野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

三番瀬

今回は久しぶりに三番瀬です。
もうそろそろ、ここも潮干狩りの季節となり、その前に1回でも2回でも行けたら、様子を見に行きたいと思っていました。

当日は満潮が午前中で干潮が夕方と、潮の状況があまり良いパターンではありませんでしたし、お天気も晴れてはいるものの雲が多く太陽が隠れがち、、その上に風も強い状況で撮影環境は決して良くはありませんでした。

撮影は EOS 40D + Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM +1.4×テレコン使用です。

ここは海側から太陽の日が差していますので、全体的に逆光状況の写真が多くなってしまいました。

IMG_318939.jpg


トウネン君です。
尾羽よりも初列風切が突出気味で足も長く感じられますので、ヨーロッパトウネン君かと思ったのですが、くちばしの感じ、その他を見ても普通のトウネン君の様です。

IMG_260139.jpg


ハクセキレイ君です。

IMG_265239.jpg


カンムリカイツブリ君がうちのいる真ん前に偶然にも潜水から浮かんできました。
斜光状態だったのが残念です。
また、ほぼ夏羽の状態のカンムリカイツブリ君は初めて見るように思います。

IMG_266239.jpg


オナガガモ君のペアです。
足を揺さぶりながら、お互いに逆立ちを繰り返していました。
殆ど北へと旅立ったのか、個体数はかなり少なくなってきています。

IMG_275339.jpg


スズガモ君です。

IMG_276239.jpg


スズガモ君たちです。
何千羽と一斉に飛んでいくスズガモ君は初めて見ましたし、素晴らしい光景でした。
写真ではその光景を伝えきれないのが残念です。

IMG_278139.jpg


ハジロカイツブリ君です。
残念ながら、逆光状態でした。
夏羽になっている個体です。

IMG_281239.jpg


カワウ君たちが行列になって泳いで来ました。
その数は数百羽、そして、順番に飛び立っていきました。

IMG_287139.jpg


ヒドリガモ君です。
やはり、北へと旅立った個体も多いのか、こちらで残っているのはほんの数えるほどです。

IMG_287339.jpg


コサギ君です。

IMG_289339.jpg


スズガモ君の♀です。

IMG_291839.jpg


ダイサギ君です。
どうもくちばしのあたりがまだ中途半端な感じですが、繁殖羽の色合いも出てきている個体です。

IMG_300539.jpg


シロチドリ君です。

IMG_304039.jpg


シロチドリ君の♂です。

IMG_307839.jpg


一見して、ミユビシギ君の様にも見えるのですが・・・。
どうもヨーロッパトウネン君っぽい個体のようにも思われます。
初列風切の突出模様、のどもとが白いこと、背中のV字などなどからですが・・・。

IMG_328339.jpg


ミヤコドリ君です。
こちらも逆光状態だったのが残念でした。
以前遙か遠くに見たことがあるものの、ある程度わかる状態で撮れたのは初めてですので、実質は初見初撮りとなります。
順光で撮れると良いのですが、なかなか難しいです。

IMG_336739.jpg


カモメ君です。
こちらも逆光状態でした。

IMG_340039.jpg


空を埋め尽くすほどのハマシギ君たちです。

IMG_343139.jpg


頭の黒くなってきている、ユリカモメ君も一部いました。
まわりはハマシギ君たちです。

今回は撮影条件が全体的に良くはありませんでしたが、短時間で様々な光景を見ることが出来ました。
潮干狩りの始まる前にまた機会を作って行きたいものです。

あと、今度こそは長靴も用意する必要もありそうです。

そして、これからシギ君・チドリ君の季節が到来します。
ここ1週間で東京港野鳥公園に2回行っていますが、その到来を告げる、コチドリ君が5羽ほど来ています。
そして、本日は谷津干潟でホウロクシギ君が来ていました。
残念ながら、メダイチドリ君は見付けられませんでしたが・・・。

おおむね、4月に入ると段々と種類、個体数も多くなり、4月の中旬からピークになるのが例年の事です。
どちらにしても、あと少し、大変に楽しみです。
スポンサーサイト
  1. 2008/03/29(土) 21:28:20|
  2. 野鳥
  3. | コメント:14
<<東京港野鳥公園 | ホーム | 水元公園>>

