野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

向島百花園

今回は向島百花園です。

当日は清澄庭園のカイツブリ君のその後の様子を見に行ったのですが、残念ながら前回行ったときの浮き巣は跡形もなく、結局は昨シーズンと同じ場所にまた浮き巣を作っていました。

前回は3個の卵があったので、もうそろそろかなと思ったのですが、大変に残念でした。
今回は確認できるところ、2個の卵があるようで、是非頑張って欲しい物と思います。

午後も遅い時間になってしまいましたが、清澄庭園から向島百花園へとまわりました。

撮影は Canon EOS 1D Mark Ⅲ + Sigma APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSM 使用です。
また、お花などの撮影には、 Sigma APO Macro 150mm F2.8 EX DG HSM を使用しています。

お天気は昼過ぎまでは良かったのですが、ここに着いた頃には殆ど日が陰ってきている状態でした。

806I029202.jpg


カルガモ君の親子です。
今回は偶然にも運良く、まだ生まれて間もないと思われる子供たちを見ることが出来ました。
子供は今回この時点では7羽の様です。

806I022102.jpg


カルガモ君のお母さんと子供です。

806I033902.jpg


カルガモ君の子供です。
もう少し明るければ良かったのですが・・・。

806I037102.jpg


杭の上や石の上など色々と飛び乗るのは良いのですが、今度はなかなか降りることが出来なくなってしまいます。

806I066002.jpg


春の草花たちの中で・・・。

806I066802.jpg


石の上から降りることが出来なくなってしまった、おっかなびっくりカルガモ君の子供です。

生まれてからまだ、数日と経っていないかと思われますが、7羽無事に元気に育って欲しい物です。

また、日を置いて、様子を見に行こうと思っています。


鳥君はカルガモ君だけでした。
あとは、お花などを取り急ぎ撮影して、早々閉園の時間となってしまいました。

806I015502.jpg


ホタルブクロさんです。

806I017401.jpg


これは誰でしょうか。
お花はシモツケさんにも思えてきそうですが、株の形に違和感があります。

806I048002.jpg


白いノアザミさんにモンシロチョウ君です。

806I048702.jpg


ノアザミさんです。

806I049702.jpg


薄い優しい色合いのノアザミさんです。

806I050302.jpg


ノアザミさんにイチモンジセセリ君です。

806I052602.jpg


オカトラノオさんです。

806I054802.jpg


シモツケさんかなですが・・・。

806I057602.jpg


スカシユリさんです。

806I058902.jpg


キンシバイさんです。

806I061202.jpg


カワラナデシコさんです。

まだまだ写真は多くの種類を撮ったのですが、やはり夕暮れ時で今一歩の出来の物ばかりとなってしまいました。

また、マクロ撮影に関しても、APS-H となって、望遠だけでなく、マクロも遠くなった感触が大変に強く、慣れるまで少し時間がかかりそうです。
改めて、APS-C(1.6倍) と APS-H(1.3倍) の差がかなり大きいことを痛感しました。

同日に行った、清澄庭園はまた後日に掲載します。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/08(日) 00:27:04|
  2. 野鳥
  3. | コメント:16
<<三番瀬 | ホーム | 東京港野鳥公園>>

コメント

昆虫きた~!

遂にこの季節がやってきましたね!わくわくしますね♪
  1. 2008/06/08(日) 01:29:22 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

おはようございます

向島百花園に行って来られたのですね。
私は2001年以降は行っていませんが、カルガモ今でもちゃんと繁殖しているんですね。安心しました。
カルガモの親子、そして雛達の表情素晴しいですね。
本当に可愛いですね。
鳥類園にも4家族の親子が見られましたが、ヒナがかなり大きく、これほどの可愛さはありませんでした。
・ヤマホタルブクロ(ガク片の付属体が反り返っていない)も良いですね。鳥類園のはまだ咲いていませんでした。
>これは誰でしょうか。・・・・・これは「ホザキシモツケ」です。
・白いノアザミにモンシロチョウ、良いですね。
・イチモンジセセリもいいですね。鳥類園でちらっと見ただけです。これから蝶も楽しみですね。
・オカトラノオの咲く季節になったんですね。良い画像ですね。
・園芸種のシモツケのようですね。
・ラストのカワラナデシコ良いですね。30年ほど前は墨田区の荒川河川敷にも数株自生していましたが、今はグランドになって、絶滅しました。
話は変わりますが、鳥類園のセイタカシギ、巣がカラスに襲われたようで、2番とも放棄してしまいました。新たに営巣してくれると良いのですが。
  1. 2008/06/08(日) 09:40:04 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

