野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

井頭公園

今回は年末年始に去年から少しだけ遠いところへと言うことで、井頭公園に行って来ました。

去年もほぼ同じ時期(確か1月5日)に行っています。

当日、天気予報では全般的に晴れ模様と言うことでなんの心配もしていなかったのですが、残念ながら、当地は曇りがちのお天気でした。

そして、今回は前回はまわれなかった、ラグーン池、水生植物園も含めてまわって、ある程度のカウントもしておきました。

撮影は EOS 40D + Sigma APO 300-800 F5.6 EX DG HSM + 1.4 ×テレコン使用です。

IMG_341737.jpg


トラツグミ君です。
トラツグミ君はずっと空振りばかりで縁がないものと思って諦めていましたが、何とか初めて会うことが出来ました。
ただ、暗い林床にいますので、曇りがちの上に暗く、撮影はうまく行きませんでした。

初見初撮りですが、この「トラ模様」が輝くような感じで写せたらと思いました。
(撮影:釣池付近)

IMG_331637.jpg


ミコアイサ君の♀です。
近くで見るのは初めてですが、良く見るとくちばしはミコアイサ君そのもの(当たり前かも知れませんが)です。
(撮影:湿地植物園)

IMG_300337.jpg


ミコアイサ君の♂は遠すぎました。
(撮影:水性植物園)

IMG_300937.jpg


コガモ君です。
(撮影:水性植物園)

IMG_303537.jpg


ルリビタキ君です。
♂のような感じのする個体です。

ルリビタキ君は全域のあちこちで会いましたので、結構個体数はいるようです。
しかし、暗い、枝かぶり、その他なかなか写真に撮るのは困難でした。
(撮影:アスレチック広場付近)

IMG_304937.jpg


ガチョウ君かと思っていたのですが、どうもシナガチョウ君の♀の様です。
(撮影:ボート池)

IMG_311237.jpg


こちらはガチョウ君です。
(撮影:ボート池)

IMG_312437.jpg


カルガモ君です。
ここでは大変に多くいて、1000羽近くにもなります。
(撮影:ボート池)

IMG_318537.jpg


オナガガモ君です。
どちらかと言うと少数派です。
(撮影:ボート池)

IMG_320637.jpg


ヒドリガモ君です。
かなり少数派で4羽しか確認できませんでした。
(撮影:ボート池)

IMG_323037.jpg


セグロセキレイ君です。
ペアと思われる2羽で行動していました。
(撮影:ボート池)

IMG_326037.jpg


シロハラ君です。
声は結構あちこちから聞こえるのですが、なかなか姿が見えません。
(撮影:ボート池周辺)

IMG_327037.jpg


カワウ君です。
繁殖羽になっている個体はあまり見ませんでした。
(撮影:ボート池)

IMG_328337.jpg


ジョウビタキ君です。
ここではあちこちで出会いましたが、♀ばかりでした。
♂は全く見掛けませんでした。
(撮影:湿地植物保存地域付近)

IMG_343037.jpg


アオサギ君です。
ここではサギ君は少なく、ダイサギ君とアオサギ君が数羽でした。
水性植物園のダイサギ君1羽を除き、全ての個体が木の上にとまっていました。
(撮影:湿地植物園)

今回は写真撮影よりもどちらかと言うと歩いている時間の方が多かったような、そんな感じさえする1日でした。

進歩のない表ですが添付しておきます。
ここで池のようになっているところは、ラグーン池、水性植物園、一万人プール、ボート池、湿地植物園、釣池の6つのゾーンに分かれています。

あと、日本庭園の池もありますが、かなり小さいので割愛してあります。

水鳥関係は各々でのカウント、また各所で見られた場合は全て空欄で合計だけ±αとしてあります。

20080104井頭公園


もしかしたら、そのままクリックして見るとみにくいかも知れませんので、画像を拡大して見てください。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/04(金) 23:55:11|
  2. 野鳥
  3. | コメント:19
<<多々良沼 | ホーム | 謹賀新年>>

コメント

ミコアイサ

これはまた変わった鳥ですねー。キレイなカラーリングです。トラツグミも初めて見ました音符
  1. 2008/01/05(土) 04:18:02 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

おはようございます

遠出された成果が充分出ましたね。
トラツグミ、出会えた上に良い写真が撮れましたね。
ミミズなど餌の多そうな環境に立っているところが良いですね。
ミコアイサ、ずいぶん近くで良いショットが撮れましたね。鳥類園のは遠くにいます。
ルリビタキの若鳥、換羽が始まってきているようですね。
セグロセキレイ、シックで品のある写真ですね。
アオサギ、良いですね。お正月だからでしょうか?何時に無く『可愛い顔」してますね。(笑)
  1. 2008/01/05(土) 09:04:23 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

