野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

横浜自然観察の森 (その2)

今回は横浜自然観察の森・その2です。

前置きはその1と重なりますので、割愛します。

機材は EOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM + 1.4×テレコン使用での手持ちによる撮影です。


**この場所は昆虫・植物類をはじめとした生物類の採取を固く禁じているところでもあり、またセンターによる監視の目もあります。
また、年1回発行される報告書を初め、その出現種については全て公開されていますので、今回も場所名を伏せることなく、そのまま公開・掲載をします。

806I186704.jpg

ヨツスジトラカミキリ君です。
ヨツスジハナカミキリ君にも似た様な雰囲気でしたが、模様が違うのと行動が全く違うことで別の種類とわかりました。

調べるとどうもアシナガバチ君に擬態することで身を守っていると言う記述がいくつかありましたが、実際に見た限りではそう言った印象はありませんでした。

初めて会う種類です。

806I165404.jpg

今のところ、不明種です。
アワフキ君かヨコバイ君かのどちらかの種類ですが、なかなか該当する種が見つからない状況です。

暗い場所にいたのが撮影には残念でした。

追記:hitakijo さんからお教えを頂きました。
いつも誠にありがとうございます。
オサヨコバイ君でした。


806I165904.jpg

ウラギンシジミ君です。

806I166504.jpg

ここにもいました。
アカボシゴマダラ君です。

本来は奄美大島にしか生息しないはずのこの種ですが、人為的なこともあってか、関東地方でも見られる様になってきました。
少なくとも、本来いる、ゴマダラチョウ君よりも、このアカボシゴマダラ君の方が多く見る様な気さえしてきます。

こちらで見られる個体は奄美大島の亜種とは別で中国亜種との事ですが、見た目にはそれほどの違いはわかりません。

少し前に茅ヶ崎里山公園でこのアカボシゴマダラ君を発見したときは、大変な種を見付けてしまったと撮影に夢中になっていましたが、ふたを開けてみると・・・と言う感じです。

それでもこの個体たちに罪はないのですから、何とか共存の道を探って欲しいものです。

806I167904.jpg

トラフムシヒキ君です。
かなり前にどこかの庭園でそれらしき個体を見たことはあります。
しかし、その時は断定できる決め手がなかったので、実質初めて会う種類となります。

806I172404.jpg

オオシオカラトンボ君です。

806I174904.jpg

現在不明種です。
先日お教え頂いた、オオウンモンクチバ君にも似た感じがして、そのあたりを探っていますが、完全に該当する種類が見つかっていません。

追記:hitakijoさんとMGさんからご指摘を頂きました。
いつも誠にありがとうございます。
キシタバ君かマメキシタバ君かと言う所で検討をしてみました。
問題はその大きさですが、記憶では写真の状態でも横幅4cm近くはあった様に思います。
開翅すれば6~7cmくらいになるのではと予想されます。
あとは模様などに関して、様々な標本写真や生態写真を見比べてみました。
その結果、キシタバ君と言う事が判明しました。

806I177304.jpg

リスアカネ君と思われます。
本当はこの赤トンボ君の系統は胴体を真横から撮って、その模様によって判別できるのですが、すぐ足下は池で真横から撮ろうとすると池に落ちてしまうために、この角度が精一杯でした。

翅の先が黒いこと、眉斑のないこと、胸の模様からリスアカネ君と思われます。

初めて会う種類です。

追記:MGさんからご指摘を頂きました。
リスアカネ君で間違いないようです。それも♂との事でした。
いつも誠にありがとうございます。


806I180604.jpg

コモリグモ君の1種でエビチャコモリグモ君と思われます。

追記:hitakijo さんからご指摘を頂きました。いつも誠にありがとうございます。
腹部の形状を見ますとエビチャコモリグモ君とは全く形状が異なっていました。
結果的には、イオウイロハシリグモ君です。


806I190104.jpg

ベッコウシリアゲ君です。
こちらも初めて会う種類です。

2回目はこのあたりですが、初めて会う種類がかなり多くいました。
また、不明種については、更に調べていきたいと思います。

前回の記事のお返事については本日夜遅くになり、遅れますが、ご了承頂きお願い致します。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/26(火) 21:33:05|
  2. 昆虫
  3. | コメント:12
<<横浜自然観察の森 (その3) | ホーム | 横浜自然観察の森 (その1)>>