コメント

こんばんは

更新を首を長くして待っていました。(笑)
・トップのトウネン、実に素晴しいですね。
シギ・チドリの季節がやって来たのですね。
・ハクセキレイ、良いですね。さえずりが聞こえて来そうです。
・カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、夏羽が輝いていますね。生命の躍動感があります。
全ての画像がすばらしいですね。
ラストのシーン、実に良いですね。
夢のある画像で、絵心をとても刺激されました。
忘れられない1枚になりました。
昨日、東渚で成鳥夏羽のクロツラヘラサギを感察しました。
ビワコカタカイガラモドキの写真が撮れたので、明日UPます。
  1. 2008/03/29(土) 23:50:36 |
  2. URL |
  3. hitakijo #-
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。
また、お言葉も大変に恐縮の限りです。

3月は仕事が年度末のピークであることに加えて、年度末決算の時期でもあり、書類に追いかけ回されることをすっかり忘れていました。

殆ど仕事以外は何も出来ない状況には変わりないのですが、それでも合間合間に時間が出来たときにあちらこちらの様子を見に行くようにしています。

ただ、今度は写真を撮っても、その写真を整理する時間が全くなく、アップも出来ないと言う状況になっていました。

さて、トウネン君、数羽(ハマシギ君の大群の中にいたかどうかは未確認ですが)と言うところでした。

シロチドリ君と一緒に行動していましたので、どちらかと言うと近い場所にいたのが良かったようです。

ようやく、毎年のことですが、待ちに待った季節が来たという感じがしてきますね。
これからの季節は干潟から目が離せない状況となっていくかと思いますが、あとはどれだけ時間を作って、海岸側に行けるかどうかが問題です。

ハクセキレイ君、少しぶれてしまったようにも思えますが、良いところが撮れました。
もう1羽、少し離れたところにいましたから、この時期特有のことなのかも知れません。

カンムリカイツブリ君、ハジロカイツブリ君の夏羽を何とか見ることが出来ました。
ただ、光のあんばいが悪く、羽の模様、色合いをすっきりと撮れなかったことが唯一残念でした。

ラストのシーン、と言いますとユリカモメ君でしょうか。
頭の黒くなってきているユリカモメ君とハマシギ君たちですが、これから旅立つユリカモメ君をこれからもいるハマシギ君たちがまわりを取り囲んで、引き立たせているような、そんな感じがしました。

もう少し広範囲に撮ることが出来れば、ハマシギ君たちの多さも強調できるのですが、写真ではなかなか伝えきれないところが多いです。

そして、そちらではクロツラヘラサギ君が来ているんですね。
ここのところ、毎年に様に記録はあるかと思うのですが、それでもかなり稀ですから、なかなか会えないですね。

うちも2年前だったでしょうか、上の池の一番遠いところにいたのを撮ったのが最初で最後、それ以来です。

うまく、滞在してくれるとうれしいですね。

また、ビワコカタカイガラモドキ君のお写真、大変に楽しみにしております。

あれからそう言えば、まだ突っ込んで調べていないのですが、これと言った写真もなく、その姿形はうちの中では未だに不明です。

いつも早々にお忙しい中、色々とありがとうございます。
  1. 2008/03/30(日) 02:54:40 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

素晴らしい

群れで飛んでいるところを見事に撮影されましたね!圧巻ですわぁ。干潟には出かけたことがないですが楽しそうな場所ですよね。長玉が買えないでいる私ですのでなかなか行けずにいます;;
  1. 2008/03/30(日) 03:07:32 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

お早うございます。
今年は昨年より少し渡りが早いような気もしています。しかし、すごい所ですね。私など一日中遊んでいられそうです。
長靴ですが・・・是非、スパイク付をお勧めいたします。ただ、欠点は足音が大きくなる点ですが、大変滑りにくいので私は重宝しています。
  1. 2008/03/30(日) 09:16:26 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

どりさま さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

また、お言葉も大変に恐縮です。
干潟は様々な生態系を育み、様々な生きものたちがいる、素晴らしい場所です。

これからの季節はシギ・チドリ類の季節で、様々な種類が南方より干潟に訪れます。

春の時期はどちらかと言うとその期間が約1ヶ月程度(ピークは4月中旬~5月中旬くらい)とあまり長くはないですが、色々な種類が期待できます。

場所によっては遠いところが多く、また身体も小さい種類が多いですので、なかなか難しいところですが、ここでは意外にすぐ側(極端に言えば満潮時の波打ち際などは足下くらいまで)にいることもありますので、結構面白いかも知れません。

