特に宣伝しているわけでもありませんので、あとは皆様方のご判断でと思います。

特に前者は無料配布(郵送料も含み)ですから、本当に必要であれば、送ってもらうのも良いと思います。

ただ、300部限定で限りがありますので、早めの方が良いと思います。
残り部数はHPの申し込み欄にその都度表示されています。

後者はさすがにちょっと値が張りますが、内容的には図鑑などの値段から考えるとそれ以上の濃い内容であると思います。

ただ、画像一覧機能はないので、同定に関しては画像を一覧で見ていくことが出来ない(画像はフォルダーに一括格納されているので、無理すれば別途、ビューアーなどで一覧表示することは可能)事が唯一残念と言えば残念です。

シオカラトンボ君の写真、ありがとうございます。
やはり、斜めちょっと前方向から撮るのが一番の様に最近は感じてきています。

この写真をトップに持ってくるか、アオモンイトトンボ君をトップに持ってくるか、かなり迷いました。
  1. 2008/09/03(水) 02:48:45 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

kurabar さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

葛西臨海公園ですが、普段は鳥類ばかりを見て来ましたので、特に昆虫類などは殆ど見てきませんでした。

今回とある縁もあって、昆虫類を見て行くと、今までに気が付いていなかっただけで大変に種類も多く、思いの外で大変に驚いた次第です。

それから、時折、昆虫類に専念して撮影に行ったりしています。

シロテンハナムグリ君、うちの場合はどちらかと言うと、コアオハナムグリ君には良く会うのですが、こちらはそれほど機会が多いとは言えない状況です。

その少ない機会を見るとその全てがお花の方に来ていた様に思います。

コアオハナムグリ君もお花のところで見ることが殆どです。

反対に樹液に来ているのは、こちらの種類と言うよりは、カナブン君の系統が多い様に思います。

クズノチビタマムシ君、うちもこの様な種類がいることさえ知りませんでした。
現地でお教え頂きましたので、わかったものの、そうでなかったら、まず気が付かなかったと思います。

何しろ小さくてあまり動きませんから、まさか虫君とも思わないかも知れません。

ミドリグンバイウンカ君、初めてでしたが、意外にこの緑色は鮮やかできれいです。
幼虫は確かそうですね、綿毛の様なもので保護されているかの様な感じだったと思います。

この系統の種類は幼虫の段階では綿毛の多いと言うパターンが多いようで、その綿はどこに行ってしまうのか、成虫では全く違いますから、不思議と言えば不思議です。
  1. 2008/09/03(水) 03:02:13 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

また、お言葉もいつもながらに大変に恐縮です。

お察しの通り、先日の調査でお邪魔したときの写真です。
種類数はある程度という所でしたが、それでも初見初撮りもいくらかあり、短時間ではありましたが、それなりの成果はあったかと感じています。

ただ、残念なことに15:00頃から専念した鳥類の方はかなり写真も撮ったのですが、丁度天気も下り坂で残念ながら、真っ暗な写真ばかりとなっていました。

アオモンイトトンボ君、ここで初めて会い、そして今シーズンはその機会がかなり多くあった種類です。
うちにとっては、イトトンボ君の中で一番身近な種類ともなりました。

今回は多分角度的にたまたまうまく行ったのではないかと思っています。
ピントに関してはかなりシビアですので、目で見た感じでは身体の体勢、持久力ともに考えても、なかなか難しいところがあります。

ナミハナアブ君、ヤブガラシさんのところで夢中になっていましたので、何とか撮れたというあんばいです。
しかし、お天気の具合が優れず、日が陰っていたときでしたので、その色合いが完全に表現できなかったのが唯一心残りでした。

