野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

谷津干潟 再び

今回も再び、谷津干潟です。

試し撮りの3回目として、今日は特に露出関係に重きを置いて試してみました。
そのせいか、全体的に露出をプラス側にしていた設定が多く、露出オーバー気味の写真が多くなってしまったように感じられ、殆どは完全なる失敗編でした。

潮の状況は午前中に満潮、夕方に干潮という、うちが考えるに良いパターンとは言えない状況でした。
お天気はおおむね晴れ模様でした。

撮影は CANON EOS 1D MARK Ⅲ + Sigma APO 300-800 F5.6 EX DG HSM +1.4×テレコン使用です。

806I096501.jpg


アオサギ君をアップで撮ってみました。
今までの写りでは眼の感じがきつく感じる(黄色の部分が鋭いというのか硬いというのか)様に思っていたものの、この眼の黄色の部分は前回も感じたことですが、滑らかで良い感じに思えます。
更に透明感も出せれば、良いかなと思っています。

806I094501.jpg


近くに来てくれるのはこのオオソリハシシギ君だけです。
丁度少し首をかしげたときです。

806I084401.jpg


メダイチドリ君、昨日よりは少しですが、近くで撮れました。

806I087101.jpg


キョウジョシギ君です。
こちらは昨日と同じような感じですが、どちらかというと昨日の写真の方が少し遠いですが、良さそうです。

806I089501.jpg


コアジサシ君の飛翔を狙ってみました。
背景が全く良くありませんし、完全なる露出オーバーの失敗編です。
もう少し背景を考えて撮る瞬間を選択するとともに露出をマイナス補正にした方が良かったようです。
それよりも遠すぎと言う感じの方が強いかも知れませんが・・・。

明日は昼頃に満潮となりますので、津田沼高校側の川で再度挑戦したいと思います。

806I091701.jpg


こちらは背景が完全に空抜けとなってしまい、これも完全なる露出設定ミスです。
最初はトビ君かと思いましたが、良く見るとチョウゲンボウ君です。
チョウゲンボウ君は初見初撮りでした。
それにしてもこれも遠すぎです。

806I093401.jpg


チュウシャクシギ君です。
やはり遙か遠くでした。

806I099101.jpg


ダイサギ君です。
露出を一つ落とした方が背景的には良かったかもです。

806I100101.jpg


ダイゼン君です。
どうしてもダイゼン君は表情が難しいです。
何故かいつもすっきりと行きません。

806I101401.jpg


遙か遠く、対岸を飛んで行った、着地体勢のセイタカシギ君たちです。

806I101901.jpg


夕方に舞い降りた、3羽のコサギ君たちです。
完全なる露出オーバーでした。
そして、斜光という条件も重なって、今一歩に写ってしまいました。

806I107101.jpg


再びセイタカシギ君です。
どうも様子がおかしいです。
何とか頑張ってもらいたいと願うのみです。
ミシシッピアカミミガメ君が2匹一緒にいるのも曰くありですが・・・。
人工ブロックがどうしても邪魔になってしまいますが、これは仕方がないことかも知れません。

残念ながら今回は失敗作ばかりとなりましたが、これも試し撮りの間では良い勉強です。
露出に関しては前の40Dとはレベルが若干ずれているようで、前に様にしていると設定ミスを繰り返す事になり、そのあたりをつかんでおく事が必須の様です。

明日は干潮が朝方、そして、昼頃に満潮、また夕方に干潮と、ここ最近ではどちらかと言うと良いパターンの方なので、引き続き行くことになりそうですが、再度色々と試していきたいと思います。

**また、今日はいつもお世話になっているasitano_kaze さんに現地でお声を掛けていただきました。
色々とお話もさせて頂き、短い時間でしたが、大変に有意義な時間でした。
この場を借りて、感謝、御礼を申し上げます。
また、今後ともよろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト
  1. 2008/04/30(水) 00:46:19|
  2. 野鳥
  3. | コメント:16
<<谷津干潟 また再び | ホーム | 谷津干潟>>

コメント

こんにちは

試し撮り順調のようですね。
・トップのアオサギ、決定的瞬間ですね。カレイの稚魚をくわえて思案顔 ? (笑)
・オオソリハシシギ、今回も夏羽は近く来なかったようですね。
昨日は鳥類園のゴールデンウィーク特別企画「シギ観察ツアー」を手伝って来ました。下ノ池には数は少ないものの7種のシギ・チドリが来ていました。オオソリハシシギも2羽いました。
・キョウジョシギとウミニナ、面白いですね。
・コアジサシ、上手く魚が捕れたようですね。東渚にもアジサシと一緒に飛んでいました。
・チョウゲンボウ♂、初見初撮まずはおめでとうございます。
・セイタカシギ、どうかしましたか ? ミシシッピーアカミミガメ、困った事ですね。
下の池にもセイタカシギが2羽入って来ました。ことしも営巣してくれると良いのですが。
オオヨシキリは日増しに数を増やしています。
  1. 2008/04/30(水) 11:14:13 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

