野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蝶の里公園 (2日目のうち、その3)

今回は蝶の里公園の2日目のうちのその3です。

お天気の状況、前置きなどはその1の前々回と重なりますので、割愛します。

また、毎回の不明種につきましては皆様方から様々にご指導を頂き、誠に感謝しております。
不明種を含め、あやふやな種類に関しては、更に引き続き調べている状態です。
ある程度、はっきりした時点で、その記事にそれぞれ追記として掲載していきますので、よろしくお願い致します。

前回、前々回ともに記事中に追記としていくつか追加掲載をしております。

機材は EOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM + 1.4×テレコン使用での手持ちによる撮影です。


**この場所は昆虫・植物類をはじめとした生物類の採取を固く禁じているところでもあり、また活動センターによる監視の目もあります。
その上に様々なところで、その出現種については全て公開されていますので、今回も場所名を伏せることなく、そのまま公開・掲載をします。

そして、写真については会った順番にそのまま並べ替えることなく、そのまま掲載しました。

806I299403.jpg

コチャバネセセリ君です。
時期的なものでしょうか、比較的多くの個体がいるようです。

806I295903.jpg

カメムシ君ですが、今のところ不明種です。
身体の特徴、形、縁取りなどの特徴から考えると、ツマジロカメムシ君と言う感じですが、模様的に違和感がある状態です。
引き続き調べていきたいと思います。

806I296803.jpg

ホソヘリカメムシ君です。

806I301203.jpg

キタテハ君の翅の表です。

シータテハ君やエルタテハ君などがいないか期待しますが、なかなか難しい様です。

806I302003.jpg

ホソハリカメムシ君です。
2枚上のホソヘリカメムシ君とは「ハ」と「ヘ」の一文字だけ違い、別の種です。

806I302503.jpg

カゲロウ君の1種と思われますが、細かい種類は現在不明です。

追記:hitakijoさんからお教えを頂きました。
シロハラコカゲロウ君でした。
いつも色々とありがとうございます。
記載では一般的な種類とありますが、少なくとも初めて会う種類です。

806I303203.jpg

ミヤマアカネ君です。

806I303703.jpg

この後に掲載する、ハリカメムシ君の幼虫と思われます。

806I304903.jpg

ハリカメムシ君です。


806I307003.jpg

オオシオカラトンボ君です。

806I305903.jpg

コミスジ君です。

806I307403.jpg

暗い場所でぼけてしまい、また遠いですが、現在、キタキチョウ君なのか、ツマグロキチョウ君なのか調べているところです。
いつも見る、キタキチョウ君から考えると一回りも二回りも小さい印象がありました。
その小さいという印象が引っかかっているところです。

今回はこのあたりですが、やはり不明種は多く残っています。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/08(金) 01:10:45|
  2. 昆虫
  3. | コメント:10
<<蝶の里公園 (2日目のうち、その4) | ホーム | 蝶の里公園 (2日目のうち、その2)>>

コメント

キチョウも

いろいろなのがいてわかりづらいですよね。シータテハやエルタテハなんて、名前を見るのも初めてです。撮影されたら是非拝見させてくださいね!
  1. 2008/08/08(金) 01:16:27 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

カメムシ類も私はヘタな撮り方をして苦労しております。やはり一気に撮られたようで整理が大変ですね。私も名前調べでその日が終わったりと、アップする分をどうするかで毎日が過ぎていくという感じで、他のことが何もできません。(笑)

キタキチョウより一回り小さいと・・昨年、私が悩んでしまったパターンです。表翅も狙うのですが、これがまたなかなか難物です。
斑紋の流れ方や、翅の型を考慮にするとどうもキタキチョウだとは思いますが、断定できる根拠はありません。
  1. 2008/08/08(金) 09:39:41 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