何よりも砂浜、海に入っていけば、シギ君やチドリ君、その他の種類と同じ所にいることが出来るというのが何よりもうれしい場所です。
  1. 2008/03/30(日) 11:11:50 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

今シーズンはうちも少し早めなのかなと言う感じがしています。
これも気候の影響なのではないかと言う感じもします。

この場所はうちが行く場所では施設などのない、全くの自然の海岸地域であると言えるかもしれません。

砂浜に、海に入っていけば、様々な種類と同じ場所にいることが出来るのが、一番うれしいことですし、またその種類も多種多様にわたっています。

この場所では写真掲載以外にも様々な種類が見られましたが、反対にほぼ隣の谷津干潟(うちのよく行くところです)では干潮時はさっぱりで、見渡す限り、サギ類が数羽とスズガモ君が数羽お休み模様、そして、シギ類はホウロクシギ君が1羽だけ、干潟のど真ん中でお休みと言う感じでした。

同じような場所でもこうも違いがあるのかと大変に不思議ではありますが、この場所は確かにそう考えると素晴らしい場所であると思います。

うちも1日中いても時間が足りないくらいですし、十分に楽しめるかと思います。

長靴は仕事でも使う(滅多にないですが)場合があるので、経費で購入してしまおうかと思っています。

スパイク付きと言うのは初めて聞きました。
確かに砂浜、海岸では何があるかわかりませんから、機材を持っての移動は滑らないことがまず重要な部分を占めるかと思います。

そう考えると普通の良く滑る長靴よりは間違いなく安心ですね。

足音に関してはまわりも騒がしいですし、波の音もひっきりなし、多分それほど気にならないでしょう。

ただ、堤防の方を歩くとなるとコンクリート部分ですので、それだけが気になることではあります。

ご助言ありがとうございます。
少し調べてどちらが良いか、検討したいと思います。
  1. 2008/03/30(日) 11:28:42 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

季節はずんずんと

三番瀬に行かれたのですね。私はとんとご無沙汰しております。
トップのトウネン、すばらしいです。
この上等な質感はよしの88さんならではのものです。
カンムリカイツブリ、夏羽に衣替えですね。
冬羽とはひと味違った雰囲気です。
スズガモの大群の飛翔、見事です。
この子たちが一斉に旅立つ光景を見たいものです。
ハジロカイツブリも衣替えしていますね。
カワウの群れ、迫力ありますね。
数百羽もいたのですか。
ヒドリガモ、この美しい姿も見納めの時が迫っているようですね。
尾羽の根っこの白がたまりません。
ダイサギ、確かに婚姻色に変わりつつあるようですね。
シロチドリ、この目がたまりません。
ほんとに愛らしいです。
ミヤコドリ、干潟のやや沖合の方によくいるのを見ました。
ここは浜辺からだともろに逆光ですから、私はできるだけ沖の方へ進んで(長靴必携)、横から撮るようにしていました。
ここが順光だったら、どんなにいいだろうと、できそこないの写真を見ながらよく思いました。
ハマシギ、飛んでいますね。
頭の黒くなったユリカモメ、いるんですね。
すこし黒っぽいのは見ましたが、こんなに黒いのは今季初めて見ました。
もうコチドリがやって来ているのですね。
谷津にはホウロクシギが。この鳥、大好きなんですよ。
カモが去って、それと入れ替わりにシギチたちがやって来る。
楽しみです。
こうやって季節はずんずん進んでいくのですね。
  1. 2008/03/30(日) 11:50:41 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/03/30(日) 13:13:34 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

三番瀬、行ったこと無いんです
拝見するたびに
素晴らしいところだなあと思います

そうなんですよね
このところ
潮のパターンがよくないんですよね~

それにしても
どれもいい写真ばかりです
トウネンなんて抜群です!!
  1. 2008/03/30(日) 15:56:31 |
  2. URL |
  3. RUU #-
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