1枚目

素晴らしいですね~!アオサギくんが木端ガレイを咥えていますね。こんな瞬間をいつも撮影したいものだなぁと思ってますので羨ましい限りです^^
  1. 2008/04/30(水) 11:35:03 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

今後楽しみです

昨日、帰りにアオサギとカワウを撮りました。
トップ、私のはくちばしにくわえているのがよく分かりませんでしたが、確かにこういった魚でした。くっきり写っていますね。
2枚目、いい具合に撮れています。
羽といい、くちばしといい、目といい、どれもすばらしいです。
メダイチドリ、私はこの目が撮れません。
キョウジョシギ、この個体は白が目立ちますね。
その分、黒や茶もしっかりでているようです。
私は白好きですから、これくらいの写りがいいと思います。
コアジサシ、遠いのによくこれだけ撮れますね。
背景は建物よりも緑がいいですが、谷津ではそうそう選べませんしね。
それよりもこの写りを見れば今後大いに楽しめますね。
ダイゼンは余程近くか光の当たり具合に恵まれるかしないと、くっきりはいかないようです。
むろん私が撮った絵に比べれば、いや比べようもないほどしっかり写っています。
セイタカシギもこれくらい撮れれば使えますね。
コアジサシと同じようにかなりの距離があると思いますが、ちゃんと様になっています。
淡水池の方のセイタカシギ、ここはあまりに無防備な場所ですね。
ちょっと心配です。
露出のくせはカメラによってずいぶん異なりますね。
とても微妙ですから、液晶画面で確認しても、液晶画面の写りもまた特色がありますから、よくわかりませんし。
しばらく使ってみて慣れるより他はありませんね。
今後がますます楽しみです。
  1. 2008/04/30(水) 17:12:48 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

素晴らしいですね

トップのアオサギの羽毛、目、くちばし
その鮮明さに加えて
決定的な瞬間。
見事ですね。
咥えている稚魚までが鮮明に見えるのは
感動的です。
  1. 2008/04/30(水) 22:08:21 |
  2. URL |
  3. xiao #-
  4. [ 編集]

 お魚を捕らえたアオサギ。良いシーンですね。
40Dだと明るい方へ無理やり持っていっているような
感じを受けたのですが、1Dだと色の出方が自然な
ように思います。

 メダイチドリの足元、ものすごい数の巻貝ですね。
これみんな生きているのでしょうか?

 コアジサシの飛翔は確かに写真としては今ひとつですが
こんなものにもピントが合ってしまうと言うのは驚きです。
AFはすごく良さそうですね。

  1. 2008/04/30(水) 22:43:18 |
  2. URL |
  3. kurabar #3aXRcdxk
  4. [ 編集]

コアジサシ君もいますか!
僕も行きたいですが
全然休みがありません

よしの88さんは
いそがしさも峠を越した感じですか?
精力的に出かけられていて
とてもうらやましいです


  1. 2008/04/30(水) 23:56:04 |
  2. URL |
  3. RUU #-
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんにちは、いつもありがとうございます。
試し撮りももうそろそろ、この300-800のレンズについては良いのかなと言う感じです。

あとは、別の手持ちのレンズに関しても試し撮りをして行こうかと言うところです。

ただ、現在はシギ・チドリ類の時期でもあり、この望遠レンズが主体で別のレンズの出番がないというのも現実で当分はこのスタイルが続きそうです。

さて、アオサギ君、このくわえているのはカレイ君なんですね。
くわえてから、わずかに考えているような様子でした。
実際は全て一瞬の中の一コマではあるのですが・・・。

オオソリハシシギ君、大方干潟のほぼ真ん中に集まっています。
その数、100羽以上は来ていそうですが、残念ながら近くに来るのはわずかです。
夏羽の個体も比較的近い場所に1羽来ていたのですが、撮影は失敗しました。

鳥類園でもオオソリハシシギ君来ているとのことで、もしかしたら珍しいのではとも思っています。
昨シーズンは来ていなかったようにも思いますが、もしかしたら記憶違いかも知れません。

余談ですが、オオソリハシシギ君は今シーズン多く来ているのですが、何故かソリハシシギ君が全く見掛けません。
どうしたのか、心配でもあります。

キョウジョシギ君、近くに来る個体はいくらかいるのですが、近くなればなるほど見下ろすような感じになってしまいますので、こう言った角度にならざるを得ません。
ウミニナ君はかなり多くいますが、実際に動いているのを見たことがなく、これだけ多くいても生きているのかどうか、殻だけなのか、良くわかりません。

