野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

横浜自然観察の森

今回は初めて行く、横浜自然観察の森です。

ここは三浦半島の付け根にあたり、周囲の瀬上市民の森、氷取沢市民の森、釜利谷市民の森、金沢自然公園と大丸山・円海山を中心にした一団の緑地帯を形成しています。

さすがにハイキングコースにもなっているためか、結構起伏も激しく、機材を運んでの移動は厳しいところも多々ありました。

また、森林地帯と言うことで鳥類は多くいるのですが、撮影は大変に難しく、殆ど写真は撮れなかった状態です。

と言うことで、今回はほんの数枚の写真しか残せませんでした。

撮影は EOS 40D + Sigma APO 80-400mm F4.5-5.6 EX DG OS 使用です。
また、植物類は EOS 40D + Sigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM 使用です。

IMG_061239.jpg


まず初めに会ったのはホオジロ君でした。
完全に逆光状態でしたが、数羽で行動していました。

IMG_064339.jpg


キクイタダキ君がいました。

IMG_068039.jpg


池ではアオサギ君が佇んでいました。

IMG_069939.jpg


シメ君です。
単独行動と思いきや、旅立ちの日も近いのでしょうか、10羽ほどで行動していました。

IMG_072739.jpg


カワラヒワ君です。
こちらも完全に逆光状態でした。


また、鳥君の写真が少ないので、植物類の写真も2枚だけですが掲載しておきます。

IMG_059739.jpg


オオイヌノフグリさん、森の中、至るところで咲いていました。

IMG_059539.jpg


ヒメオドリコソウさんも結構あちこちで目立っていました。

**撮ったときからホトケノザさんと勘違いしていました。
hitakijo さんからご指摘いただき、はっとしました。
ここにそのまま訂正をしておきました。いつもありがとうございます。

20080312横浜自然観察の森


鳥類関係のカウント表ですが、見られたのは表の種類でした。

そして、今回は目的の一つにここの「調査報告書」を購入することもありました。
「調査報告書」を過去7年分購入してきました。

内容はと言いますと、この森の中の生物相(鳥類はもとより植物類、昆虫類、哺乳類に至るまで)が事細かにその場所なども含め、記録されています。

1冊、約100ページ前後の報告書で大変に内容が濃いと思いました。

鳥類相に関して例に取りますと・・・

様々な調査を元に過去に見られたその出現種、出現率などの表がありました。

今回見られた、ホオジロ君の場合、3月の出現率は53.8%と記されています。
と言うことは見られる確率は半々程度と言うことになるでしょうか。

アオサギ君の場合、3月の出現率は0%、2月でも4.3%と年を通しても平均して1.6%足らず、そして「滅多にみられない」と記されています。
と言うことは、ここでアオサギ君は大変に珍しい種類であると言うことになりそうです。

気になる、キクイタダキ君はと言いますと、記録がありませんでした。
と言うことは、今シーズン特有のことのようです。

あと、色々と見ていると様々なことがわかってきて、大変に興味がわいてくる事です。

うちの場合、「調査報告」、「研究報告」なるものはある場合、必ず購入するようにしています。
その中から、主観的にしか見えていなかったものが、少しでも客観的に見えるよう、また様々な生物相を知るためにも大変に有益です。

ここの調査報告書は今後も発行されるごとに購入していきたいと思います。

そして、今度は周囲の市民の森を含めて、時間を取って歩いてみたいと思っています。

参考文献:財団法人 日本野鳥の会 、 2006年度横浜自然観察の森調査報告12、2007年8月、P85-P87 「生物リスト」内の「鳥類ラインサンセスでの出現種」、「月別園内鳥類出現率」の項目
スポンサーサイト
  1. 2008/03/14(金) 18:10:54|
  2. 野鳥
  3. | コメント:13
<<水元公園 | ホーム | 谷津干潟>>

コメント

こんばんは。

初めて目にする公園です。
・トップのホオジロ♂、とても美しいですね。
先日、鳥類園で出会えました。
・キクイタダキ、まだ亜高山へ移動する気配がないようですね。
・アオサギ、実に素晴しいですね。一幅の絵をみているようです。バックと鳥のポーズがが実によくマッッチしていますね。
・カワラヒワ、最近はあまり見かけません。以前は家の前の電線で囀っていたのですが。
・オオイヌノフグリ、ヒメオドリコソウ、さすがに良いですね。素晴しい ! !
  1. 2008/03/14(金) 18:32:52 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

追伸

最後の画像、ホトケノザではなく、「ヒメオドリコソウ」です。慌てて掲載されましたね。
  1. 2008/03/14(金) 18:37:40 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

あの池でアオサギを見られたとは
珍しいですね
やはりよしの88さんは
何かをお持ちの方ですね!

