野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蝶の里公園 (3日目のうち、その2)

今回はかなり遅れての掲載となりますが、蝶の里公園(3日目のうち、その2)です。

その1でも書きましたが、当日は現地に着いたのが、午後の14:30頃で時間も殆どなく、またお天気も曇り模様であったためにこれと言った写真はない状態です。

機材は EOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM + 1.4×テレコン使用での手持ちによる撮影です。


**この場所は昆虫・植物類をはじめとした生物類の採取を固く禁じているところでもあり、また活動センターによる監視の目もあります。
その上に様々なところで、その出現種については全て公開されていますので、今回も場所名を伏せることなく、そのまま公開・掲載をします。

そして、写真については会った順番にそのまま並べ替えることなく、そのまま掲載しました。

806I722903.jpg

葉っぱの隙間からこちらの様子をうかがっている、ショウリョウバッタ君です。

806I721603.jpg

かなり小さく、今一歩わからない状態です。
クワキヨコバイ君が一番近そうですが、更に調べたいと思います。

806I726203.jpg

オオカマキリ君かなと言う所ですが、今一歩不明です。

806I727503.jpg

コオロギ君の幼虫と言う感じですが、細かい種類までは不明です。

追記:hitakijo さんからお教えを頂きました。
ツヅレサセコオロギ君の幼虫と言う事です。  いつもありがとうございます。
コオロギ類はいつも見ていながら、その細かい種類を知るのは初めてです。
これを機会にコオロギ君もただ単にコオロギ君で終わってしまうことのない様にして行きたいと思います。


806I729003.jpg

サトキマダラヒカゲ君です。
夕方でかなり暗い場所でした。

806I729403.jpg

トホシテントウ君です。
やはり、かなり暗い場所に佇んでいました。

806I732003.jpg

スケバハゴロモ君です。
こちらも真っ暗でその上に茎の裏側と撮影条件はかなり悪かったです。
よって、この程度の写真が精一杯と言う所でした。

806I732603.jpg

ウラギンシジミ君です。
どうも翅が少し折れてしまっている様にも見受けられましたが、きちんと飛んでいました。

806I735403.jpg

クビキリギス君の幼虫と言う感じの個体です。

806I737503.jpg

この種もかなりの大所帯で個体差も多く難しいです。
ミカドドロバチ君かと思われます。
初めて会う種類です。

806I738503.jpg

アカハネナガウンカ君です。
最初は蚊君かと思ってしまいました。
何とも表情が面白いです。
このアカハネナガウンカ君は最近行った、長池公園で更に鮮明な写真を撮ることが出来ましたので、後日掲載します。
初めて会う種類でした。

今回は時間が正味2時間もなく、お天気も悪く、条件的には良くありませんでしたが、初めて会う種類も多く、短時間でもそれなりの成果があったと思います。

現在、昆虫類関係の在庫がかなり多くあります。
これからはシギ・チドリ類の季節でもありますが、その合間に掲載していきたいと思います。

①葛西臨海公園 (昆虫類、その他生き物編)
②長池公園
③東高根森林公園
④生田緑地
⑤横浜自然観察の森
⑥三ツ池公園
⑦茅ヶ崎里山公園
⑧蝶の里公園 (4日目以降分)

などなどで現在整理をして、調べている最中です。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/20(水) 01:18:56|
  2. 昆虫
  3. | コメント:8
<<東京港野鳥公園 | ホーム | 東京港野鳥公園>>

コメント

アカハネナガウンカ

これかわいいなぁ♪見たことありませんよー。初見のものが多いですね~!
  1. 2008/08/20(水) 02:55:14 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

おはようございます

・ショウリョウバッタ、ユーモラスで良いですね。
・オオカマキリかチョウセンカマキリのどちらかですが、
お腹側の足の付け根を見ると分かるのですが。
・「ツヅレサセコオロギ」の幼虫、良いですね。この種は裏の公園では見る事できません。ハラオカメコオロギ、エンマコオロギはいるのですが。
・またまた新しいドロバチ見つけましたね。すばらしい。
・アカハネナガウンカ、良いですね。
  1. 2008/08/20(水) 08:43:18 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

