野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

谷津干潟

今回は谷津干潟へと行ってきました。

シギ君・チドリ君の季節もほぼ終わり、カモ君たちの季節になろうかと言う、今日この頃です。

お天気はほぼ快晴かと言う感じでしたが、画像は今一歩すっきりしない様な感じがしてなりません。

掲載しているのは夕暮れ時に撮影した写真が多く、西日を受けています。

撮影は EOS 40D + Sigma APO 300-800 F5.6 EX DG HSM + 1.4×テレコンです。

IMG_970534.jpg


ダイシャクシギ君です。
2枚目の写真の個体と2羽でした。

IMG_982834.jpg


同じくです。

IMG_865134.jpg


遥か遠くにダイゼン君です。
ダイゼン君は一番遠いところに固まって20羽ほどはいたようでした。

IMG_866334.jpg


アオサギ君です。
一時期に比べてかなり少なくなったような感じがします。

IMG_871434.jpg


ハマシギ君たちです。
ハマシギ君は数え切れないくらい、200~300羽はいたように思われました。

IMG_872634.jpg


オオソリハシシギ君です。
確認できたのは1羽だけでした。
5羽のオグロシギ君たちと一緒に行動していました。

IMG_872934.jpg


オグロシギ君です。

IMG_888534.jpg


オグロシギ君、背中と尾羽の感じがわかります。

IMG_910034.jpg


ダイサギ君です。
一時期よりかなり少なくなりました。

IMG_912034.jpg


オナガガモ君の♂ですが、まだかなり中途半端な感じです。

IMG_913834.jpg


ヒドリガモ君、かなり多くなってきました。

IMG_914334.jpg


ハシビロガモ君です。
確認できたのは3羽と言う感じでした。

IMG_920134.jpg


コガモ君です。
こちらもかなり多くなってきていて、50羽ほどはいそうでした。

IMG_922634.jpg


ハシビロガモ君、前のとは別個体ですが、かなり目つきが悪く見えてしまいます。

IMG_936034.jpg


ここではかなり久しぶりにカワセミ君に会いました。

IMG_937134.jpg


ヒドリガモ君の♂です。
かなり特徴が出てきている個体です。

IMG_942534.jpg


遥か遠くにハマシギ君、トウネン君、ダイゼン君たちです。

IMG_946934.jpg


お休みセイタカシギ君です。

IMG_954334.jpg


オバシギ君です。
確認できたのは1羽だけでした。

IMG_964934.jpg


ウミネコ君です。
ウミネコ君も一時期よりかなり減ったような印象を受けます。

また、セグロカモメ君、ユリカモメ君はまだ来ていないようで、確認できませんでした。

IMG_986334.jpg


ハクセキレイ君です。
先日も会った、お顔の黄色い個体のようです。

IMG_990434.jpg


イソシギ君です。

IMG_994534.jpg


夕暮れ時、オオソリハシシギ君(左)とオグロシギ君(右)です。
こうしてみると確かに一見してではどっちがどっちなのか・・・似ています。

今回はハマシギ君はかなり多くいましたが、一番遠いところに固まっているような状況でした。

あとは個体数はかなり少なくなったとは言え、それでも素晴らしい1日でした。

シギ君・チドリ君たちももう旅立ちの季節、長い旅の無事を祈り、また来春も是非来てくれることを祈らないではいられません。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/21(日) 22:57:50|
  2. 野鳥
  3. | コメント:16
<<洗足池公園 | ホーム | 生田緑地 (晩夏の昆虫類・その他生き物編)その2>>

コメント

ダイシャクシギが迫力満点ですね
僕はいまだに会えずです
うらやましい限りです

杭の上に佇むコガモ♀
とってもいいです。大好きな写真です
カモではコガモの♀が特に好きなので
見入ってしまいました


今日は葛西にいっていました
ユリカモメは渚に来ていました
数はまだまだといった感じです

シギさんたち、この先オーストラリアまで
ノンストップでしょうか
無事を祈りたいと思います
  1. 2007/10/22(月) 00:04:11 |
  2. URL |
  3. RUU #-
  4. [ 編集]

ダイシャクサギの

くちばしがかっこいいですね~。800mmにテレコンで夢のような倍率になってますが、画質はシャープでクリアですね~。羨ましいです。
  1. 2007/10/22(月) 04:57:56 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

やはりいる所にはたくさんいますねぇ。
シギ・チ類はほとんど未見なので羨ましい限りです。ここではバスーカ砲は生きますね。
  1. 2007/10/22(月) 10:25:58 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

