野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京港野鳥公園

今回は東京港野鳥公園です。

ここ最近は連続して行っていますが、そのうちの2日目分です。
1日目分はお天気のあんばいも良くなく、暗い写真ばかりでしたので、掲載する写真が殆どありません。
この1日目分は後日枚数は少なくなりますが、改めて掲載しようと思います。

先日の照ヶ崎海岸から例年通り、シギ・チドリ類へと撮影対象を移行しました。
しかし、昆虫類もなかなか諦めきれませんので、いくらか合間に昆虫類にも専念する日を設けたいと思います。

当日は晴れたり、曇ったりのお天気模様でした。

シギ・チドリ類に関してはここの状況を見る限り、例年になく大変に賑やかな状態です。

撮影は EOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM + 1.4×テレコン使用です。

806I690103.jpg

アオアシシギ君です。
地味ながら、姿、声ともに大変きれいなシギ君と思っています。
当日は8羽以上はいました。

806I598703.jpg

オグロシギ君です。
確認できたのは2羽です。
例年になく、来るのが早い様な感じがします。

806I612003.jpg

コサギ君たちです。
この暑い中でもコサギ君はサギ君の中でも大変に活発に動いていました。

806I627003.jpg

メダイチドリ君です。
ここでは例年、おおむね多くて10羽ほどと言う所ですが、当日は80羽以上はいたと思われます。
例年になく、個体数が多く、またこれだけ多く来ているのはここではかつてない事ではないかと思われます。

806I630103.jpg

羽ばたき・スズガモ君です。
♀が1羽だけ残っています。

806I632603.jpg

枝かぶりですが、オオヨシキリ君です。
最近は声が全く聞こえなくなってしまい、どこにいるのかわかりにくくなって来ました。

806I634603.jpg

ダイサギ君です。
かなり暑そうでうなだれているように見えました。

806I636303.jpg

コチドリ君の子供です。
コチドリ君は8羽ほどいた様に思われます。

806I637903.jpg

いつものカワウ君ですが、水の中に浸かってのこの行動は初めて見ました。

806I641803.jpg

マガモ君も1羽残っていました。

806I642703.jpg

こちらもカワウ君ですが、羽を広げながら泳いでいました。
こちらも初めて見たことでした。

806I651203.jpg

オオソリハシシギ君です。
8羽ほどはいたかと思われます。
ここでは例年、オオソリハシシギ君はあまり来ないのですが、今シーズンは違うようです。

806I666003.jpg

アオサギ君です。

806I666603.jpg

またまたメダイチドリ君です。

806I669803.jpg

カルガモ君です。
カルガモ君はこれからの換羽の時期にかなり多くなります。

806I672203.jpg

お休みカワウ君です。

806I675203.jpg

キアシシギ君です。
確認できたのは4羽でした。

806I676703.jpg

ソリハシシギ君です。
確認できたのは8羽ほどでした。

いる種類はどちらかと言うと一般的ですが、その個体数は例年に比べると大変に多いです。
多分、うちの行く場所では今現在一番「当たり」の場所かも知れません。
それだけにこれからが大変に楽しみです。

あとはキョウジョシギ君やトウネン君も来ていました。
ササゴイ君が岩場から出たり入ったりしていました。

個体数についてはおおまかな数字です。
しかし、見えない部分、遠くにある干潟の部分でもいる可能性がありますので、少なくとも更に多くの個体数がいるものと思われます。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/01(金) 22:29:13|
  2. 野鳥
  3. | コメント:14
<<葛西臨海公園 ・ 鳥類園 (昆虫類 ・ クモ類編) | ホーム | 照ヶ崎海岸>>

