野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

谷津干潟

今回は谷津干潟です。
かれこれ、春のシギ・チドリ類のシーズン以来となります。

うちの行く場所でシギ・チドリ類の見られる、干潟のある場所は自然・人工を問わずで言いますと、この、①谷津干潟、②三番瀬、③葛西臨海公園、④東京港野鳥公園、⑤大井埠頭中央海浜公園・なぎさの森、そして、頻度は少ないですが、⑥多摩川六郷緑地、以上の6ヶ所になるかと思います。

今回、谷津干潟に行ったわけですが、潮の状況は午前中が干潮、午後の少し遅い時間が満潮、その上に大潮とまさに素晴らしい潮の状況であったにも関わらず、どうしたことでしょうか、種類数はそこそこにいる様ではありますが、個体数が全くという感じです。

例年のこのシーズンのここの状況と比べると、まさに「全く」と言う感じがしてなりません。

やはり、環境的な何かが変わってきているとしか考えられませんが、人間の目からは実際には見えて来ない抽象的なものだけに困ったものです。

そう考えると、うちの行く干潟で今現在最も賑やかなのは、干潟のスケールの違いこそはありますが、種類数はそれなりでも個体数で群を抜いているとしたら、東京港野鳥公園という感じです。

東京港野鳥公園は例年では大変に地味な感じである程度という所なのですが、今シーズンはどうしたことでしょう、例年では考えられないほどの大変に多くの個体数が来ている状態です。

まさに、今回の谷津干潟と正反対の状況が起こっている様で、これも人間にはどうしてか、わからないことです。

これからが最もピークとなるかと思いますので、今はさっぱりでも今後を期待したいものです。

前置きが長くなりました。

当日はおおむね晴れ模様でしたが、午後には分厚い雲に覆われるような、お天気模様でした。
幸い雨は降ってきませんでしたが、この時期のお天気は全く予測が付かなく困ったものです。

機材は EOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM +1.4×テレコン使用です。

806I016504.jpg

キョウジョシギ君です。
大変に暑そうで、水浴び真っ最中でした。

806I014604.jpg

キアシシギ君です。
少し険しい表情をしていました。

806I021704.jpg

コサギ君、やはり大変に暑そうです。

806I012204.jpg

後ろ姿ですが、やはり、コサギ君です。
何を隠しているのでしょうか・・・。

いや、単なる羽繕いなのですが。

806I022504.jpg

この個体、大変に微妙で気になります。

時間がなく、詳しく調べている時間がありませんので、後日更に調べようと思っています。

鼻孔の溝(少し短めですが)、初列風切と尾羽の関係、足が太く見える様なところ、胸の色合いなどなどで、撮った時にどうも違和感がありました。
勿論、くちばしの色合いも考慮に入れています。
ただ、これも単なる気のせい、思い過ごしかも知れませんが、一応調べてみようと思います。

806I033204.jpg

まだかなり夏羽の残る、ダイゼン君です。

806I034304.jpg

セイタカシギ君です。

806I038404.jpg

同じくセイタカシギ君ですが、身体がかなり細く、足が大変に長く見えます。

806I040804.jpg

ウミネコ君です。

806I048404.jpg

オバシギ君です。
この頃はかなり暗くなってきていました。

806I053004.jpg

ダイサギ君です。

種類的にはあと、トウネン君、ハマシギ君、メダイチドリ君、オオソリハシシギ君などがいましたが、あまりに遠すぎて撮影は出来ませんでした。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/15(金) 03:34:18|
  2. 野鳥
  3. | コメント:14
<<東京港野鳥公園 | ホーム | 大井埠頭中央海浜公園 ・ なぎさの森>>

