野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

洗足池公園

今回もいつもの地元の洗足池公園です。

撮影はEOS 40D + Sigma APO 80-400 F4.5-5.6 EX DG OS です。

IMG_235835.jpg


ユリカモメ君をようやく初認しました。
一昨日には少なくともいなかったので、昨日か今日に来たものと思われます。
確認できたのは4羽で杭の上で並んで佇んでいました。

IMG_207835.jpg


水生植物園ではいつもスズメ君たちが水浴びをしています。
その中で杭にとまってあたりを見ている個体です。

IMG_226935.jpg


キンクロハジロ君、かなり多くなってきました。

IMG_251835.jpg


キンクロハジロ君、かなり♂の特徴がはっきりしてきた個体が多くなってきました。

IMG_243935.jpg


ホシハジロ君、今回は1羽しか確認できませんでした。

IMG_262735.jpg


オオバン君がまた戻ってきました。
少し前から情報はあったのですが、うちとしては初認です。
かなり白っぽい感じのする個体です。

IMG_276035.jpg


いつもいるアヒル君です。

IMG_274235.jpg


ここには1羽だけ、いつも人間の近くにいるカラス君がいます。
行動を見ているとなかなかかわいいです。

IMG_277235.jpg


いつものカワウ君ですが、ここではいつも1羽だけでした。
2羽いるのは大変に珍しいと思われます。

傾向としては・・・
①オナガガモ君とキンクロハジロ君はそれぞれ50羽以上はいそう。
②一時期見られた、ハシビロガモ君は確認できなかった。
③やはり一時期見られた、ヒドリガモ君も確認できなかった。
④マガモ君は未だに初認出来ず。
⑤ユリカモメ君、初認、一昨日はいなかったので、今日か昨日か。
⑥オオバン君、初認、結構人懐っこいので、去年いた個体と同じような感じがする。
⑦1日だけ見られた、バン君、それ以来姿が見えない。
⑧ジョウビタキ君、未だに確認出来ず。
ただ、家ではうちの家のテレビアンテナが好みのジョウビタキ君の♀が毎年来るが、今年は♂とペアで10月31日に初認。
⑨モズ君もこの時期来るのだが、未だに確認できず。
⑩ヒヨドリ君が大変に多く、賑やか。(家のまわりでも同じ傾向)

と言った感じかと思われます。
まだまだ個体数も増えそうですし、ユリカモメ君が来始めたことで、かなり賑やかになってきそうです。
スポンサーサイト
  1. 2007/11/04(日) 22:29:37|
  2. 野鳥
  3. | コメント:12
<<石神井公園 | ホーム | 洗足池公園>>

コメント

こんばんは

トップのユリカモメとても素晴らしいですね。
オナガモ、キンクロハジロ、かなりの数が来てますね。驚きです。
昨日、今日と鳥類園でした。
現在カモは9種類来ていますが、オナガガモはまだ数羽です。
しかし、今日のガイドツアーの時にチュウヒが上の池の上空を低くゆっくり旋回して草原に降りてくれました。
オカヨシガモも4ペア見られました。
東渚沖にはカンムリカイツブリ、ハジロカイツブリも来ています。
  1. 2007/11/04(日) 23:27:33 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

ユリカモメ君は今朝10羽来ていました
定期的に池の表面をくまなく飛び回っていました
偵察隊でしょうか?

午後には1羽になったという事
興味深いですね

来月には杭の奪い合いになるほど
集まるでしょうね~
楽しみです

ところで、パンやビスケットを
投げて餌をあげる人が多いのですが
今日、拾い集めてきた木の実をむいて
あげている人を見かけました
それを見て、驚いたのと同時に感動しました
”餌はダメ”というのは
水質環境面ではもっともでしょうけど
この人のしていることは
ちょっと一味違うなあと思いました
  1. 2007/11/04(日) 23:41:33 |
  2. URL |
  3. RUU #-
  4. [ 編集]

 ユリカモメ。いつもいっぱいいますがこれから増えてくるのでしょうか。

 スズメはかわいく撮れてますね。

 オオバンはまた来てるのですね。洗足池では珍しいですね。
1羽だけで来たのでしょうか。

 カワウは2羽いるのは自分も見たことがありません。
珍しいですね。仲良さそうですがペアなんでしょうか。
  1. 2007/11/04(日) 23:49:17 |
  2. URL |
  3. kurabar #3aXRcdxk
  4. [ 編集]

