野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

三番瀬

今回は久しぶりに三番瀬です。

ここでは4月の中旬より、6月22日まで潮干狩りが開催されているので、それが終わるまでは行かないことに決めていたのですが、そうも行かない事情が出来てしまいました。

そして、シギ・チドリ類の季節も終わりと思っていたら、こう言うことがありますので、わからないものです。
実は夏の季節は殆ど800mmは持ち歩きませんし、使わないことが多いので、点検・清掃・調整でメーカーに出そうと思っていた矢先で大変に危ないところでした。

さて、ここでは潮干狩りが始まると人間だらけになりますし、駐車場もすぐ満車となりますので、出来るだけ朝早くから行きました。
しかし、行ってみたら、駐車場は数台しか車が停まっていず、聞いてみたら、今日は潮干狩りは開催されないとのことでした。
潮干狩りがあるのとないのとでは大違いで、これは大変に幸いでした。

さて、肝心のシギ君たちですが、午前中はずっと堤防の上で寝ていました。
待つこと、4時間以上、ようやく干潟に降りて来たと思ったのですが、遠い場所ばかりで、残念ながらこれと言った写真は全く撮れませんでした。
潮の状態も午前中が満潮で夕方に干潮、これも良くなかったのかも知れません。
干潟が広がるにつれて、シギ君たちも遠くなる一方でした。
仕方ないので、諦めて、15:00頃に谷津干潟へとまわりました。

今回は全て遠い写真ばかりで、一応証拠写真程度の物でしかありません。
また、光の加減も逆光状態が多く、露出オーバー気味や暗かったりとどうもうまく行きません。

撮影は EOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO 300-800 F5.6 EX DG HSM +1.4×テレコン使用です。

806I084902.jpg


午前中、堤防の上で・・・。
一番右側にカラフトアオアシシギ君がいます。
初見初撮りとなりました。
右から3羽目がコオバシギ君、ウミネコ君の手前はオバシギ君であとはダイゼン君たちです。

カラフトアオアシシギ君はレッドリストではコウノトリ君と同じく、「絶滅危惧種IA類(CR)」にランクされており、世界でもその個体数は1000羽を大きく下回るであろうと考えられています。

まさにヘラシギ君級以上でもあり、大変に貴重な種です。

行動はと言いますと今回いた中でもかなり活発に動いていたように思います。
そして、良くオオソリハシシギ君が捕まえたカニ君を横取りしたりしていました。
横取りはあまり良くないですが、これくらいの度胸もある意味でないと後がないですから、是非頑張って欲しい物です。

806I087902.jpg


堤防の上でオオソリハシシギ君とダイゼン君です。
真ん中はオバシギ君です。
完全に露出オーバーです。

806I092802.jpg


ハジロカイツブリ君、まだいました。
後ろの個体が潜る瞬間にシャッターが降りてしまったようです。
完全な逆光状態でした。

806I097302.jpg


これも遠いですが、何百羽といる、コアジサシ君の中に1羽違和感のある個体がいました。
これも露出オーバー気味です。

エリグロアジサシ君でした。
エリグロアジサシ君は南西諸島(沖縄)以南で夏に来るのですが、それ以北ではきわめて稀です。
関東地方ではまず会うことの出来ない種類かと思われます。

勿論ですが、初見初撮りでした。

806I099702.jpg


エリグロアジサシ君、すぐに飛んで行ってしまいました。

806I101802.jpg


コアジサシ君です。
数百羽はいるようで、大変に賑やかです。

806I110202.jpg


ダイサギ君です。

806I119502.jpg


オオソリハシシギ君と・・・カラフトアオアシシギ君です。

806I127902.jpg


カラフトアオアシシギ君です。
遠いところばかりで、これが精一杯という所でした。

806I133902.jpg


コオバシギ君です。
良く見ていると足を引きずっているようでもあり、心配です。


今回の一番の目的はカラフトアオアシシギ君でまず一生に1度会えるかどうかと言う種類です。
昨日のお天気が優れずでしたが、何とか間に合いました。

そして、全くの偶然で予想外はエリグロアジサシ君でした。
こちらも沖縄方面・東南アジア方面にでも行かない限り、まず会えない種類かと思われます。

どちらも近い場所で撮影することが出来なかったのが残念ですが、これも致し方のないことです。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/10(火) 21:10:59|
  2. 野鳥
  3. | コメント:16
<<谷津干潟 | ホーム | 向島百花園>>

コメント

こんばんは。

天が味方してくれましたね。
カラフトアオアシシギ、遂にやりましたね。
遠い日(1971年)に見た事を思い出すと感慨深いものがあります。
本当におめでとうございます。これも何かの縁のように感じました。
エリグロアジサシもラッキーでしたね。
  1. 2008/06/10(火) 21:38:28 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

お疲れ様でした!