コメント

おはようございます

・トップのキョウジョシギ、良いですね。俯瞰気味のアングルと水の波紋が鳥をひきたてていますね。
・キアシシギ、こちらの方が鼻孔の溝が長く見えます(溝が先端の黒い部分にとどいているようにも見えます) しかし、画像が小さいのではっきりしません。キアシシギで良いと思います。
・コサギ、暑そうですね。こういうシーンを見ると70年代のオリエンタルランドの埋め立て地を思い出します。
・コサギの羽繕い、良いですね。顔が見えない分、いろいろ想像出来ていいです。
好きなシーンです。
・失礼ですが、私には何の変哲もない「キアシシギ」に見えます。鼻孔の溝も黄色い所までと短いですね。これが全てだと思います。胸の模様や初列と尾羽の関係や足が太く見える。これらでの同定は無理があります。紛れも無い「夏羽のキアシシギ」ですね。羽のたたみ具合が普段見るのと変わっているだけですね。足の太さも光の状況(例えば乱反射、陽炎など)で太く見えたりします。何れにしろ「鼻孔の溝」以外は当てにしては迷いのもとになると思います。単なるキアシシギの1個体だと思います。早く言えば個体の数だけ変わって見えます。
・セイタカシギ、良いです。鳥類園にも他から飛んで来た個体も混じるようになりました。
・オバシギ、良いですね。鳥類園にも来て欲しいと思っています。
いろいろ書きました、お気を悪くされたらお許しください。
  1. 2008/08/15(金) 09:10:10 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

野鳥だって大変

こんな暑さじゃ野鳥だって大変なのですよね^^;私も昨日伊吹山に登って遊んできたら、肩などが日焼けしてしまい、今日も痛いです^^;タンクトップでしたから変な焼け方です;;

こんな光の状態で白が飛ばないなんて羨ましいです。
  1. 2008/08/15(金) 10:22:42 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

もっと賑わってほしいものです

今期の谷津はあまり芳しくないようですね。
それにしても東京港野鳥公園が賑わっているとはこれまた面白い現象ですね。
何かが影響しているのですね。
キョウジョシギ、くっきり撮れていますね。透明な水色が揺れていて美しいです。
コサギ、くちばしを開けていますね。やっぱり暑さが堪えているのでしょうね。
キアシシギによく似た不明種さん、名前が分かるといいですね。
セイタカシギさん、きれいな目ですね。このピンクの目、もう久しくお目にかかっていません。
オバシギも来ているのですね。この子ちもすっかりご無沙汰です。会ってみたいです。
  1. 2008/08/15(金) 20:53:53 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

こんばんは。
東京方面も賑わっているようですね!
キョウジシギさん羽の上の水滴と波が良い感じですね~。
体の細いセイタカシギさんはなんか弱ってるようにも見えてしまうのですが・・・。
週代わり(日替わり?)でいろんな個体が来てくれるので見逃せませんね^^;
  1. 2008/08/15(金) 21:21:49 |
  2. URL |
  3. りもふ #-
  4. [ 編集]

こんばんわ。
お山へ行かれたのかと思いましたら、干潟でしたか。(笑)
私は昨日、山へ入り、目的の猛禽が飛ばなかったので午後は昆虫撮影に切り替えました。やはりそちらの方が成果はありました。

明日は干潟へ行こうかと思いましたら、天候が崩れる模様で様子見です。
谷津干潟は個体数が少ないということ、想像はできませんが、近所の野山でも昨年と今年は随分違います。
昆虫達も同じくです。こればかりはどうしようもありませんね。
相変わらず素晴らしいお写真ばかりで羨ましい限りです。
  1. 2008/08/15(金) 22:05:19 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

キョウジョシギ君、そうですね、ここでは近い場所ではどうしても見下ろす様になってしまいますから、どうしてもこの様な感じになってしまいます。

干潟とうちらのいる場所の高低差がかなりありますので、これだけはどうしようもないことです。

実は今までキョウジョシギ君は色々と撮ってきましたが、その中でもこの写真はかなり気に入っている写真です。

水面の波紋も勿論ですが、透き通った水、明るい感じがなかなか良い感じではないかと思っています。

2枚目、こちらはキアシシギ君で特に疑いのない個体ではないかと思っています。

鼻孔の溝に関しては個体差もあるでしょうから、なかなか難しいところですが、その長さも含め、他の特徴をも確かめていきたいところです。

コサギ君、実はこの光景はもしかしたら初めて見たのではないかと思っています。
座り込んでいたり、色々な行動はあっても、やはりかなり暑いと言う事なのかも知れません。

羽繕い・コサギ君、後ろ姿で何とも良い感じでしたので、撮ってみました。
お顔が見えないと言うことは基本的には写真とはならないと言う事になってしまいますが、たまにはこう言ったのも悪くはありません。