スズメが

妙に新鮮に感じてしまうのはなぜなんでしょうね^^?オオバンくんは特徴のある鳥なので一度是非出会ってみたいなー。先日の湖北町の道の駅に、近辺に飛来する鳥の剥製としてオオバンくんも展示されてましたので、琵琶湖で遭えるかもしれませんです^^
  1. 2007/11/05(月) 00:37:08 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

↑琵琶湖湖北の水鳥公園や烏丸半島ではオオバンは年中いますよ。
3日の日には嫌というほど見ることができました。
ユリカモメも入っていよいよ冬本番ですね。こちらではジョウビタキも大変多くなってきました。
  1. 2007/11/05(月) 08:40:51 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

水鳥はけっこう来ていますね

ユリカモメ、来てますね。私も出会いました。
カモメといえばウミネコばかり見てきましたので、この可愛らしさは格別です。
白がとてもきれいに撮れていますね。
スズメさんも可愛いです。この胸のほわほわした羽毛、美しいです。
キンクロハジロの冠羽が見事です。凛々しい姿になって来ましたね。
ホシハジロさんの背中の銀の模様に惹かれます。
カラスもカワウも羽毛が黒光りしていますね。
私のまわりのフィールドでは水鳥はけっこう来ていますが、小鳥の数が少ないのが気になります。
シジュウカラ、メジロ、ヤマガラといった去年あきれるほどいた鳥の出がどうもよくないように感じます。
  1. 2007/11/05(月) 18:49:31 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

ユリカモメ君、ようやくここでも初認となりました。
これからますます賑やかになりそうで、楽しみです。

オナガガモ君とキンクロハジロ君は去年よりも早いような気もしますが、個体数的には例年の同時期に比べて多いような感じです。

こちらもさらに多く増えていくことが楽しみです。

週末の連休は大変にお疲れ様でした。
後から知ったのですが、公園全体でイベントがあったようですね。

チュウヒ君も舞い降りる事がそうないかと思いますが、その日は特別だったのでしょうか。
上空を飛んでいる姿だけでなく、舞い降りた姿もいつかは見てみたい物です。

そして、東なぎさではカンムリカイツブリ君にハジロカイツブリ君とまさに冬本番になってきたようですね。

また近いうちにお邪魔したいと思っています。
  1. 2007/11/05(月) 21:37:38 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

RUU さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

ユリカモメ君、朝方は10羽来ていて、くまなく飛び回っていたとのこと、来たのが今日か昨日のはずですから、確かに偵察隊と言う事もあり得る話ですね。

午後は4羽、こちらは杭の上に佇んで殆ど飛んでいることはありませんでした。

これから本当に杭の奪い合いとなる如く、かなりの個体数が期待できますね。

さて、食べ物を与えると言うことは一般的にはいけない事とされていますし、うちも少し前までは全面的にそう思っていました。

しかし、考えてみると池の水質環境面での影響がどれほどあるのか、全く具体的な根拠がありません。

残した食べ物が腐敗して・・・とは思いにくいです。
なぜなら、残すこともなければ、どんな小さな物でもオナガガモ君がくちばしでさらっています。

排泄物が多くなると言うことも言われていますが、そんなことは単なるこじつけです。

それではプランクトンやその他微生物に関する事なのでしょうか。

これに関しては「水質環境」に何が悪いのか、具体的に調べていきたいといつも考えていることです。

ただ、カモ君たちの1日に必要な食べ物の量に比べたら、人間の与える食べ物などそのうちのごくわずかにしかならないのではと思います。

むやみに食べ物を与えるのもどうかと思いますが、ただ、与えることが悪いことだとも思っていません。

人間に食べ物をもらったからと言って、生きていけなくなるわけではないですし、それも一つの生き方だとうちは考えます。

ただし、幼鳥の場合に与えることは除きますが・・・。

木の実をむいて・・・今時まず見掛けない光景ですね。
なかなか素晴らしいです。
うちも出来ることなら、その場に居合わせたかったです。
  1. 2007/11/05(月) 21:49:47 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

kurabar さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

ユリカモメ君、多分にしてその当日か前の日に来始めたと思われますので、増えていくのはこれからだと思われます。
まだまだ個体数は少ないですが、もう少し経つとかなりのユリカモメ君が来るのではと楽しみです。