大砲レンズならではの写り

ダイシャクシギの剣のようなくちばしに憧れます。
見事に輝いていて切れ味するどい名刀のようです。
ダイゼン君遠そうですね。
800+1.4テレコンでこの大きさですから。
こんなに遠くてもそれなりの写りをしているのはさすがです。
オオソリハシシギとオグロシギが一緒にいたのですか。
私なら、あれあれと混乱してしまいそうです。
でもこうして上下に並べてもらえば、その違いがはっきり分ります。
またラストの左右にならんだ絵は、違いを表すのに最適の見本ですね。
羽の模様、くちばしが違うのが確認できます。
セイタカシギさん、相変わらずのハンサムボーイですね。
この目がたまりません。
カモさんたちはまだオスメスの特徴がはっきりしていないようですね。
特徴がくっきりする頃、数も増えて撮り頃になるのでしょうか。
それにしても、谷津は鳥が遠いですから、やはり大砲レンズならではの写りですね。
私の400mmではかすりもしません。
  1. 2007/10/22(月) 17:56:08 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

カワセミも

いたのですね。
ちょっと黒っぽいようにみえますが
この時期だからでしょうか。
こちらで素敵な写真を見せていただいて
とても楽しんでいます。
機会がありましたら
オオソリハシシギを撮ってみたいです。
  1. 2007/10/22(月) 22:51:43 |
  2. URL |
  3. shilky07 #rDKnVBoQ
  4. [ 編集]

こんばんは。

何時もながら、鳥達の表情が良いですね。
よしの88さんのお人柄のように、皆優しい目をしていますね。
今年はダイシャクシギに出会えませんでしたが、よしの88さんの画像を拝見できて、見た気分になれました。ありがとうございます。
  1. 2007/10/23(火) 18:10:16 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

RUU さん

こんばんは、いつもありがとうございます。
また、お返事が大変にお遅れ、誠に申し訳ありません。

さて、ダイシャクシギ君、多分にしてここではまだまだいるかと思います。
遠いか近いかはその時の潮加減と運次第なのかなと思いますが、当日は運が良かった方ではなかったかと思います。

夕方に半ば諦めていたところでしたから・・・。
去年は11月の初め頃まではいましたから、まだまだチャンスはあるかと思います。

コガモ君、ここではかなりの個体がこんな感じです。
ずらーっと並んでお休みしているコガモ君、撮ろうと思ったのですが、入りきらず、また雰囲気も出せず、こう言ったときに広角レンズが欲しいなあとつくづく思うときです。

葛西臨海公園、まだまだ種類は残っていそうですね。
特に知っている限りでは、ここでしか会えない、オオハシシギ君は貴重ですし、またアカアシシギ君にしてもしかりですね。

ユリカモメ君、ここでは来ているんですね。
そうなると谷津干潟でもまた地元の方でももう少しと言った感じで、楽しみです。

蛇足ですが、今現在、地元の洗足池公園ではまだ来ていない状況で、初認とはなっていません。

シギ君たち、さてオーストラリアまでノンストップで飛んでいくのか、途中どこかに立ち寄るのかは詳しくわかりませんが、それでも途中にこのような中継地もないですから、ほぼノンストップに近いでしょうね。

毎年のことですが、長旅の安全を祈り、また来春も元気な姿を見せて欲しいものですね。
  1. 2007/10/25(木) 22:21:15 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

どりさまさん

こんばんは、いつもありがとうございます。
また、お返事が大変に遅れまして、誠に申し訳ありません。

いつもながら、身に余るお言葉、大変に恐縮です。

ダイシャクシギ君、この長いくちばしがポイントで、また少しワイルドに感じるところが好きなところです。

ダイシャクシギ君、ホウロクシギ君、そしてチュウシャクシギ君は大変に好きな種類です。

今年はこの3種、出会いが少なかったように思いますが、ほぼシーズン最後で出会えて良かったです。

画像的にはどうもすっきりしないと言う感じがしてなりません。

この感じが40Dの画像の作りなのかとも思うのですが、何かコテっとした様な感じが今一歩好みに合いません。

とは、言ってこの作りにもかなり慣れてきた様にも思え、以前の30Dの作りを忘れかけています。
  1. 2007/10/25(木) 22:30:03 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんばんは、いつもありがとうございます。
また、お返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

