野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

じゅん菜池緑地

今回は久しぶりにじゅん菜池緑地です。

いつもお世話になっている、xiao さんのブログでアヒル君の子供たちがいると知って、これは早く行かないとと思っていました。

当日のお天気はおおむね晴れ模様でしたが、出来た写真は逆光状態も多く、今一歩の写真ばかりとなってしまいました。

ただ、休日で人間もかなり多いのではと思いましたが、それほどでもなかったのが幸いしました。

そして、撮影の設定に関してはその都度、撮影条件によって、感覚的に変えて撮影をしていきましたが、何かを間違えた可能性もなきにしもあらずです。

機材はEOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMでの手持ちでの撮影、また、昆虫類、植物類関係についてはSigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM + 1.4×テレコン使用での手持ちによる撮影です。

806I785202.jpg


カルガモ君です。
ここではカルガモ君が7羽いましたが、全て成鳥で子供はいませんでした。

806I784802.jpg


アヒル君のお母さんです。

806I775302.jpg


アヒル君の子供です。
3羽の子供たちがいました。

806I783802.jpg


3羽のうちの1羽は白っぽい個体ですが、この子が一番かわいい様な気がします。

806I829302.jpg


夕暮れ時、お休み模様の3羽の子供たちです。

アヒル君の子供たちは初めてでしたが、なかなかかわいいです。
是非無事に元気で育って欲しいと思います。

806I821002.jpg


アヒル君の別のペアです。
アヒル君がカルガモ君と違うと感じたのは、このペアも先の子供たちと一緒に行動をしている事が多く、どこかに協力体制がある様に思いました。
カルガモ君だったら、他家族は子供と言えども、排除にかかるからです。

806I782802.jpg


スズメノヒエさんです。

追記:hitakijo さんからご指摘を頂きました。
シマスズメノヒエさんでした。
いつもありがとうございます。


806I783102.jpg


オオバコさんです。
薄いピンク色っぽいお花がきれいでした。

806I796202.jpg


ハシブトカラス君の子供たちが何羽もいました。

806I798102.jpg


白アヒル君です。
身体の大きさから見ると親子に見えますが、記憶では昨シーズンも3羽いたように思うので、どちらだかはっきりとはわかりません。

806I800802.jpg


ハンゲショウさんです。

806I801702.jpg


オオシオカラトンボ君です。

806I802902.jpg


アトボシハムシ君かと思われます。
背中の黒い色合いがかなり薄いかとも思うのですが、他に該当が見当たりません。
身体の大きさは5mm程度とかなり小さいです。

806I805602.jpg


ヤマトシジミ君です。

806I807902.jpg


ツバメシジミ君です。

806I808502.jpg


キンケハラナガツチバチ君、今回も会いました。

806I810002.jpg


色合いがかなり薄い様にも思うのですが、ナツアカネ君の様です。

追記:hitakijo さんからご指摘を頂きました。
ショウジョウトンボ君です。
これもいつも気にしている翅に入っている色合いを見逃したための基本的なミスでした。
再度、いつもありがとうございます。


806I811302.jpg


アオメアブ君です。

806I813202.jpg


そして、こちらはシオヤアブ君です。

806I814502.jpg


こちらも身体の大きさ、5mmくらいで大変に小さいです。
ハナノミ君のお仲間かと思ったのですが、該当はありません。
しかし、どこかで会った様にも思うのですが、思い出せずにいます。

追記:hitakijo さんとMGさんからご指摘を頂いておりますが、更に調べているところです。
こちらも再度いつもありがとうございます。


806I819702.jpg


ヒカゲチョウ君です。
かなり暗い場所でした。

806I803302.jpg


ベニシジミ君ですが、撮るときに残念ながら後ろを向かれてしまいました。

今回は池の周囲にある森林にも足を運ぼうと思っていたのですが、よくよく案内板を見たら、森林の中には入れないことがわかりました。

と言うわけで、池のまわりを何回かまわって、夕暮れ時のお休みアヒル君の子供たちの姿を見て、帰路に就きました。
スポンサーサイト
  1. 2008/07/07(月) 23:38:03|
  2. 野鳥
  3. | コメント:12
<<四季の森公園 (その2) | ホーム | 向島百花園>>

コメント

この前神社にいったら
カラス君の攻撃にあいました
子育て真っ最中だったようで
何度もスクランブルされました
情愛の深い鳥さんです
  1. 2008/07/07(月) 23:55:10 |
  2. URL |
  3. RUU #-
  4. [ 編集]