スズメ君、水生植物園で良く水浴びをしています。
このスズメ君は水浴びをすると言うよりはその杭の上に佇んであたりを見ている、いわば監視役のような感じにも思えました。

それでもまだ今年の子のような感じですが・・・。

オオバン君、今年も帰ってきたようです。
多分にして、去年も同じくですが、オナガガモ君やキンクロハジロ君と一緒に行動していますから、もしかしたら一緒に来たのかも知れません。

オオバン君は、どちらかと言うとあまり飛んでいるのを見たことがないので、単独で飛んでくるとはちょっと考えにくいような感じがします。

カワウ君、確かにいつも1羽だけしかいませんが、珍しく2羽で寄り添うように佇んでいました。
繁殖期もまだ先かと思うのですが、ペアに準ずる様な感じなのかも知れません。

ここも良く見ていると日々様々に移り変わっているようです。
  1. 2007/11/05(月) 22:24:55 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

どりさま さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

スズメ君、身近にありながら、撮っている人は殆どいませんね。
うちはいれば、必ず撮るようにしています。
スズメ君は怖い表情から優しい表情までまさに様々な表情をします。
それだけにうちには大変に魅力的です。

オオバン君、これから色々なところで見られると思います。
何年か前まではそれほどでもなかったのですが、近年になって、かなり色々な環境で生息域を広げたと言う感じがしています。

勿論琵琶湖でもかなり多くのオオバン君がいるものと思われます。

実は先日別のお友達のブログで琵琶湖のお写真を拝見しましたら、多くのカモ君たちの中にオオバン君も多く写っていました。
  1. 2007/11/05(月) 22:45:10 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

オオバン君、1年中いるようで、羨ましい限りです。
こちらでは夏の間はいなくなってしまいます。
そして、冬になると多くなってきます。

ここでも夏の間はいません。

ユリカモメ君もこれからですが、まさに冬も本番という感じで、楽しみになってきました。

ジョウビタキ君、ここでは毎年♀が1羽、たまに♂が1羽来るのですが、今シーズンはまだ初認出来ていません。

家のまわりではもう来ているのですが、縄張りの関係もあるのでしょうか、ここに来るのはもう少し先のようです。
  1. 2007/11/05(月) 22:57:10 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

ユリカモメ君、ここではようやく来てくれたと言う感じです。
これからが楽しみですが、同時にカモ類との食べ物の争奪戦も繰り広げられそうです。

カモメ君と言えば、確かに今までの季節はウミネコ君がメインですが、こらからはユリカモメ君を筆頭にセグロカモメ君やオオセグロカモメ君、また他の種類、谷津干潟ではズグロカモメ君と楽しみは尽きません。

スズメ君、身近であってなかなか撮っている人を見掛けません。
やはり、いれば必ず撮ってしまう種類です。
スズメ君ほど表情が様々で豊かな鳥君も少ないのではと最近は思い始めています。

キンクロハジロ君、ついこの前までは殆ど同じようでしたが、だんだんと♂の特徴がはっきりしてきました。
まだまだ冠羽も含め、変わっていくでしょうね。

ホシハジロ君は、ここでは少ないですし、マイペースでなかなか近くに来てくれませんので、撮るのが難しいです。

泳いでいるのを陸で追い掛けて撮るしかありませんが、たまたま近くをかすめたときでした。

この模様がまたキラキラと輝いていることから「星」なのかと最近は思ってきました。
本当かどうかはわかりませんが、うちが勝手にそう思っていることです。

カラス君、カワウ君、もう少し光がうまく当たっていてくれたらと言う感じでした。
カラス君の場合は暗い林床でしたので、日向に出るのを待っていたのですが、そのうちに飛んで行ってしまいました。
ちょっとぼやけた感じの黒光りで今一歩でした。

今シーズンはカモ類系は結構早くから来ているようにも思えます。
そして、うちの行くフィールドではシジュウカラ君やヤマガラ君、メジロ君も結構賑やかです。

やはり、場所場所によって、時期的な物がわずかながら、ずれているのかも知れませんね。

ただ、今シーズン、去年多く来ていた、山系の鳥君たち、どうなるのか気になるところです。
  1. 2007/11/05(月) 23:32:28 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。