野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京港野鳥公園

今回は3月中に3回行った、東京港野鳥公園の1回目の在庫を整理したものです。

おおむね、2週間ほど前で、今でこそカモ君たちはかなり少なくなってきていますが、この時はまだまだ多くのカモ君たちがいました。

また、シギ・チドリ類の季節到来を告げる、コチドリ君は現在は5羽ほどコンスタントに来ているようですが、この日はまだ来ていない状況でした。

撮影は EOS 40D + Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM +1.4×テレコン使用です。

IMG_014039.jpg


オオジュリン君です。
今シーズンはどこに行ってもさっぱりで、写真は残せないかなと諦めていました。
しかし、当日はメジロ君やスズメ君に混じって、葦原ですぐ真ん前に来てくれました。
こう言うこともあるもので、旅立ち前の最後の最後でと言う感じでした。

IMG_030239.jpg


オオジュリン君のかなり頭の黒くなって来ている個体です。

IMG_994539.jpg


ホシハジロ君たちです。
右側の2羽、何とも素晴らしい表情だと思いました。
そのまわりのオスたちの表情も何とも言えません。

IMG_000939.jpg


キンクロハジロ君です。

IMG_003539.jpg


オオバン君です。

IMG_004639.jpg


ホシハジロ君ですが、一瞬、オオホシハジロ君かと思うようなお顔立ちでした。
くちばしの感じ、頭の前頭のなめらかさ、眼の感じなどかなり特徴が似ている様に思います。
ただ、くちばしが真っ黒ではありませんし、白いところがありますので、やはりホシハジロ君の♀です。

IMG_044839.jpg


こちらは普通のホシハジロ君の♀です。

IMG_005839.jpg


カイツブリ君です。

IMG_007639.jpg


イソシギ君です。

IMG_009939.jpg


スズガモ君です。

IMG_020639.jpg


ハクセキレイ君です。

IMG_021539.jpg


遙か遠くにセグロカモメ君が佇んでいました。

IMG_034339.jpg


ツグミ君です。
ここ最近では旅立ってしまったのか、かなり少なくなったように思います。

IMG_038139.jpg


アオサギ君です。

IMG_041139.jpg


マガモ君の♀です。
夕日を浴びて、地味ながら大変にきれいです。

IMG_047839.jpg


マガモ君の♂です。

IMG_052239.jpg


コガモ君です。

IMG_056839.jpg


ホシハジロ君です。

もう4月に入り、カモ君たちも殆ど旅立ってしまい、個体数もかなり少なくなってきています。
今回はその旅立ち前のカモ君たちをメインにして撮影をしました。

次回は「東京港野鳥公園の2回目」です。
やはり、カモ類がメインとなります。
ただ、ちょっと不思議なカモ君がいました。

次々回は「東京港野鳥公園の3回目」です。
カモ類もかなり残っていますが、シギ・チドリ類の季節到来を告げる、コチドリ君が来ていました。

と言うわけで、3回連続で東京港野鳥公園を掲載する予定です。
スポンサーサイト
  1. 2008/03/31(月) 22:20:58|
  2. 野鳥
  3. | コメント:12
<<三番瀬 再び | ホーム | 三番瀬>>

コメント

オオジュリン」

出会えてよかったですねー。私もなかなか出会えない鳥や花や蝶がいます。でも人に聞くととってもポピュラーでそこいらじゅうで見かけるとか^^;縁って不思議なものですよね。
  1. 2008/03/31(月) 22:46:15 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

オオジュリン

私も今年初めて撮ったのですが
こんなにはっきりは撮れませんでした。
やっぱり素敵ですね。
見つめ合うオオハジロの表情も素敵ですが
その一瞬を逃さずに撮った写真も見事です。
アオサギは見慣れている姿とは違って
面白いです。
  1. 2008/03/31(月) 22:59:24 |
  2. URL |
  3. xiao #rDKnVBoQ
  4. [ 編集]

もうだいぶ旅立ったでしょうね

トップのオオジュリン、きれいな個体です。
2枚目はずいぶん頭が黒くなっていますね。
旅立ち前に撮れてよかったです。
鳥さんとの出会いはいつ何が起こるか予測がつきません。
ホシハジロ、丸くなって何の相談でしょう。
向かい合っているオスとメス、ほんとにいい表情を撮られました。
ホシハジロのメスは大好きです。この優しい雰囲気がいいです。
ツグミ、この鳥は独特の美しさがあります。
マガモのメス、美しいです。波の色もすばらしい。
マガモのオス、しっとりとした緑ですね。
コガモもこうして見ると、精巧なつくりの模様ですね。
ホシハジロのオス、きれいな目です。
このホシハジロたちはすでにもう旅立ったでしょうね。
  1. 2008/03/31(月) 23:46:03 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

いつも私のブログのそれぞれの記事にコメントを入れていただいて申し訳ありません。

オオジュリンの夏羽に近い固体・・・羨ましいですね。私も見たいです。
こちらでもコチドリやツバメがかなり増え、賑やかになってきた反面、カモ達の数はぐんと減りましたね。
  1. 2008/04/01(火) 09:51:25 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

