野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

四季の森公園 (その1)

今回は四季の森公園です。

当日はおおむね晴れ模様のお天気でした。

この時期に行く公園となると森林系・雑木林系が多くなりますが、ここはうちが行く中でもかなり生きものたちが多くいる場所かと思います。

この季節に行って、期待外れである事のまずない、うちの行く森林系・雑木林系で都市部にある公園は環境の違いこそはありますが、下記の6ヶ所です。

①四季の森公園
②東高根森林公園
③舞岡公園
④水元公園
⑤国立科学博物館附属自然教育園
⑥三ツ池公園

この6ヶ所はいつ行っても、生きものたちに関しては期待外れと言う事がまずない、気に入っている場所です。

今回は写真の枚数がかなり多くなりましたので、数回に分けて掲載しようと思います。

機材は EOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM + 1.4×テレコン使用での手持ちによる撮影です。
鳥君の撮影に関しても全て150mm+1.4×テレコン使用での撮影です。

806I644802.jpg


バリケン君です。
ずっと1羽いるのですが、昨シーズン、姿が見当たらず、いなくなってしまったのかと気に掛かっていました。
今回も池のまわりを数回回った限りでは姿が見当たらず、管理事務所にどうしたのか聞こうと思っていた矢先でした。

何と池にではなく、小高い山の目立たない斜面で木陰にアヒル君たちと一緒にいました。
やはり、この季節、暑いのでしょうか。
木陰に隠れていたと言うことで、元気な姿も確認できて、一安心でした。

せっかくマクロレンズですので、アップ写真を・・・。

806I643102.jpg


同じくです。

806I645702.jpg


アヒル君もいないので、おかしいと思っていたら、同じく山の斜面の木陰にいました。
前からずっといる3羽(今いる3羽は親子です)、元気でいました。

806I640802.jpg


ウグイス君です。
飛んで行ってしまうと困るので、まずはマクロレンズで撮ってから、500mmに交換しようとしたところ、残念ながら、飛んで行ってしまいました。
この子は、この園内でも特に賑やかにしていました。

806I618802.jpg


ハクセキレイ君です。
やはり、マクロレンズでまず撮って、500mmに交換し終わるかどうかの時に飛んで行ってしまいました。

806I582602.jpg


いつもここにいる、カルガモ君のペアです。
今シーズンは残念ながら、子供たちが見当たりませんでした。

ここは暗かったので、マクロレンズでそのまま撮影しました。

806I573402.jpg


ムラサキツメクサさんにキマダラセセリ君です。
最近はどこに行ってもキマダラセセリ君によく会う様に思います。

806I575702.jpg


ベニシジミ君です。

806I580802.jpg


ムラサキシジミ君です。

806I629702.jpg


一見して、イチモンジチョウ君かダイミョウセセリ君かと思いましたが、どうも違和感がありました。
調べてみると、メスグロヒョウモン君でした。
初見初撮りの種です。

806I630202.jpg


メスグロヒョウモン君の翅の裏側です。

806I633802.jpg


スジグロシロチョウ君です。

806I641702.jpg


再度ですが、ベニシジミ君です。
どこに行っても、特によく会う種類です。

今回は、鳥類~蝶類編ですが、その2では昆虫類、生き物全般を掲載したいと思います。
初めてヘビ君にも会いましたし、テントウムシ君も多くいました。
わからない種類もいつもの事ですが、多いですので、調べているところです。
スポンサーサイト
  1. 2008/07/03(木) 21:59:46|
  2. 野鳥
  3. | コメント:14
<<向島百花園 | ホーム | 小宮公園>>

コメント

トップのバリケン君に「ギョッ!」っと息をのみましたが、
いつもながら素敵な写真がたくさんですね。
特に、メスグロヒョウモン君の翅の裏側の美しさ、
こんなにもきれいだったのかと、改めて感動です。
蝶もこんなに大きく、鮮明に撮れると
本当にその模様の美しさ、面白さを
再認識できますね。
  1. 2008/07/03(木) 22:37:44 |
  2. URL |
  3. xiao #-
  4. [ 編集]

