野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

谷津干潟

今回は先日の三番瀬のあとにまわった、谷津干潟です。

時間的にも夕方に近く、時間もなかったので、干潟にはまわらず、淡水池だけとなりました。

撮影は Canon EOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM +1.4×テレコン使用です。

806I188602.jpg


たまには、おすましオオヨシキリ君です。

806I183502.jpg


そして、たまには・・・電線でヒヨドリ君です。

806I172602.jpg


セイタカシギ君です。
ここでは2ペアいて、他のペアでは子供たちが3羽生まれていました。

806I159402.jpg


カイツブリ君の子供です。
1羽しか見当たりません。
親は潜ってばかりでした。

806I156902.jpg


セイタカシギ君の子供です。
3羽いるはずなのですが、2羽しか見当たりませんでした。
大変に小さく、また大変に遠いです。

806I167402.jpg


セイタカシギ君の親ですが、少し離れて子供たちを見守っていました。

806I170602.jpg


そして、誰か近付くと、すぐに威嚇に出ていました。
威嚇をしていたその相手は何とカイツブリ君の子供でした。

806I176702.jpg


セイタカシギ君の子供ですが、あまりに遠いので、自然観察センター内に入って撮影してみました。
しかし、この時間は真っ正面からの完全な逆光で、その上にセンターのガラスを通しての撮影となり、当然これと言った写真は撮れるべきもありません。

806I179802.jpg


逆光状態で暗く、またガラスを通しているので乱反射もあり、今度はスポット測光にして、露出を大幅にあげて撮影をしてみました。
完全に露出オーバー、まわりは完全に飛んでしまいますが、セイタカシギ君の子供が少しでも浮き上がったのかなと言う感じです。

身体の大きさは手のひらサイズ、しかし、足が大変に大きく、丈夫そうです。
これも生まれてその日から自分で食べ物を探さないとならない所からも来ているのかも知れません。

是非元気に無事に育って欲しいものと思います。

こちらに関してもまた近いうちに様子を見に行きたいと考えています。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/12(木) 12:28:24|
  2. 野鳥
  3. | コメント:14
<<向島百花園 | ホーム | 三番瀬>>

コメント

こんにちは

・オオヨシキリ、柔らかな西日が当たっていて、とても良い感じですね。
偶然でしょうか? 私もオオヨシキリのスケッチを載せました。
・ヒヨドリ、電線に止まっているのは結構珍しいですね。
・カイツブリのヒナ、可愛いですね。
鳥類園のカイツブリ、営巣の兆候がまだのようです。
・セイタカシギのヒナ、無事に育っているようですね。
鳥類園のセイタカシギも再びの営巣を願っているいるのですが・・・
  1. 2008/06/12(木) 13:09:00 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんにちは、いつも早々に誠にありがとうございます。

お言葉もいつもながらに大変に恐縮です。

オオヨシキリ君、駐車場で車を降りたら、真ん前の方向にいました。
少し風が強く、かなり揺られていましたが、収まったときに撮影をしました。

写真で言いますと右方向からの光の向きでした。

そちらの方も後でお伺い致しますが、全くの偶然ですね。

ヒヨドリ君、これは帰り際でした。
電線には確かに考えてみると、とまっているのを見たことがないような気がします。

カイツブリ君の子供ですが、1羽しか見当たりませんでした。
親は潜ってばかりでしたが、その姿を見付けては水面を走り寄っていました。

鳥類園ではその情報はある程度ブログで拝見をしていますが、なかなかそのうれしい情報が聞こえてこないところを見るとまだのようですね。
ただ、毎年子育てはしているかと思いますので、大変に期待できるかと思います。
あとはアオダイショウ君対策でしょうか。

セイタカシギ君の子供たちは3羽と言うことでしたが、うちには2羽しか見付けられませんでした。
どこかに隠れていたのかと思いますが、あとの2羽は活発に動き回っていました。

生まれて、数日くらいかと思いますので、まだまだ気の抜けない時期であるかと思います。

是非無事に元気に育って欲しい物です。

鳥類園のセイタカシギ君も是非頑張って欲しい物ですね。

この時期は新しい生命の育まれる、素晴らしい季節であるとともに、また生きものたちにとっては大変な季節でもあると思います。

うちは何も出来ませんが、様子を見に行くなど、また情報を得るなどして、見守っていきたいと思います。
  1. 2008/06/12(木) 13:50:20 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

セイタカシギさんのヒナ、可愛いですね~。
やはり足は初めから立派なんですね^^;
無事に育って欲しいものです。
  1. 2008/06/12(木) 18:21:12 |
  2. URL |
  3. りもふ #-
  4. [ 編集]

無事に育ってほしいです

オオヨシキリ、葦の緑をバックにすましていますねぇ。
電線にムクドリはよく見ます。ヒヨドリもいるのですね。
3枚目はアオダイショウに卵をやられたセイタカですね。
この距離は800mm+1.4テレコンの威力ですね。
私のではとうてい撮れません。
カイツブリも遠いところにいますね。
センター側に来ると、雛をかかえているセイタカの逆鱗にふれますから。
雛はほんとうにちいさいですね。
3羽のうちの1羽が自由主義の持ち主らしくてあちこち放浪しているようです。
めったに3羽揃ったところが見れないそうです。
とまれ、3羽の健やかな成長を願っています。
  1. 2008/06/12(木) 20:13:28 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

セイタカシギの雛
ふっくらフワフワですね

それにしてもしっかりとした足です
あのスラッと長い足になるには
これほどの礎が必要なのですね
  1. 2008/06/12(木) 21:46:09 |
  2. URL |
  3. RUU #-
  4. [ 編集]

