野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

谷津干潟

今回は久しぶりに1日時間が取れ、谷津干潟に行ってきました。
そう言えば調べてみたら、谷津干潟は久しぶりで今年(2008年)が明けてからは初めてでした。

当日は大潮と潮の具合は良いはずでしたが、淡水池にはオオタカ君がいたためか、全くがらんとしており、干潟もオオタカ君とハヤブサ君のお陰で見える場所にはカモ類も全く見当たらず、見渡す限り、ユリカモメ君ばかり目立っていたような感じでした。

撮影は EOS 40D + Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM +1.4×テレコン使用です。

IMG_926638.jpg


淡水池でアオサギ君です。

IMG_927638.jpg


そして、ツグミ君です。
淡水池ではアオサギ君とこのツグミ君しかいませんでした。

IMG_930738.jpg


干潟のムクドリ君です。
何とも白色の多い、上品な感じのするムクドリ君です。

IMG_939838.jpg


遠くにハマシギ君とダイゼン君たちです。
ハマシギ君たちは多分にして1000羽はいたかと思われますが、ずっと遙か遠くにかたまっていて、なかなか近くには来てくれませんでした。

IMG_941438.jpg


潮が満ちてきた夕方に近い頃、スズガモ君とヒドリガモ君たちがやってきました。
急激な潮の流れで流されてきたような感じにも思えました。
少なくともここでスズガモ君を見るのはあまりない事です。

スズガモ君の♀です。
近くで見るのは初めてでしたが、何とも足が大きく感じられ、驚きました。
もう一つは後趾と言うのでしょうか、距(けづめ)と言うのでしょうか、かなりごつく太く感じ、これも全く初めて見たことでした。
カモ類でもこれだけ足が大きく、後趾と言うのか距の太くごついのは見たことがありません。

IMG_949538.jpg


お休みスズガモ君の♀です。
この茶色の色あいも何とも地味ながらきれいです。

IMG_942738.jpg


こちらはスズガモ君の♂の方です。

IMG_941838.jpg


ヒドリガモ君です。

IMG_955938.jpg


ハクセキレイ君です。

IMG_960738.jpg


飛んできた、ズグロカモメ君です。
下にいるのはハマシギ君です。

ズグロカモメ君、頭も真っ黒に近くなっていました。
ただ、撮影のチャンスはほぼ1日いましたが、ほんの数回しかありませんでした。

IMG_989138.jpg


ズグロカモメ君です。

IMG_989838.jpg


ズグロカモメ君の前とは別個体です。
くちばしの上に白いところがまだ残っていました。

IMG_983038.jpg


遙か遠くにダイゼン君がぽつんといました。

IMG_969738.jpg


シロチドリ君です。
ペアで行動をしていました。

今回の目的はズグロカモメ君の頭の真っ黒になった個体を撮影することでしたが、何しろ撮影のチャンスが1日でも近くに来たのは3回しかなく、あとはずっと遠くに飛んでいると言う状態で、これと言った写真が撮れなかったのが残念でした。

あとはオオタカ君とハヤブサ君がいたお陰もあってか、干潟は全くさっぱりという感じの状態でした。

また近いうちに行けるようであれば、様子を見に行きたいと思います。

当日は先日、トラフズク君の撮影場所でお声を掛けて頂き、お世話になっている、青空さんに半日ご一緒させていただきました。
この場を借りて、感謝、御礼を申し上げたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2008/03/10(月) 20:58:51|
  2. 野鳥
  3. | コメント:14
<<横浜自然観察の森 | ホーム | 洗足池公園>>

コメント

足をドロドロにしている

ツグミさんが今日は一番かわいいです♪うちのオトンは野生人なのでいろいろと詳しいのでたまに訪ねるのですが「あの鳥は美味い」とか「あれは臭い」とかそんなコメントしか帰ってこないので最近は聞かなくなりました^^;先日はオオヒシクイを見てマナヅルとか言っちゃってるし;;
  1. 2008/03/10(月) 21:48:39 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