本日はご一緒して頂き有難うございました。
私の方はほぼ全滅状態でした(涙)
三番瀬は海向きの撮影は逆光で難しいですね。あと今日は鳥さんも遠すぎました。
エリグロアジサシ君は羨ましいです。私は飛んでいるところをチラっと見ただけ。
その後、三番瀬の端から端まで探しましたがいませんでした。教えて頂いた時撮っておけばよかった・・・
途中、レンズを貸して頂き有難うございました。
長玉レンズが私も欲しくなりました。この間買った宝くじに期待しています(笑)
  1. 2008/06/10(火) 22:28:12 |
  2. URL |
  3. 青空 #nLnvUwLc
  4. [ 編集]

シギがたたずんでいる場面って
本当に絵になりますね
大好きです

エリグロアジサシ君は
珍しいのですか?
とてもすっきりとしたハンサムですね
  1. 2008/06/10(火) 22:45:02 |
  2. URL |
  3. RUU #-
  4. [ 編集]

そうですね

確かにいつもよりは距離があるようですね。それでも撮影の時間が取れるのは羨ましい限りですよ~。
  1. 2008/06/11(水) 00:10:19 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

次回はぜひ大きく

三番瀬賑わっているようですね。
カラフトアオアシシギ、何とか撮れてよかったですね。
エリグロアジサシも撮れて、こんな珍鳥が2種類もいるなんてすごいです。
これでまたまた三番瀬はカメラマンの人数が増えるでしょうね。
ご存じかもしれませんが、潮干狩りの休日は「ふなばし三番瀬海浜公園」のホームページ「潮干狩り開催日程表」に載っています。
6月は結構休みが多いようです。
あの堤防の上にいるのをよくも撮れましたね。800mmの威力でしょうか。
今回一応撮れたので、次回はもっと近場に来るのを期待して大きな姿で撮ってほしいです。あ、これは私の願望です。
  1. 2008/06/11(水) 00:11:13 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

 コアジサシの飛翔、美しいですね。

 ちょうど足を踏み出すところのダイサギ。動きがあって
よい写真です。

 一生に一度会えるかと言う鳥との出会い、
出かけた日に潮干狩りがなく、別の珍しい鳥との出会い。
ものすごく素晴らしい機会に恵まれましたね。
遠いのは残念ですが贅沢はいえないかもしれません。
  1. 2008/06/11(水) 01:05:27 |
  2. URL |
  3. kurabar #3aXRcdxk
  4. [ 編集]

やりましたね。まだ抜けていなくて幸運でした。
遠くても大変価値のある一枚になったと思います。
カラフトアオアシシギ・・・やはり一目で違和感のある固体ですし、分り易いですが、エリグロアジサシ・・・これは気がつきませんね。
関西でもベニアジサシらしきものを撮られている方がいますが、アジサシも難しいですね。

コアジサシが何百羽といい、オオソリハシシギ、ダイゼン等々が見られるとはすごい所ですね。
大変羨ましい限りです。

  1. 2008/06/11(水) 10:40:56 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

一度に2種も見れたなんて凄いです!
宝くじ買ったら当たるかも・・・くらいの確率ですね(笑)
1000羽を大きく下回るって・・・頑張って増えて欲しいですが、環境の悪化によるものでしょうか。
  1. 2008/06/11(水) 11:58:12 |
  2. URL |
  3. りもふ #-
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お言葉も大変に恐縮の限りです。

カラフトアオアシシギ君、極端に言えば、本当に一生に一度あるかないかですから、今回は大変に貴重でした。

まさに天が見方をしてくれたような、そんな感じにも思えてきます。

そして、1971年ですか。
うちが生まれて物心も付かない頃かと思いますが、やはり、そう滅多にはと言う事なのかも知れませんね。

記録は特に調べていないのですが、少しかじったところでは、1990年代の半ばに来ていたようです。
また、2002年か2003年にも記録があるようですが、それ以外、ここでは記録がなく、やはり5~10年に1回記録があるかないかのようでした。