オンブバッタ君、こちらもかなり余裕があったのか、葉っぱの上でじっと佇んでいました。

オンブバッタ君はどちらかと言いますと、こう言った葉っぱの上に佇んでいる所、この感じが一番似合う様な感じがします。

シロテンハナムグリ君、高さ的にかなり高い場所であったのですが、反対にそれがまた違った感じになったのかも知れません。

普通の状態ではこう言った角度から撮る事は難しいですので、これもその時の条件が良かったと言うことになるかと思います。

この場所ではわかった限りで7頭ほどの個体が飛び回っていました。

クズノチビタマムシ君、これはお教え頂いたからこそ撮れた様なものです。
お教え頂かなかったら、ます気が付かない上にいつまでもこの種に関しては知らないままだったと思います。
誠にありがとうございました。

それにしても、大変に小さくてびっくりしましたが、良く見ると、わずかながらにも輝きをちりばめた様な、そんな感じがしました。

今現在のシステムではこの大きさに撮るくらいが精一杯ですが、もう少し大きく撮れると言うことなしですね。

今度機会がありましたら、身体の構造(目の表現も含めて)のわかる写真を撮りたいと思います。

オオフタオビドロバチ君、水分は泥団子を作るときに一緒に取っているものと思っていたのですが、やはり独自にも取ることがあるのをこの行動で知りました。

水飲み場にはこぼれた水も乾かず残っていましたが、それよりも水道栓の先にばかり、とまっては飛んで行きを繰り返していました。

もっと近くで撮ることが出来たら、なお良かったのですが、咄嗟のことでしたので、残念ながら、そのチャンスがありませんでした。

アカガネコハナバチ君、前にもあった記憶のあるハチ君ですが、お名前は初めて知りますので、実質初めて会う種類となりました。

大変に小さく、良く動きますので、撮影しようとすると結構難しいものもあり、今回はこの1カットしか撮れず仕舞いでした。

確かに見るとなると小さい、良く動くと言う事もあって、撮るよりも更に難しそうですね。

その後、一昨日行った、長池公園で再度撮る機会がありましたので、今回よりは少しマシに撮ることが出来ました。

良く見ると、銅色に光る色合いとエメラルドグリーンの目の色合いが大変にきれいでした。

ミドリグンバイウンカ君、初めて会う種類でしたが、この透き通った緑色の色合いは大変にきれいでした。

さて、そう言えば最近は夜の部のイベントもされているんでしたね。
かなりお忙しいかと思われますが、夜は夜でまた違った発見がありそうで良いですね。

ただ、夜では写真に撮ると言うことが出来ないのが大変に残念ではあります。

サザナミスズメ君、初めて聞きますが、結構大きそうですね。
またも初記録と言うことで、そのデータが増えていくのがまさに楽しみでもあり、また多くの種類がいることが更にうれしい事ではないかと思います。

当日も雨模様であったとのこと、ここ最近はいつ雨が降るか、それも局所的な大雨ですから、なかなか判断的に難しいところがありますね。
  1. 2008/09/03(水) 11:16:52 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

またお言葉もいつもながらに、恐縮です。

ナミハナアブ君、今回はヤブガラシさんのところで夢中になっていましたので、何とか撮れたという感じです。

角度的な事でも偶然にもうまく行ったのかと思っています。

ただ、日が陰り気味でしたので、その色合いが完全には表現できなかったのが、唯一心残りでした。

チビタマムシ属、うちも全く知らなかった世界です。
今回初めて会いましたが、何しろ小さいです。
確かに、小さいですし、動きも良くわからなかったですので、何か別のものと思ってしまいそうですし、それよりも、知らなければ、まず気が付かないかと言う感じもしてきます。