お早うございます。
こちらも天候は今ひとつの季節です。
カルガモ君の子供達を可愛く撮られましたね。素晴らしいです。
私も、昨日は野鳥達の出が悪かったので、サブカメラとマクロの出番になりました。よしの88さんのようにいい写真は撮れませんが、これから昆虫と植物達が増えると思います。
  1. 2008/06/08(日) 11:38:48 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

日が影っていたなんて
微塵も感じさせない
クリアな画像ですよ

カルガモの雛ちゃん
もう無条件にかわいいですね
足が大きいんだなあ
  1. 2008/06/08(日) 16:33:21 |
  2. URL |
  3. RUU #-
  4. [ 編集]

どれもすばらしい写りです

カルガモ親子、水から上がったばかりのようですね。
母さんと一緒にみんないい顔しています。
2枚目、母さんにくっついた1羽の雛、愛らしいです。
これ、すばらしい構図ですね。
どれも雛たちの生き生きとした様子が伝わってきます。
何とも言えないくらいきれいな瞳です。
シモツケにしては花がとんがっていますね。
シモツケソウは葉の形が違います。多分シモツケなんでしょうね。
白のアザミに白のチョウ。とても合います。
バックが緑なのもいいです。
ノアザミの紫もピンクも花芯がのぞいていて、愛らしさが出ています。
オカトラノオ、もうこんなに咲いているのですね。
虎の尾の姿がよく出ています。
白のシモツケですね。これはとても美しいです。
スカシユリ、キンシバイ、この色は苦手です。
さすがによしの88さんは見事に撮られています。
夕暮れ時とはとても思えないようなくっきりとした出来栄えです。
  1. 2008/06/08(日) 19:40:36 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

どりさま さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

まさに昆虫類の躍動の季節となってきました。

まだお天気が優れない日々が続きそうですが、お天気さえ良ければ、地元の公園を始め、色々と行ってみたいと思っています。

これからの季節、主役は150mmとなりそうです。
  1. 2008/06/08(日) 22:37:43 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

この季節は例年の事ですが、いつも気になっていることにカルガモ君たちがあります。
毎年子育てをしていますが、昨シーズンはすでにかなり大きくなっていました。

今回は運も良く、生まれて間もないと思われる、子供たちに会うことが出来ました。

ちょこちょこ一時もじっとしていないですから、親も大変です。
特に1枚目の1羽だけ後ろを向いている子ですが、いつも遅れを取っていたり、単独行動も目立ち、大変に心配です。

まさに今が一番かわいい時かと思いますが、無事に元気に育って欲しい物です。

折を見て、また様子を見に行きたいと思っています。

鳥類園をはじめ、これからますます子供たちが多く見られるのではないかと思います。

ホタルブクロさんではなく、ヤマホタルブクロさんなんですね。
ここではほぼ満開模様でした。

シモツケさんの様なのは、ホザキシモツケさんと言うんですね。
調べてみたら、自生地は北海道と本州では奥日光・長野県の霧ヶ峰でしか見られない貴重な花とありました。

偶然にも撮っていたのですが、2、3株しかいなかった様に思いますので、大変に貴重かと思います。

白いノアザミさんとモンシロチョウ君、実は白と白でとまらないかなと待っていたところ、早々にとまってくれました。
これも運が良かったのかなと思っています。

イチモンジセセリ君、清澄庭園でも何度か見ていますが、なかなか写真に撮るのが難しく、今回ようやくという所でした。

オカトラノオさん、丁度良い感じで咲いていてくれました。
全部咲いているよりもどちらかと言うと咲き始めの方がきれいだと感じます。

白いシモツケさん、うちは初めて見ましたが、園芸種と言う事になるんですね。
色合いは若干違和感がある物の、大変に優しい色合いで良いと思いました。

カワラナデシコさん、最近はあまり見なくなりました。
さすがに生息地もどんどん狭められているようで残念です。
うちの知っている限りでも見られるのは数カ所もありません。
ここではこの株だけでした。

そして、鳥類園のセイタカシギ君、大変に残念な結果となってしまったようですね。
今シーズンは谷津干潟でも苦戦しているようですし、鳥類園でも・・・、まだまだチャンスは十分にあるかと思いますが、是非とも頑張ってもらいたい物ですね。
  1. 2008/06/08(日) 23:12:40 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