エリグロアジサシ君、こちらは大変な偶然でした。
やはり、こちらでは滅多に会えない種類ですから、初めは目を疑いましたが、やはりエリグロアジサシ君でした。

今回は大変に貴重な種を2種、待ち時間が大変に長く、1日中飲まず食わずの持久戦でしたが、大変に有意義な1日でした。
  1. 2008/06/12(木) 02:40:14 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

青空 さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、当日はこちらこそ、ご一緒させて頂き、誠にありがとうございました。

あそこはどうしても海向きでは殆ど逆光ですし、いつも思うのですが大変に難しいですね。
おまけに潮干狩りでネットより沖に出ることが出来ないのも更に条件を厳しくしているかのように思えます。

そして、おっしゃる通り、鳥君たちが当日は遠すぎました。
最初に降りたところから、少しは近付くかと思ったのですが、やはり干潟が広がって行くにつれて、どんどん遠くなっていくようで、これも致し方のないことなのかなと思っています。

エリグロアジサシ君、少し遠すぎました。
何とか撮れたので良かったのですが・・・。
すぐに飛んでいって、また戻って来たのですが、その後は堤防から離れたときで良く見ていませんでした。

余計なレンズのお話をしていたときかと思いますが、貴重なシャッターチャンスを逃させてしまったようで、大変に申し訳なく思っております。

やはり、常に四方八方に気をつけていなければと言う事を痛感しました。
撮影し初めの頃はとにかく一瞬たりとも片目ではファインダーから目を離さず、もう片目ではまわりを見ているような、そんな全く余裕のない感じだったと思います。

最近はさすがにその気力もなくなってきてしまったのか、一瞬たりともと言う事も少なくなりました。

それが良いのか悪いのかは別としても、個人的にもシャッターチャンスを逃す割合が以前に比べて、少し多くなったように思い、これではいけないと思ってはいるのですが、体力的な事からも、なかなか難しいところです。

エリグロアジサシ君、あの広さの地を探されたとのこと、大変にお疲れ様です。
そして、当日は残念ではありましたが、まだこの地にいることを期待してやみません。

また、レンズに関してはお気になさらないでください。
また、購入を検討する上での試し撮りのおつもりで、機会がありましたら、うちの休んでいるときにでもまたどうぞお使いください。

単焦点は間違いなく、うちのズームより優れていますから、あまり参考にはならないかと思いますが、感覚的な物はつかめるのではと思います。

宝くじ、是非あたると良いですね。

再度、当日はほぼ1日、飲まず食わずの持久戦でしたが、大変にお疲れ様でした。
また、色々とありがとうございました。

機会がありましたら、またよろしくお願い致します。

天候の関係もありますが、近いうちにまた様子を見に行きたいと思っております。
  1. 2008/06/12(木) 02:59:18 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

RUU さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

シギ君が並んで佇んでいるところ、うちも好きです。
何とも良い雰囲気で良い光景です。
どこか別の種類と違った趣が感じられるせいもあるのかも知れません。

また、エリグロアジサシ君、本文にも書いたのですが、沖縄より南に分布しています。
沖縄方面では夏にある程度は見られるのではないかと思いますが、九州より以北、四国、九州、北海道と日本本土ではきわめて珍しい種類と思われます。

身体は殆ど白色系統で黒のラインが後頭部からお顔に走っているのと足とくちばしが黒いと言う、確かに大変にすっきりとした感じです。
  1. 2008/06/12(木) 03:09:54 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

どりさま さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

確かに今回は全体的に大変に遠く、こう言うこともたまには仕方ないかなと言う感じでした。

また、現在は夜間勤務がメインですので、撮影に関して、その点では寝る時間さえ諦めれば、行く事が出来ますので、その点は大変に助かるところです。
  1. 2008/06/12(木) 03:12:24 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

三番瀬はこの時期ではありますが、かなりの賑わいであるかと思います。
シギ・チドリ類の季節も終わりかと思いきや、こう言った事がありますから、全くわからないものです。