こんばんは。

トップのアオサギ、美しく撮られましたね。
欲を言えば、嘴の前の擬木の杭が動きを止めているのが残念ですね。(咄嗟の事で無理な注文だとは思いますが、さらなる期待を込めて、敢えて書きました。お気を悪くされたらお許しください)
ツグミ、美しく換羽した個体をより美しく撮られましたね。とても素晴しいです。
ムクドリ、スズガモ、ヒドリガモ、ハクセキレイ、それぞれ素晴しいですね。生命の躍動感が伝わって来ます。
ズグロカモメとハマシギの画像、物語性が感じられてとても良いですね。この画像を組み込まれたことで全体の組写真がとても生きてきていると思います。
ラストのシロチドリ、これも実に素晴しいです。
起承転結があり、見せ方にも巧みさが増されたと感じました。

  1. 2008/03/10(月) 22:58:17 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

ズグロカモメさん
ほんとうにユニークですね~~
また可愛らしいです!

谷津干潟、また行きたいです
シギやチドリが一斉に飛び回る光景が
今でも目に浮かびます
  1. 2008/03/10(月) 23:38:52 |
  2. URL |
  3. RUU #-
  4. [ 編集]

目がほんとうに美しいです

よしの88さん、せっかく時間がとれたのに、生憎でしたね。
干潟は見通しがいいので、猛禽類が出るとさっといなくなりますね。
ツグミ君、いい色が出ていますね。そしてこの目の美しさ、すばらしいです。
ムクドリ君もよく見ます。こうして上から見下ろして撮ると、いつもとは少し違った面白さがありますね。この子の目も輝いています。
スズガモ、仰るとおり、巨大な後趾ですね。初めて見ました。
だいたいスズガモは遙か遠くにいて間近に見ることはなかなかできません。
ズグロカモメ、私が先日ここで撮ったのはこんなに真っ黒で美しくはありませんでした。
頭頂がまだらでした。何羽かいて、三番瀬からも行き来しているらしいですね。
シロチドリ、この子はカニを捕まえて、これから食事というところですね。
この子の目もほんとうに美しいです。
  1. 2008/03/10(月) 23:56:20 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

やはり干潟は羨ましいですね。
私の近所ではまずお目にかかれないものばかりです。
スズガモ君も特徴がはつきり出て素晴らしいですし、スグロカモメ君の素晴らしいこと。いやぁ~、見たいですね。
  1. 2008/03/11(火) 08:42:27 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

とても綺麗ですヨ!

よしの88さん、こんにちわ。
いつもお世話になってます。

ズグロカモメはとても綺麗に撮れてますよ。特に完全夏羽の個体は光の具合もよくすばらしいです。
私もこの日の目的が「ズグロカモメの夏羽を撮る」だったので、満足しています。しかも2羽並んだ写真が撮れたので充分過ぎる結果でした。

頭が黒く換わると渡っていってしまうズグロカモメ。この地にいるのはあと1~2週間でしょうか。
ちょっと寂しい気がします。
  1. 2008/03/11(火) 13:06:30 |
  2. URL |
  3. 青空 #nLnvUwLc
  4. [ 編集]

どりさま さん

こんばんは、いつもありがとうございます。
いつもいつもお返事が遅れて、申し訳ありません。

さて、今回の中ではツグミ君と言うことで、ありがとうございます。
ちょっと眼がいつもと違った感じに写ったかなと言う感じがしています。
と言うか、いつも見るツグミ君の眼とはちょっと違うような感じさえ一瞬しました。

また、お父様、ユニークで良いですね。
うちも親父など、多分そのあたりのことを聞いても何も知らないのではと思います。
そう言ったことを考えれば、ある意味共通点のあることは大変に羨ましいことだと思います。
  1. 2008/03/13(木) 23:25:48 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。
また、いつもお返事が遅れ、大変に申し訳ありません。

さて、アオサギ君、確かに人工構造物が前方にあるのは失敗編でした。
出来るだけ、前方をふさぐようなものがない状態で撮影することが好ましいのですが、この時はその事をよく考えていなかったように思います。

ツグミ君、普段見る個体よりも色合いが濃い印象を受けました。
しかし、気のせいか、いつも見るツグミ君の眼とはちょっと違うような感じを受けました。
眼の感じによって、表情がかなり違ってくるように思いました。