コアジサシ君、今のところ数羽と言うところですが、まだまだ遠すぎます。
夏も近くなってきますと東側の川で連続して50羽ほどが飛び込みを繰り返す様子がまさに手の届く距離で見られるのですが、まだ少し先のようです。

チョウゲンボウ君、ここでは比較的姿を見掛ける様です。
今までにも何度か見掛けてはいたのですが、何とか確認できたのは初めてです。
やはり、遠すぎ、また失敗編でした。

セイタカシギ君、実は足下に卵があるのですが、全く見向きもしていないような様子でした。
ミシシッピアカミミガメ君が乗っていますので、もしかしたら諦めてしまったのではと懸念しています。
次の日(コメントを書いている時点では昨日となりますが)には全くその様子が見られなくなっていました。
今回は残念ながらと言う結果だったように思いました。

まだまだチャンスはあるかと思いますので、是非頑張って欲しい物です。

オオヨシキリ君、ここでも声はあちこちから聞こえてくるのですが、その姿が見えません。

確実に個体数も同じく、多くなってきているようです。
  1. 2008/05/01(木) 06:19:10 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

どりさまさん

こんにちは、いつもありがとうございます。

アオサギ君のくわえているのは、木端ガレイ君と言うのですね。
お魚さんに関しては全くわからず、図鑑などはあっても調べるのに大変に手間取ります。

こう言った瞬間は全て一瞬一瞬ですが、今回はくわえて少し考えている様子だったのが撮影には幸いしました。

この次の日(コメントを書いている時点では昨日のこととなりますが)にはこの行動を連写で撮ってみましたが、何と動きの速いこと、1秒10コマの連写でも連続写真にならないところは大変な驚きでした。
  1. 2008/05/01(木) 06:26:24 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

この次の日(昨日)も連続して、お会いできまして、その節はありがとうございました。

さて、アオサギ君、全ては一瞬一瞬なのですが、この時はくわえてからほんのわずかでしょうか、考えているような感じでしたので、撮影には幸いしました。
先のコメントでも頂いておりますが、カレイ君の様です。

オオソリハシシギ君、近くなればなるほど見下ろすような感じになりますので、どうも良い感じに撮れません。
特に日も高くなって来ていますから、なかなか眼が生きてこない状態で、必然的に首をかしげた時か空を見上げた時を狙うしかなくなってきます。
どうしても写真としては不自然な感じになってしまうのが残念なところです。

メダイチドリ君、やはりこの表情を写すのは難しいですね。
先にも書いたとおり、日が高くなって、眼に光がなかなか入りません。

キョウジョシギ君、やはり見下ろすような感じになってしまいましたが、前回と同じような感じになりました。
白色の色合い、そして、黒と茶色の感じ、これはこのカメラの画の作りに関係してくることかと思いますが、良い感じだと思っています。

どちらかと言うとキョウジョシギ君の色合いはコントラストが強い方かと思いますから、その色合いにも助けられている面があるかも知れません。

コアジサシ君、少し遠すぎました。
東側の川で満潮になると次々に連続して飛び込む姿を手の届く距離で見ることが出来るのですが、その時期にはまだ早い様で、次の日にはその様子も見られませんでした。

そして、背景ですが、確かに建物では良くないですし、更に住宅ではどうしようもないように思えました。

ただ、ここでは背景が殆ど建物になってしまいがちでこれだけは諦めるしかないのかなと言う感じもしています。

ダイゼン君、いつも難しいと感じています。
このコントラストの弱い、モノクロの色合いから来るのでしょうか、どうもすっきりと撮れません。
本当に遠近、光の状態、よほどうまく行かないときれいには撮れない種類ですね。

セイタカシギ君、かなり遠かったのですが、何とかと言ったところです。
ただ、遠ければ、追う範囲も少なくても済みますが、近い場合はそれこそ追い切れるのかどうか、そこが今後の課題になりそうです。

淡水池のセイタカシギ君、どうも残念な結果になってしまった様です。
この日の夕方、様子がおかしいと思っていたら、次の日(実際は昨日ですが)にはその様子も跡形もない状態でした。

ここもミシシッピアカミミガメ君にヘビ君と様々に大変なところであることは確かなようです。

昨シーズンはそのせいもあって、前浜に移動して営巣していたので、その教訓が活かされている物と思っていたのですが、また今シーズンは戻ってしまい、早々に失敗と大変に残念です。

是非少しでも安全なところで頑張って欲しい物です。

露出、これだけは永遠に難しい課題となりそうです。
確かに40Dとはかなり違うようにも思えてきていますが、具体的にどうなのかはなかなかつかみきれません。

液晶の画面を見てもその場では雰囲気的にしかわからず、これだけは感覚的に覚えていくしかなさそうです。
  1. 2008/05/01(木) 07:03:19 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

