野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

善福寺公園

今回は善福寺公園です。

当日は曇り模様で、マクロレンズでの昆虫類撮影は暗くて無理と考え、鳥君の撮影だけにしました。

機材はEOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMでの手持ちでの撮影です。

806I859802.jpg


1回目にまわったときは姿が見えず、どうしたのかと心配していましたが、2回目にまわったときに休憩所のテーブルの下に隠れていました。
前掲載した四季の森公園のバリケン君とはちょっとお顔付きの違う個体です。

ここに行くときはこのバリケン君と後に出てくる、シナガチョウ君2羽がいつも気にかかっています。

曇り空で暗く、その上にテーブルの下で真っ暗の状態、ISO3200での撮影です。

806I860202.jpg


そのバリケン君です。
同じく、ISO3200での撮影です。

806I831402.jpg


カルガモ君です。
ここでは子供たちはいませんでしたが、何組か子供連れもいた様で、かなり多くの個体数がいます。
簡単に数えた限りでは40羽ほどはいるでしょうか。

806I832202.jpg


オナガガモ君が残っていました。
♀かと思いきや、くちばしの光沢などを見ると違和感があり、エクリプスと言う所なのかという感じです。

806I833202.jpg


シナガチョウ君です。
元気でいて、一安心です。

806I833902.jpg


もう1羽の羽を痛めている方の個体も元気でいましたが、足を引きずっている様な感じにも見受けられ、心配は残ります。

806I835102.jpg


カワウ君が1羽だけ佇んでいました。

806I838302.jpg


ハシブトカラス君の子供たちがいましたが、個体数は数羽と言うところでした。

806I850902.jpg


バン君の子供です。
ハスさんの葉の上を身軽に歩いていました。
例年多くの個体数のいるバン君ですが、この日は成鳥1羽とこの個体の2羽しか見当たりませんでした。
ここでは隠れるところは多くありますので、そこにいたとしたらわからないのですが・・・。

806I855302.jpg


アヒル君です。
他に白アヒル君もいるはずですが、姿が見当たりませんでした。

806I855702.jpg


こちらは完全に撮るのが遅れてしまいました。
アオゲラ君でした。
もう少し早く気が付いていればと言う感じです。
実際に自然の中でのアオゲラ君は初めてだったのですが・・・。

806I856402.jpg


カイツブリ君です。
この個体1羽だけしか見当たりません。

806I857002.jpg


オナガガモ君の夏羽の♂も1羽残っていました。
先のエクリプスと思われる個体とは全く別の所にいて、行動は別のようです。

今回はオナガガモ君が残っていることが意外でしたが、あとは例年通りかなと言う感じでした。
ただ、バン君の個体数が少ないのが気にかかります。
反対にカルガモ君の個体数は多く感じました。

昨シーズンはオシドリ君の子供たちもいたのですが、今シーズンはいない様でした。

スポンサーサイト
  1. 2008/07/11(金) 09:05:06|
  2. 野鳥
  3. | コメント:10
<<向島百花園 | ホーム | 四季の森公園 (その2)>>

コメント

アオゲラ

これもまだであったことのない野鳥さんです。いいですねー。私も野鳥の撮影に出かけたいなー。
  1. 2008/07/11(金) 10:31:23 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

ISO3200見事な写り

ISO3200とは思えない画像です。
トップの目の輝き、赤い皮、白い毛、見事な写りです。
オナガガモがいるんですね。懐かしいです。
渡らずにここで過ごすのですね。
シナガチョウ、顔が引き締まっていい男前です。
バンの子ども、もうけっこう大きいですね。
ここまで育っていれば生存率はかなり高いでしょうね。
このアヒルを見て、水元公園のオシドリといたアヒルを思い出しました。
ふたり共どうしているでしょうね。全く見かけませんが。
アオゲラ、惜しかったですね。逆光でなければもっときれいに撮れていますね。
このカイツブリは凛々しいです。
  1. 2008/07/11(金) 20:28:07 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

どりさまさん

こんばんは、いつも早速に誠にありがとうございます。

アオゲラ君、自然の中での状態で会うのは初めてでしたが、もっと早くに気が付いていれば良かったです。

気が付いたときは、直立の枝のほんの数mの所にいて、撮ろうとした時にひょいっと上の方へと飛び移ってしまいました。

結果はご覧の通り、全くの失敗編でしたが、何とか証拠にはなるかなと言う所です。

あと少しするとシギ・チドリ類の季節もまた始まりますので、干潟ばかりに行く様になるかと思いますが、それまでは昆虫類や植物類、そして身近な鳥君たちです。
  1. 2008/07/11(金) 22:53:36 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

