野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京港野鳥公園

今回は東京港野鳥公園です。

当日は一時晴れ模様でしたが、ほぼ薄暗い曇り模様のお天気でした。
写真も当然ながら、暗い写真ばかりとなって、これと言った写真は全くありません。

機材は EOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM +1.4×テレコン使用です。

806I306904.jpg

ソリハシシギ君です。
このソリハシシギ君がここでは現在一番多くいるようです。

806I304704.jpg

コチドリ君の子供です。

806I297704.jpg

近くでうろうろ、そして飛び跳ねていた、ハクセキレイ君です。

806I296504.jpg

イソシギ君です。

あとは、オオソリハシシギ君、オグロシギ君、メダイチドリ君、アオアシシギ君等、いつものメンバーは揃っていましたが、何しろ殆どが一番遠い場所にいて、写真を撮るまでには至りませんでした。

当日の干潮は午後のほぼ夕方に近い時間で、うちが考えるに一番良くないパターンです。
そのためか、いつも撮影をしている場所である観察小屋周辺には殆どシギ君たちはいない状態で、一番遠い場所に殆どがかたまっている状態でした。

806I293604.jpg

そして、シベリアオオハシシギ君です。
今回の最大の目的はこちらでした。

東南アジア、東アジア地域で特に貴重な種、3種はヘラシギ君、カラフトアオアシシギ君、そして、このシベリアオオハシシギ君とも言われており、いわば3大希少種の1種です。

ヘラシギ君は昨シーズンのこの季節に三番瀬で偶然にも会うことが出来ました。
カラフトアオアシシギ君は今シーズンの春に情報から三番瀬で会うことが出来ました。
そして、このシベリアオオハシシギ君です。

また、環境省のレッドデータブックではランクづけできないほど(情報不足)珍しい種類と言われており、世界的にも大変な希少種であるとの記述も見られます。

その種がうちの近い場所にいることは大変に貴重です。

今シーズンのここは当初より、例年に比べて、様々に大変に個体数が多く、また、うちの行く場所では一番の当たりではないかと思っていた予想が的中しました。

今回は結局のところ、近い場所には全く来てくれず、ずっと1日一番遠い場所にいたようですが、それでも写真を撮らなければ始まりませんので、遠いながらも何枚か撮っておきました。

又の機会に近くで撮りたいところですが、週末の天気が全く良くないようですので、天気次第、しかし出来るだけ早いうちに又様子を見に行きたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/22(金) 20:05:05|
  2. 野鳥
  3. | コメント:12
<<横浜自然観察の森 (その1) | ホーム | 蝶の里公園 (3日目のうち、その2)>>

コメント

シベリアオオハシシギ

そんな希少種なのですか^^凄いですねー、貴重なお宝画像ゲットですね♪
  1. 2008/08/22(金) 21:50:11 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

こんばんは

シベリアオオハシシギにも出会えて幸運でしたね。
私も昨日の調査では予想だにしなかったいろいろな出会いがありました。そのひとつはコフキトンボの「帯型の♀」を亀島の湿地で初めて見る事が出来ました。
  1. 2008/08/22(金) 23:50:39 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

おめでとうございます

東京港野鳥公園へ行かれたんですね。
大砲がずらりと並び、大変なにぎわいだったでしょう。
シベリアオオハシシギ、遠いとは言いながら、ちゃんと撮れていますね。
まずはおめでとうございます。
これで3大希少種すべて撮られましたね。
近場でもっと大きい画が撮れるということないですね。
私はこの人の出が苦手で出向く気になりません。
コチドリ、愛らしいですよね。
そしてイソシギ、この子もおなかの白さがたまりません。
私にとっては珍鳥よりもこの子たちの方に心動かされます。
  1. 2008/08/23(土) 18:00:07 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