あの森は歩いていても
非常に気持ちがいいですね
また行きたいです

ところで
去年はこの公園でクロジが当たり年で
非常に多く見られたのを覚えています
今年は違うようですね
面白いものです
  1. 2008/03/14(金) 19:45:17 |
  2. URL |
  3. RUU #-
  4. [ 編集]

 ホオジロ、後ろ向きですがちょうど振り向いたところで
いい表情を撮られていますね。

 キクイダタキは先日洗足池でカメラマンが何人かついてましたが
自分はチラリと影を見ただけで、どんな鳥さんかも良くわからない
状態でした。

 シメは後姿がきれいですね。

 オオイヌノフグリはあちこちで咲き始めましたね。すっかり
春めいてきました。
  1. 2008/03/14(金) 19:58:11 |
  2. URL |
  3. kurabar #3aXRcdxk
  4. [ 編集]

花が入ってきましたね♪

オオイヌノフグリ、ホトケノザ、あちこちのフォトブログで見かけるようになってきましたね^^今日はず~っと一日雨でして、当初の予定であった土筆探しは断念して庭の梅の花を撮影するに留まりました^^;
  1. 2008/03/14(金) 20:45:51 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

150mmマクロのすばらしさ

ホオジロ君、逆光状態でこの写りですから、たいしたものです。
アングルもなかなか面白いと思いました。
アオサギ君、なかなか趣がありまます。
この鳥はバックによって感じ方もかなり変わってくるような気がします。
オオイヌノフグリ、すばらしいです。
150mmマクロを見事に使い切っておられますね。
ヒメオドリコソウも咲き出したのですね。
この花はまだ目にしていません。ホトケノザはたくさん咲いていますが。
よしの88さん、さすがですね。
様々な機関の調査報告書を購入して、学ばれるのですね。
その向学心、頭が下がります。
  1. 2008/03/14(金) 22:24:23 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

ここには前から一度は行ってみたいと思っていたのですが、駐車場がなく、その点でなかなか足が向かなかったと言うのが主な理由で行く機会が持てませんでした。

今回はいつもお世話になっている方からの情報も含めて、そのすぐ側の駐車場をお教えいただき、また様々なこともお教えいただきましたので、何も心配することなく行くことが出来ました。

ホオジロ君、残念ながら逆光でそのまま撮っていたのではどうしても表情が生きてきません。
何とか振り向いてくれたので良かったです。

鳥類園でもホオジロ君がいるんですね。
鳥類園では今までうちはまだ会ったことがありません。
ただ、前に三番瀬でも見掛けたこともありますから、いても不思議はないという感じがしますね。

キクイタダキ君、今シーズンはどうしたことでしょう。
更に調査報告を調べてみたところ、2000年以降で記録のあるのは、2003年の5月と12月だけでした。
実に記録上ですが、ここでは5年ぶりと言うことになるでしょうか。
いつまでこちらに滞在するのか、地元の洗足池公園のキクイタダキ君もまだいるようですし、今後が気になるところです。

アオサギ君、背景によって感じ方がかなり変わってくると思います。
先日の谷津干潟の背景に比べると間違いなく良いと思うのですが、もう少し近かったらと思いました。
「一幅の絵」、身に余るお言葉も大変にうれしい限りです。

カワラヒワ君、つい先日まではどこでも会うことが出来たように思いますが、最近は機会が少なくなりました。
やはり春で山の方へと移動しているのかでしょうか。

今回は写真の枚数が寂しく、植物類を2枚載せました。
お言葉も大変に恐縮です。
マクロレンズもかなり久しぶりに使い、最初は設定など少し戸惑いましたが、これからはまた普段通り使って行けそうです。

これからの時期にはなくてはならないレンズで望遠よりも頻度が高くなってくるかと思います。

また、ご指摘も頂きありがとうございます。
わかっているつもりがまだまだだと痛感するところです。
撮ったときからホトケノザさんと思い込んでそのままでしたから、ご指摘を頂いてはっとしました。