次のキアシシギ君ですが、何とも気になったという所です。
実はほぼ同じような個体を写真で見たこともあったためか、更に気になる結果となってしまいました。

鼻孔の溝に関しては個体差があるにしても、やはりその他の特徴に関しても検証する必要があるかと感じています。

その中で様々な特徴を消去法によって検証していき、可能性の高いと思われる種類とする事にしています。

ただ、完全に断定できない場合は「疑わしきは・・・」の原則による事もありますが・・・。

今回はキアシシギ君にかなり近い、メリケンキアシシギ君なのではと言う疑問から起こったことでした。

一見キアシシギ君の特徴にかなり近く、そう見える個体でもメリケンキアシシギ君と言う事があると言う事に驚いた記憶があります。

現在、その画像を探していますが、なかなか見つからず、どこにあったのか覚えていなかったのが失敗編です。

セイタカシギ君、ここには標識を付けた個体が良くいるのですが、現在、標識を付けた個体は市川方面に行っているようです。

この標識を付けていない個体も勿論元々からいるのですが、もしかしたら別の所から来た個体の可能性もあります。

ただ、幼鳥が見当たらないのが少し気にはなりますが・・・。

オバシギ君、ここではコンスタントに来ています。
鳥類園にも来る可能性は勿論あるでしょうから、楽しみですね。

いつも色々とありがとうございます。
  1. 2008/08/16(土) 21:05:30 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

どりさま さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

大変に暑い日が続きますが、さすがに鳥君たちも大変そうです。

体温のことは先日聞いたと思うのですが、その体温調整もかなり大変なのではと感じる場面も多くありました。

やはり、人間も色々な場面で体温を調整しますが、急に身体を焼いてしまうと厳しいことになってしまいますね。

白飛びに関してですが、そう言えば、確かに今までは殆ど飛んでいたこの色合いも何とか収まっている様な感じです。

多分、機械の性能による所なのではないかと思っています。
  1. 2008/08/16(土) 21:14:58 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

そうですね、今シーズンの谷津干潟、うちの行った限りと情報からですが、どうも今一歩ぱっとしませんね。

しかし、それと正反対に東京港野鳥公園は大変に賑やかです。
個体数も例年になく、多くの個体が来ています。

何が影響しているのか、大変に気になるところですが、人間にはわからないことです。

ただ、単に猛禽君が来ているか、来ていないかの違いだったりする可能性もありますが・・・。

しかし、これはその来る個体数と影響があるのかどうかはわかりませんが、干潟を見ると、谷津干潟ではあまりカニ君が動いている様に見えません。
それと反対に東京港野鳥公園では、カニ君がかなり多くいる様に見えます。

キョウジョシギ君、かなり暑かったのか、水浴び真っ最中でした。
今まで何回もこのキョウジョシギ君を撮ってきましたが、今回のは角度的に今一歩ではあるものの、大変に気に入っている1枚でもあります。

コサギ君、実はこう言った光景は初めて見たかも知れません。
それだけ、かなり暑いと言うことなのかも知れません。

キアシシギ君、ではありますが、実はメリケンキアシシギ君の可能性もないことはないのではと思って、気になった個体です。

現在、このキアシシギ君にかなり近い、メリケンキアシシギ君の画像を探していますが、さて、以前どこで見たか、覚えていなかったのが失敗しました。

現在その画像を探しているところです。
その画像を見て、判断したいと思っています。

セイタカシギ君、ここにいた標識を付けた個体は多分、市川市の内陸方面へと行っているのかと思うのですが、この標識を付けていない個体は元々いる個体なのか、それとも別の所から来た個体なのか、今一歩どちらか定かではありません。

どちらにしても、幼鳥の姿が見えないのが気になっていることです。

オバシギ君、ここではこの季節、個体数は少ないですが、必ず来ています。
昨日からはコオバシギ君も加わっているようです。
  1. 2008/08/16(土) 21:37:47 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