こんばんは

この時期になると谷津干潟も
だいぶ静か、と言うところでしょうか。

私がいつも見かけるオオヨシキリは
大きな口をあけてギャアギャア言っていますが
この子は本当にお澄まし顔ですね。

セイタガシギの雛も
ふわふわなうぶ毛が
とってもかわいいです。
  1. 2008/06/12(木) 23:16:11 |
  2. URL |
  3. xiao #-
  4. [ 編集]

お早うございます。
セイタカシギ君の子供・・・初めて拝見しました。可愛いですね。セイタカシギそのものにも出会ったことがありませんので、まことに羨ましい限りです。
  1. 2008/06/13(金) 09:06:29 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

りもふ さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

セイタカシギ君の子供ですが、何しろ小さいです。
それに比べると、足は大変に大きく、また太く頑丈そうです。

やはり、生まれてその日からと言うのがこの足にかかわってくるような感じもしますが、良くわかりません。

本当に是非無事に育って欲しい物ですね。
  1. 2008/06/13(金) 22:27:49 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

オオヨシキリ君、実は賑やかにしていたのですが、何故かしばしの間、静かになってしまった、その時に撮影しました。

やはり、オオヨシキリ君は葦原が大変にお似合いといつも思います。

ヒヨドリ君、実はムクドリ君(まさかコムクドリ君でもいないかなと思って)かなと思っていたのですが、ご覧の通り、ヒヨドリ君でした。

ヒヨドリ君が電線にとまっているのは、よく考えてみると初めて見たように思います。

3枚目、そうでしたか。
どっちがどっちなのか、うちは良くわからないのですが・・・。

それでも、まだまだ期待は出来そうですね。

そして、この場所方はちょっと遠いですね。
どうしてもブロックが入ってしまいますが、これも仕方がありません。

大きさですが、300mm×2,でフォーサーズならば同じくらいではないでしょうか。
400mmであれば、それ以上に思いますが、いかがでしょうか。

カイツブリ君、確かにセンター側にはまず近付かないですね。
ただ、センター側にも奥の方にもいますから、どちらにしても挟まれ状態でちょっとかわいそうです。

子供がちょっとでもセンター側に近付こう物なら、大変なけんまくで追い払っていました。

今回は3羽のうち、2羽しか確認できませんでしたが、もう1羽は近くにいるとは限らないようですね。

それだけに親の眼に届かない場所ですと心配も募ってきますが、それはそれでうまくやっているのかも知れません。

そして、確かに子供たちはまだまだ小さいです。
今回はこれと言った写真は撮れませんでしたが、少しでも子供のうちにマシな写真を撮って、成長のわかる記録を残しておきたいと思っています。

やはりセンター内からではガラスを通しますので、どうもうまく行きません。

これも角度的なものかと思うのですが、今度は別の形で撮影を試してみたいと思います。

どちらにしても、3羽とも是非健康で元気に育って欲しいものです。

また、余計な争いごとも起こりそうな感じもしますが、もう1ペアの方も無事に生まれることを期待したいと思います。
  1. 2008/06/13(金) 22:41:41 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

RUU さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

セイタカシギ君の子供ですが、確かに良く見るとそんな感じですね。

実際に身体は見える大きさの半分もないのではと言う感じもしてきます。

また、足は確かにかなり大きく感じます。
あの親の足になる元ですから、やはりこれくらいでないとダメなのかも知れませんね。
  1. 2008/06/13(金) 22:51:19 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

xiao さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

この時期は干潟も閑散としており、見る限り、サギ君たちがポツポツと見えるくらいです。
もっと良く見れば、違うのでしょうが、干潟を一回りする体力的な物もありませんので、センターの望遠鏡だけで済ませてしまっています。

オオヨシキリ君、実は賑やかなほどでしたが、ふと静かになりました。
何かあったのかどうかはわからないのですが、その静かになっていた間、撮影した物です。

もしかしたら、単なる一休みだったのかも知れません。

セイタカシギ君の子供ですが、確かにふさふさと言うのかふわふわと言うのか、そんな感じですね。
実際の身体はかなり小さいのではと思ってしまいます。
何しろ小さくてかわいいのですが、写真に撮るとなると遠いところにいますので、難しいところです。

また、まだまだ心配な時期ですから、親も眼が離せませんし、大変です。

無事に育ってくれることを願うのみです。
  1. 2008/06/13(金) 23:06:12 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

セイタカシギ君ですが、こちらではこの谷津干潟、また葛西臨海公園などで毎年子育てをします。
また、別の場所でも東京湾近辺では可能性もありますが、良く聞くのはこの2箇所です。

と言うわけで、毎年大変に楽しみにしている事でもあります。

ただ、自然界は大変に厳しく、成鳥になるのはそれでもわずかなようで、是非全ての子供たちが無事に育って欲しいといつも思っていることです。

レッドデータでも絶滅危惧種となってはいますが、東京湾沿いでは比較的いくらかは見られるようになってきたことは大変に幸せかも知れません。
  1. 2008/06/13(金) 23:11:50 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

3枚目の

セイタカシギくんのお写真がとってもキレイで気に入りました♪ヒナもたくましく成長しているのですね。
  1. 2008/06/13(金) 23:57:00 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

どりさま さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

お言葉もいつもながらに大変に恐縮です。

3枚目ですか。
手前に人工物があって、どうしても入ってしまうので、どうも今一歩ではある物の、様子を伝えるために掲載したような感じの写真でした。

子供たちは今のところは元気に成長しているようです。
まだまだ生まれて数日、まだまだ大変なときですから、是非頑張ってもらいたいと思います。

少なくとも昨シーズン、生まれてすぐに水に浸かった途端にアオダイショウ君に飲み込まれたり、カメ君に引きずり込まれたりと言う事はなかったようですが、まだまだ油断は禁物ですね。
  1. 2008/06/16(月) 00:09:28 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。