コメント

 ヨツスジトラカミキリ。これに限らずとらじまの虫は
蜂に擬態しているとよく言われますね。人間の目から
見るとあまり似ているようには見えないですが。でも
黄色と黒のしましまはなんとなく本能的に警戒して
しまう模様のような気がします。

 アカボシゴマダラ。他の方のブログでつい最近
ホソオチョウの名とともに目にしました。両種とも
同じような問題を抱えています。昨今はカブトムシなんかも
規制が緩んだせいで生態系に影響が出てきているようで
ちょっと心配です。

 ベッコウシリアゲ。これは初めて見ました。個性的で
面白い形をしていますね。
  1. 2008/08/26(火) 22:21:26 |
  2. URL |
  3. kurabar #3aXRcdxk
  4. [ 編集]

2枚目

私が見たらウンカだと思ってしまいますね^^;アワフキ、ヨコバイで見てみましたがなんとも同定には至りませんでした。この辺りの種の同定も難しいですね~^^;
  1. 2008/08/26(火) 22:54:01 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

こんばんは

・ヨツスジトラカミキリ、良いですね。
巣栗渓谷や軽井沢で見た日の事を思い出します。
・アカボシゴマダ、日本の生態系を壊す悪質な放蝶は困りますね。
・オオシオカラ、良いですね。先日の調査の時、センター前の小さな池に産卵していました。
>現在不明種です。・・・・。この蛾は何度も見た事があります。後翅の黒と黄色の模様が特徴で、画像でもほんの僅かですが見えていますね。『キシタバ』だと思います。
>コモリグモ・・・・・。エビチャコモリグモの腹の先端は尖っていません。
この個体は赤みの強い「イオウイロハシリグモ」だと思います。
・ベッコウシリアゲ、良いですね。とても懐かしい昆虫です。シリアゲ類は感察会の子供たちにも評判でした。
  1. 2008/08/26(火) 23:02:48 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

再びこんばんは

ヨコバイ、思い出しました。
目をよく見ていたら、以前見た事があるような気がしたので昔のメモスケッチを見たらありました。多分、「オサヨコバイ」だと思います。
  1. 2008/08/27(水) 00:05:41 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

お早うございます。
メールまで頂戴しまして大変お世話をおかけしました。引き続き調べてみたいと思っております。よしの88さんのご指摘の種だとしたら大変嬉しいことでもあります。

トラカミキリの仲間は見たことがありませんので羨ましいですね。
このウラギンシジミは大分くたびれたような感じのする固体です。
アカボシゴマダラは驚きですね。
この蛾はヤガ科シタバガ亜科のマメキシタバではないでしょうか。後ろ翅の色合いからも近いと思います。
このトンボはリスアカネの♂です。
ベッコウシリアゲも素晴らしい写りですね。
  1. 2008/08/27(水) 10:19:44 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

要注意外来生物

ヨツスジトラカミキリですか。見事な画ですね。
光の加減が見事です。
ええ、ウラギンシジミはこんな撮りづらいところによくいるんですよね。
アカボシゴマダラは、要注意外来生物リストに載っているとか。
もっともこのチョウ自身にはなんの罪もないのですが。
ベッコウシリアゲ、いやすごいですね。こんなすごいものがいるんですか。
ベッコウアメ色をしていますね。
  1. 2008/08/27(水) 19:15:20 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

kurabar さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

ヨツスジトラカミキリ君、カミキリ君の種類にはこの黄色黒色の縞模様を持つ種類がいくらかいますが、その中でもハナカミキリ君の系統は気が付かないだけかも知れませんが、擬態の記述が見えないのが不思議です。

昆虫界でも同じなのでしょうか、人間の世界でも道路でも身近なところでもこの模様が存在しますね。

人間から見ると確かにハチ君に擬態しているとはとても思えない印象ですが、やはり色合いから何か目をひき、注意を促す色合いなのかも知れません。

アカボシゴマダラ君、つい先日別のところで見たときは大変な発見と思いましたが、実はと言う感じのようですね。

ホソオチョウ君とカブトムシ君に関しては知らなかったのですが、ちょっと調べてみようと思います。

自然生態系の問題は勿論、深刻かと思いますが、結局は人間のなすべき事ですから、単に駆除であるとか、捕獲とか言う事ではなく、どこかに共存の道を探って欲しいと思います。