りもふ さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

こちらでは賑わっているところと、賑わっていないところの差がかなり大きいという感じです。

ここはどちらかと言うとそれほど種類数・個体数が多いというわけではないのですが、今シーズンは大変な個体数が来ていて、びっくりしているところです。

その他のうちの行く場所は、ここの賑わいとは反対に全くさっぱりと言う感じです。

これも自然でのことなのですが、大変に不思議と言えば、不思議なことです。

そちらでもかなり賑わっている様子ですね。
こちらでうちの行く所ではあまり見られない種類も多く、羨ましい限りです。

キョウジョシギ君、かなり暑かったのか、水浴び真っ最中でした。

今まで何度となく、キョウジョシギ君を撮ってきましたが、今回の写真はその中でもかなり気に入っている1枚です。

セイタカシギ君、さて、どうなのでしょうか。
かなり暑いですから、そのせいもあるのかと思いますが、それにしてもかなり細いという感じがしました。

ただ、活発に動いていましたから、弱っているという印象は受けませんでしたが・・・。

これからの時期はまさにピークの時期になりますから、いつどんな種類が来るかも予測が付きません。
それだけに大変に楽しみな季節にもなってくるかと思います。
  1. 2008/08/16(土) 21:59:42 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

そうですね、予定ではお山方面に行くつもりだったのですが、お天気が全く予測が付かないこと、それに加えて、連日都内から各方面にの伸びる高速道路は全て大渋滞模様で、ほぼ断念状態となっています。

その代わりと言う訳ではないのですが、干潟の方へと例年のお決まりで行っています。

猛禽君もそう言えば、その季節ですね。
ただ、予測に反してと言う所でしたでしょうか。
そこで昆虫類に切り替えられるというのがまたすごいですね。
うちでしたら、機材は持っていっても、なかなか対象を切り替えると言う事が難しいです。

簡単に言えば、決めたことに関して、あきらめが悪いと言うことになるでしょうか。

谷津干潟ですが、今シーズンはどうしたことか、知っている限りでは、全くさっぱりです。
これから、まだ十分に期待は出来ますので、例年通りまた干潟が賑わってくれることを楽しみにしたいと思っています。

いつもながら、お言葉も大変に恐縮です。
色々とありがとうございます。
  1. 2008/08/16(土) 22:06:08 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/08/16(土) 22:31:48 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

「管理人のみ閲覧できます」のお返事です。

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

さて、具体的内容についてはコメントの性質上、ここで書くことは出来ませんが、いつもお心遣い・ご配慮と大変に恐縮の限りです。

まさにおっしゃる通りで、最終的な決め手もその通りとうちも考えています。
  1. 2008/08/19(火) 22:14:47 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

ご無沙汰してしまいました

よしの88さんの谷津干潟は、
何度拝見してもいいですねぇ。
どの鳥も暑そうですが、
眩しい光に羽根の輝きがとても美しいです。
セイタカシギの足の美しさ、つぶらな瞳が
何とも言えません。
ウミネコって、こんなに目つきが悪かったのでしょうか(笑)
ダイサギはどこにいても絵になる
美しい姿ですね。
  1. 2008/08/20(水) 23:51:18 |
  2. URL |
  3. xiao #-
  4. [ 編集]

xiao さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、いつもながらにお言葉も大変に恐縮です。

今回は1枚目は大変に気に入っていますが、あとは自分自身でもこれと言った写真がなかったのですが、そうおっしゃって頂きますと大変にうれしい限りです。

セイタカシギ君、どうもあちらこちらに移動しているのか、本来ここにいる個体はどうもそちらの方に行っている様です。
反対に今回写真に撮った個体は元からいる個体なのか、それとも他の場所から飛んできたのか、定かではありません。

この足の長さを含めて撮るとどうしても身体が小さくなってしまいます。
縦位置で撮影すれば、また違った様になるのかとも思うのですが、難しいところです。

眼の方は見え方によって色々に見えてくる種類でもありますね。

ウミネコ君、おっしゃる通り、目つきは大変に良くないです。
これもその時々によって、変わってきますが、大方は良くなく見えてしまいます。

ダイサギ君、バックの色合い、景色を確かに選ばないですね。
  1. 2008/08/22(金) 00:42:40 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。