また、お言葉も大変に恐縮です。
このつたない写真で生命の躍動感が伝わるのであれば、大変にうれしい限りです。
目指すものはいつも「表情」と思っていますが、それは「生命」にもつながり、さらには「躍動感」であると考えています。
それだけに大変にうれしい、そして身に余るお言葉です。

ズグロカモメ君とハマシギ君の写真、これは掲載しようかどうしようか、大変に迷いました。
と言うのは、ズグロカモメ君を出すのであれば、あとの2枚で十分ですし、ハマシギ君を出すのであれば、他のものでも良かったように思います。

ただ、先日の大きい被写体と小さな被写体を思い出しまして、もしかしたらそれに当てはまるかなと言う感じがしました。

それにも増して、ハマシギ君は1000羽以上もいるかと言うところに、ズグロカモメ君の飛んできたところにハマシギ君が1羽だけぽつんといたのも気を惹いたことでした。

シロチドリ君、本当はトップに持ってこようと思った写真です。
ただ、アップしているうちにラストとなってしまいました。
出来ることなら、ペアでいる所も撮っておきたかったのですが、近付かず、離れずの状態で、残念ながら、チャンスがありませんでした。

起承転結、意図的に考えて写真の配列を考えているわけでもないのですが、基本的にはメインとなる写真をトップに、それから時間配列、状況配列を平行して並べて行くと言う感じです。

これもその時その時の思いつきで並べていますので、それによって自分自身どう感じるかはあくまで主観的にならざるを得ないところです。

今後も写真をただ並べるだけではなく、更に写真の配列にも気に掛けて行きたいと思います。

いつも色々とありがとうございます。
  1. 2008/03/13(木) 23:49:57 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

RUU さん

こんにちは、いつもありがとうございます。
また、いつもの事ながら、お返事が遅れ、大変に申し訳ありません。

さて、ズグロカモメ君、ここには2羽いるようですが、今回は撮影チャンスがほんの数回しかない状態でした。

頭がほぼ黒くなった状態で下を向いてばかりいるので、なかなかお顔をあげた状態の写真が撮れずでした。

眼のまわりの白いアイリングがまた特徴的でもありますね。

これから、シギ君、チドリ君たちの季節になり、大変に素晴らしい季節です。
例年のことですが、春先から、ここには足繁く行くようになるかと思います。
  1. 2008/03/14(金) 06:18:11 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんにちは、いつもありがとうございます。
また、いつもの事ながら、お返事が大変に遅れ、大変に申し訳ありません。

今回はズグロカモメ君の頭が黒くなっているのを楽しみにして行ってきました。
勿論、あとの種類も期待していたのですが、残念ながらと言うところでした。

やはり、猛禽君がいるとかなり様相が違ってくることは確かですね。
淡水池など、いつも所狭しとカモ君たちがいるのに当日はさっぱりいない状況でした。

ツグミ君、色合いのかなり濃い個体かなと思いました。
ただ、いつものツグミ君の眼の感じとちょっと違うような、変わった感じのする個体でした。

ムクドリ君、そうですね、ここでは高い場所から見下ろすように撮りますから、いつものムクドリ君とはちょっと違った感じになりますね。
白の色合いの強い、上品な感じに見えました。

スズガモ君、確かに身近で見ることは滅多にないですね。
うちはこれだけ近くで見たのは、井の頭自然文化園以外の自然の中では全く初めてでした。
井の頭自然文化園では間近で見ることが出来ますが、さすがに足の方までは気が付きませんでした。

それにしても足が大変に大きいです。
また後趾で良いのでしょうか、大変に太く大きいのに驚きました。

オナガガモ君やキンクロハジロ君、また一般的に近くで見られる種類の足はいつも見ていますが、そう言った感じには見えたことがないので、このスズガモ君の足、意外に大きいと思いました。

ズグロカモメ君、丁度頭が真っ黒になるくらいにいなくなってしまいますので、そのチャンスはわずかですね。

昨シーズンの写真を引っ張り出して、丁度3月5日頃に行ったときの写真で真っ黒になっていましたので、もう今しかないと思って、行ってきました。

三番瀬とも確かに行ったり来たりしているようです。
夕方には三番瀬の方向へと飛んでいきました。

ただ、葛西臨海公園にも1羽いるようですが、そちらは別個体のようです。

シロチドリ君、運良く近くに来てくれました。
カニ君がいるのに良く気が付かれましたね。
いつもながらにさすがです。
掲載する時点ではうち自身、気が付いていなかったことでした。