こんにちは

・オオジュリン、良い場面が撮れましたね。
2枚目、だいぶん♂らしい顔立ちになって来ていますね。もう今頃は旅立ったでしょね。半年のお別れですね。
・カモたち、旅立ち前の休息でしょうか、ゆったりした感じがしますね。
・カイツブリ、どうしたのでしょう? 羽の撥水力が低下しているのでしょか? 潜った直後でもこんな事は滅多に見ません。
・ツグミ、遠くを見詰め望郷の想いに浸っているような表情が感じられて、とても素晴しい画像ですね。とにかく表情が良いですね。
・アオサギ、何か小さなものをくわえていますね。
今日、三番瀬へ行って来ましたが、強風でスケッチは断念しました。しかし、いろいろ楽しめました。
ダイシャクシギ2羽。オオソリハシシギ3羽(夏羽、冬羽)、ムナグロ数十羽、ソリハシシギ1羽。メダイチドリ夏羽とヨーロッパトウネンが草原近くの貝殻の中で強風を避けているところを近くから感察出来ました。
ミヤコドリも数十羽いたのですが、東側の数百メートル奥の堤防の上に並んでいました。
  1. 2008/04/01(火) 18:32:57 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

僕も大好きな公園です
花も見ごたえありますよね

オオジュリンを
こんなにすっきりと撮りたいものです

  1. 2008/04/01(火) 21:37:30 |
  2. URL |
  3. RUU #-
  4. [ 編集]

どりさまさん

こんばんは、いつも早速にありがとうございます。

オオジュリン君、今シーズンは殆ど諦めていましたが、ほんとうに最後まで何があるかわかりませんね。

その当日は全く頭にもなかった(もう旅立ったと思って気にもとめていませんでした)だけに、本当に最後の最後にと言う感じでした。

どんなことでも気にとめて、諦めることなく、地道にと言うことだと思いました。

オオジュリン君、お友達、知り合いの方々の中にはいつも会う、よく会う、などなどそれも様々なようです。

うちの場合は今シーズンは全く会えず、全ての生きものたちに共通しますが、行く場所やお天気、気候などなど様々な要因が関係してくるかと思います。

これだけは大変に難しい事だと思うとともに大変に不思議ですね。
  1. 2008/04/02(水) 23:39:50 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

xiao さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

またいつもながらにお言葉も大変に恐縮です。

オオジュリン君は今シーズン、全く縁がなく、全く諦めていました。
しかし、気にもとめていなかったのですが、偶然にもメジロ君やスズメ君と一緒に葦原に来ていました。

それも表の近い場所でしたので、本当に最後の最後(今現在では旅立ってしまい、もういないと思われます)でと言う感じでした。

ホシハジロ君、ペアなのか、それともこの瞬間にペアが誕生したのかどちらかと思いますが、大変に素晴らしい表情をしていると思いました。

恥ずかしそうで控えめな♀の感じ、そしてそれを見つめる♂、微笑ましい光景でした。
そのまわりの♂たちもそっぽを向いたり、ちらっと見ていたり、色々な表情をしており、また♂が♀を囲んでいることからもペア誕生の瞬間ではなかったかと言う感じがしています。

アオサギ君、普通と違って、地面を睨みながら歩いていました。
本当に様々な行動をしますので、また面白いです。
  1. 2008/04/02(水) 23:53:19 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

オオジュリン君、今シーズンは全く縁がなく、諦めていましたし、その当日も全く頭になかったことでした。

それだけに偶然とは言え、何とか撮影することが出来たのもひとしおでした。

頭の黒くなって来ている個体は初めて見ました。
多分にして、もう旅立ってしまったでしょうから、完全に頭の黒くなっている個体はこちらでは見ることが出来ないと思われますが、それでも運が良かったものと思っています。

本当におっしゃる通りで、何があるか、全く予測が付きませんし、それこそ様々で運と偶然が大きく作用するものまた気の抜けないことではないかと思っています。

ホシハジロ君たち、今にして思うと1羽の♀を囲んでのディスプレイだったのではと想像しています。
そして、恥ずかしげなうつむき加減の♀、それを見つめる♂、ここでペアが誕生したのではと勝手に想像をしています。

まわりの♂たちは残念ながらと言うことで、そっぽを向いたり、脇目に見ていたり、それぞれ色々な表情をしていて、こうしてみると何とも素晴らしい光景であると思うと同時に、微笑ましく、また面白い光景ではないかと感じています。

ツグミ君、もう旅立ちも間近だからでしょうか。
冬の間の表情とはかわって、ゆったりとした表情が多くなったように思います。
そして、どちらかと言うと地味ですが、またきれいだとも思います。

マガモ君、ここ最近は旅立ってしまったのか、殆ど姿を見掛けなくなりました。
♀はやはり地味ながら、大変にきれいだと感じます。
水面は西日が当たっての偶然だったかと思われます。