トラさんまで現れるとは素晴らしいところですね。
やはり山に餌が豊富なのか、冬鳥全般の数が少ないような気がする今冬です。昨年は一月に入ると自宅から5分ほどの水路にまでベニマシコが現れたのですが・・・。
1.4xのテレコンでこれだけの画質。2xでもかなり使えるのではないかと感じます。被写体導入がより難しくなりますが。
  1. 2008/01/05(土) 11:23:06 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

こんにちは
去年も行かれていた井頭公園
とても良いところのようです

トラツグミ君、ぼくは未だにまともに撮れなくて
今度こそと思っている鳥さんです
こんな風に綺麗に撮りたいです


ミコアイサの♀がこんなにかわいく
羽の質感まで伝わってくるほどの写りですね
また、♂は♂で、相変わらず絵になる鳥さんですね


ルリビタキは♂の若鶏でしょうね
ところどころ青くなっています
綺麗になるまであとどのくらいなのでしょうか


ジョウビタキもお得意の背伸びのポーズ

カモや渡り鳥も充実していそうですね
凄い公園です

  1. 2008/01/05(土) 16:05:17 |
  2. URL |
  3. RUU #-
  4. [ 編集]

ミコアイサすばらしいです

井の頭公園、収穫がかなりあったようですね。
トラツグミは昨年の冬は何度も会いましたが、今季はまだお目にかかっていません。
茶と黒のうろこ模様がとても美しく撮れていますね。
ミコアイサの♀はまだ見たことがないです。この子もなかなかの美人ですね。
♂はよしの88さんのお陰で撮ることができましたが、あの1度だけです。
ここは距離が遠いとのことで、大砲レンズでなければだめでしょうね。
あの白と黒のニンフのような姿が忘れられません。
セグロセキレイ、美しいです。
ハクセキレイとよく似ていると言われますが、美しさが全く違いますね。
この白と黒のくっきり感が大好きです。
ジョウビタキの♀、この伸び上がったようなポーズよくしますが、いや、かわいいですね。
井の頭公園、行ったことがないですが、是非撮りに行きたいです。
  1. 2008/01/05(土) 17:59:54 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/01/05(土) 18:02:05 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

トラツグミも

かわいいですが
ミコアイサの美しさに目を奪われました。
特に♂はとても美しいですね。
ルリビタキやジョウビタキも
とてもかわいく撮れていて
すばらしいですね。
  1. 2008/01/05(土) 23:27:38 |
  2. URL |
  3. xiao #rDKnVBoQ
  4. [ 編集]

どりさま さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

ミコアイサ君、個体数が少ないので、なかなか会うことが出来ない種類です。

うちが行くところでは運が良ければですが、多くの種類の中で1,2羽と言うところです。

通称「パンダガモ」などとも言われているようですが、多分目の辺りが似ているからなのでしょうね。

オスは完全なモノクロ配色(厳密にはわずかに違う部分もありますが)、メスはご覧の通りです。

どちらかと言うと海にいる方が多い種類です。

トラツグミ君、毎年空振りばかりでしたが、今回はうちの歩いているすぐ真ん前に偶然に舞い降りました。

本当に予期せぬ偶然とはある物で、これが初めての出会いでした。

暗い場所での撮影ですので、こんな感じですが、実物はもっときれいな色合いをしています。

行動は見ていると、冬に多く来る(今年は少ないようですが)ツグミ君と全く同じような感じです。
  1. 2008/01/06(日) 19:29:48 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうござます。

今回はこのトラツグミ君に会えただけでも少し遠くに行った甲斐があったと思っています。

また、いつもながらにお言葉も大変に恐縮です。

トラツグミ君は、全く予期もしていませんでしたが、うちの歩いている真ん前に偶然に舞い降りました。

本当にこう言うこともあるんだなと改めて思った次第です。

暗い林床だったのが残念でしたが、十分に愛嬌を振りまいてくれました。
この場所は落ち葉に関してもあまり手が入れられている(清掃などをされている)様な感じのしないところで、それだけに地中生物も多く育っている場所なのではという感じもしました。

考えてみると、反対に手の入れられているような(清掃されているような)ところには殆ど鳥君は見掛ける事がありませんでした。

ミコアイサ君、昨シーズンは♂がどちらかと言うと近くにいて、♀が遠くでした。
今回は反対で、♂は遥か遠く、♀はすぐ側にまで来ているような状態でした。
どうもミコアイサ君は♂♀別行動の様で、動きもバラバラですし、一緒に来るとも限らないのが、また難しいところです。

ルリビタキ君、ここでは至るところで出会いました。
しかし、本文でも書いたとおり、写真を撮るとなるとなかなかうまく行きませんでした。
そして、個体的には♂、♀ほぼ同じくらいでしたが、完全な成鳥の♂は見ませんでした。