三番瀬は来月の17日から潮干狩りが開催されますから、少なくともその前に行っておきたいと思っていました。

潮干狩りが始まるとご存じのように人間だらけとなりますから、人間の少ない今のうちと思ったからです。

トウネン君、シロチドリ君と一緒に行動をしていました。
それだけに砂浜に近い場所にいたのが幸いしました。

カンムリカイツブリ君、これは堤防の上からですが、遠くを眺めていたときにふと足下で何かが浮き上がったような音がしました。
ふと見ると、カンムリカイツブリ君でした。
あわてて撮ったものの、すぐにまた潜っていってしまい、何とか撮れたと言うところで終わってしまいました。

それにしても驚いたのは1度潜るとかなりの距離を進んでしまうと言うことで、目の前にいたと思ったら、潜って、もう遙か先と言う感じでした。

夏羽はあまり見る機会がありませんが、冬羽とはかなり印象が違ってきますね。

スズガモ君たち、沖合で一斉に飛び立ちました。
その数は数千、いや万くらいいたのかも知れないと思います。
初めて見る光景ですが、写真では到底伝えられないほど素晴らしい光景でした。

ハジロカイツブリ君、夏羽の個体はまだわずかで、冬羽の個体の方が多かったです。
とは言っても、個体数もそれほど多くなく、殆どが遠いところにいましたから、全て確認している訳ではないのですが・・・。

このハジロカイツブリ君もまた、冬羽と全く違った雰囲気、初めて見る夏羽でした。

カワウ君、荒川で大群が飛んでいくのは見たことがありますが、大群でまさに行列のように泳いでいるのは初めて見ました。
まさにぞろぞろと言う感じで、丁度飛び立つのに良い場所を探していたのかも知れません。

その行列も少なくとも500羽はいたかと思われます。
先頭から順番に飛び立っていきました。
この光景も写真では伝えきれませんが、それは素晴らしい光景で飛び立っていくカワウ君たちは、うちのいる頭の上を連続して通過していきました。

これも初めて見る光景でまず見ることが出来ないかと思っています。

こう言うときにビデオカメラがあればとつくづく思います。

ヒドリガモ君、もう旅立ちが迫っているかと思います。
うちの行く場所ではヒドリガモ君はかなり少なくなっていますから、その殆どは北へと旅立ったと思われます。

残っている個体はほぼ全てペアですから、その点では心配ないのですが・・・。

この色合い、澄んだきれいな瞳、また来年も来てほしいものです。

ダイサギ君、何通りかいましたが、婚姻色になっているのはまだわずかでした。

シロチドリ君、先のトウネン君と一緒に行動していました。
10羽以上はいたかと思いますが、どちらかと言うとかなり近い場所にいましたので、その点は助かりました。

上空に猛禽君でもいたのかどうか、確認は出来ませんでしたが、警戒スタイルが多くありました。

今回は目が思ったよりも大きいのに気が付きました。
身体も小さく、良く見るとなかなかかわいいですね。

ミヤコドリ君、この時も一番沖合に近い方にいました。
出来るだけ回り込んで、行ける限り沖合に行きましたが、どうも今一歩でした。

長靴はこの日はありませんでしたが、行ける限界までは歩く事が出来ました。
ただ、足下がかなりぬれ、また砂で汚れましたが、これは仕方のないことです。

長靴があれば、そのことも気にする必要がないのかなと言う感じがしました。

本当にここが順光で難なく撮影でき、風がそれほど強くなければ、言うことがありませんが、そうは簡単にはいくことではありませんね。

ハマシギ君、谷津干潟でも何度となく見た光景ですが、ここのハマシギ君たちは更にスケールが大きいですね。

ユリカモメ君も旅立ち間近、頭の黒くなっている個体は気が付いた中では1羽だけでしたが、かなり目立ちました。

コチドリ君は1週間前くらいから来ているようです。
コチドリ君に会うなら、うちはまず東京港野鳥公園と思っています。
うちの行く所では、確実に一番早く安定して来ている場所だからです。
また、観察小屋前の干潟がそれほど広くないですから、かなり近い場所で見ることが出来るのも魅力です。