カラフトアオアシシギ君、いなくなってしまうのではないかと気がかりではありましたが、お天気だけはどうしようもありません。

何とか間に合って良かったです。
そして、遠いながらも撮影できましたのでまあ良いのかなと言うところです。

エリグロアジサシ君、こちらは大変に偶然でした。
たまたま運が良かったのかなと言う感じがします。

その後の情報ではカラフトアオアシシギ君はまだいるようですが、このエリグロアジサシ君については情報がないように思います。

今後の動向が気になるところですが、またお天気も優れませんし、近いうちに様子を見に行きたいところではありますが、難しいところです。

また、潮干狩りの開催日について、ありがとうございます。
ふなばし三番瀬海浜公園のHPはいつも見ていますが、開催日に関して載っているのは知りませんでした。

月曜日以外は毎日開催される物だと思っていました。

見てみると、どうも今週の平日は潮干狩りは休みのようですね、大変に有益な行動指針となります。

堤防の上はやはり遠いですね。
近付けば近付くほど、逆光になりますし、少し離れていわば斜め方向から撮るしかありませんでした。

今回は何とかと言う所でしたので、うちも機会さえあれば、近くで撮ってみたいと思っています。

あとは何とかもう少し滞在してくれることを期待したいところです。

一応このお返事を書いている日は雨模様、明日は晴れるようですので、まだいると言う情報があれば、明日にでもまた様子を見に行こうと思っています。
  1. 2008/06/12(木) 10:24:39 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

kurabar さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

コアジサシ君、間近で連続して飛び込んでいましたので、たまには1.4×テレコンを外して、AFで撮ってみようと思いました。

なかなか動きが予想できず、ファインダーに入れるのが精一杯で、ある程度入っている写真を選びました。

ダイサギ君、このタイプは2羽いました。
干潟が出てきた頃に舞い降りて、歩き出したところでした。

また、カラフトアオアシシギ君はまさに一生に一度あるかないかですから、大変に素晴らしい機会であったと思います。
それに知らなかったとは言え、潮干狩りがなかったのも大変に幸いしました。
それにプラスして、エリグロアジサシ君とこの日はほぼ1日飲まず食わずの持久戦でしたが、大変に有意義な時間であったと思います。

全ては大変に遠い状態でしたが、何とか撮れましたので、確かに贅沢は言えませんね。

また、近いうちに様子を見に行きたいと思っていますが、それまでに滞在していてくれるかと言うところです。
  1. 2008/06/12(木) 11:06:40 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

また、お言葉も大変に恐縮です。

ここのところ、お天気が優れず、それだけが気がかりでしたが、何とか間に合いました。
ただ、行った次の日、昨日(このお返事を書いている時点から)もまだ滞在しているようでした。

確かに遠い状態ばかりでしたが、それでも写真があるのとないのとは大違いですから、どんな状態でも撮って行くことが基本ですね。

今回のこの2種は大変に印象深い写真になっていくと思います。

エリグロアジサシ君、一応端から端まで見ていくと大きさ的に少し大きく、頭が白いですから、何か違うなあと言う感じがしたのを思い出します。

関西方面でベニアジサシ君ですか。
それもまたかなり貴重かと思いますが、アカアシアジサシ君と言う似た種類もいますから、難しいですね。

シギ・チドリ類の季節は終わりかと思いきや、こう言った事がありますので、本当にわからないもので、気を抜くことが出来ないことを痛感しました。

ここ三番瀬では秋のシーズンがまた大変に期待できますし、またアジサシ類も多くのコアジサシ君やアジサシ君の中にこちらでは貴重な種も昨シーズンは何種か来ていましたので、大変に楽しみです。

またヘラシギ君が来てくれると良いのですが・・・。
  1. 2008/06/12(木) 11:33:02 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

りもふ さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

この日は大変に運が良かったものと思います。

さすがに2種もというのはなかなかないことですね。

やはり、この環境は絶対に残していかなければならないと切に思います。

現在はこの素晴らしい場所に東京第2湾岸道路が通る計画になっていますが、絶対にさせてはならないと改めて思うことでもあります。

宝くじ、そうですね、でも宝くじの方もかなりの厳しい確率ではないかと思いますから、どちらもどちらですね。

鳥君はその場所に行かなければ会えませんし、宝くじは買わなければですから・・・。

1000羽を大幅に下回ると言う事は全く後がないと言う事になります。
環境の変化、その自然が明らかになくなっていると言う事だと思います。

先日のヘラシギ君もそうですが、シギ・チドリ類全般においては越冬地、繁殖地、そして我が国のような中継地と各国間でその自然環境を保全して、連携を取っていくことが非常に大切なことだと思います。
  1. 2008/06/12(木) 12:00:55 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。