この個体も成鳥になる少し手前の個体という感じがし、確かに換羽が始まっているような、そんな感じです。

セグロセキレイ君、いればいつも撮ってしまいます。
ハクセキレイ君はよく会いますが、セグロセキレイ君はうちの行く環境では、そう会えないですから・・・。

モノクロながら、きれいな色合いだといつも思います。

アオサギ君、木の上でした。
やはり、この場所自体がゆったりしているのかと思いますが、サギ君たちはみな木の上で池を眺めていました。

今回は残念ながら、ミヤマホオジロ君とカシラダカ君に会うことが出来ず、再度写真を撮ることが出来ませんでした。

今度はいつ行けるかわかりませんが、また新たに挑戦したいと思っています。
  1. 2008/01/06(日) 19:52:16 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

トラツグミ君、そうですね、環境の良くないところにはいないでしょうから、いると言うことから考えれば、それ相応以上の環境ではと思います。

ここの環境は近くに鬼怒川が流れ、その山あいの麓にあるような感じの場所です。
首都圏でうちが行くところから考えれば、環境は素晴らしく良いところではないかと思います。

今シーズンは確かに冬の個体数がうちも少ないような感じがしています。
まだ、1月ですから何とも言えませんが、少なくとも昨シーズンの同時期に比べて、かなり少ないです。

山の実りが豊かであると言うことであれば、それほど心配もないのですが・・・。

また山の実りが豊かであれば、少なくともクマ君やシカ君などの山の生きものたちも救われますから悪いことではありません。

テレコンに関してですが、前はずっと2倍を使っていました。
しかし、2倍と1.4倍の画像の差も大きく、無理して2倍を使う必要もないかなと考えて、1.4倍を常用しています。

ただ、今でも稀に2倍も使いますが、あまりに画像が落ちるという印象は特に感じません。

被写体導入に関しては確かに単焦点では難しいでしょうね。
それもあって画像よりも使い勝手を選び、ズーム式にしたあんばいです。

導入できないときは300mmまで下げて、再度ズームと言う感じです。

1テンポ遅れますが、結果的にはその方が早く被写体もファインダーに入り、写すことが出来ます。

テレコンは2倍、3倍とこの1.4倍と3種類ありますので、同じ被写体で同じ条件でどう違ってくるか、また試してみるのも面白そうです。
  1. 2008/01/06(日) 20:10:20 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

RUU さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

そうですね、去年も同じ時期に行きましたが、なかなか素晴らしいところです。
栃木県の数ある探鳥地の中でも有数の場所です。
ゆっくりと全てをまわるならば、1日では到底足りないほどのボリュームです。

今回も結局池のまわりだけで森林部分や別のところまでは足を伸ばせませんでした。

しかし、宇都宮市の隣ですから、結構距離もあり、そう簡単には行けないのが、ちょっと困ったものですが・・・。

トラツグミ君、いつも空振りで今回も全く頭にさえ浮かんでこなかったのですが、全くの偶然とはある物で、うちの歩いてた真ん前に舞い降りて来てくれました。

この特徴的な色合いは初めて見ても、すぐにわかりますね。

ミコアイサ君、♂がもう少し近いところにいてくれたら良かったのですが、これだけは仕方のないことですね。
反対に昨シーズン、遠かった♀がすぐ側まで来てくれたのが幸いでした。

しかし、警戒心は結構強いようで、人間の姿を認めるとすぐに潜ってしまい、遠くに行ってしまいますから、その近づける距離が難しかったです。

いつも♂ばかりに目が行ってしまいがちですが、♀もまたなかなかシンプルながらきれいで、またかわいいと思いました。

ルリビタキ君、ここでは結構多くいるようで、至る所で出会いました。
ただ、きれいな色合いになっている♂の成鳥は見掛けませんでしたが・・・。

この個体は確かに成鳥の手前という感じですが、さてどれくらいかかるのでしょうね。
今年の夏羽できれいな色合いになりそうな感じもしますし、さて・・・、これだけは難しいです。

確かきれいな色合いになるまで3年と聞いたことがあるようにも思いますが、時間のあるときに調べてみようと思います。

ジョウビタキ君も結構あちこちで出会いました。
ただ、全て♀ばかりで♂がいないのか(そんな事はないかと思いますが)どうか、全く姿が見えませんでした。

種類に関してはある程度揃っているかと思います。

今回はミヤマホオジロ君とカシラダカ君に会うことが出来ませんでした。
声は聞こえ、またちらっと姿は見たのですが、それでは会ったことにはなりませんから・・・。

あとは、カモ類ですが、淡水系のみで海系の種類(キンクロハジロ君とかホシハジロ君とか)は殆どいません。
今回は1羽も見当たらずでした。

唯一海系はミコアイサ君だけです。
  1. 2008/01/06(日) 20:51:47 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