おはようございます

トップのコチャバネセセリ、素晴しいですね。最近は山の方へ行ってないので久しく見ていません。
・カメムシ、何とも言えない良い色していますね。初めて見る種類です。
・翅を広げたキタテハ、良いですね。そう言えば鳥類園では、今年はとても少ない気がします。
>カゲロウ君の1種・・・・・。このカゲロウは巣栗渓谷に行く度に見ていました。目がドーム型でとても特徴があるので忘れられない昆虫です。「シロハラコカゲロウ」だと思います。
・ハリカメムシ幼虫、ミゾソバの花の上でしょうか、いいですね。
・最後のチョウ、大きさは目安にはなりますが2次的なものすから、それよりも個体差に関係なく変わらない前翅の先端の形は、キタキチョウの翅のようですね。
萩にキチョウの季節になりましたね。そう言えば昨日が立秋でしたね。月日の経つのがとても早く感じます。
  1. 2008/08/08(金) 09:55:24 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

がすばらしい観察眼

うふぁ、コチャバネセセリ、すばらしい画像ですね。
今季多く出会います。昨年はそれほどまでに…私の感触にすぎませんけど。
キタテハも見事です。シータテハやエルタテハなんて見たこともありません。
是非ここでお目にかかりたいです。
ホソハリカメムシ、これは面白いアングルですね。カメムシもいろんな種類がいます。
こんな棘があるのは初めてです。
カゲロウの仲間ですか。あの儚い命の。美しい姿をしています。
ハリカメムシ、ピンクの花びらといい取り合わせです。
ラスト、私は単純に、あ、キチョウだと思ったのですが、さすがによしの88さん、観察眼がちがいます。
  1. 2008/08/08(金) 16:23:33 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

どりさまさん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お忙しいところ、各記事にさかのぼって、コメントを頂き、誠にありがとうございます。

さて、キチョウ君もこちらで見られる可能性があるのは、キタキチョウ君とツマグロキチョウ君の2種類ですが、何しろ個体差も多く、様々な型があるために大変に難しいところです。

今現在もあれこれと調べていますが、未だに結果が出ない状況です。

シータテハ君やエルタテハ君、うちもまだ会ったことがありませんが、ここでならば、どこかにいるはずだと思っています。

それだけにタテハ類がいれば、注意して見る様にしていますが、翅の表はキタテハ君にどちらも似ており、写真に撮らない限り、判断は難しそうです。

撮影できるかどうか、会えるかどうかは難しいところですが、撮れたら真っ先に掲載します。
  1. 2008/08/08(金) 21:00:32 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

カメムシ君、本当に大所帯の様で様々な種類がいるのに驚きます。

うちの場合はいれば全て撮影して行くと言うことにありますから、あとが大変と言えば大変ですが、これも仕方のないことです。

ここ最近はブログのアップと撮った写真の種類調べばかりに明け暮れています。

まあこれも楽しみのうちの一つと考えれば、全く苦になりませんが、それにしても好きでないと出来ない事でもありますね。

それよりもうちの場合は、ある程度の基本的な知識を身につけることがまず必要かなと言う感じもしています。

キタキチョウ君、そう言えばそうでしたね。
今回のはいつも見るよりもかなり小さく感じ、それが大変に引っかかっています。

実はそれだけなのですが、個体差、季節型など様々で調べるのに難航している状態です。
  1. 2008/08/08(金) 21:48:49 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

コチャバネセセリ君、ここでは結構多くの個体を見掛ける様に思います。
平地では確かにそう会うことのない種類ですが、少し山の方へ行くと多くいるのに驚きます。

不明のカメムシ君、確かに光る様な、何とも言えない色合いをしていると思います。
今のところ、これに合致する画像は見つかっていない状況です。

キタテハ君、ここでもそう個体数は多くありません。
今シーズンは全体的にタテハ類が少ない様な感じがしていますが、気のせいかも知れません。

カゲロウ君の1種、調べてみましたら、おっしゃる通りでシロハラコカゲロウ君で間違いないですね。

いつも色々とありがとうございます。
どちらかと言いますと一般的な種類との記載が多くありましたが、うちは初めて会う種類でした。

目がかなり特徴的ですので、一度見たら、忘れられない種類でもありますね。

ハリカメムシ君の幼虫、ミゾソバさんの上です。
ここではどちらかと言いますとミゾソバさんはそれほど見た記憶がなく、数株咲いていた個体のうちの一つだったと思います。

キタキチョウ君、こちらはその模様、季節型、などを現在調べているところです。
大きさ的にあまりに普段見るキタキチョウ君と違っていたものですから、どうにも違和感があり、更に調べてみたいと思います。