 バリケン。見たこと無いのですがなかなか個性的で
迫力がありますね。写真も二枚ともものすごく鮮明ですね。

 ウグイスをマクロレンズでこの大きさですか。だいぶ近いですね。
ウグイスはものすごく遠くでしか見たことがありません。近いだけあって
クリアーですね。

 キマダラセセリ。自分はまだ会った事が無いのですが今年は
多いのでしょうか。注意してみます。

 ムラサキシジミ。やはり美しいですね。

  1. 2008/07/03(木) 22:44:18 |
  2. URL |
  3. kurabar #3aXRcdxk
  4. [ 編集]

こんばんは

四季の森公園、初めて聞く公園で拝見するのが楽しみです。それにしても、いろいろな公園をご存知ですね。知っているだけではなく、精力的に撮影に行かれる行動力には敬服します。

記事を読んだ後スクロールしたら、いきなりバリケンだったので驚きました。そう言えば、金山緑地公園にもいました。
・メスグロヒョウモン、とても良いですね。
私はどういうわけか、この種だけには縁がありません。
1度は出会ってみたいです。(笑)
・ラストのベニシジミ、良いですね。
鳥類園でも目にする機会が多くなりました。
  1. 2008/07/03(木) 23:02:30 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/07/04(金) 04:07:14 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

メスグロヒョウモン

羨ましいです!私もツマグロヒョウモンは良く見かけるのですが、このメスグロヒョウモンはまだ見かけたことがありません。いつか遭いたいなー。
  1. 2008/07/04(金) 05:12:05 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

お早うございます。

バリケン君のド迫力・・見事なものですね。私はまだ見たことがありませんが、このお写真は一度拝見したら忘れられない顔です。(笑)

都内とはいえ、昆虫達も素晴らしい種類がいるのですね。レンズ交換中に飛ばれてしまうこと・・私も毎度のことです。それが嫌なのでこの時期、カメラは2台持ち歩きます。ますます重たくなります。

メスグロヒョウモン、ミドリシジミもまだ見たことがなく羨ましい限りです。どうしても野鳥達に気がいきますので、昆虫達を探すのがおざなりになっていけません。2兎を追うものはの典型です。
  1. 2008/07/04(金) 10:04:36 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

メスグロヒョウモンすてきです

バリケン君、私も手賀沼の公園で撮って、急に親しさを覚えました。
風貌はともかくとしてその羽の色の美しさに魅了されました。
やさしい目をしていますね。
ウグイス、マクロでこの大きさですから、500mmだったら、いい絵ができていましたね。
キマダラセセリ、私もよく出会います。今季、たくさんいますよね。
ムラサキシジミのこの羽の色、すばらしいです。
この紫は蛍光色みたいな感じですね。
メスグロヒョウモン、きれいですね。初めて見ました。
このチョウですよね。オスとメスが全く異なる翅の色をしているというのは。
裏側の翅の色もすてきですね。
  1. 2008/07/04(金) 17:57:35 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

xiao さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

さて、TOPにバリケン君のアップ写真、ちょっと強烈でしたでしょうか。

たまには良いかなと思って、載せてみました。

また、お言葉も大変に恐縮です。

メスグロヒョウモン君は初めてでしたが、表の色合いと裏の色合いが全く異なり、またこのシンプルながら、きれいな色合いは目を見張る物がありました。

撮った時に会ったことのない種類だと言う事はわかりましたが、お名前は調べてわかったことでした。

蝶君たちもなかなか近くで撮る事は難しいですが、それでもやはり出来るだけ大きく撮る事、いつも注意していることです。

近くで撮ったのと遠くで撮ったのとでは、同じ被写体でも全く違って、新しい発見もまた多くありますね。
  1. 2008/07/06(日) 20:29:54 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

kurabar さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

バリケン君、いる所はうちの行く所では数カ所と決まっています。
ただ飛べないと思っていたのですが、話によると飛ぶという能力はあるようです。

お顔も個性的で、何となくニワトリ君を思い浮かべてしまいそうですが、足を見ると水かきがあり、れっきとしたカモ類です。

どちらかと言うと人間をそれほど恐れることなく、かなり近い場所にいます。

この2枚はマクロレンズでの撮影、いつもとは画像的にも感じが変わったかも知れません。

ウグイス君、いきなり近くに飛んできて、すぐ真ん前でした。
まずは撮って、それからレンズを交換しようと思っていましたが、間に合いませんでした。

こんなに近い場所でウグイス君に会うのは初めてでした。

こういう時に限ってと言う感じですが、これも仕方のないことです。

キマダラセセリ君、今シーズンはあちこちでよく会います。
確かめたわけではないのですが、多分地元にもいるのではないかと考えています。
昨シーズンは田園調布せせらぎ公園にも多くいました。