そんな希少な種が
きているのは驚きです

きっとカメラマンさんが
大勢来られているのではないでしょうか

東京港野鳥公園も
いつ行ってもさびしくて心配していましたが
これは大盛況になりそうですね
  1. 2008/08/23(土) 21:56:18 |
  2. URL |
  3. RUU #-
  4. [ 編集]

3大希少種完全制覇ですね~!
おめでとうございます(*^_^*)
私もいつか会ってみたいですね~!
  1. 2008/08/24(日) 11:21:15 |
  2. URL |
  3. りもふ #-
  4. [ 編集]

シベリアオオハシシギが撮れたのですね。すごいですね。今の私にはこういうものが現れてもとても識別できないでしょう。
こちらのシギ・チはまだまだ今ひとつの感があります。干潟の規模も小さいですし、よく訪れる田園地帯に昨日行きましたが、休耕田も少なく、また、乾燥田も多くなり厳しいかなという状況です。
小さな休耕田にレンズの砲列ができてしまう状況で、こうなってしまうとなかなか入らないでしょうね。
  1. 2008/08/25(月) 09:55:26 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

どりさま さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が遅れ、誠に申し訳ありません。

シベリアオオハシシギ君、書いたとおり、大変に希少な種類でもあります。

書いた中で言いますと、一番希少と思われるのは、カラフトアオアシシギ君かと思います。

そして、2番目がヘラシギ君となり、シベリアオオハシシギ君はこの3大希少種の中では3番目という感じです。

ただ、関東地域に来るのは、10年程度に1回あるかないかですから、今回は大変に貴重でもあるかと思います。

やはり、こう言ったチャンスは逃すわけには行きませんので、何においても最優先事項です。
  1. 2008/08/26(火) 02:09:44 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

さて、シベリアオオハシシギ君ですが、今回は来ていることがわかっていましたので、何とか撮影する事が出来ました。

あとは、少しでも近い場所で撮影できればと言う所です。

生きものたちの世界も様々で、またその機会を逸すると今度はいつ会えるかわかりません。

特にシベリアオオハシシギ君の様な種類は特にそうですから、何においても最優先としました。

また、コフキトンボ君の「帯型の♀」とはどういう感じか、時間のあるときに調べてみようと思います。

調査をするごとに新しい発見が多くある様で、まさに大変に期待できる場所ではないかと感じる所でもあります。
  1. 2008/08/26(火) 02:33:40 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が遅れ、誠に申し訳ありません。

東京港野鳥公園、さすがに大変な賑わいでした。
ただ、撮影するとなると観察小屋からですから、人数も限られてしまいますし、それほどずらっと並ぶわけにも行かないですから、感じ的にはそれほどでもありませんでした。

ただ、週末は更に大変な賑わい様であったと聞きます。

シベリアオオハシシギ君、やはり3大希少種の1種ですから、何においても最優先としました。

遠くても暗くても撮らなければ始まりませんから、写真としてはダメでも何枚か撮っておきました。

この日はずっと遠くにいましたので、これも仕方のないことです。

多分観察小屋でずっと近くに来るのを待っていた方たちには完全な待ちぼうけだったかも知れません。

うちも人間の多いのは好きではないのですが、さすがにこう言った種が来ているとなるとそうも言っていられません。

ただ、撮影場所は一般的には観察小屋からですが、当日はかなり混み合っていましたので、センターからとしました。

しかし、センターからですとガラスを通しての撮影となりますから、これもあんばいが良くありません。

そこで、いわば「秘密の場所」に行きました。
知っている方は知っているかと思いますが、別に立ち入り禁止場所でもなく、きちんとした場所です。

その場所でずっと撮影をしていました。
その撮影中に来たのは女性の方が1人だけであとは全く来ず、ゆったりとその場所を独占して撮影する事が出来ました。

やはり、近い場所で撮影する事が出来れば良いのですが、潮の状況からなかなか難しいところです。

あとは時間があるごとに行って、そのチャンスを待つしかないのかも知れません。

コチドリ君、イソシギ君はその間にすぐ真ん前に来てくれたものです。

やはり、身近な種類もまた重要ですね。
  1. 2008/08/26(火) 03:29:05 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