アカボシゴマダラ君のその原産種は国内では奄美大島とその周辺にしか生息しない固有種ですから、反対に考えるならば、島嶼固有種は絶滅の危機にさらされやすく、大変に危険でもあると言えます。

そう考えるならば、こちらで見られるのは中国亜種であるとは言っても、同じ系統であるならば、貴重な種であることには変わりがないと考えられます。

そう言った事も含めて、行政も色々と考えて欲しいものですね。

ベッコウシリアゲ君、うちも初めてでしたが、良く図鑑で見ていましたので、すぐにわかりました。

何とも不思議な種類ではないかと感じています。

この口の形状が何を表すのか、生態に関しても色々と調べてみたい種類です。

大きさ的にはかなり小さいですが、それでも2cmくらいはあるでしょうか、葉っぱの上に良くとまっていましたから、いればすぐわかるかと思います。
  1. 2008/08/28(木) 16:27:20 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

どりさま さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

2枚目ですが、なかなかあてはまる種類が見つかりませんでした。

確かにウンカ君とも考えられそうですが、実は色々と別の種を調べているときに、何回か見た覚えのある種類でした。

しかし、それがどこに載っていたのか、どこに記述されていたのかが見付けられず仕舞いになっています。

後のコメントでも頂いておりますが、オサヨコバイ君でした。

このあたりも大変に小さい上に似た様な種類も多く、大変に難しいです。
  1. 2008/08/28(木) 16:38:42 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

ヨツスジトラカミキリ君、初めてでしたが、巣栗渓谷や軽井沢で見られると言うことは、どちらかと言うと平地よりも低山性の種類なのかも知れませんね。

この場所もそれほど高いお山という感じではありませんが、神奈川県南部の低山、そして森林地帯を構成する一部分でもありますから、いた可能性も大きそうです。

アカボシゴマダラ君、初めてつい先日に別の場所で発見したときは大変に驚きました。
ゴマダラチョウ君なのですが、赤い模様、すぐにアカボシゴマダラ君とわかりましたが、ふたを開けてみるとと言う感じです。

生態系の問題も勿論大切でしょうが、結局は人間のなすべき事ですから、良くある簡単な考えでの捕獲や駆除などと言うことはやめて欲しいものです。

亜種が違うとは言っても、国内では奄美大島周辺にしか生息しないと言うことは島嶼固有種であり、絶滅の危険性も高いと言う事が言えると思われます。

オオシオカラトンボ君、大変に身近な種類ではありますが、もう産卵の時期も迎えている様でしょうか。

良くその光景も目にしますが、なかなか写真に撮ろうとすると難しいです。

不明の蛾君、キシタバ君と言う事でいつもありがとうございます。
こちらに関しては後ほど詳しく調べてみたいと思います。

クモ君、確かにおっしゃる通りですね。
エビチャコモリグモ君とばかり、疑っていなかったのですが、腹部の先端、注意して調べてみますと、尖っていないですね。

反対に丸みを帯びていて、全く正反対ではないかと思いました。

この個体は下にも見えていますが、大きな卵嚢を抱えていましたので、そのままコモリグモ君→色合いからエビチャコモリグモ君としてしまった失敗です。

キシダグモ君系でも卵嚢を抱えるという習性があるのを知らなかったのもその原因でした。

おっしゃる通り、体型、眼の感じ、その他からイオウイロハシリグモ君で良いようですね。

実際にイオウイロハシリグモ君のほぼ朱色に近い個体も東高根森林公園で見た事があります。

ベッコウシリアゲ君、初めてでしたが、他の種類などを調べているときにその写真は良く見ていましたので、すぐにわかりました。

ただ、撮ったその時点ではヤマトシリアゲ君だと思っていましたが、調べて細かい種類は知ることが出来ました。

なかなか面白い形態でこの口吻の形状が意味するところが気になっており、時間のあるときに生態についても調べてみたいと思っています。

いつも色々とありがとうございます。
  1. 2008/08/28(木) 17:00:38 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん 再度

