野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

長池公園

今回は初めて行く、八王子市にある長池公園です。

どちらかと言うと比較的新しい公園ですが、公園と言ってもその面積は約20ha、その一角に自然観察センターなどの施設があり、整備されているくらいで、あとは完全なる森林、里山という感じです。

お天気は晴れたり、曇ったりのお天気でしたが、森林の中と言う事もあり、全体的に暗い状況でした。

機材は EOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM + 1.4×テレコン使用での手持ちによる撮影です。

806I528702.jpg


ネジバナさんにベニシジミ君です。

ここではネジバナさんが結構大人気で、チョウ君数種とハチ君たちが来ていました。

また、チョウ類ではその他、ヤマトシジミ君、ルリシジミ君、そして、ウラナミアカシジミ君がいましたが、残念ながら、全て撮影は失敗しました。

806I503102.jpg


ヤマボウシさんですが、ちょっと遅かったようです。

806I503802.jpg


コシロノセンダングサさんでしょうか、ちょっと違和感があるのですが・・・。

806I506202.jpg


オオシオカラトンボ君です。

806I507002.jpg


またまた蛾君です。
調べるのに時間がかかりそうです。多分シャクガ系統かと思うのですが、今のところ見つかりません。

806I507402.jpg


フキバッタ君と言う所ですが、良くわかりません。
足の色合いがかなり茶色っぽいので、ミヤマフキバッタ君と思われます。
暗い場所で少しぼけてしまいました。
大きさ的には2cmちょっとくらいだったでしょうか、かなり小さいです。

806I508702.jpg


キボシカミキリ君です。
触覚がかなり長く、全体を入れて撮影するとかなり小さくなってしまいます。

806I509202.jpg


左側は葉っぱでかぶってしまっていますが、その全体像です。

806I510602.jpg


カナヘビ君です。

806I511002.jpg


ヒメイタチシダさんです。
これは「多摩丘陵保全植物」としてのプレートが付いていました。

806I512802.jpg


キタキチョウ君です。
大変に暗い場所で、明るいところに出て来るのを待ったのですが、ダメでした。

806I513902.jpg


さて、誰なのか、今のところ不明です。
アワフキ君のお仲間か、それともヨコバイ君のお仲間かと言う所ですが・・・。

806I515102.jpg


オカトラノオさんです。

806I516102.jpg


ハキダメギクさんです。

806I516802.jpg


ハキダメギクさん、ここでは散策路沿いにかなり多く群生していました。
これほど多くのハキダメギクさんがまとまっているのは初めて見たことです。

806I517402.jpg


ホタルブクロさんです。

806I519202.jpg


ムラサキツメクサさんです。

806I520502.jpg


キオビツチバチ君です。
触覚が短く、黄色の模様もかなり離れていますので、♀と思われます。

*こちらは前回掲載分でhitakijoさんよりご教示頂きました。ここに改めて御礼申し上げます。

806I523002.jpg


シモツケさんです。

806I524002.jpg


ムラサキツメクサさんにキタキチョウ君です。

当日はあまり時間もなく、また初めて行く場所ともあって、まず歩く事に専念しましたので、撮影写真はそれほど多くはありませんでした。

自然観察センターで「長池公園植物」なる出版物を購入し、その中の自生植物目録を見てみますと、ここには2007年12月現在で、何と718種もの自生植物が掲載されていました。

ここの20ha (うちの良く行く谷津干潟の面積の半分以下です) と言うそれほど広くない面積の里山・森林に、これだけの種類の植物類が自生していると言うことは、かなり貴重であるとともに多様性に富んだ植物相とも言えるかと思います。

その中にはかつての多摩丘陵に自生していたものの、最近周辺域では見られなくなった、貴重な種類も多く含まれています。

次回はその多様な植物相を見て行く事に重きを置いて、歩いてみたいと思っています。

また、この付近には気になる公園(まだ行ったことのない)が多くあります。
その一例としては、小山田緑地であるとか、野津田公園であるとか、また薬師池公園、などなどです。
こう言った、場所にも時間を見付けて、近いうちに行きたいと思っています。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/30(月) 00:27:15|
  2. 生き物
  3. | コメント:10
<<小宮公園 | ホーム | 向島百花園 (鳥類・昆虫類等・爬虫類編)>>