うちもキタキチョウ君であると思っているのですが、疑問点はきちんと調べておかないとと思っています。

いつも色々とありがとうございます。

昨日は立秋、全く暦の方も気にしておりませんでしたが、暦の上では早くも秋なんですね。
  1. 2008/08/08(金) 22:28:13 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

いつもながらにお言葉も大変に恐縮です。

コチャバネセセリ君、ここでは結構多くの個体数を見ます。
時期的なものでしょうか、それでも数えるほどですが、普段は1頭みるか見ないかですから、複数いると多く感じます。

写真的にはもっとすっきりとすれば良かったのですが、やはり1.4×を入れていますので、そのあたりで差が出てくる様にも思います。

キタテハ君、ここでも数頭という所でした。
ちょっと眼にピントが合っていなかったのが失敗編でした。

しかし、どうも今シーズンはタテハ類がどこでも少ない様な、そんな気がしてなりません。

シータテハ君、エルタテハ君、うちも未だに会ったことがない種類ですが、ここにはどこかにいるのではないかと期待しています。

カメムシ君、今回色々と調べてその種類の多さに驚きました。
日本産では800種近く、個体差などを入れたら、膨大な大所帯ではないかと感じます。

ホソハリカメムシ君、いつもだったら真横か真上から撮るところでしたが、たまには違った角度も良いかなと思いました。

トゲは幼虫の方でしょうか。
成虫になるとそのトゲもなくなってしまうようです。

成虫の肩のトゲの様なものは、ハリカメムシ君、ホソヘリカメムシ君、ヘリカメムシ君やホソハリカメムシ君(ごっちゃになってしまいそうですが)たちのその特徴でもあるかと思います。

カゲロウ君のお仲間はシロハラコカゲロウ君とわかりました。
この特徴的な眼とその姿、大変に印象的です。

ハリカメムシ君、ミゾソバさんの所にいました。
ここではミゾソバさんはそれほど多くはいなかったようですので、あまり気が付きませんでしたし、カメムシ君ばかりに気を取られていましたので、殆ど気が付いていなかったという所です。

キタキチョウ君、こちらも季節型、個体差、その他を引き続き調べているところです。

単に「小さい」と思っただけですから、別におっしゃるほどの事でもないですが、やはり何か違うと思うことが、全ての種類、鳥類も含めて、また重要なのかも知れないとも思っています。
  1. 2008/08/08(金) 22:48:00 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

カメムシは

ついつい敬遠してしまいますが
こうしてじっくり拝見すると
なかなかかわいくて、また見ごたえがありますね。
ハリカメムシの止まっているピンクの花は
ミゾソバでしょうか?
  1. 2008/08/11(月) 00:54:59 |
  2. URL |
  3. xiao #-
  4. [ 編集]

xiao さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

カメムシ君、この時期はあちこちで見られる種類でもあり、またその種類もかなりいますので、なかなか面白い種類ではないかと感じています。

また、大変に小さいですから、なかなかかわいいですし、その行動にしても様々です。

ハリカメムシ君のいるところ、おっしゃる通りでミゾソバさんのところです。

ただ、ここではミゾソバさんはあまり見掛けなかった様にも思いますので、それこそほんの数株くらいであったのではないかと思っています。

撮っているときはカメムシ君ばかり見ていましたので、ミゾソバさんは眼に入っていなかった状態でした。
  1. 2008/08/11(月) 22:03:31 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。