いつも色々とありがとうございます。
  1. 2008/03/14(金) 07:40:49 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんにちは、いつもありがとうございます。
また、お返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

干潟はうちのメインとするフィールドとなりつつありますが、これからの時期が一番素晴らしい季節です。

そちらでは3河川が合流するあたりかと思っているのですが、自然環境は桁違いにそちらの方が良いかと思いますし、種類も多いのではないかと感じています。

ただ、干潟でないと会えない種類も勿論多くいることも確かですね。

スズガモ君、いつも遠くにいますからこれほど近くで見るのは初めてのことでした。
遠くで見るのと近くで見るのと当たり前のことですが、こんなにも感じ方が違うものかと言う感じです。

ズグロカモメ君、こちらでは頭が黒くなるくらい(夏羽になるころ)にいなくなってしまいます。

と言うわけで、真っ黒な頭のズグロカモメ君を撮影できるチャンスは考えてみたらわずかです。

今回は昨シーズンのズグロカモメ君の写真を引っ張り出して、大体これくらいの時期にはと言う見当を付けていきました。

昨シーズンと同じ状況でしたので、運が良かったという所ですが、ただ、遠くばかりに飛んでいて、撮影のチャンスが数回もなかったことが心残りでした。
  1. 2008/03/14(金) 13:17:41 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

青空 さん

こんにちは、いつもありがとうございます。
また、こちらこそ、いつもお世話になり、誠にありがとうございます。

またお言葉も大変に恐縮です。

丁度この時は光の向きが斜め左側からでしたので、出来るだけそっちを向いたときに撮れればと思っていました。

それに下ばかり向いて歩いているので、なかなか顔を上げているところが撮れないというのも今回感じたことでした。

何とか撮れたのは良いのですが、やはり順光で撮るのが一番ですね。

また、うちも真っ黒になったズグロカモメ君を楽しみにして当日は行きましたので、目標は達成できましたが、やはりそれ以外が寂しい状況だったのが残念でした。

ただ、スズガモ君を初めて間近で見ることが出来たのは良かったと感じています。

うちも2羽並んでいるところを撮りたかったのですが、うちが行ったときには離れてしまっていて、ダメでした。
もっと早く移動していれば良かったと今更ながらにして思っています。

ズグロカモメ君ももう旅立ちの季節、あとここにいるのもわずかでしょうね。
旅立ちまでにもう1回行けるかどうかはわからないのですが、行けるようであれば行きたいと思います。

また、これからの時期はシギ・チドリ類の季節で素晴らしい時期になります。
春先からは時間があれば、足繁く、ここと三番瀬、湾岸地域に行くようになります。

またどこかでお会いする事もあるかと思いますが、ひとつよろしくお願い致します。
  1. 2008/03/14(金) 14:45:34 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

いつもながら

素敵な写真がたくさんですね。
アオサギをこんな風に見ることはなかなかありません。
いつもは猫背のような姿で
「あ、アオサギだ」と思いますが
こうして見ると本当に、美しい鳥ですね。
ズグロカモメ、初めてです。
ちょっとユニークでかわいいです。
いつも素敵な物を、ありがとうございます。
  1. 2008/03/16(日) 00:10:37 |
  2. URL |
  3. xiao #-
  4. [ 編集]

xiao さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、いつもながらうれしいお言葉も大変に恐縮の限りです。

アオサギ君、確かにいつもと違った雰囲気を醸し出していたと言う感じがしました。
その表情、行動、そしてさらには背景によってもかなり見え方が違ってくるようでもありますね。

猫背のような・・・代表格はどちらかと申しますとゴイサギ君とうちは思ってしまいます。

ズグロカモメ君、絶滅危惧種、希少種ですが、毎年この地に必ず1,2羽やってきます。
それだけに大変に貴重です。

冬の間はユリカモメ君と同じく、白い頭をしていますが、真っ黒になった頭は何とも個性的ですね。

いつも色々とありがとうございます。
  1. 2008/03/16(日) 19:30:37 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。