一応念のためなのですが、井の頭公園(と言いますと東京都武蔵野市の井の頭公園とお間違えかなと思ってしまいますので)ではなく、正式には栃木県立県民公園・井頭(いがしら)公園と言います。

うちが東京都の井の頭公園を掲載するときは井の頭恩賜公園と表現しますが・・・。

さて、今回は少し遠出と言うことでしたが、トラツグミ君に会えただけでも行った甲斐があったと言うものでした。

今まで空振りばかりで、今回は全く考えもしていなかったのですが、うちの歩いている真ん前に偶然にも舞い降りてくれました。

まさに偶然の出会いでした。
その姿を見て、トラツグミ君とすぐわかりました。
この特徴的な色合いは大変に目立ちます。

そして、羽の色合いですが、暗い林床での撮影でしたので、実物は勿論のことですが、もっときれいです。

ミコアイサ君、♂と♀が殆ど別行動ですので、なかなかうまく行きません。
前回は♂がある程度近くて、♀は遥か遠くだったと思うのですが、今回は正反対でした。

♂に関しては場所的なこともあるのですが、およそ100mくらいの距離でした。
それ以上は近くに来てくれませんでした。

反対に♀はすぐ側まで来てくれましたので、何とか撮れたと言う感じです。

ただ、人間に関しての警戒心は強く、姿を認めるとすぐに潜って遠くに行ってしまいます。
それだけに撮影する距離が難しかったです。
出来るだけ近寄って撮影したいのですが、なかなかそうも行きません。

♀は初めて近くで見ました(だいぶ前に井の頭自然文化園で水槽にいた♀を見たことはあるのですが)が、シンプルながら、きれいですし、また小さくてなかなかかわいいです。

余談ですが、昨シーズン、思いがけない場所でミコアイサ君の♂が1羽滞在したところですが、ついこの前も様子を見に行ってきましたが、やはり来ていませんでした。
まだ可能性はあるので、引き続き様子を見に行こうと思います。

セグロセキレイ君、モノクロながらいつもきれいだと感じる種類です。
ここではかなり活発的にあっちにこっちにと飛び回っていました。

ジョウビタキ君、実はこのポーズを見るのは初めてのような感じがします。

首を伸ばしてあたりの様子をうかがいながら、安全の確認をしているのでしょうか、何とも表情が良いですね。

ここは栃木県の探鳥地の中でも有数の探鳥地ですが、ちょっと遠いので、うちもそう簡単には行くことが出来ないのが残念です。
  1. 2008/01/06(日) 21:14:44 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます。のお返事です。

こんばんは、いつも誠にありがとうございます。
具体的内容にはコメントの性質上、触れることが出来ませんので、深く感謝し、御礼致します。
時間が取れたら、出来るだけ早くと思っております。
  1. 2008/01/06(日) 21:22:08 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

xiao さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

トラツグミ君、当たり前のことなのかも知れませんが、ツグミ君と行動がほぼ同じで、その点でもなかなかかわいかったです。

暗い林床だったのが残念でしたが、実物は勿論、この写真よりもずっときれいです。

そして、ミコアイサ君、やはりこの白黒の♂はシンプルながら、なかなかきれいですね。
どこに行っても、ミコアイサ君というとこの白黒の♂しか相手にされないような風潮がありますが、♀もまたシンプルながら、大変きれいですし、また小さくてかわいいです。

警戒心はかなり強い方と思いますが、今回は偶然にもかなり側まで来てくれましたので、何とか撮ることが出来ました。

ルリビタキ君、ジョウビタキ君はここではかなり多くいるようで、あちこちで出会いました。
この種類は目が丸く大きくてなかなかかわいいですね。
  1. 2008/01/06(日) 21:28:43 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/01/11(金) 00:19:53 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

ごめんなさい!

すいません、寝ぼけていました。
合っています、失礼しました。
見なかったことにしてくださ~い。
  1. 2008/01/11(金) 00:22:39 |
  2. URL |
  3. 野草 #lEnsysYk
  4. [ 編集]

野草 さん

こんにちは、うちのブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

先のコメントに関してはコメントの性質上、具体的なことは書けませんが、後のコメント了解しました。

また何かありましたら、よろしくお願いいたします。
  1. 2008/01/11(金) 13:35:59 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/01/11(金) 21:43:10 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます のお返事です。

こんにちは、再度再度、誠にありがとうございます。
コメントの性質上、具体的内容は書くことが出来ませんが、そうだったんですね。

また、身に余る、お言葉も大変に恐縮です。

うちの写真はまだまだですから、ご覧いただくだけでも大変にうれしい限りです。

今後もこちらこそ、よろしくお願いいたします。
  1. 2008/01/12(土) 06:03:12 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。