だいぶ大きくなりました

同じじゅん菜池でも、よしの88さんの撮られるここは
全く別のようです。
何故か、とてもうれしく拝見しています。
白アヒルは、この3羽とは別にもう1羽いますが
何故か別行動のようです。
半夏生の茂る近くに
ルリタテハがよくいます。
次回は是非。
  1. 2008/07/08(火) 01:04:53 |
  2. URL |
  3. xiao #-
  4. [ 編集]

色々素晴らしい場所があるようですね。
私の近辺では逆に豊かな公園類は少なく、必然的に野山、田園地帯の散策になります。
こういう場所は、必ず地主がいますので、顔見知りになるべく、必ず挨拶をして撮影許可を得るようにしています。意外な情報をいたたげる場合もありますね。
下から3枚目のお写真もハムシの仲間では?ウリハムシに近いような気もします。いずれにせよ、大変小さくて、撮影も難しいですね。
  1. 2008/07/08(火) 09:20:43 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

おはようございます

じゅん菜池緑地、懐かしい場所です。といっても夏は行った事がありません。しかし、想像通り昆虫も多いところですね。
・シマスズメノヒエ、開花中のもので良いですね。構図がよく画面にリズム感があって素晴しいです。
・アトボシハムシ、黒斑が2つの個体ですね。良い画像ですね。
・・・・ナツアカネ君のようです。・・・これは、腹部の幅が広いのでアカネ類でない事がわかります。その他に胸側の黒い筋が目立たない、目や縁紋の色も少し違います。腹部の違い以上に違うところがあります。翅の基部が橙黄色していますね。これは「ショウジョウトンボ」の特徴です。おそらくこの個体は未熟な♂だと思います。
・アオメアブ・シオヤアブ、良いですね。
・次の昆虫は結構目にします。「ウリハモドキ」のようですね。
今回の昆虫たちの画像は画面の空気感がとても良いと思いました。
  1. 2008/07/08(火) 09:34:11 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

見事なマクロ撮影

じゅん菜池緑地に行かれましたか。
冬場以来、行ってないように思います。
アヒルの子ども珍しいですね。初めて見ました。
子どもはやはり愛らしいですね。
そうですか。アヒルが協力体制をとるとすると、カルガモとは大きな違いですね。
スズメノヒエ、この前も見ましたが、よくまあこのありんこみたいな黒の粒々を撮られていますね。
オオバコのしべもなかなかやっかいな被写体です。
この撮影も難易度が高いですね。
あそこにはカラスがたくさんいますね。
この子なかなか可愛い顔してます。
ハンゲショウ、今が見ごろでしょうか。
葉も花も美しいです。
オオシオカラトンボ、ナツアカネ、いずれもマクロ撮影ですか。
このくっきりとした写りからしてそうだと思いますが、よく逃げませんね。
150mm+1.4テレコンだとだいぶ離れて撮れるのでしょうね。
2種類のアブ君も見事ですね。特にシオヤアブのアップはすごい迫力です。
ここの緑地、もう少し変化に富んでいるといいのですが。
まあない物ねだりを言っても仕方ありません。
地元の人間の愚痴だと思って聞き流してください。
  1. 2008/07/08(火) 20:54:28 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

いいですね~

今日のオオシオカラトンボくんはめっちゃバチピンで気持ちいいですね♪ハシブトガラスの子供くんもあどけない表情がいいです。
  1. 2008/07/09(水) 02:24:30 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

RUU さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

ハシブトカラス君も今の時期は子育ての真っ最中でしょうから、少々神経質になっているのかも知れませんね。

危険と思ったら、やはり攻撃を掛けてくるでしょうね。

知らないでそう言った場所に立ち入ってしまった場合は速やかに何も気にしないで、そっと離れる事、それが一番かと思います。

やはり子供たちを守るために親は大変ですね。
  1. 2008/07/09(水) 22:24:49 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

xiao さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お言葉も大変に恐縮です。

同じ場所でも全く違う様・・・やはり撮影のスタイルも様々ですから、やはりその写真も色々とあって良いのではないかと考えています。

貴殿の撮られる素晴らしいお写真とうちの撮った写真、また他の方が撮られた写真、それこそそれぞれに違うからこそ、また面白いのかも知れませんし、いつ見ても新鮮に思えるのかも知れません。

アヒル君の子供たちはかなり大きくなってきたようです。
まだ安心は出来ませんが、無事に元気にすくすくと成長して欲しいものです。

また、白アヒル君、もう1羽別行動の個体がいるとのこと、こちらは気が付きませんでした。

おおむね、池のまわりは何回も回り、隅から隅まで見たつもりだったのですが、アヒル君のペアがもう1組いるのは気が付うたものの、白アヒル君がもう1羽いることには気が付きませんでした。