コチドリ君に初めて会ったのも、東京港野鳥公園でした。

ホウロクシギ君、谷津干潟には少し前からずっといるようです。
昨日は、干潟がさっぱりで、見る限り全く見えないという感じでした。

その干潟のど真ん中でホウロクシギ君がいましたが、遙か遠い状態で、近付いてくるのを待っていましたが、干潟のど真ん中で座り込んでしまい、これは無理だなと諦めました。

このくちばしの長い系統は素晴らしいですね。

うちは個人的な好みから、ホウロクシギ君、ダイシャクシギ君とともに好きなタイプですが、それよりも、ワイルドな感じのするチュウシャクシギ君が最も好きなタイプです。

昨年はチュウシャクシギ君が少なかったので、今年こそは期待したいところです。

季節はまさに入れ替わりの季節、カモ類は北へ旅立ち、シギ・チドリ類は南からと本当に生きものたちの世界は目が離せません。
  1. 2008/03/30(日) 17:46:43 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます のお返事です。

こんにちは、いつも色々と誠にありがとうございます。
詳しい内容には触れられませんが、その通りですね。
いつもの如くですが、うっかりとしていました。
訂正をしておきました。
  1. 2008/03/30(日) 18:05:31 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

RUU さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

三番瀬、まだ行かれたことがなかったですか。
谷津干潟と同じく、大変に素晴らしい場所です。
ただ、そのままの海岸ですので、砂浜、海に入っての撮影となることが谷津干潟とは違ってきますが、その分、鳥君たちと同じ高さで同じ場所にいることが出来るというのが、大変にうれしい場所でもあります。

様々な生態系を育む、素晴らしい場所ですから、是非行かれることをお勧めしたいところです。

ただ、4月17日からは潮干狩りが始まりますから、その前の方が良いでしょうね。

潮干狩りが始まっても鳥君たちはいますが、浜は人間だらけになりますから、撮影確率などから考えるとかなり低くなると思います。

潮の状況は確かに今一歩ですね。
うちの好みでは午前中に干潮、そして夕方近くに満潮というのが最も良いパターンに思えます。

お言葉も大変に恐縮の限りです。
これが全て順光で撮れたら、またかなり違ってきたかと思いますが、これだけは難しいところです。

トウネン君はシロチドリ君と一緒に行動していて、たまたま足下近くに歩いてきたのが幸いしました。

ここではこう言った足下にと言うことがたまにあります。
  1. 2008/03/30(日) 18:15:13 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

素晴らしいの一言です

群れで飛んでいる姿は圧巻ですね。
この目で見てみたいほどです。
カンムリカイツブリの赤い目、
コサギのまぶしいほどの白さが印象的でした。
逆光ならではの、やさしい光具合が
鳥たちの表情を表わしていて
素敵な写真だと思いました。
いつもながら見事ですね。
  1. 2008/03/30(日) 20:15:56 |
  2. URL |
  3. xiao #-
  4. [ 編集]

xiao さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

スズガモ君、ハマシギ君とそれは素晴らしい光景でした。
カワウ君も行列になって泳いできて、先頭から順次飛び立っていきました。

写真ではその素晴らしい光景を伝えきれないと言うところが大変に残念ではありますが、これも仕方がありません。

その伝えたい一部分を切り取ったような写真しか撮れないですが、こういう場合は広角レンズを用意するのか、それともビデオカメラがあれば更に良いのかなと言う感じがしています。

カンムリカイツブリ君、斜光だったので、お顔は影になってしまいました。
とっさに真ん前に浮上してきましたので、まずは撮ることで精一杯、やはり出来た写真を見ると物足りないですね。

コサギ君、繁殖羽に移行してきているかと思いますが、まだくちばしと足が赤くなってきていない個体でした。
ただ全ての個体がそうなるのかどうかは良くわからないのですが・・・。

ここでは砂浜から撮ると全ては完全に逆光となってしまいます。
1日中同じ条件ですから、出来るだけ干潮の時に沖合へと歩いていくか、海に半分足を入れて、出来るだけ逆光にならないようにと思っていますが、順光はまず難しいです。
どうしても斜光が限界という所です。

腕の良い方であれば、逆光を逆手にとってと言う撮影も出来るのでしょうが、うちにはまだまだとてもそこまでは出来ませんし、設定の瞬時切替もまずは難しいです。

と言うわけで、逆光はそれなりの状態でしか写らなく、やはり、順光で撮った方が良いに越したことはありません。

お言葉も大変に恐縮の限りです。
そうおっしゃって頂きますと、これらの本来はボツであろう写真も生きてくると言うものです。

いつも色々とありがとうございます。
  1. 2008/03/31(月) 02:10:41 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。