お早うございます。

アカハネナガウンカは顔のアップをすると笑ってしまいますよ。私もはじめて見た時は笑いました。大変可愛らしいものですが、小さいのでこれまた見つけるのが大変です。
カマキリ君は前肢の間が見られれば良いのですが、後翅がまだまだ未発達ですので難しいですね。
スケバハゴロモ・・・発生時期なんでしょうかね。私の時は、まだ明るい所にいてくれました。
バッタ類はまだまだ幼体が多く、識別が大変困難で私も困っております。
ミカドドロバチも黄色い筋の変異が多くて困る種類ですね。
  1. 2008/08/20(水) 08:48:41 |
  2. URL |
  3. MG #-
  4. [ 編集]

悪条件下で苦労がしのばれます

サトキマダラヒカゲですか。初めて見ます。
目玉の模様、芸術的な配置ですね。
スケバハゴロモ、条件の悪いところでよくこれだけ撮れていますね。
苦労のほどがしのばれます。
ウラギンシジミの表がわですね。
夕映え色が美しいです。こんなに翅を開いて見せてくれることは少ないです。
たくさんの在庫をかかえておられますね。
私の方は少ない在庫のやりくりで四苦八苦しております。
  1. 2008/08/20(水) 19:50:48 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

どりさまさん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

アカハネナガウンカ君、今回初めて会いましたが、何とも面白い表情をしています。
正面から見るとまた更に面白い表情をしていて、なかなかかわいいです。

しかし、大変に小さく、見付けるのが大変です。
それに、どうも葉っぱの裏に隠れていることが多い様で、それもなかなか見つからない事の一つかも知れません。
  1. 2008/08/22(金) 22:26:18 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

ショウリョウバッタ君、丁度葉の間からこっちを伺っているかの如くでしたので、アップでお顔を撮ってみました。

横からのお顔はいつも撮っているのですが、正面からは恐らく初めてではないかと思います。

お顔の形にもよりますが、何とも面白いお顔です。

カマキリ君、確かにそうなんですが、撮る段階ではその部分を入れると言う事は大変に困難なことです。

簡単には一旦捕まえて確認すればいいのでしょうが、残念ながら手をさしのべても乗ってこなかったので、仕方のないことでした。

うちの場合は手、指を出して乗ってきてくれればいいのですが、つまんで捕まえる様なことは決してしない主義です。
人間がかなり軽くつまんでいるつもりでも虫君たちにはかなりの圧力、痛みを及ぼしているのではないかと思うからです。

この種は出来ることなら、斜め下方向からの撮影も判断用に撮っておいた方が良いのかも知れませんね。

ツヅレサセコオロギ君、初めて聞くお名前です。
いつもありがとうございます。
頭の模様などから判断できそうですね。

コオロギ君はいつも見ていながら、実際には良く見ていないという状況だったと思います。
それだけに全てコオロギ君で終わってしまっていただけに様々な細かい種類があるのも今回初めて知ったことでした。

エンマコオロギ君は多分うちが一番身近に見ることの出来る種類ではないかと思っています。
今度撮影できる機会がありましたら、撮影してその特徴を確かめてみたいと思います。

ハラオカメコオロギ君、こちらは初めて聞くお名前です。
身近にもいそうですから、今度注意して見てみたいと思います。

ミカドドロバチ君、この種は個体変異が多く、断定できるまでにかなりの時間がかかりました。

最近はどうもハチ君が大変に気になっており、ハチ君を見ると何とか撮影したいと言う気になってきます。

そして、そのハチ君が膨大な種類の中の誰なのか、それを調べるのもまた楽しみの一つになっている様な気がします。

ただ、キバチ・ハバチ類はきわめて難しく、またヒメバチ類も大変に難しい種類で、撮ってきたのは良いのですが、わからないと言うことが最近はかなり多くあります。

アカハネナガウンカ君、初めて会いましたが、何とも表情がかわいいと言いますか、面白いです。

ただ、大変に小さくて、見付けるのにも撮影するのにも大変に手こずる種類です。

いつも色々とありがとうございます。
  1. 2008/08/22(金) 22:45:22 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