多分にしてそのうちに会えるのではと思います。

ムラサキシジミ君、光の当たり方によって、かなり色合いが違って来る様にも思います。
光った様に見えたり、濃い紫色に見えたり、時には黒っぽく見えたりすることもあります。

まさにカワセミ君が「飛ぶ宝石」ならば、ゼフィルス類(シジミ類)は「舞う宝石」と言われる所以が実際に見ると改めてわかる様に思います。
  1. 2008/07/06(日) 20:56:25 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

またお言葉もいつもながらに大変に恐縮です。

公園に関してはその目的に応じて、グループに分けて、鳥類関係の場合、昆虫関係の場合、蝶類関係の場合、植物関係の場合などに分けて、その時その時に決めて行く様にしています。

大体において、その前日くらいに行く場所を決めて、よほどのことがない限り変えることはありません。

それだけに天気が悪かったり、時間が足りなかったりも往々にしてありますが、これも仕方のないことです。

あとは更に様々な場所を開拓していきたいと思っています。

ただ、鳥類、昆虫類などいる場所は公園とは限らないとのお声も聞こえてきそうですが、これは全て車両移動のために駐車場のある場所でないとダメだと言う事が主な理由です。

四季の森公園、横浜市の動物園ズーラシアから少し北方向にある公園です。

前から写真は撮らなくてもよく行っていました。
池はそれほど広くはないですが、水元公園にも通じる、バリエーションに富むところが気に入っています。

また、昆虫類に関してはこの近辺では特に多い場所ではないかとも感じています。

さて、TOPにバリケン君のアップ写真、たまには良いかなと思って載せてみました。
さすがにバリケン君のアップ写真を掲載しているサイトも見たことがありませんが・・・。

金山緑地公園は未だに行ったことがない場所です。
場所的には狭山丘陵のふもとに位置するようですから、生態系も豊富なのではと思います。
問題は駐車場ですね。
行くとなると近くにある駐車場を事前に探していくしかなさそうです。

メスグロヒョウモン君、今回初めてでした。
翅の表だけではわからなかったのですが、裏側を見て、今まで会ったことのない種類であることだけはわかりました。
あとは持ち帰って調べるだけでした。
翅の裏側はシンプルながら、大変にきれいです。

ベニシジミ君、あちこちで会います。
昨シーズンはそれほど会わなかった様にも思うのですが、今シーズンはかなり多いのでしょうか。

どちらにしてもその気候や時期、環境にもかなり左右されてくることでしょうから、一概には言えそうもありませんが・・・。

鳥類園でも環境的にはかなり多くいそうな感じがしますね。
  1. 2008/07/06(日) 21:20:03 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

「管理人のみ閲覧できます」のお返事です。

こんばんは、うちのブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

お返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

また、お忙しい中、ご指導、ご鞭撻も賜りまして、大変に恐縮の限りとともに大変に感謝しております。

まさか我々が先生そして師と仰ぐ様なお方からコメントを頂くとは思ってもみませんでした。

さて、具体的な内容についてはコメントの性質上、ここには書くことが出来ませんが、おおむね、おっしゃる通りではないかと感じるところでございます。

詳しくはHPの方のメールアドレスへ、「よしの88です(野鳥道傳説Ⅱ)・・・・様」 と言う題名で後ほど小生の考え方も含めてお送り致します。

ただ、この後に書きますので、いくらか更に時間がかかるかも知れませんが、お許し願いたく存じます。

まだまだ若輩者ではございますが、よろしくお願い申し上げます。

この度は再度、誠にありがとうございます。
  1. 2008/07/06(日) 21:33:09 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