コメント

キオビツチバチくんの

飛翔が見事に決まってますね~!キタキチョウくんも暗い場所とのことですがキレイに撮れていると思います^^私も昆虫を追いかけたいところですがチャンスがありません。街中の高田馬場の方が昆虫が追いかけやすかったという事実があります。大治の方が遥かに自然が豊かなんですけどねー。
  1. 2008/06/30(月) 03:30:31 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

お早うございます。
大変撮影が難しい中、かなりものにされて羨ましい限りです。

4枚目のガは私も良く撮るガで、難問でもあります。エダシャクの仲間のクロハグルマエダシャクではないかと思っているのですが、固体変異も多く、決め手がありません。
5枚目のフキバッタの独特の脚の色、おっしゃる通りミヤマフキバッタの系統でしょうね。
アワフキ君はコガシラアワフキではないかと思います。この仲間は実際に泡を吹くので名づけられたようですね。
  1. 2008/06/30(月) 09:49:20 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

こんにちは

・ネジバナとベニシジミ、素晴しい画像ですね。
昆虫が多いところのネジバナには、やはり蜜を吸いに来るのですね。ネジバナも虫媒花ということが改めて分かりました。ありがとうございます。
私の見るところのネジバナは昆虫が非常にすくないので、見る機会がなかったようです。
・ヤマボウシ、若い集合果が生っていますね。生態的ないい画像だと思います。実に貴重なショットです。素晴しい。
・コシロノセンダングサで間違いありません。本種は花の形や数の変化が多いです。
.蛾君。ヒメシャクの1種だと思います。大きさが分からないので同定は無理ですが、形や模様はマエキヒメシャクに似ています。
・フキバッタ、可愛いですね。
・キボシカミキリ、良いですね。先日の「植物感察ツアー」の途中でゴマダラカミキリを見つけました。
・コガシラアワフキ、よく見つけましたね。さすがですね。
・オカトラノオ、とても清々しい画像ですね。
・キオビツチバチ、前回は♂、今回は♀が撮れて良かったですね。
・ラストのキチョウ、素晴しいです。
  1. 2008/06/30(月) 14:09:56 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

楽しみに待っています

今回はマクロオンリーですね。
最初からレンズはマクロのみですか。
だったらいつもより楽に回れましたね。
ナジバナにベニシジミ。色の取り合わせがいいですよね。
オオシオカラトンボの羽、美しいです。きれいな網目です。
キボシカミキリ、いやほんとうに長い触角ですね。
身体の3倍ほどもありそうな。
カナヘビ君、このところよく見かけます。
こうして見ると、爬虫類のよろいをしっかりまとっていますね。
キタチョウ、初めて見ます。
キチョウとよく似ていますね。
オカトラノオの白いしっぽが美しいです。つぼみもすてきです。
ハキダメギク、こんなにたくさん。すごいです。
シモツケ、小さな花の集まりだということがよく分かります。
行きたい所が次々と出てきますね。
何が撮れるのか楽しみに待っています。
  1. 2008/06/30(月) 18:05:12 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

どりさま さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

いつもながらにお言葉も大変に恐縮です。

キオビツチバチ君はとまっている所を撮っていたのですが、丁度飛び出したときでした。
これも完全なる偶然と言う所でした。

キタキチョウ君、暗い場所でどうかなと思ったのですが、思いの他に何とかなっていましたので、掲載しました。

そちらの方が間違いなく、自然も豊かで確実に生きものたちも多くいそうですね。
多分にして、あまりに広大すぎてと言う事なのかなと勝手に思っています。

シギ・チドリ類の季節も7月下旬、8月はじめ頃からですから、昆虫類に専念できるのもあと少しです。

出来るだけ時間を見付けては色々なところに行って撮影をしていきたいと思っています。
  1. 2008/06/30(月) 22:02:32 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、いつもながらお言葉も大変に恐縮です。

そして、いつもお手数をおかけして、申し訳ありません。

この蛾君ですが、なかなか難しいところです。
クロハグルマエダシャク君と言う事で、うちも調べてみました。
確かに似ている種も多く、また個体変異も考えるとかなり難しいですね。