コメント

こんばんは

ぞくぞくとシギ・チドリが集まって来ていますね。
季節がら、夏羽から冬羽への変化の情景もいろいろ見られますね。
・トップのアオアシシギ、良いですね。
アオアシシギの哀愁を帯びた鳴き声を聞くと季節到来を感じます。鳥類園にも先日(26日)は10羽来ていました。
・オグロシギも片足をあげ、いかにも渡って来ましたという感じがして素晴しいです。
・2羽のコサギ、躍動感があって良いですね。
・メダイチドリも来ていましたか。鳥類園にも来てくれると良いのですが。9日は昆虫調査はですが、午後は鳥を感察したいです。
・スズガモ♀、越夏してしまいましたか。仲間に会えるまで、もうしばらくの辛抱ですね。
・オオヨシキリ、子育ても最終章ですね。
・ダイサギ、嘴が冬色になっていますね。先日は上の池に珍しく10羽のダイサギが集まっていました。嘴の色がまちまちで面白かったです。
・オオソリハシシギ、良いですね。鳥類園にも来て欲しいです。(笑)
・キアシシギも良いですね。鳥類園にも10羽来ていましたが、面白い事に10羽とも杭の上で休息していました。
・ソリハシシギ、面白い場面ですね。足に泥がついて、足指だけ水に入って奇麗になったところですね。鳥類園にも1羽きていました。
  1. 2008/08/02(土) 00:00:30 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

もう来ているのですね~(*^_^*)
なんだか嬉しいですね(笑)
今年の冬がシギチデビューでしたので^^;初めて一年を通し観察できます。
この週末早速干潟に行かなくては!(笑)
  1. 2008/08/02(土) 09:27:30 |
  2. URL |
  3. りもふ #-
  4. [ 編集]

賑わっていますね

今回は東京港野鳥公園ですか。
ここは懐かしくなるほどもうずっと行っていません。
例年よりも賑わっているとのこと、うれしい限りです。
アオアシシギ、派手さはありませんが、どことなく品がよくて惹かれてしまう鳥さんです。オグロシギ、もう来ているのですね。
久しぶりにお目にかかりました。
コサギのふたり連れ、元気そうですね。
さあ、どいたどいた、と肩で風を切るような威勢の良さです。
メダイチドリ、くっきり目がとれていますね。
やや上向きのポーズを見逃さずシャッターを切られたところはさすがです。
カワウが翼を上げて泳いでいるのですか。それは珍しいですね。
オオソリハシシギ、この鳥も懐かしいです。
去年はさんざん撮らせてもらって楽しかったです。
ソリハシシギ、この子、愛らしいですね。
足がやけに目立ちますね。
紅葉のような可愛い足です。
  1. 2008/08/02(土) 13:31:31 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

オグロシギ君もいるんですか~~!
オオソリハシシギ君といい
ここでは珍しいのではないですか?


また、口を閉じている
オオヨシキリ君というのも
またいいですね (^^)
  1. 2008/08/03(日) 00:40:09 |
  2. URL |
  3. RUU #-
  4. [ 編集]

見てて思うのは

野鳥さんもこの暑さにタジタジって感じです。鳥は基本的に体温が39度ほどあるので暑さはたまらないだろうなって思います;;
  1. 2008/08/03(日) 01:19:53 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

ここのところ、昆虫類に専念しておりましたが、シギ・チドリ類の季節となってきましたので、ある程度撮影対象を移行しました。

思った以上に種類、個体数が来ていて驚いています。

そして、この季節は確かに夏羽、冬羽、その中間、またこれから来るであろう、子供たちなど、様々に見られますので、大変に楽しみです。

アオアシシギ君、地味ながら大変にきれいであるといつも思っています。
声も澄んで通り、こちらもまたきれいです。
鳥類園では10羽、結構来ていますね。
うちの行く所でアオアシシギ君と言いますと、鳥類園とここと思っています。
谷津干潟にはそれほどは例年来ることがありません。

オグロシギ君、ここでは例年この季節には必ず1羽以上は来ています。
反対に春の季節には来ないのですが、これもまた不思議なことです。
体力的にもまだまだ大丈夫の様で、活発に動いていました。

コサギ君、ここでのサギ類の中では一番活発です。
いつもそうなのですが、それぞれ方法が異なることもありますが、コサギ君はいつも元気で見ていて良いです。

メダイチドリ君、今シーズンは例年から比べるとここではかなり多くの個体数が来ています。
鳥類園でメダイチドリ君はそう言えば見たことがない様に思います。
来てはいるのでしょうが、今シーズンも来ると良いですね。
この前はハマシギ君やトウネン君も来ていた様に思いますので、メダイチドリ君が来る可能性もかなり大きいのではないかと思います。