どりさま さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

ツマグロヒョウモン君はここ最近で一般的に見られる種類となってしまった感がありますね。

メスグロヒョウモン君は初めてでした。
撮った時は今まで会ったことのない種類だとしかわかりませんでしたが、調べてみるとと言う感じでした。

♂と♀は全く模様が違いますが、♀は裏の模様がシンプルながら大変にきれいでした。
  1. 2008/07/06(日) 21:42:18 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

さて、バリケン君のアップ写真もそうないかと思いますが、今回はTOPにあげてみました。

確かに大変に特徴のあるお顔ですから、一度見たら、まず忘れられないですね。

ただ、色合い的には様々なバリエーションがありますから、見分けるとしたら、お顔の部分の特徴からとなるかと思います。

そして、四季の森公園ですが、こちらは神奈川県横浜市となります。
横浜市にズーラシアと言う動物園がありますが、そのすぐ近くにある里山環境の公園です。

生態系については様々な生きものたちが多くいる場所ではないかと思っています。

また、カメラ2台体勢は何度も考えた事でしたが、やはりいつも目的をどちらかに絞っていますので、レンズは全て持ち歩いても、これだけは仕方がないと考えています。

今回は昆虫類が目的でしたから、鳥君はある意味、サブですので、レンズを500mmに変えて、間に合えばそれはそれで良いのですが、間に合わなかったとしても、仕方のないことと諦めるしかないことです。

それに今現在はカメラは1台だけとなっていますし・・・。

Mark Ⅲの後継機が出たら、それをメインにして、現在のをサブでと言う考え方もしています。

やはり、Mark Ⅲを使ってしまうと、現行の最新機40Dには残念ながら戻る気がなくなりますし、サブで使おうという気も起こらないです。

メスグロヒョウモン君は初めてでした。
♀と♂は全く模様が違いますが、今回は♀でなかなかシンプルながら、きれいでした。

ミドリシジミ君はこの前の蝶の里公園で会いましたが、今回はムラサキシジミ君でした。

まさに「舞う宝石」と言われる所以です。

うちの場合、鳥君を全く気にしないと言う事ではないのですが、やはり昆虫類が目的の場合は少なくとも二の次となります。

なかなか2つの事を同時にとは出来ない物ですから、うちはどちらか一方をといつも決める様にしています。
  1. 2008/07/06(日) 22:30:46 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

バリケン君、そう言えば、手賀沼にも多くいますね。
うちが初めてこのバリケン君に会ったのも、思い起こしてみると、手賀沼でした。

あそこでは人間が良く通る、また多くいる場所にいますね。

どちらかと言うとどこの公園でもどこの場所でも、バリケン君は人間に近い場所にいると思います。

それだけにその表情にも敵意がなく、その性格的な物も眼に現れているという感じがします。

ウグイス君、いきなり目の前にとまって、まずはマクロで撮って、それから間に合えばと500mmに交換しようとしましたが、やはり待ってはくれませんでした。

確かに枝かぶりですが、500mmだったら、かなり大きなウグイス君が撮れたと思うと残念ですが、今回は昆虫類が目的でしたから、これも仕方のないことです。

キマダラセセリ君、今シーズンは本当に良くあちこちで出会います。
個体数が多いのか、それとも気候によるものか、時期的な物かはわかりませんが、反対に一番よく会う、イチモンジセセリ君に殆ど会うことがないのも不思議な事です。

ムラサキシジミ君、光の当たり方でかなり色合いが変わって見えますが、なかなかきれいです。
まさに「舞う宝石」と言われる所以だと思います。

蛍光色、これは気が付きませんでしたが、確かにそんな感じの色合いにも見えてきますね。

メスグロヒョウモン君、今回初めてでしたが、出会ったのは♀でした。
おっしゃる通り、♂と♀では全く違った色合いをしていますね。
♀は色合いがかなりシンプルながら、大変にきれいであると思いました。

この「シンプルながらきれい」と言う表現はうちが勝手に使っているものですが、カモ類にも通じ、生き物全般にも通じる様にも思えてきます。
  1. 2008/07/06(日) 23:00:40 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。