さて、ここは干潟ですから、シギ・チドリ類がメインという感じのところです。

勿論、その他の種類も数多くいるにはいますが・・・。

そして、遠い場合はかなり遠いですから、300-800でも足りないくらいです。

3枚目のダイゼン君でも200m程はありそうです。
17枚目の遠景は400m近くはあります。

トップのダイシャクシギ君でさえ、30~40mはあるかと思います。

一般的な公園でメインにしている、400mmや500mでは到底難しい距離です。
  1. 2007/10/25(木) 22:34:58 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつも丁寧にご覧いただき、誠にありがとうございます。
また、お返事が大変に遅れ、誠に申し訳ありません。

ダイシャクシギ君、このくちばしはいつ見ても素晴らしいです。
今年はどうも出会いが少なかったのですが、シーズン最後かと思われたこの日に近くに飛んできてくれて、大変にうれしいことでした。

ダイゼン君はかなり遠くでした。
固まっていたのは対岸で400mはあろうかという距離、この写真の個体だけはその半分くらいの距離のところにいました。
遠くても何とか確実にとらえていきたいものです。

オオソリハシシギ君とオグロシギ君、今回は1羽と5羽で一緒に行動していました。
全てオオソリハシシギ君だと言っている人もいましたが、うちは遠目にはは全てオグロシギ君かなと思っていました。

こちらも夕暮れ時に諦めかけていたとき、近くに飛んできてくれました。
その時、1羽だけオオソリハシシギ君がいるのに気が付きました。

やはり、その両者が並んでいるところを何とか撮りたいと思い、一瞬ではありましたが、並んだところを撮ることが出来、こちらもうれしいことでした。

やはり、別々に見てもその違いは感覚的にはわかってもわかりにくいですから、やはり並べて見ること、これが一番ですね。
写真1枚で余計な説明は一切必要がありません。

セイタカシギ君、ずっとじっとしていました。
角度的にもう少し低く撮ることが出来たら良かったのではと今にして思っていますが・・・。

カモ類はまだ完全な違い、また♂の特徴がはっきりとしている個体はまだそう多くはいません。
もう少しなのかなと思いますが、その頃はかなり個体数も増えて、賑やかになりそうです。

ここでは鳥君たちは確かに遠いときはとてつもなく遠いですが、近い場合はそれなりに近くで撮ることも出来、それこそ潮加減と運次第です。

そして、一番重要なのは鳥君の気分次第と言うことになりますでしょうか。
  1. 2007/10/25(木) 22:54:57 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

shilky07 さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

カワセミ君、ここではかなり久しぶりです。
いつもいることはいるのでしょうが、なかなかお目にかかる機会がないというのが正解なのかなと思いますが・・・。

色合い的にはまだはっきりしませんが、今年の子供なのか、時期的によるものなのかは良くわかりません。

またお言葉も大変に恐縮です。

オオソリハシシギ君、まだ少しの間はいるかと思われますが、少なくとも11月初めには旅立ってしまうのではと思います。
  1. 2007/10/26(金) 03:49:11 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

そして、いつもながらにお言葉も大変に恐縮です。

当日はみなゆったりとしていたのでしょうか、きれいな澄んだ目をしていたと思います。

ダイシャクシギ君、今シーズンはそれほど出会いはなかったのですが、今シーズン最終かと思われる時期、諦めかけていた夕暮れ時、遠くから近くへと飛んできました。

これも運が良かったものと思いますが、諦めないで良かったと思っています。

ダイシャクシギ君、ホウロクシギ君、チュウシャクシギ君は好きな種類ですが、今年は出会いも少なく、またかなり少なかったように思えてなりません。
  1. 2007/10/26(金) 03:54:41 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/11/16(金) 16:38:22 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます。 のお返事です。

こんばんは、ご指摘を頂きまして、誠にありがとうございます。

うちがここへ良く行くのは、シギ類・チドリ類の時期が殆どです。

さて、具体的内容には非公開コメントのために触れられませんが、まさにおっしゃる通りですね。

確かに3つの点を考えながら、色々な画像を見てみました。

どうもこの2種、なかなか難しいですが、大変に勉強になりました。

誠にありがとうございます。
  1. 2007/11/17(土) 22:49:22 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/11/18(日) 17:13:12 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます。のお返事2つ目です

こんばんは、再度ありがとうございます。
確かおっしゃるとおりですね。
このいくつかの特徴を頭にたたき込んで、来春は臨みたいと思います。
再度色々とありがとうございます。
  1. 2007/11/18(日) 20:29:05 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。