ハンゲショウさんのあたりにルリタテハ君ですか。
こちらも気が付きませんでした。
その時はいなかったのかも知れませんね。
ヒカゲチョウ君とスジグロシロチョウ君、クロアゲハ君やナミアゲハ君は気が付いたのですが・・・。

ルリタテハ君も昨シーズンの早春に越冬個体に会って以来ですから、夏の盛りの時期の個体にも出会いたいものです。
  1. 2008/07/09(水) 23:00:18 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

都内、そして関東近県にもまさに素晴らしい場所はそれこそ様々にあるのではと思います。

ただ、やはり自然破壊の地ですから、そのスケールは一般的にはそちらとは比べものにはならないでしょうね。

普通の田園地帯や野山、などなどの環境が少ないからこそ、こう言ったある程度自然環境の整備された公園などが必要なのかも知れませんし、必然的にそう言ったところに行く様になります。

こちらでも都心から外れれば、水田、その他様々な環境がありますが、いわば「他人の土地」となりますから、そこまで行ってまではと言う気もしています。

一番の問題は駐車場の問題で、うちが行く場所を考える際にはまず真っ先に考えることです。

そちらではそちらの風土があるかと思います。
地主の方にきちんとご挨拶をして立ち入らせて頂くと言う事は基本中の基本かと考えていますし、そう言ったコミュニケーションも大変に重要ですね。

こちらではそう言った基本的なことが出来ない人間が多いために、様々なトラブルが起こっているとも聞きます。

そう言った意味ではうちの場合、やはり無理してまではと言う感じで、必然的に公共の場所に足が向く様になって来てしまいます。

さて、最後から3枚目のハムシ君、ウリハムシ君と言う事で、いつもありがとうございます。
大変に似ている、近いことも確かです。

現在様々な角度から調べていますが、他の種類ではと言うご意見もございまして、決め手がない状況です。

更に時間のあるときに突っ込んで調べてみようと思います。
  1. 2008/07/09(水) 23:13:36 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

じゅん菜池緑地、今回でわずかですが、2回目です。
前回行ったのは冬の時期で、カモ類が大変に多く、トモエガモ君も来ていた時でした。
こじんまりとした感じではありますが、大変に素晴らしいところです。

今回は夏の季節、今度はアヒル君の子育て、そして様々な生きものたちが出迎えてくれました。

もう少し近いと良いのですが、こちらからでは少し場所的には不便ですので、行く機会も残念ながら限られてしまっている状況です。

またいつもながら、お言葉も大変に恐縮です。

スズメノヒエさんではなく、シマスズメノヒエさんと言う事で調べてみましたら、まさにおっしゃる通りでした。
今までこのタイプは全てスズメノヒエさんと思っていましたが、今回調べることで、何種類かいるのに気が付きました。

アトボシハムシ君、初めてでしたが、大変に特徴的ですね。
背中のもう1点の黒斑がかなり薄く、どうも違和感がありましたが、やはりアトボシハムシ君なのですね。

そして、トンボ君ですが、結論としてはショウジョウトンボ君ですね。
詳しい解説も頂き、誠にありがとうございます。

翅の基部が橙黄色・・・いつもは見分ける最重要ポイントの一つなのですが、何故これに気が付かなかったのか、今更ながら不思議と思うとともにかなり見落としているなと言う感じがしています。

トンボ類も様々な文献、図鑑、その他をあれこれ見ながら、あっちでもないこっちでもないといつもやっていますが、個体差もかなりあり、また少し違うと色々な種類にも見えてくるために大変に難しいです。

いつも見るのは、翅の基部の色合いとその形、大きさをキーポイントにして身体の模様、目の色合い、そして尾の形状などですが、これははっきりわかる形でいくつかの角度で写真を撮っていないと難しいことです。

大体において、撮影条件は難しいですから、撮影方向も1方向からのみが必然的に多くなり、その判断の難しさを増しているという感じです。

アオメアブ君とシオヤアブ君は両個体とも至近距離でとまっていました。
ムシヒキアブ類も何種類も同時に見ることはあまりないことです。

また不明のハムシ君ですが、ウリハムシモドキ君と言う事でいつもありがとうございます。
現在、色々と調べていますが、ウリハムシ君と言うご意見も頂いており、決定的な決め手がない状態です。