RUU さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

また、お返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

さて、ここにこれほどの希少種が来るのもかなり久しぶりではないかと言う感じがします。

ただ、ここの今シーズンは当初より、種類数、個体数ともに例年に比べて、かなり賑やかでしたので、もしかしたらと言う予想はしていました。

確かにカメラマンはかなり多く来ていますが、観察小屋はご存じの通り、せいぜい10人程度しか入れないでしょうから、難しいですね。

うちはいわば「秘密の場所」で撮影をしました。
この日、この撮影している場所に来たのは、途中女性の方1人だけであとはその場所を独占して撮影する事が出来ました。

どうも人間の多いのは好きではないので、多少遠くてもこれは仕方がないと思っています。

今シーズンはどうも谷津干潟と三番瀬が今一歩ふるいません。
その代わり、この場所が例年に比べてかなり賑わっている状態です。

まだシーズンはもう少しありますから、また何かあるのではないかと期待しています。
  1. 2008/08/26(火) 14:23:46 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

りもふ さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

また、お返事が遅れ、誠に申し訳ありません。

さて、これで何とかこの3種の撮影は出来たという所でしたが、どの種も条件の悪いときの撮影ばかりで、あとは近くできれいに写すことが出来れば言う事なしです。

関東地方でもまさに10年に1回来るか来ないかの種類ですから、大変に貴重でもあります。

この季節は様々な種の幼鳥がいつどこに来るかわからない状況ですから、大変に楽しみですね。
  1. 2008/08/26(火) 14:30:23 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

また、お返事が遅れまして、誠に申し訳ありません。

さて、シベリアオオハシシギ君、来ていることがわかっていましたから、あとはオオソリハシシギ君やオグロシギ君などなどと見分けるだけでした。

何も情報がなく、いきなりでしたら、うちも疑問は持っても、シベリアオオハシシギ君にたどり着くのにはかなり時間がかかるものと思われます。

それよりも、まさかここにいるはずはない、と言う気の方が先に立ってしまう様な感じもします。

今シーズンはどうも種類数・個体数から見ても例年に比べて、かなり少ない様な気がしてなりません。

ここの種類数・個体数は例年にも増して、大変に賑やかではあるのですが、その他の場所が全くふるいません。

気候によるものなのか、環境的なことなのか、大変に気になるところです。

そう言えば、今シーズンは干潟にアオサが殆ど発生していない感じに思えます。

反対に昨シーズンは悪臭、そして干潟が覆い尽くされるほどであったことを考えると、その影響がかなり今シーズンは響いているのではないかと言う感じもしてきます。

そうすると生きものたちが年を越して少なくなり、反対にアオサの発生しない、ここの様な人工干潟に多くの種が集まっているとも考えられそうです。

しかし、何も根拠のない、うちの推測に過ぎませんが、そう考えると、今年は自然干潟に関しては、全て「ハズレ」なのではないかと言う感じがしてきています。

反対に人工の干潟の方が賑わう可能性が大きいと言う感じがしており、現在はうちの行ける人工干潟(ここと葛西臨海公園、大井埠頭中央海浜公園くらいしかありませんが)を重点にして様子を見ていきたいと考えています。

また、休耕田も少なく、乾燥地も多くなっていると言うことはかなり、影響が大きいのではないかと思います。

そして、その休耕田に人間がどっと集まったのでは、なかなか舞い降りてきてくれない様な、そんな感じさえしてくるところです。

出来るだけ遠くから観察して、舞い降りたのを確認してから、休耕田の近くに行くというのが本来の順序かと思うのですが、これも難しいところですね。

休耕田では撮影したことがないだけに、状況がわからずで申し訳ありません。

ただ、上のうちの単なる推測からでは、干潟がダメなら休耕田も賑わうべきなのではと言う感じがしています。
  1. 2008/08/26(火) 14:48:56 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。