野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

茨城県自然博物館 ・ 菅生沼

今回は週末天気も良くなく、博物館に行くことにしました。

茨城県自然博物館です。つい最近第4次総合調査報告の企画展も開催され、その報告書なども気になっており、今年中には行きたいと思っていました。

午後くらいから晴れてきたので、菅生沼へと出てみました。

撮影は EOS 40D + Sigma APO 80-400 F4.5-5.6 EX DG OS + 1.4×テレコン使用で手持ち撮影です。

IMG_185437.jpg


コハクチョウ君です。
この菅生沼で見渡す限り、わかっただけですが、40羽ほどいました。
オオハクチョウ君がいたかどうかははっきりしませんでした。

IMG_178837.jpg


コハクチョウ君は家族単位で行動すると言われています。
コハクチョウ君の家族でしょうか、子供らしきがどうも見当たりません。

IMG_172737.jpg


ダイサギ君です。

IMG_174937.jpg


空抜けですが、同じくダイサギ君です。

IMG_174137.jpg


セグロセキレイ君、久しぶりでした。

本当はもっと多くの種類がいると思っていたのですが、かなり寂しい感じでした。

自然博物館とあすなろの里を結ぶ橋からですが、本当はここよりも北側の上沼に多くのコハクチョウ君とカモ君たちがいるものと思われましたが、時間もなく、まわることが出来ませんでした。

進歩のない表ですが添付しておきます。

20071223茨城県自然博物館・菅生沼


次回は上沼にも足を伸ばしたいと考えています。

**「野鳥道傳説(旧版)」に EF-S 18-55mm で撮影した景色の写真をアップしています。
スポンサーサイト
  1. 2007/12/23(日) 20:12:04|
  2. 野鳥
  3. | コメント:10
<<三番瀬 | ホーム | 鍋島松濤公園>>

コメント

コハクチョウがとても穏やかな表情ですね
ゆっくり羽を休めて欲しいですね

ハクチョウは不思議な魅力があります
何故か見入ってしまいますね
  1. 2007/12/23(日) 22:27:15 |
  2. URL |
  3. RUU #-
  4. [ 編集]

RUU さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

この週末はお天気も優れず、どこに行こうかと言う計画はしていたのですが、全てまた未定になってしまいました。

明日は仕事ですので、残念ながらと言う感じです。

この菅生沼には毎年数百羽のハクチョウ君たちが来る様です。
実際に今回は40羽ほどでしたが、固まっているのはこの沼の北側にある、上沼と言うところのようです。

うちのいたところからは歩いてかなりの距離があり、時間的に移動する事は残念ながら、無理でした。

今度行くときは反対側から回り込んで、まずは上沼に行ってみたいと思っています。

ここでは今回は人間も少なく、コハクチョウ君たちもかなりゆったりとしていたと思います。

また春先近くには飛び立ってしまいますが、ここでゆっくりと休んでこれからの旅立ちに備えて欲しいと思います。

ここもそうですが、あと年末年始に多々良沼にも行く計画をしています。

あとは茨城県と栃木県、群馬県あたりでハクチョウ君の来る場所をいくつかまわりたいと思っています。

そして、毎年行こう行こうと思って行けないのが、東北地方、そして北陸地方です。

雪のあるところは車で行くのが難しいので、どうしても悩んでしまいます。
  1. 2007/12/23(日) 23:07:19 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

こんばんは

菅生沼、38年前の2月に1度行った事があります。当時は白鳥は来ていませんでした。
トップのコハクチョウ、優雅さが表現されていて素晴らしいですね。
白鳥、ここ数年みていません。
ダイサギ、どちらもとても良いですね。
陰を落としたセグロセキレイ、とても素晴らしい画像だと思います。
最近の画像には時々詩情を感じます。

実は今日、急遽頼まれて鳥類園の1日スタッフをやって来ました。
雨の調査は寒かったですが、途中から小雨になり、擬岩の観察窓のところでは陽が射してきました。そしたら2羽のチュウヒと1羽のハイイロチュウヒが同時に下ノ池上空を割と低く飛びました。接近した時、ハイイロチュウヒとチュウヒの1対1の空中戦がありました。江戸川河口の岸近くに珍しくミミカイツブリが1羽っきりでいました。
午後は晴れて、ハイタカが飛び、オオタカ(幼鳥)が上の池の杭と下ノ池の松の木に、それぞれ30分ほど止まっていました。
おかげで、朝の疲れが吹っ飛びました。(笑)
  1. 2007/12/23(日) 23:15:25 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

大きいですね

コハクチョウといっても、やはりずいぶんとでかいですね。
オオハクチョウを1度撮ったことがありますが、優雅さとかよりもそのあまりの大きさに度肝を抜かれました。
ダイサギの飛翔、見事です。こうしてみると翼が大きいですね。
セグロセキレイ、いいですね。
私はこのセキレイが大好きです。
キセキレイも好きですが、セグロの方がもっと好きです。
  1. 2007/12/23(日) 23:35:46 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