葉っぱの上にいるのであれば良いのですが、それ以外ではまずわからないでしょうね。

この場所は行くたびに新しい発見の多い場所でもあります。

他の場所でも勿論そうなのですが、よく見て行くと様々な種類がいるのに気が付きますし、また時期によっても、その種類が変わったりする場面もあるかと思います。

確かにそれだけに鳥類とはまた違った魅力のあることも間違いのないことであり、まだまだ未知の世界がかなり多くあるのだと言う事もいつも痛感する次第です。

知らない大きな世界は、様々に気が付くところは全て見て行くと言う事で少しでも多くの種類を少しずつでも知っていくと言う事より他はないかと思っています。

今シーズンのシギ・チドリ類の季節は残念ながら、全くぱっとしません。

それならば、カモ類の季節までは、更に新しい発見のある可能性の高い、昆虫類の撮影に重きを置いていこうとも感じているところです。

CDデータ集、一般にはまず知られていないかと思いますが、愛用しているものでもあり、また素晴らしいですので、紹介させて頂きました。

前者は無料配布(送料も含め)ですから、HPデータとほぼ同じではありますが、必要であれば入手した方が良いかと思います。

アリ類に関しては知っている限り、このデータ集が一番で、どの項目に関してもそれ以上のものは今のところ見当たりません。

うちは主に学研の「日本産アリ類全種図鑑」とこのデータ集でアリ類に関してはまかなっています。

内容的にはこの図鑑とデータ集はほぼ同じ内容ですから、片方あれば良いのかも知れません。

後者は多少値段が張りますが、やはりその豊富なデータは、図鑑類をもしのぐ内容であると思っています。

クモ類に関しては特にこれと言った図鑑がないために大変に貴重ではないかと思います。

うちは、主に文一総合出版の「日本のクモ」とこのCDデータ集でクモ類に関してはまかなっています。
  1. 2008/09/03(水) 11:48:58 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

アオモンイトトンボ君、今回は角度的にも良かったのでしょうか、良い感じに撮れたのではないかと感じています。

ここで初めて今シーズン会い、今でまさに一番多く会う種類でもあり、またうちにとってはイトトンボ君の中では一番身近な種類とも言えそうです。

色合い的にも良く見るとまた不思議と言えば不思議ですが、優しい色合いがまたきれいであると感じています。

ナミハナアブ君、ヤブガラシさんのところで夢中になっていましたので、まわりをあまり気にしていなかったのかも知れません。

偶然にも角度も良かったのが幸いしました。

ただ、この時は日が陰っているときでもあり、その色合いが十分に表現できなかったことが、唯一残念でした。

シロテンハナムグリ君、こちらは高い場所にいて、見上げる様にして撮ったものです。
この背中の色合いも光のあたり具合で様々に変化するようですし、また個体差もかなり多いようです。

とまっている植物類ですが、さてわからない状態です。
こちらも調べていかないといけませんね。

ベッコウハゴロモ君、つや消しでありますが、地味ながらきれいな模様ではないかと感じます。
ハゴロモ類は全体的に地味ですが、その色合いはそれぞれ良いですね。

念のためですが、ベッコウハゴロモ君は大きく分けると、カメムシ目に入り、カメムシ君のお仲間です。

半翅目・カメムシ目、ハゴロモ科となります。
大きな意味ではそのカメムシ君のお仲間であり、またセミ君やアワフキ君、ヨコバイ君、ウンカ君などの種類とも同じくお仲間です。

また、データ集に関してはやはりアリ類、クモ類となるとこれと言った図鑑も見当たりませんので、以前から愛用しておりました。

今回どちらも改訂になりましたので、紹介させて頂いたあんばいです。

ただ、いくら素晴らしい図鑑、データを持っていても、使いこなさなければ、宝のもちぐされと言う事になってしまいます。

様々な専門書や図鑑、データなどがありますが、それを使いこなして行く事はまた難しい事でもあります。

うちにはまさに宝のもちぐされともなってしまいそうな、図鑑、専門書、データ、文献などが山積みの状態で現在図鑑などは良いとしても、特に文献などはすぐにデータが引っ張り出せる様にその目録作成に取りかかっているところです。

しかし、この一覧表作成も殆ど進まない状況で、かなりの時間がかかる事になりそうです。

アリ類、現在日本国内では8亜科56属277種と言われているようですが、不明種もあり、またわからない種類も含めればそれ以上ではないかと思われます。

世界では2万種にもなるであろうと言われる、大変な大所帯でもあるようです。

アリ君と言えば、思いつくのは実際問題、うちではほんの数種ほどでまさにアリ類の世界もその殆ど全てが未知の世界でもあります。
  1. 2008/09/03(水) 13:30:42 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。