露出オーバーになってしまいますと、救いが難しいですね。私はスポット測光にしていますが、それでもなかなか難しく、悩みの種です。
シグマの2Xテレコンを使用して感じるのですが、画質ウンヌンは別として、オーバー気味になってしまいます。1.4Xはまだ購入していませんので分りませんが、そういうクセはありませんか?
  1. 2008/05/01(木) 10:03:18 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

はじめまして。
素晴らしいシギ・チドリ類の写真、楽しませて頂きました。
鳥見初心者ですが、宜しくお願いします。
また遊びにきますね!
  1. 2008/05/01(木) 16:49:07 |
  2. URL |
  3. りもふ #-
  4. [ 編集]

xiao さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

ここ谷津干潟も今日で5日連続となりました。
しかし、ここ最近、種類のバリエーションが毎日全く変わらなく、例年とかなり違うような、そんな気がしています。

また、お言葉も大変に恐縮です。

アオサギ君、やはり一瞬一瞬ではありますが、くわえてからちょっと間がありましたので、撮影には助かりました。

いつもの素早い行動ではまず難したっかのではと思っています。

アップ写真を撮ると今までに気が付かなかったことが見えて来ることも多くあり、いつもチャンスがあればどんな種類でも撮影をするようにしています。
  1. 2008/05/01(木) 19:13:47 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

kurabar さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

アオサギ君のこのシーン、くわえてから一瞬考えていた様だったので、撮影できたような物です。

また、確かにピント合わせに関しては明るい方へとなびく事は往々にしてあるようですね。

この1DMK3も当初は白い方へとAFがなびいてしまい、合わせたいところに合わないと言う、リコールもあった様です。

しかし、うちの場合は1.4×テレコンを入れていますので、AFではなく、MFとなります。

それでも画の作りによっては明るい方が強調されるとか、露出決定にも影響を及ぼすことではないかと思われます。

総合して、漠然としていますが、前の40Dよりは画の作りが確かに自然な感じがします。

メダイチドリ君、そしてウミニナ君たち、実はこのウミニナ君たちは動いているのを見たことがないというのか、良く見たことがありません。

ずっと転がっているだけのようでもあり、実際に生きているのかどうか良くわかりません。

もしかしたら、殻だけなのかも知れません。

コアジサシ君、やはり狙うとしたら、飛翔写真となるかと思います。
ただ、さすがに今まで諦めていたので、殆ど失敗ばかり、一から少しずつ慣れていくしかないと考えています。

これに関しても、MFでしたが、やはり遠すぎました。

もしAFにしても多分きちんととらえていれば、AFが追従するはずですが、これだけはまだ試していないので、良くわかりません。
  1. 2008/05/01(木) 19:26:45 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

RUU さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

コアジサシ君、今のところ数羽と言うところです。
これから夏に向かって、どんどん個体数も増えてくるかと思います。

また、飛び込みもまだまだ遠くて、なかなか撮るチャンスがありません。

最盛期になれば、東側の川で満潮時に手の届く距離で連続して飛び込む光景も見られますから、まだまだ大丈夫だと思います。

お仕事もかなりお忙しいようですが、ご無理をなされないでください。

うちの場合は完全なる休みというわけではありませんが、それでもかなり時間を取ることが出来るようになってきました。

時間のあるときは出来るだけ、あちこちに出向きたいと思っています。
  1. 2008/05/01(木) 19:49:00 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

確かに露出オーバーは困ったことになりますね。
うちもいつも気をつけていることではある物の、なかなか難しいところです。

そして、スポット測光、うちも光の条件如何では切り替えて使おうと思っているのですが、実際には未だに設定したことがありません。

標準のいつもの設定は評価測光ですが、逆光やそれに近い場合、その他の条件によっては有効ではないかと考えています。

また、シグマのテレコンですが、2倍はまだ試していませんので、この機種との相性はわかりませんが、40Dの時は特にオーバー気味と言う事はなかったように思います。

1.4×に関してですが、やはりオーバー気味になると言うことは特にないように感じます。

やはり露出補正の割り当てレベルの違いによる物もあるのかも知れません。
  1. 2008/05/01(木) 19:58:33 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

りもふ さん

こんばんは、初めまして。
また、うちのブログをご覧いただき、コメントをまで頂きまして、誠にありがとうございます。

またお言葉も大変に恐縮です。

写真はまだまだですが、出来るだけ表情を重視した写真を撮っていきたいと思っております。

仕事が大変に不規則ですので、更新できるときはある程度更新できるのですが、出来ないときは全くと言うこともありますが、お時間のあるときにでもご覧頂ければ、うれしい限りです。

今後ともよろしくお願い致します。
  1. 2008/05/01(木) 20:07:30 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。