どうもこの時期は天候がはっきりせず、撮影意欲も殆ど起きない毎日です。
こういう季節ですから、ブログのアップも間が開いたり、連続したり、これだけはどこかに行かないと仕方ありませんから、どうしようのない事と諦めています。

在庫写真もあるのですが、なかなか整理が進んでいません。

カルガモ君の子供たち、この日は残念なことに日も陰り、暗い状態で、もっと明るければ、更に子供たちも生き生きと写ったのではと思っています。

ただ、石の上のカルガモ君は1/80のSS、やはり手ぶれ補正の恩恵は大きいのかなと今回も更に痛感しました。

ただ、画像的な物がどうにもしっくりいかないのが困ったものです。

現在、500mmクラスで色々と検討をしているのですが、500mm F4 , 400mm F2.8では手持ちは無理そうですし、かと言って、80-400mmに戻るのもと言う感じです
300mm F2.8にテレコンという手もありますが、これもどうかなと言う感じです。

結局は Sigma 500mm F4.5 なのかなと思っていますが、さすがに決断するのは迷います。
重さ的には今よりも1kg超重くなるだけですので、手持ちで十分に可能かと思うのですが、手ぶれ補正機能が付いていないのが、気に掛かっています。

結局、このクラスで手持ちとなると選択肢が殆どない事に気が付きます。

やはり、ある程度妥協して、使っていくしかないのかなと言う感じです。

あとは50-500mmの後継を期待するしかないのかも知れません。

話がかなりそれてしまいました。

これからの季節はうちも植物類、昆虫類が多くなり、150mmマクロがほぼ主役となってきます。

うちなどまだまだで、試行錯誤の連続ですし、今回、APS-Hとなって、マクロもかなり遠くなったような感があり、違和感があり、慣れるまでに少し時間がかかりそうです。
  1. 2008/06/08(日) 23:38:04 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

RUU さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お言葉も大変に恐縮です。

今回は本当に暗い状況でしたが、やはり手ぶれ補正機能の恩恵ではないかと改めて感じています。

カルガモ君の子供たち、まさにちょこちょこ動いて、一時もじっとしていないですから、親も目を行き届かせるのに大変なときではないかと思います。

それとともに、今が一番かわいい時期でもあるかと思います。

無事に元気に育って欲しい物です。
折を見て、また様子を見に行きたいと思っています。
  1. 2008/06/08(日) 23:59:04 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お言葉も大変に恐縮です。

カルガモ君の親子、子供たちは本当に素晴らしい表情をしていました。
ただ、どの子もまだ、特徴が出ていないというのか、個性が出ていないというのか、表情がほぼ同じ感じも受けました。

2枚目ですが、親と子の大きさが端的にわかるような写真を選んでみました。
親が首を伸ばしていない写真もあって、そちらの方が幾分写りも良かったのですが、やはり、首を伸ばしているところの方が大きさの違いもはっきりとして良いかなと思いました。

構図的にはうちも気に入っている1枚です。
贅沢を言えば、池の水面の色合いがもう少し柔らかければと言う感じもしました。

カルガモ君の子供たち、まさに今の時期が一番かわいい時なのではないかと思います。
本当にちょこちょこしていて、一時もじっとしていませんから、目が離せません。

シモツケさんの様な感じのお花ですが、確かにシモツケさんとは違いますね。
それはわかったのですが、それ以上が進みませんでした。

コメントでもお教えを頂いていますが、ホザキシモツケさんと言う事です。

調べてみましたら、自生地は北海道と本州では奥日光・長野県の霧ヶ峰でしか見られない貴重な花とありました。

ここでも数株もいませんでしたので、大変に貴重かと思われます。

白いノアザミさんとモンシロチョウ君、これは白と白で撮ってみたいと思い、とまらないかなと待っていました。
時間もなかったのですが、運良く早々にとまってくれました。

やはり、白と白、大変に似合います。

ノアザミさん、いつも不思議に思いますが、見るほどに大変にきれいです。
今回も出来る限り、撮影可能な範囲で絞って撮影をしてみました。
SSは落ちますが、やはり全体がきれいに写った方が良いことを感じています。