アカハネナガウンカ君、そうですね、正面のアップも撮ったのですが、ぼけていて使い物になりませんでした。
ただ、そのより目の様な面白い表情はなかなかかわいいですね。

またの機会にその表情も確実に撮っておきたいものです。

カマキリ君、確かにどちらかを判断するのにはその方法が一番確実ですが、角度的に撮る事が難しい事もあり、仕方がないと諦めています。

手をさしのべて乗ってきてくれると助かるのですが、今回はなかなか乗ってくれず、確かめようがありませんでした。

まだ、特徴も出きっていないでしょうから、どちらかだろうと言う事で今回は掲載をしました。

スケバハゴロモ君、どうなのでしょうか。
個体数的にはこの1頭しか見当たりませんでした。
その後にここに行ったときは20頭ほどかたまって並んでいたのも見ましたが、やはり時期的なものなど様々な条件があるのかと思います。

今回は明るいところにいなかったのが残念です。

バッタ類、この季節は幼虫たちがかなり多く、成虫はいるのでしょうが、あまり見掛けません。
それだけに、その特徴が出ている幼虫であれば良いのですが、中には良くわからない個体もかなり多くいるのも事実です。

ただ、バッタ・キリギリス類は他の種類などと比べてもそれほど大所帯と言うわけでもありませんから、まだ救いがあるのかなと言う感じがしています。

おおむね、バッタ類等は細かい種類も入れると450種ほどと言われていますが、普段見られる種類は良いところ、50種もいないのではと思っています。

ミカドドロバチ君、確かに黄筋の個体による変異はかなりあるようです。
色々調べても、まさにそれぞれで完全に断定するまでにはかなり時間がかかりました。

ハチ君も大変に興味のある種類ですが、なかなか一筋縄ではいかない種類です。
  1. 2008/08/22(金) 23:13:14 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

さて、いつもながら、お言葉も大変に恐縮です。

暗い中での撮影、本当はISOを上げて、無理に撮影すると言う事は写真・画像的には邪道なのかも知れませんが、やはり撮影しないと何も始まらないと考えているうちにとっては、撮影できる手段であれば、様々にやって行きたいと思っているところです。

サトキマダラヒカゲ君、身近にも多分いるのではないかと思います。
特に樹液の出る樹木にいることが多いです。
この模様はもっときれいに撮影できれば良かったのですが、なかなか芸術的な模様だと思います。

大変によく似た種類にヤマキマダラヒカゲ君と言う種類もいますが、サトキマダラヒカゲ君とは完全に棲み分けをしており、同時にいると言うことはまずありません。

スケバハゴロモ君、大変に暗いところでしたが、何とか機会のお陰で撮影できたという所ではないかと思います。

ウラギンシジミ君、確かに表側を見る機会は大変に少ないですね。
今回はかなりゆったりとくつろいでいたのかも知れません。

この色合いも裏側とは全く違い、また不思議と言いますか、面白いものです。

さて、在庫は確かに多くあるのですが、その整理とわからない種類を調べるのに時間がかかってしまっています。

あまり時間がかかってしまいますとその季節から外れた記事にもなりかねませんので、出来るだけ早くアップしたいと思っています。

それでもダメな場合は記事中で但し書きをするか、アップを見送るかと言う事になってきそうです。

どちらにしても、時間は限られていますので、なかなかうまく行かない状況で、結局は残念ながら、その殆どがアップされずに眠ってしまう事になってしまうのが、いつものことです。
  1. 2008/08/22(金) 23:26:42 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。