ISO3200は暗い場合に結構多用していますが、高感度特性もかなり良くなっているのか、さほど気になる画像でもありません。

ノイズ低減機能はいつもOFFにしていますが、それでもこの感じですから、結構行けるのではと思っています。

撮れなければ何にもなりませんので、それだったら感度を上げてしまった方が得策です。

確かお持ちになっていたと思いますので、今度、暗い場所での撮影で試されてみてはいかがでしょうか。

バリケン君、ここに来たのは去年の夏頃でした。
と言うか、捨てられていたようです。

後に出てくる、シナガチョウ君も同じく捨てられていたそうです。

それだけにいつもここではこの2種類が気になっています。

このバリケン君はいつも殆どじっとしていて、動きません。
ある特定の時間だけ、少し出てくるようですが、あとは木陰かこの様などこかの下かに隠れている様な感じです。

その表情はどこかしら寂しげな感じがしてきてなりません。

あとはここで幸せに過ごすことが出来れば、捨てる様なとんでもない人間の元にいるよりはずっとマシかも知れません。

オナガガモ君、ちょっと驚きました。
このまま夏を越してしまう様な感じがします。

シナガチョウ君、こちらは前に書いたとおりですが、バリケン君とは反対に結構出歩いています。

それでも公園の外に出ることはないようですから、行動範囲は狭いかと思われますが、たまに泳いでいたりすることもありますので、結構健康的に過ごしている様に思います。

バン君の子供ですが、かなり大きくなった個体だと思います。
ここまで来れば、もう安心なのではないかと思いますが、それでも油断は禁物ですね。

例年ここではバン君がかなり多くいるのですが、今シーズンは少ない様な気がしてなりません。

アヒル君、そうですね、水元公園のアヒル君とオシドリ君、その後は・・・と言う所ですか。
オシドリ君はそのまま残ると言ううちの予想は外れてしまった様ですね。

その後また様子を見に行こうと思っていたのですが、のびのびでそのままになっていました。

それでもアヒル君とオシドリ君、種を超えて、まさに素晴らしい出来事であったと思います。

また来年もオシドリ君が帰ってくる事を期待するしかないかも知れませんね。

アオゲラ君、撮るのがちょっと遅かったようです。
見付けたときは直立の枝にとまっていて、その距離数mと言う所でした。
完全なる失敗編でしたが、初めてでしたし、それでも証拠程度にはなるかなと思って掲載しました。

カイツブリ君、ここではこの個体しか見掛けませんでした。
子育てをしているかと思っていたのですが、どうもそうではなかった様です。
  1. 2008/07/11(金) 23:13:39 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

こんばんは。

・今回のトップのバリケンもユニークな顔立ちが輝いていませね。
・カルガモ♂、役目が終わって安堵の顔していますね。
しかし、よく見ると羽がすり減っていますね。
・オナガガモ、残っていますね。今日の葛西臨海公園全体調査では、スズガモ、カンムリカイツブリが数羽づつ残っていました。
・アオゲラ、初めてでしたか。もしかしたら繁殖しているのかも分かりませんね。最近では明治神宮でも時々見ます。
・カイツブリ、1羽だけでしたか。
鳥類園のカイツブリは無事に2羽とも大ききなっていました。まだ縞模様がありますが、親に近い大きさなっていて、雄親と雌親が1羽づつを守って、別行動をとっていました。
話は飛びましが、今年は西渚に珍しくハマヒルガオが咲いていました。

  1. 2008/07/12(土) 00:30:56 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

バリケン君、今回もそのアップ写真をTOPにしてみました。
この前の四季の森公園でもここ善福寺公園でも大変に目立たない場所にて、その存在すらわからない様でもあり、またそのいる経緯と、どこかしら寂しげな表情に大変に惹かれるところがあります。

家禽とは言え、大変に人間に近い場所にいて、そして大変におとなしい地味な鳥君だと思います。

最近は色々なところにいるようですが、是非頑張って欲しいと応援したくなる気持ちになります。

カルガモ君、ここではかなり多くの個体がいました。
多分にして、親子も含まれているのかと思いますが、その殆どは成鳥と全く変わらず、区別が付きません。

全体的にゆったりとした感じの個体が多く、お休み模様が殆どでした。

オナガガモ君、今回ここでは意外でした。
どこでも高い確率でいわゆる今いないはずの種類が1個体か2個体は残っている様な感じがします。

葛西臨海公園の全体調査とはすごい事ですね。
それによって鳥類園のみならず、公園全体の鳥類相、昆虫類相、植物相が明らかになるとしたら、大変に貴重で重要な資料となりますね。

うちの勝手な希望からでは、出来ることならせっかくの努力の結晶ですから、調査報告として出版されるとか、目録出版されるとか、何らかの形で公開される事を願わないわけにはいきません。

アオゲラ君、井の頭自然文化園では何度となく会っていましたので、見てすぐにわかりました。
自然の中では一応初めてでした。
明治神宮でもいるとのことですが、結構意外なところにいる様な感じですね。

一応初めて・・・実際に初めて見たのは井の頭自然文化園の外の井の頭恩賜公園でしたので、自然の中でしたが、写真に撮ることが出来なかったために今回のここでの出会いを初めてとしました。