そして、9日は昆虫類調査でしょうか。
大変にお忙しいですね。
その当日うちは今のところ、未定ですが、時間があればお邪魔したく思っております。

スズガモ君、結局夏を越してしまったようです。
あと2ヶ月ほどの辛抱でしょうか。
それでも、カモ類はホシハジロ君も夏を越している(当日は見掛けませんでしたが)様ですし、いくらかですがわずかにはここでも夏を越している個体がいるようです。

オオヨシキリ君、最近は声が聞こえませんので、いるのかいないのかわからなくなってきました。
この季節ですから、もう子供たちもかなり大きくなっているのではないかと思いますし、もう少しでいなくなってしまうのではないかとも思ったりします。

ダイサギ君、ここでは何羽かいることはあっても、多くの個体がいることはあまりありません。
やはり、この季節ですから、夏羽、冬羽の装いも様々でしょうね。

オオソリハシシギ君、ここでは少し珍しいのではないかと思います。
先にも書いたとおり、オグロシギ君はこの季節、毎年1羽以上は来ていますが、オオソリハシシギ君は昨シーズンは見掛けなかった様に思います。
鳥類園でももうそろそろ来るのではないかと思いますが・・・。

キアシシギ君、鳥類園では確かに杭の上にいるのをよく見掛ける様に思います。
ここでも杭は多くあるのですが、キアシシギ君がその上にいる姿を見たことがありません。

その光景もその場所によって、様々で面白いものです。

ソリハシシギ君、ここではうちの行く場所の中では例年比較的に多く来るところです。
ちょこちょこ動き回っていて、なかなか写真に撮るのがうまく行かない種類でもありますが、なかなかかわいいです。
写真も色々あったのですが、足のよく見えているのを選んで正解だったようです。

足の先だけきれいになっているのもまた面白いですが、これも干潟ならではの光景かも知れません。
  1. 2008/08/03(日) 02:29:34 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

りもふ さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

シギ・チドリ類の秋の季節はおおむね、7月中旬くらいからです。
個体数、種類ともに増えてくるのが今頃の時期で、8月中旬~下旬くらいが一番のピークではないかと思います。

今シーズンは8月の中旬は連続して干潟に行こうと思っています。

このシーズンは夏羽、冬羽、その中間、そして幼鳥と様々にいますから、また楽しみでもあります。

うちも週末は干潟へ行ってきます。
  1. 2008/08/03(日) 02:37:17 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

東京港野鳥公園、ここは家からもうちの行く干潟のある場所の中では一番近い場所ですし、また干潟もどちらかと言いますと狭い方ですから、シギ君・チドリ君を近くで見るのには絶好の場所です。
この時期にはよく行く様になります。

そして、今回もそうですが、例年になく、多くの個体数が来ている様に思います。
行けないときはライブカメラである程度確認をしているのですが、ほぼ毎日状態は安定しているようです。
それだけに今シーズンは大変に楽しみでもあり、期待しているところでもあります。

アオアシシギ君、地味ながら大変にきれいだといつも思っている種類です。
ここでは比較的複数の個体が毎年来ますし、うちの行く場所の中では個体数が多く来る場所の一つです。

オグロシギ君、例年秋のシーズンには必ず通して、1羽以上来ています。
今シーズンはいつもより早い様にも思いますが、おおむね10月近くまで見られます。
このシーズンでオグロシギ君と言いますと、確実性から言って、ここしか思いつきません。

コサギ君、いつも元気で活発です。
この暑さもものともせずに動き回っています。
確かに水際にいたシギ君たちはコサギ君が小走りに来るので、皆よけていました。

メダイチドリ君、今シーズンは例年に比べてここでは大変に個体数が多く来ています。
お言葉も恐縮です。
やはり、メダイチドリ君はこの瞬間を狙うしかないですね。
普通の状態ではまず目が生きてきませんから、ボツ写真がかなり多く山になっています。

カワウ君、羽を広げて泳いでいるのは初めて見たことです。
これも水に濡れないための行動だとしたら、このカワウ君、頭の良い個体なのかもと思ったりしてしまいます。

オオソリハシシギ君、ここでは少し珍しい種類です。
うちもこの春にはオオソリハシシギ君がメインでしたから、大変に印象が深いです。

ソリハシシギ君、ちょこちょこ小走りにいつも走っています。
行動を見ているとなかなかかわいい種類でもあります。
ここでは例年多くの個体が来ますので、大変に楽しみにしています。