どちらも大変に似ていて、近く、そのものに見えますが、更に文献などをひっくり返して、その特徴を再度洗い出し、調べていきたいと思っています。

再度、いつも色々とありがとうございます。
  1. 2008/07/09(水) 23:36:10 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が遅れまして、誠に申し訳ありません。

そして、いつもながら、お言葉も大変に恐縮です。

さて、じゅん菜池緑地、うちもトモエガモ君が来ていた、昨シーズンの冬以来で今回でようやく2回目と言う所です。

アヒル君の子供たちがいると言うので、早速に行ってきました。

アヒル君の子供は初めてでしたが、カルガモ君の子供たちと違った雰囲気もあり、なかなかかわいいです。

今回驚いたのはその協力体制にも思える、共同行動でした。
普段見るカルガモ君とは全く違いますから、同じカモ類でもずいぶんと違います。

そして、子供たちの近くにはお母さんが殆ど1羽でいますが、この別のペアも一緒にいたりすることも多く、その分、身を守るのには大変に有利なのではないかと思われます。

スズメノヒエさん、その中でもシマスズメノヒエさんの様です。
黒いのはお花ですが、せっかく撮るのであればと思いました。
そして、一段とアップにして撮ろうと思いましたが、なかなかうまく行かずで諦めました。

オオバコさん、こちらもいつもうまく行かない種類です。
このまわりに付いているお花を全てきれいに撮る方法がないものかといつも模索しています。

そして、ハシブトカラス君、結構声が聞こえましたから、多くの子供たちがいるのではないかと思います。
この写真の子供ともう数羽は遊歩道の付近で人間には全く構わずに行動をしていました。

今回初めて気が付きましたが、成鳥とは眼の感じが違っているようですね。
くちばしの赤い部分だけではありませんでした。

ハンゲショウさん、今まさに満開という所かと思います。
葉も結構白くなってきていますので、梅雨もそろそろ明けるのかななどと思っています。

オオシオカラトンボ君、ショウジョウトンボ君(ナツアカネ君ではなく、ショウジョウトンボ君でした。)はマクロでの撮影ですが、150mm+1.4×でも結構近付かないと難しいです。

やはり様子を見ながら少しずつそっと近付きますが、まず逃げてしまいますね。

逃げてしまったら、そこでまず動かない様にします。
トンボ君の良いところはほぼ50%(うちが勝手にそう思っているだけですが)の確率で同じ所に戻って来ます。

そして、同じ所に戻って来たら、またそっと近付きながら、撮影、また飛んで行ってしまい、戻って来てとそんなことの繰り返しです。

その繰り返しを何度となくしているとようやく間近まで迫ることが出来るというあんばいです。

もっと良い方法があるのかも知れませんが、うちの場合のトンボ君撮影はいつもこんな感じです。

と言うわけでトンボ君の写真は掲載した以外にもその前段階で撮った、遠くからのもの、そして少しずつ近付いて撮ったものの何種類ものボツ写真が存在します。

アオメアブ君、こちらは久しぶりでしたが、シオヤアブ君は最近よく会います。

このムシヒキアブ君の種類もトンボ君と同じような行動をします。
とは言っても全く同じ所に戻ってくるのではなく、飛んでいったかと思うと戻って来て、その前にとまっていた場所からごく近い場所に降ります。

やはり少しずつ近付いての繰り返しの結果です。

ここの場所、森林部分を歩けるのかなと思って、当日はそのつもりでもあったのですが、森林部分は連続しては歩けないようですね。

そうなると池のまわりを回っていくしかないかと思いますが、確かにこじんまりとしていますから、別の言い方をすると変化に欠けるととなってしまうのかも知れません。

森林部分の真ん中に散策路でもあれば、またかなり違うかと思いますが、今更そんなことを言って作っても自然破壊になるだけですから、このままで良いのかなと思います。

年中多くの生きものたちがいて、特に冬は多くのカモ類が来ますから、自然環境的にも素晴らしいところがあると思います。
  1. 2008/07/10(木) 23:34:20 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

どりさま さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

オオシオカラトンボ君、トンボ君の時はいつものことですが、近付いて飛んで行ってしまっては、また同じ所の戻ってくるのを待ってとその繰り返しで、ようやく間近まで近付くことが出来たと言うあんばいです。

マクロ撮影の場合、完全に全てにピントを合わせるのは手持ちでは結構難しく、なかなかうまく行きません。

ハシブトカラス君、子供たちが数羽、遊歩道で遊んでいました。
人間に全く構わず、気にすることなく、その表情と行動を見ているとなかなかかわいいです。
  1. 2008/07/10(木) 23:47:34 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。