F2.8の開放で撮ると、この場合、1点にピントは合っても、他はぼけてしまいますから、出来る限り絞った方が良さそうです。

昨シーズンは絞り開放ばかりで撮っていましたが、今シーズンはその場の状況に応じて、様々に絞りを変えて撮って行きたいと思っています。

オカトラノオさん、このくらいの感じが一番きれいではないかとうちは感じています。
咲き始め、そして蕾の状態、その前の状態が一度に見られます。

運良く、お花の形も良い感じの株でした。

白のシモツケさん、優しい色合いでなかなかきれいです。
実は初めて見たのですが、一般的な色合いとはかなり違った印象を受けますね。

キンシバイさん、スカシユリさん、どちらかと言うと日差しが殆どなかったと言うか、弱かったのが、良かったのかも知れません。

黄色の色合いはどうも難しいと感じていますが、色々と撮って行くしかありません。

いつも色々とありがとうございます。
撮影データを見るとSSは殆ど上がっていませんでしたが、何とかと言ったところではないかと感じています。
  1. 2008/06/09(月) 00:27:46 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

 カルガモの子供たち、かわいいですね。
洗足池でも3年ほど前に見かけたのですが
最近は見ていません。向島百花園に行きたく
なりました。

 向島百花園は狭いながらなかなかよい場所ですね。春先はよしの88さんも気になるような花がいくつか
咲いていると思います。
  1. 2008/06/09(月) 00:57:48 |
  2. URL |
  3. kurabar #3aXRcdxk
  4. [ 編集]

かわいいです

おー、かわいいと思って
順番に写真を見せていただきました。
カルガモの雛の「一人前のくちばし」が
なんとも言えず、かわいいです。
そして、お花の写真、
素敵ですね。
150mですか、鳥の写真同様
すばらしいですね。
私のデジイチは入院ですので
しばらくはコンデジです(笑)
  1. 2008/06/09(月) 18:42:48 |
  2. URL |
  3. xiao #-
  4. [ 編集]

カルガモさんのヒナ、最高です(*^_^*)
むちゃ可愛いし、綺麗に写されてますね!
構図も勉強になります。
こちらにもカルガモさんはいますので、ヒナに期待です。
  1. 2008/06/10(火) 09:36:00 |
  2. URL |
  3. りもふ #-
  4. [ 編集]

kurabar さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

カルガモ君の子供たち、まさに一番かわいい時ではないかと言うときに会うことが出来ました。

数日経ったら、また様子を見に行こうと思っていますが、見違えるほどに大きくなっているのではないかと思います。

また、洗足池公園ではここ数年、親子連れは見たことがありませんし、情報もない状況です。

ただ、付近の川では子育てをしている様でもあります。

向島百花園はこちらからですと行くのにちょっと便が良くありませんが、こじんまりとしていながら、見るところは結構多くあると思います。

今の時期は様々な種類のお花が咲いてきていますし、またアジサイさんたちもこれからが見頃かと思います。
  1. 2008/06/10(火) 21:22:23 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

xiao さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

カルガモ君の子供たち、いままさに一番かわいい時ではないかという感じがします。

くちばしも少し柔らかそうな、そんな感じさえして来ます。

また、お言葉も大変に恐縮です。
お花や昆虫類はマクロレンズ(150mm)でいつも撮っています。
と言うか、マクロで使えるレンズはこれしか持っていないので、必然的にそうなってしまうのですが・・・。

今回は夕暮れ時で今一歩でしたが、開放ではなく、少し絞って撮ってみました。

そして、一眼は入院中なのですか。
うちのもたまにおかしな動作をする事があり、メーカーに出そうとも思っているのですが、一眼もどきの昔のデジカメでは先日全くダメなことがわかり、だしそびれている状態です。

それに比べて、現在のコンデジはかなり性能も良いようですから、それほど不自由はしないですみそうですね。
  1. 2008/06/10(火) 21:34:00 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

りもふ さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

そして、お言葉も大変に恐縮です。

カルガモ君の子供たち、昨シーズンここに行った時はかなり大きくなった状態でしたので、出来れば生まれて間もない状態の親子に会えればと思っていました。

これだけは情報があればいいのですが、そう言った情報もなく、まさに運しかありませんが、今回は偶然にもかわいい子供たちに会えました。

今がまさに一番かわいい時ではないかと思います。

また、そちらの方でもカルガモ君の子供たち、そしてアヒル君の子供たちと大変に期待しております。
  1. 2008/06/10(火) 21:43:19 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。