やはり、このソリハシシギ君も個体数、確実性から言って、うちの行く所ではここが一番です。

足もきれいに写っている写真を選んで正解でした。
もっと大きく写っている写真もあったのですが、こっちの方を選びました。

どうも足の先だけきれいになっているようです。
  1. 2008/08/03(日) 03:04:57 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

RUU さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

オグロシギ君、ここでは秋のシーズンには必ず1羽以上、ずっと来ています。
今シーズンは早くから複数来ていますので、これからがまた楽しみです。

オオソリハシシギ君、ここではどちらかと言いますと珍しいかと思います。
昨シーズンは記憶では一時的には来たかも知れませんが、安定して複数来ていたことはなかったかと思います。
早くから多くの個体数が来ていますので、こちらも同じく大変に楽しみです。

オオヨシキリ君、最近は全く声が聞こえなくなりました。
いつも口を開けているところが普通に思われがちですが、やはりこの状態も又違って良いものです。
  1. 2008/08/03(日) 10:16:25 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

どりさま さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

鳥類の体温、考えた事もありませんでした。
人間よりも少し高めのようですね。

確かにこの暑さはかなり厳しいだろうと思います。
種類ごとにまたそれぞれこの暑さの中で行動もかなり違ってきているようです。
  1. 2008/08/03(日) 10:20:19 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

もうかなりシギ・チ類が活発なようで羨ましい限りです。
しかし、撮影は大変暑いでしょうね。
機材も直射を受けると、かなり高温になりますのでご注意された方が良いと思います。
  1. 2008/08/04(月) 11:16:01 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

MG さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

シギ・チドリ類はこちらではおおむね、7月の中旬より来始めます。
8月の中旬~下旬がピークではないかと思われます。

今シーズンは例年にも増して、個体数が多いですが、これは今年の春にも見られた傾向であり、反対に種類的なものがふるいません。

今度はどうなるか、大変に楽しみなところです。
出来ることなら、多くの種類に多くの個体数が来てくれるのが一番うれしい事です。

また暑いのは仕事柄、ある程度慣れてはいますが、それでもかなり最近は厳しいです。

ただ、その暑さも忘れるほどにシギ・チドリ類、そして昆虫類を初めとして、生きものたちが多く出迎えてくれますから、殆ど苦になりませんし、暑さも忘れている事が殆どです。

いつの間にか水にでも浸かったかの様になっていることが殆どのことです。

また、機材関係ですが、うちの行く干潟のうちで炎天下になるのは三番瀬だけです。

あと東京港野鳥公園や谷津干潟、葛西臨海公園では観察小屋、観察シェルターと言われるところで撮影をしていますので、直接日が当たる事はなく、そちらの方はあまり気にしていません。

ただ、レンズが黒いですから、それだけに日の当たっているところでは大変に気になり、良く触っては熱くなっていないか確かめる様にしています。
  1. 2008/08/04(月) 22:21:56 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

カワウが

羽根を広げるのは、水分を取るだけでなく
温度調整もあるのでしょうか?
水の中で広げても濡れてしまうでしょうね。
気候の変化で、鳥達の移動の時期も
少しずつ変わっているのかも知れません。
我が家の近所でも、今まで見られなかった
シギの姿を見ることができました。
  1. 2008/08/11(月) 09:12:45 |
  2. URL |
  3. xiao #-
  4. [ 編集]

xiao さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

カワウ君、羽を広げているのは、乾かしていると言うことであるようですが、体温調整の意味があるかどうかは良くわからないことです。

ただ、陸に上がって、暑いときは口を開けていますが、羽を開いているという光景は見たことがないですので、直接的には関係しないのかも知れません。

確かに水の中で羽を広げていてもぬれてしまいそうですが、それだけ暑くて、水の中にいたかったのかも知れないとも感じています。

最近は気候が少しおかしい様で、シギ・チドリ類の来る時期が早まっている様にも感じられます。

このまま行くと確実に自然のバランスが崩れて行ってしまいそうな、そんな感じさえしてくることです。

そちらの方でも池や遊水池などでは淡水系のシギ君たちが来そうですね。

これから大変に楽しみな季節となって来ますね。
  1. 2008/08/11(月) 22:38:16 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。