マガモ君の♂、やはりこの頭の色合いをいかに表現するかでかなり見え方も違ってきますね。
日の当たり方では紺色に見えることもあるのですが、やはりこのグリーン色がきれいだと感じます。

コガモ君、緑色のライン、黄色いパンツ、などなどまた結構きれいな色彩を持っていますね。
やはり、この頭の緑色、日の当たり方では様々に見えますが、この色合いが一番しっくり来るように思います。

ホシハジロ君、ここでは一番個体数が多く感じました。
多分にして、集まって一緒に旅立つ前という感じだったのではと思います。

大方の個体はゆったりしているものの、やはり羽繕いに余念がないという感じでした。

今頃は多分にして北の地へと向かっている頃でしょうね。

カモ類が段々少なくなり、寂しい感じもしますが、入れ替わって、シギ君・チドリ君の時期となって来ますね。
  1. 2008/04/03(木) 00:32:09 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんばんは、いつもありがとうございます。
また、コメント、いえいえとんでもありません。
こちらこそ、いつも色々とありがとうございます。

オオジュリン君は今シーズン、全く縁がなく、諦めていたところでした。
全く頭になかったのですが、やはり何があるかわからないものです。

何とか旅立ち前に撮影できましたので、良かったです。

そして、黒くなりかけている個体は初めて見たように思います。

思わぬ偶然がうまく作用したようでした。

そちらではかなり賑やかな様子で羨ましい限りです。
コチドリ君はうちの知っている限りでは決まったところには来ていますが、まだそれほど多く来ているとは言いがたいです。
ツバメ君は確かに飛んでいるのを良く目にするようになりました。

カモ君たちもかなり少なくなってきましたが、それでもまだ残っている個体も多くいます。

丁度、カモ類の旅立ち、シギ・チドリ類、ツバメ君を代表とした夏鳥類の訪れの合間のような時期かと思いますので、それだけにまた何が起こるかわからない状態とも言えそうです。
  1. 2008/04/03(木) 20:26:23 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

オオジュリン君、今シーズンは全く縁がなく、諦めていたのですが、偶然にもメジロ君とスズメ君と一緒に行動していて、運良く、すぐ真ん前に来てくれました。

何とか旅立ち前に撮ることが出来ましたので、大変に良かったと思っています。

そして、頭の黒くなってきている個体は初めて見るように思います。

それも加えて、今回は大変に運が良かったと言うことに尽きそうです。

多分にして、おっしゃる通り、もう旅立っているでしょうね。

カモ類、確かに表情的にも行動的にも全体的にゆったりとした雰囲気が感じられました。
旅立ち前だからなのか、ゆったりの中にも羽繕いだけには余念がありませんでした。

ただ、中にはまだディスプレイをしている種類、個体もいました。

カイツブリ君、おっしゃる通りでうちもちょっと疑問に思いました。
いつも見る感じと違うなと言う気はしていました。

撥水力の低下は生命にも危険を及ぼすこともあり得るかと思われますので、大変に心配です。

ツグミ君、うちも遠くを見るような表情が大変に良いと感じました。
遠い北の大地に思いを馳せているのかも知れません。
真冬と違い、旅立ち前でもあるのか、表情が大変に柔らかく感じられました。

アオサギ君、おっしゃる通りです。
うちも何かくわえているとは思ったのですが、それが何なのかわからないので、そのままにしておきました。

かなり小さいものかと思いますが・・・。

さて、三番瀬に行かれましたか。
当日はまさに大変な強風だったかと思いますが、それでも様々な種類がいたようですね。

うちもその翌日に早速行ってみましたが、いたのは掲載したとおりでした。
残念ながら、ダイシャクシギ君、ムナグロ君、メダイチドリ君、ヨーロッパトウネン君、ソリハシシギ君と全く気が付きませんでしたし、多分いなかったのではと思います。
オオソリハシシギ君は1羽いましたが・・・。

ミヤコドリ君はうちが行ったときも遙か遠くの堤防の上に並んでいました。

そこで、また連続で再度行ってきました。
その成果はのちに掲載しますが、ダイシャクシギ君、ムナグロ君は確認できました。
ヨーロッパトウネン君もシロチドリ君と一緒に行動していました。

ミヤコドリ君はうちが行くときはいつも遠くにいるのですが、今回は珍しくかたまって干潟の真ん中にいました。

ただ、完全なる逆光でこれと言った写真は撮れませんでしたが・・・。
  1. 2008/04/03(木) 21:07:00 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

RUU さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

ここはうちの気に入りの公園の一つでもあります。
ただ、最近は行きたいところが多すぎて、なかなか行くことが出来ず、かなり久しぶりだったことも否めません。

そして、お花、とりわけ植物類も様々に楽しめますね。

クサボケさんが満開模様でしたし、これから色々と昆虫類も含めて楽しめそうです。

オオジュリン君、今シーズンは全く縁がなく、諦めていたのですが、運良くすぐ真ん前に出てきてくれました。

ただ、良く動きますし、またじっとしていないので、なかなかうまく行きませんでした。
  1. 2008/04/03(木) 21:12:55 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。