今後は早とちりのないように良く確認してから掲載したいと思います。
  1. 2008/03/14(金) 22:40:06 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

RUU さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

先日は色々にお教えいただき、誠にありがとうございました。
おかげさまで何も心配することなく行くことが出来ましたこと、大変に感謝しております。

さて、アオサギ君、多分にして偶然だったのかと思います。
カワセミ君がいれば良かったのですが、残念ながらいませんでした。
やはりここでは珍しい種類のようですね。
その場その場で鳥類相も様々ですからまた面白いことではないかと感じています。

調査報告書がなければ、いつも見られる種類で単に終わってしまうだけですから、記録は大変に重要ですね。

ここは本当に素晴らしい場所であるのですが、さすがにうちでは歩くのが精一杯という感じです。
特にゲンジボタルの谷方面からノギクの広場への急な階段の連続にはさすがに何回も途中で立ち止まらざるを得ず、一気に登ることも出来ませんでした。

勿論上を注意しながら登る余裕もなく、今度は十分な時間を取って、様々な方向に注意を出来るように行きたいものだと思いました。

あとは、金沢自然公園から至る、様々な市民の森にも繋がっていますから、少しずつ範囲を広げて歩いてみたいと思っています。

昨シーズンはクロジ君が多かったとのこと。
実は今回もアオジ君と明らかに違う、要するにクロジ君らしき個体も目撃しています。
ただ、写真の撮らなければ、断定が出来ませんし、うちの場合、会ったことにならないとしていますので、今回は表にも入れませんでした。

証拠写真程度でも撮れれば良かったのですが、すぐに茂みに隠れることが出来る環境ですから、写真撮影は大変に難しいと感じます。

更に調査報告書を見ていくと興味ある種類が4月以降期待できそうです。

特にホトトギス君やヤブサメ君、センダイムシクイ君、オオルリ君など50%前後の出現率として記されています。

更に確率は低いですが、マミチャジナイ君やノビタキ君、アカショウビン君などの記録もあります。
確率が低いと言っても、ここでは先のアオサギ君よりももずっと確率は高いです。

春からのこの場所もこう言った鳥類相を見ると大変に興味深いものがあり、また十分な時間を取って行きたいと思っています。
  1. 2008/03/14(金) 23:08:26 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

kurabar さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

ホオジロ君、残念ながら後ろ向きで逆光でしたので、そのまま撮ってしまうと表情が出てきません。
光の方向からも振り向いてくれたら何とかなるかも知れないと勿論一瞬ではありましたが、待ちました。

偶然にも気持ちも通じたのかわからないのですが、振り向いてくれたので良かったです。

最近は計画的に後ろから振り向きの写真も撮るようになりました。
今回はたまたまそうなっただけですが、振り向き写真もまた色々な表情を垣間見ることが出来ますので、様々な種類で撮って行ければと思っていることです。

キクイタダキ君、まだいるようですね。
今シーズンはどうしたことなのか、この先いつまで低地に滞在するのか大変に気になるところです。
洗足池公園のキクイタダキ君、確かに小さいですから、なかなか見えるところには出てこないかと思いますし、上の方ですと良くわからないかも知れませんね。

大体はあのマツさんにいるようですから、近くに来るまで(降りてくるまで)じっと待つしかないのかも知れませんね。

シメ君、確かに後ろ姿はきれいですね。
もう少し近かったら良かったのですが、なかなかこう言った場所ではうまく行きません。
そして、羽にある青色は初めて見たようにも思います。

横から、または前からではこの色合いは出てきませんから、まさしく後ろから振り向きの状態で撮るのが良さそうな種類にも思えました。

オオイヌノフグリさん、至る所で咲き始めていました。
多分にして、一番目立っていた種類ではないかと思います。
ただ、良く下を見ていないと見落としてしまいますね。

まさに春も到来したようで、これからの季節はうちの好きなシギ・チドリ類の季節、そして草木たちの躍動の季節、昆虫類が動き出す季節と楽しみは尽きないです。
  1. 2008/03/14(金) 23:37:19 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