他の種ではないかとのコメントも頂いておりますので、引き続き、調べていきたいと考えています。

原色昆虫大図鑑のプレートを片っ端から当たっていますが、どうも標本写真では違和感もあり、難しいので、生態写真を多く集めて見比べていきたいと考えています。

ミヤマフキバッタ君、こちらも色々な系統があるようですが、細かいところまでは難しいですから、ミヤマフキバッタ君とするのが良いのかなと思っています。

アワフキ君ですが、コガシラアワフキ君で間違いないようですね。
アワフキ君の中でも頭が小さいという特徴がわかっていれば、この1種しかいないようですから、自ずとわかるかと思いました。

ただ、色々な生態写真を見ていると、ゴキブリ君の様にも見えてきて、何だか妙な感じがしました。

そもそも、大きさが全く違いますが・・・。

いつも色々とありがとうございます。
  1. 2008/06/30(月) 22:20:01 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

いつもながら、お言葉も大変に恐縮の限りです。

うちもネジバナさんに昆虫類がとまっているのをあまり見たことがなかった物ですから、今回、大人気のネジバナさんたちを見て、環境も変われば、色々だなと思いました。

ここではムラサキツメクサさんがかなり多く、整備されているところでは一面に咲いていますが、その合間合間にネジバナさんが咲いています。

それでも昆虫類はほぼネジバナさんに集まっていました。

やはり、こう言った事もその光景を見るとまた考えがかなり変わってくるとともに、大変に不思議でもあることで、うちも大変に良い機会でした。

ヤマボウシさん、お花も終わりでちょっと遅かったかなと思ったのですが、おっしゃる様な見方もあると言う事で、撮っておいて良かったです。

コシロノセンダングサさん、どうも舌状の形に違和感がありましたが、個体差もあると言う事ですね。
このあたりも、種類も多く、難しいところです。

また、今考えてみると、このコシロノセンダングサさんのお花は1輪しか見当たらなかった様に思います。

まさか1株だけと言う事もないかと思いますが、それほど多くはいなかったのではと思います。

蛾君ですが、マエキヒメシャク君とのことで、色々と調べていますが、難しいです。
確かに似てはいるのですが、近似種も多く、大変に迷っているところです。
原色昆虫大図鑑のプレートを片っ端から見ていますが、標本写真ですと違和感も多いので、生態写真を多く集める様にして調べていますが、今のところ、決め手がなく、更に調べていきたいと思っております。
大きさ的には翅を広げて、2cmちょっとくらいと言うところかと記憶しています。

ミヤマフキバッタ君、大変に小さく驚きました。
確か昨シーズンも何度となく会っているかと思いますが、幼虫ばかりだった様に思います。
成虫でもこの大きさとは何ともかわいいバッタ君です。

キボシカミキリ君、久しぶりでした。
今更ながらにその触覚の長さに驚いていますが、じっと動きませんでしたので、撮影には幸いしました。

そして、足が鈎状になっているのは初めて知りました。

ゴマダラカミキリ君、いましたか。
うちはもう数年前、宮が瀬ダムで会って以来、全くという所です。

コガシラアワフキ君、アワフキ君の中でも頭が小さいという特徴を持っていて、覚えてしまえばわかりやすそうですね。
ただ、今回お名前ともにはじめて知りました。

どうも時期的に良かった様で、この時期になると結構多くいるようです。

うちが見たのは2個体だけでしたが・・・。

オカトラノオさん、この状態が一番きれいに感じます。
やはり、咲き始め、中間、蕾が並んでいるところ、そして、まさにしっぽの様になっている個体を探しました。

キオビツチバチ君、結構色々なところで会っていながら、お名前を知ったのは初めてでした。
今回は♂、前回は♀を実際に見ることが出来ましたので、これからはすぐにわかるかと思います。

と同時にアカスジツチバチ君にも会ってみたい物です。

ムラサキツメクサさんとキタキチョウ君、これは帰り際での撮影でした。
少し遠かったのですが、光景としてとらえるならば、良い感じのも思えましたので、掲載しました。

いつも色々とありがとうございます。
  1. 2008/06/30(月) 23:08:51 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

なんとも
自然の豊かな里山公園ですね

是非とも僕も行って見ようと思いました

ありがとうございます
  1. 2008/06/30(月) 23:42:33 |
  2. URL |
  3. RUU #-
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