うちの場合、どんな形でも写真に撮ることが出来なければ、会ったことにならないとしているからです。、

意外と注意していれば、結構色々なところにいそうな感じもしてきます。

カイツブリ君は見渡す限り、1羽しか見当たりませんでした。

鳥類園のカイツブリ君も頑張っている様ですね。
2羽無事に大きくなってきているとのこと、是非頑張って成長して欲しいものです。

余談ですが、定期的に様子を見に行っている、清澄庭園のカイツブリ君ですが、どうもまだ子供たちが誕生しません。

多分にして何度か失敗しているものかと思われますが、今日の時点で4個の卵がありました。
こちらも子供たちの誕生を大変に楽しみにしているのですが、なかなか難しい様です。
昨シーズンは今頃の時期、3羽の子供たちが元気に泳いでいたのですが、今シーズンはどうも遅れている様な感じです。

ハマヒルガオさん、まだ会ったことのない種類です。
いつもにない状況とは何らかの変化を伺わせるもので、興味深いことでもあります。
  1. 2008/07/13(日) 00:15:59 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

これだけ色々いてくれたら。撮影するのも力が入りますね。アヒル君達でさえ出会える所といえば、写真を撮る気にもならない場所にしかいません。
オナガガモ・・・驚きですね。これからの暑さにも大丈夫なのでしょうか。
アオゲラ・・・山中へ行くと比較的良く出会える種なのですが、撮るのは大変難しいです。幸運も必要ですね。
  1. 2008/07/14(月) 09:52:05 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

MG さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

この時期は鳥君が本当に少ないですが、家禽でありながら、ずっといる種類や年中いる種類などがいますので、大変に助かります。

本当は昆虫類、植物類がメインのつもりだったのですが、あまりにお天気が良くなく、鳥君に移行しました。

これでも、ほぼ半日は十分に楽しめます。

アヒル君たちはこちらでは大体、公園にいますから、撮るとなると公園が殆どでそれ以外の所を探そうとしても思い当たりません。

それだけに公園などの人間の集まるところが生きて行くには不可欠の場所なのかも知れません。

オナガガモ君、今シーズンは何故かと言う所です。
確かに暑いでしょうから、大体は木陰や地べたにいる様で、泳いでいることもあまりない様な感じに思えました。

アオゲラ君、意外と注意していればいそうですが、やはりこちらの平地ではなかなか会えることがありません。

それだけに今回は失敗編でした。
もう少し早く気が付いていたら、本当にあと数秒早かったら、良い感じに撮れたと思うのですが、なかなかそうはうまく行かない物です。

これも確かに時の運も大いに作用しますね。
  1. 2008/07/14(月) 22:59:32 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

こうして拝見すると

バリケン君は上品な顔だちをしているのですね。
確かにちょっと寂しそう。
寂しそうといえば、かわう君も
寂しいのに突っ張っているような表情が
とてもかわいいです。
ハスの上を歩くバン君の雛も
かわいいですね。
アオゲラ、ちょっと暗くて残念でしたが
とても雰囲気のある写真だと思います。
  1. 2008/07/15(火) 00:58:38 |
  2. URL |
  3. xiao #-
  4. [ 編集]

xiao さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

バリケン君、大変に特徴的でありながら、近くで良く見るとなかなか整ったお顔に感じてきます。

特にこの澄んだ目が何とも言えません。しかし、どこかしら寂しげでもある様に見えます。

ただ、ここではずっとじっとしている様で、人間を避けているわけではないのですが、とんでもない元の飼い主の時に受けた心の傷が響いているのかも知れません。

カワウ君もですか、見ようによってはそう見えないこともないですね。
ここではいつも2,3羽はいるのですが、この日は1羽だけ、何故か遠くを見ている様なそんな眼差しでした。

バン君の子供、あの大きな足が役に立つのでしょうね。
大変に身軽にすいすいと葉の上を歩いていました。
こちらは結構大きくなっているようですから、あまり心配はないのですが、まだ多くいるはずのバン君が見当たらないのが心配です。

例年では10羽くらいはいるのですが・・・。
葦の中など隠れる場所は多くありますので、その中にいてくれたら問題ないと思うのですが。

アオゲラ君、あとほんの少し、数秒ですが早かったらと良かったのですが、これもその時の運ですね。

気が付いたときはベストポジションにいてもほんの数秒でひょいと枝の上に乗り移ってしまい、撮れたのは結果的にこうなってしまいました。

この時は空に向かって、露出も何も調整している余裕もなかったので仕方がなかったかなと思っています。

まず何よりも撮らなければどうしようもないですから・・・。

何とか撮れたこの直後には飛んで行ってしまいました。

お言葉も大変に恐縮です。
そうおっしゃって頂きますと撮った甲斐があったというものですね。
  1. 2008/07/15(火) 11:33:04 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。