ぼけーっと

冬の陽だまりでコーヒーすすりながら野鳥の撮影がしたいなぁ。お休みにはなんか撮影したいです。
  1. 2007/12/24(月) 02:51:19 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

菅生沼、38年前ですか。
その時とはだいぶ様子も変わっているのではないかという感じもします。
ハクチョウ君が来始めたのもそうなると最近のことのようですね。

うちはここの茨城県自然博物館に年に数回行きますので、そのすぐ隣ですから、時間のあるときには足を伸ばすようにしています。

ただ、冬の時期に行くのは今回が初めてでした。

実際のところはかなり期待していたのですが、今回は少し寂しい感じでした。

聞くところではコハクチョウ君やカモ類が多くいるのは同じ菅生沼でも北側の上沼と言うところの様でしたが、時間がなく行くことが出来ませんでした。

ここのコハクチョウ君、あまり人慣れしていないためか、なかなか近くに来てくれず、かなり待ちの状態が続きました。

これが本来の姿なのでしょうが、橋に人間が通るたびにせっかく近付いてきていても、すぐにきびすを返して遠くに、この繰り返しでした。

ダイサギ君、ここでは何羽か見られましたが、見えるところにはなかなか出てきてくれずでした。

セグロセキレイ君、なかなか会う機会もないのですが、こうして見るとモノクロながらなかなかきれいです。

絵をお描きになる方にご覧頂けると、撮った写真が技術的なことは二の次にしても、画像としてどうなのか、お感じになることが的確で大変に勉強になります。

そして、今の時点では昨日となってしまいますが、鳥類園だったのですね。

急遽と言うことで、大変にお忙しいですね。
午前中のお天気ではかなり大変だったのではないかと思います。

しかし、チュウヒ君とハイイロチュウヒ君とはまた素晴らしいですね。

実際に良く見たこともなく、遠くに飛んでいる姿ばかりですから、たまには近くで会えればと思っていますが、猛禽君に縁のないうちにはかなり難しそうです。

その上にハイタカ君、オオタカ君と猛禽君ずくめ、羨ましい限りです。

そして、ミミカイツブリ君まで、多少のお天気の悪さも忘れてしまいそうな豪華な顔ぶれですね。

時間もないのに行きたいところが多く、全く困ったものですが、今度はいつ鳥類園に行けるか、この冬の間には何回か様子を見に行きたい物です。
  1. 2007/12/24(月) 22:11:43 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

コハクチョウ君、確かに近くで見ると結構大きいです。
オオハクチョウ君を撮られたことがあるとの事ですが、大きさ的にはオオハクチョウ君もコハクチョウ君もそれほど変わりません。

いつも身近で見ているカモ君たちから想像すると、かなりの大きさであることは確かですね。

ダイサギ君、ここの沼はかなり広いですから、飛翔写真は意外と狙えそうな感じがしました。
と言うのは方向転換をせずに真っ直ぐに飛んでくれますので、それだけに先を読めると言うことにもなりそうです。

とは言っても、この写真は偶然に何となく撮ったのですが、たまたま写っていたと言う感じです。

カワウ君の飛んでいくところも撮ったのですが、こちらはダメでした。

セグロセキレイ君、モノクロながら近くで見ると大変にきれいですね。
改めてその魅力を再発見したあんばいです。

一番身近なのはハクセキレイ君ですが、キセキレイ君はなかなか会う機会がありません。

セグロセキレイ君もそうは会えませんが、いれば声ですぐにわかりますね。
  1. 2007/12/24(月) 22:27:06 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

どりさま さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

そうですね、ゆったりと落ち着いて写真を撮ること、うちもそうでありたいものなのですが、時間もなく、またなかなか実現しそうにありません。

貴殿の卓越した撮影技術での鳥君たちのお写真、そしてどう表現をされるか、大変に楽しみにしております。
  1. 2007/12/24(月) 22:31:38 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コハクチョウ

家族単位で行動する鳥は
なんとなく暖かさを感じます。
冬晴れの水辺、コハクチョウも
のんびりと言った感じですね。
足をピーンと伸ばした
ダイサギの飛んでいる姿は
とても美しいです。
  1. 2007/12/25(火) 09:19:40 |
  2. URL |
  3. xiao #rDKnVBoQ
  4. [ 編集]

xiao さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

そうですね、確かに暖かく、また微笑ましく感じます。
この日は午前中雨模様、昼頃からようやく晴れてきました。

コハクチョウ君たちものんびりと泳いでいたり、休んでいたり、また羽繕いをしていたりしていました。

こうしたのどかな風景もまた良い物だと思いました。

ダイサギ君、これはたまたま撮れていたという方が正解なのですが、なかなかきれいです。
  1. 2007/12/25(火) 20:12:04 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。