どりさま さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

これからの時期は植物類、昆虫類からも目が離せません。
その手始めとして、最近になって咲いてきている植物種を2枚掲載しました。

オオイヌノフグリさん、まさに今がその時期かなと言う感じがします。
そして、ホトケノザさん、実はヒメオドリコソウさんでした。
撮ったときからの思い込みで勘違いをしておりました。
大変に申し訳ありません。
ヒメオドリコソウさんもこれからがその時期です。
それと並行して、ホトケノザさんも咲いているかと思います。

今週末はこちらも雨模様、どこにも行けない状態でした。
うちのウメさんは残念ながらこの雨模様(土砂降り)で殆ど散ってしまいました。

そう言えば、土筆さんの季節でもあるんですね。
植物類はまだまだわからないことばかりでその季節が未だに良くわかっていません。

様々にその種類ごとの季節を把握していかないとその機会を失ってしまうことにもなりかねませんね。
  1. 2008/03/15(土) 10:46:01 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

今シーズンもようやく150mmの出番が来たようです。
これから植物類、昆虫類からも目の離せない素晴らしい季節となっていきますから、この150mmはかなり出番が多くなってくるかと思います。

さて、ホオジロ君、逆光状態で何枚か撮ったものは殆ど真っ暗でダメな写真ばかりでした。
少し回り込んで、撮ったのが掲載した写真でした。

ただ、真後ろに向いているので、何とか振り向いてくれないと表情がうまく撮れないと思いながらの一瞬でした。

運良く何とか振り向いてくれたのが幸いしました。

お言葉もいつもながらに大変に恐縮です。
これもその時その時の偶然が良い方に作用すれば何とかなるのですが、悪い方に作用することも勿論多いですから、難しいものです。

アオサギ君、ぽつんと池に佇んでいましたが、日頃見る感じとはかなり違って見えることも確かですし、背景によってもかなり変わってきますね。
水面を見ているわけでもなく、かと言って動きもしませんでしたから、多分お休みほっと一息の瞬間だったのではないかと思いました。

オオイヌノフグリさん、かなり咲いてきました。
今回はホトケノザさんと勘違いして撮っていたせいか、咲いていたと思いますが、見落としています。

ヒメオドリコソウさんも咲いているのは半分半分のような感じだったと思います。

また身に余るお言葉も大変に恐縮です。

調査報告書、研究報告書の類は本屋さんでは売っていませんし、またどちらかと言うとマイナーな書物と言うことになりそうですが、物好き、趣味のようなものです。

そう言った文献を見ていると主観的にしか考えていなかったことも色々に考えられることもわかってきますし、またその地に行く場合の指標にもなり得ますから、大変に有益だと思います。

データ、記録はあくまでデータ、記録にしか過ぎませんが、ある意味で大変に重要なものだと考えています。

まだまだ全てに関して試行錯誤、勉強ですから、様々なものを見ていくことは大切だと感じます。

ただ、どちらかと言うと見て楽しんでいる方ですので、勉強をしているというところにはほど遠いかも知れません。

やはり、好きなことだからこそと言う面がかなり大きいのかなと言う感じがしています。
  1. 2008/03/15(土) 10:59:56 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

ホオジロの

生き生きとした表情がいいですね。
普段見かけるホオジロとは、別の鳥のようです。
キクイタダキ、ちょっと見にはわかりませんでしたが
さすがによしの88さん、見逃しませんでしたね。
シメの美しい羽は、いつ見ても素敵です。
  1. 2008/03/16(日) 21:56:58 |
  2. URL |
  3. xiao #-
  4. [ 編集]

xiao さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

また、今頃になって、お返事が大変に遅れてしまい、誠に申し訳ありません。

見落としていたのか、入れたのに削除されたのかはわかりませんが、大変に申し訳ないことです。

さて、ホオジロ君、振り向いてくれましたので良かったです。
これがそのまま後ろ姿だけでしたら、逆光の上に表情もわからずで写真になりませんでした。

ホオジロ君も近くで見ると又違った感じに見えたりします。

キクイタダキ君、何かが動いているなと言う所から、何とかみつけることが出来ました。

一応この時期に針葉樹に関しては注意をする様にしていましたから、まさにと言う所でした。

シメ君は珍しく団体行動でした。
なかなか近くで撮れませんでしたが、何とかその姿はわかるかなと言う程度です。

いつもありがとうございます。
  1. 2008/07/13(日) 16:50:33 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。