今回はマクロレンズだけでしたが、実際には撮影の際、800mmを除いて、全てのレンズを持ち歩いています。

結局何かあったらと思い、多分使わないだろうとは思っても持って行ってしまいます。

実際に使ったのは、マクロと24mmF1.8でした。

ネジバナさんにベニシジミ君、確かに色合いの取り合わせが明るくて良いですね。
ここではネジバナさんが大人気で、様々な種類の昆虫類が集まっていました。

そして特に掲載はしませんでしたが、左巻き、右巻き、直線など様々なネジバナさんもそれぞれ撮影して来ました。

オオシオカラトンボ君、じっと待っていると、すぐそばのロープの所に飛んできていましたので、その時に撮影しました。

ここではこのオオシオカラトンボ君が1頭しか見当たりませんでした。

そもそも、トンボ君の多くいる場所をこの日は見落としていたのもあるのですが・・・。

キボシカミキリ君、うちも改めて実物を見て、何と長い触角かと驚きました。
これではいくらマクロ撮影しようにも被写体自体はかなり小さくなってしまいますので、アップと全体像と2枚掲載することにしました。

カナヘビ君、ここのところ、あちこちで会います。
すばしっこくて、なかなか写真には撮れないのですが・・・。

キタキチョウ君、実は従来のキチョウ君です。
うちも知らなかったのですが、ご教示を頂き、最近キチョウ君にも2種類の分類があることを知りました。

それは沖縄南西諸島から南にいる種と、南西諸島から北へ本州に分布する種の2種と言う事で、今までは全てキチョウ君となっていましたが、この2種いることを発見したことによって、南西諸島から北にいる種を「キタキチョウ」君として、南西諸島より南にいる種を「キチョウ(ミナミキチョウ)」君として新たに分類したと言うことです。

どうもわかりにくいのですが、こちらに分布する、従来のキチョウ君はこの新分類に際して、全て「キタキチョウ」君となり、実際は以前の分類でのキチョウ君と全く同じです。

反対に従来の呼び名「キチョウ」君で呼ばれるのは、南西諸島より南に分布する種だけと言うことになります。

どうも説明がへたくそで申し訳ありません。

要するにこちらで分布する種では新和名「キタキチョウ」君=以前の和名「キチョウ」君となります。

オカトラノオさん、いつも思うのですが、この咲き始め、中間、蕾と並んでいるのが一番きれいに思います。

そして、形的にもきれいな個体を探して撮影しました。

やはり、良く見ると個体によって咲き方もその曲がり方も微妙ではあってもかなり違っていました。

その中でも一番気に入った個体が写真の個体でした。

ハキダメギクさん、散策路沿い(約100m以上はあるでしょうか)に並んで大群生と言う感じでした。

これほど多くのハキダメギクさんが並んで咲いているのは初めて見たことで、また大変に圧巻、素晴らしい光景でした。

この光景を見たら、いくら何でも「ハキダメ」なんて言う事はいくら何でも出来ないのではとも思ったりもしました。

シモツケさん、もうほぼ終わりという感もありますが、ここのはこれからと言う感じのが多くいました。

まさに行きたいところが次々と出てくる、困った症状です。
800mmもまだ戻って来ませんし、シギ・チドリ類の季節まで約1ヶ月、あちこちに時間を見ては行ってみたいと思っています。

撮れる被写体はそれこそ、昆虫類全般、植物類全般ですから、うちも予想が付きませんが、それもまた一つの楽しみですね。

明日は、通称、ひよどり山を考えています。
  1. 2008/06/30(月) 23:51:17 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

RUU さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

ここは初めて行きましたが、素晴らしい場所だと思いました。

ただ、この日はまず全体を歩いて、その様子を見て、ポイントを知ると言う事がメインでしたので、次回はそのポイントごと、じっくりと見て行きたいと思っています。

行きたいところは多く、また地元に近い、生田緑地、三ツ池公園、東高根森林公園、四季の森公園、などなど気になっているところは多くあるのですが、今シーズンは未だに行った事のないところを優先して行ってみたいと思っています。
  1. 2008/06/30(月) 23:59:21 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。