こんにちは、再度、誠にありがとうございます。

このヨコバイ君ですが、うちも別の種類を調べているときにどこかで何回か見た記憶があったのですが、それがどこに載っていたのか、どこに記述されていたのか、思い出せず仕舞いになってしまいました。

オサヨコバイ君と言う事で誠にありがとうございます。

まさにそのものですね。
その載っているところも検索で引っ張り出すことが出来ました。
  1. 2008/08/28(木) 17:12:09 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

また、とんでもございません。
うちが疑問に思ったことですから、かえってお忙しいところ、お手数、ご迷惑をおかけしているのではないかと思っております。

その後詳しく調べる時間が取れませんが、お送り頂いた、2枚目のお写真は同個体としても大変に印象が違い、うちの疑問も余計なことであったと言う事で終わってしまいそうな、かえってご迷惑をおかけしてしまったのではと言う気持ちになってきております。

ヨツスジトラカミキリ君、初めてでしたが、色合い的に鮮やかであることで結構目立ちます。
ヨツスジハナカミキリ君は平地でよく会うのですが、大変に外見は似ているものの、行動は全く違っていました。

この似た種類はまだまだ多くいて、入口にほんの少しだけ足を踏み入れることが出来たと言う所ではないかと思っております。

ウラギンシジミ君、そうご覧になられましたか。
うちはそう言った印象は思いつかなかったのですが、良く見ると翅がしわしわであることと一部見えている表側の色合いが薄い感じもするでしょうか。

アカボシゴマダラ君、うちも別のところで初めて発見したときは大変な驚きでした。
しかし・・・と言う所のようですが、結果的にどこかで共存の道を歩んでいって欲しいものと思います。

こちらではうちの目撃記録でしかありませんが、本来いるはずのゴマダラチョウ君よりも多く見掛ける様に思います。

不明の蛾君ですが、マメキシタバ君と言う事で、いつも誠にありがとうございます。

キシタバ君ではと言うご意見もありますので、この2種とその周辺を洗ってみたいと思います。

リスアカネ君、真横から撮れなかったのが不安材料でしたが、MGさんがそうおっしゃるのであれば、間違いないですね。
♂と言う事でありがとうございます。

ベッコウシリアゲ君、初めてでしたが、何個体か葉っぱの上にとまっていましたので、その中で一番撮りやすい個体を撮ってみました。
もう少し光のあんばいが良かったら、更に言う事なしでしたが、初めて会う種類ですし、まずは撮る事ですので、多少暗くても何枚も撮っておきました。

この艶と申しますか、色合いは何とも懐かしい感じのする様な、そんな感じさえしてくる虫君です。
  1. 2008/08/28(木) 17:27:19 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

また、お言葉も大変に恐縮です。

ヨツスジトラカミキリ君、これはハンミョウ君を撮っていたときにそのすぐ真上の葉っぱにいました。

腹ばいから起き上がると多分逃げてしまうだろうと考え、まずは後ずさりして、少し離れてから起き上がって、そっと近付いて撮影したという所です。

光のあんばいは多分その時の条件が良かったのだと思います。
ほぼ直射日光ではなかったかと言う記憶があります。

ウラギンシジミ君、そうなんですね、この時は落ち葉の山の中にいました。
近付けば、まず落ち葉の音などで逃げてしまいますでしょうから、思いっきり身を乗り出す形で撮ったものです。

別の場所では汗に反応したのか、腕にとまって来たのですが、現在マクロはMFですので、腕にとまってもらうのはうれしいとしても撮影が出来ないのが困ったことです。

アカボシゴマダラ君、別のところで初めて会った時は大変に驚きましたが、実は・・・と言う所だったようです。

「要注意外来生物」の指定は行政のやっている事ですから、特には意識していませんが、出来る限り、共存の道を探って欲しいと思います。

要するに全ては人間のなすべき事であり、その種、個体にはおっしゃる通り、何も罪はないわけですから・・・。

ベッコウシリアゲ君、初めてでしたが、何とも不思議な感覚にとらわれる虫君です。

大きさ的には2cm程度でしょうか、しかし、この色合い、艶と大変に懐かしい感じのする、そんな感じにとらわれます。

そして、この口の形状もまた不思議です。
これに関しては更に調べていこうと思っています。
  1. 2008/08/28(木) 17:44:29 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。