野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生田緑地 (晩夏の昆虫類・その他生き物編)

今回は生田緑地の昆虫類、蜘蛛類、生き物編で在庫からです。

当日はある程度晴れていましたが、森林内という性質上、全体的に暗く、写真の出来も全く良くありませんでした。

初めて会う昆虫類もかなり多く、調べるのに時間がかかっています。

撮影は EOS 30D + Sigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM です。

IMG_324532.jpg


シオカラトンボ君のお顔のアップですが、何だか良くわからない写真になってしまいました。

IMG_338632.jpg


初めて会いましたが、サクラコガネ君のようです。
記念に手に乗ってもらいました。

IMG_349632.jpg


こちらも初めて会いましたが、シュレーゲルアオガエル君のような感じです。
最近は本当にカエル君に会うことが少なくなりました。
今回は久しぶりにカエル君の姿を見ることが出来ました。

IMG_358832.jpg


巣からこちらの様子をうかがっている、キボシアシナガバチ君です。
巣から、約15cm程度まで近付きました。

IMG_364732.jpg


巣上のキボシアシナガバチ君です。
中にはお顔の白い個体が2個体いました。

IMG_361832.jpg


コモリグモ君の系統かと思われますが、かなり大きな卵嚢を持っています。
お名前は今のところ、不明です。

IMG_367232.jpg


こちらも初めて会いました。
エダナナフシ君という感じです。

IMG_380132.jpg


ぼけてしまいましたが、お顔のアップです。

IMG_385432.jpg


このハチ君、ちょっと難しいです。
ヒメバチ君系かハバチ君系かと思われ、シロスジヒメバチ君やツマジロハバチ君など似たような種類はいるのですが、特徴が完全に一致しません。
現在調査中、不明種です。

IMG_399732.jpg


キチョウ君です。

IMG_408232.jpg


ホソヒラタアブ君です。

IMG_411832.jpg


同じお花にミツバチ君も来ました。

IMG_414432.jpg


アブラゼミ君です。
いるのはうちの指の上です。
しかし、アブラゼミ君、うちの指を木と勘違いしたのかどうかわかりませんが、このストロー状の口はかなり頑強に出来ていることを知りました。
人間の指には問題なく、刺さるようで、かなり痛いですが、アブラゼミ君が悪いわけではありませんから、急いで木の枝に移ってもらいました。

IMG_419932.jpg


こちらも初めて会いましたが、コチャバネセセリ君です。

IMG_429032.jpg


最初はわからなかったのですが、どう見てもササグモ君の様な感じです。
しかし、いつも見る、ササグモ君とはかなり違和感を感じるスタイルです。

IMG_439132.jpg


サキグロムシヒキ君です。

IMG_450232.jpg


ササキリ君の幼虫です。

今回はいつもの如くですが、初めて会う種類がかなり多くいました。
引き続き、晩夏の昆虫類・その他生き物編その2に続きます。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/18(木) 22:51:41|
  2. 昆虫
  3. | コメント:18
<<生田緑地 (晩夏の昆虫類・その他生き物編)その2 | ホーム | 洗足池公園 再び (続報)>>

コメント

こんばんは

生田緑地、僕もよく行きます
岡本太郎美術館横の山を登って
車道に出ると
山の反対側へと下ります
そこは木道になっていて
最初は日陰で、植物のうっそうとした環境
しばらくすると里山のような環境になります
そこを歩くのがとても好きなのです
シロハラやアオジによく会えました

生田緑地はあとメタセコイアの木が見事ですね
  1. 2007/10/18(木) 23:59:33 |
  2. URL |
  3. RUU #-
  4. [ 編集]

お久しぶりです♪

生田緑地…ナナフシなんって居るんですね!!!
行って見ようかナァ~!!!


HP
マクロ使うようになってから
ガラッと雰囲気が変わりましたね♪
(って思ってるだけかな???)

  1. 2007/10/19(金) 00:16:37 |
  2. URL |
  3. ひろゆき #-
  4. [ 編集]

様々な活動をされているのですね

生田緑地の晩夏ですか。
シオカラトンボ君、白い粉がやけにリアルに見えます。
サクラコガネ君、それにアブラゼミ君、手や指にのせてよくこれだけ鮮明に撮れますね。
150mmマクロレンズはそう軽いものではないと思いますが。
驚きの技です。
シュレーゲルアオガエル(ものすごい名前ですね)君とキボシアシナガバチ君、面白いところを撮られましたね。
クモさん、大事なものをお腹に抱えていますね。
エダナナフシ君、これは写真で見るから分りまが、よく見つけましたね。
すばらしい擬態です。
キチョウさん、ホソヒラタアブ君いや見事ですね。

ホームページの中のブログだったんですね。
ずいぶん手広く活動されているのに驚きました。
  1. 2007/10/19(金) 00:20:11 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

いつもながら気持ちいいです♪

コチャバネセセリが羨ましいです~。今日犬山市でも見たことのない蝶ちょが飛んでましたが撮影できませんでした;;今回は広角2本でして、蝶ちょも留まることがなく、ちょっと無理な感じでした。
  1. 2007/10/19(金) 00:44:43 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

おはようございます

ご無沙汰していました。
小さな生き物達の表情が素晴らしいですね。

個展が終わった途端、風邪を引いてしまいました。
よしの88さんも、お体に気をつけて良い写真を撮ってください。
  1. 2007/10/19(金) 09:27:54 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

たくさんコメントをいただきましてありがとうございました。
ツマグロキチョウ・・・こんなものはいないと頭から思っていましたので、図鑑を調べることもなくキチョウ以外はモンキチョウだろうとロクに撮りもしませんでしたよ。(笑)かなり関西でも少なくなっているようです。
エダナナフシのドアップは面白いですね。
初めて見る種類も多く、参考になります。
  1. 2007/10/19(金) 09:33:09 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/10/19(金) 11:11:04 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

 シオカラトンボのアップ。こうしてみるとやはりトンボの目は
不思議ですね。透き通った湖のようにも見えます。

 緑色のかえるはみんなアマガエルと思っていましたが
シュレーゲルアオガエルですか。なんだかドイツ語っぽい
語感ですね。

 エダナナフシ。ナナフシは子供のころから図鑑で知っている
昆虫ですが、いまだ直接お目にかかったことはありません。
実物はこんな感じなんですね。

 アブラゼミの口。硬い木の幹にも刺さるのだから相当
硬いんでしょうね。
  1. 2007/10/19(金) 12:27:36 |
  2. URL |
  3. kurabar #3aXRcdxk
  4. [ 編集]

RUU さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

生田緑地はうちもそれほど遠くないですので、ほぼ鳥君抜きの季節などに行くような感じです。

美術館横の山を登って、梅園を経由して、普通道を歩き、木道のところ・・・水生植物園だったか湿性植物園だったかのところですね。

うちもどちらかと言うとこの場所は好きな方です。
水はそれほどないようでありながら、なかなか素晴らしい環境です。

かなり前にウグイス君を撮ったのもこの場所でした。

アオジ君やシロハラ君、何となくいそうな感じもする場所ですね。

どちらかと言うとうちはこの水生植物園(湿性植物園)か駐車場入口の菖蒲田のあたりがメインになります。

メタセコイアさん、まだ見ていないかも知れません。
  1. 2007/10/19(金) 20:28:56 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

ひろゆき さん

こんばんは、こちらこそご無沙汰しております。
お仕事もかなりお忙しいようでしたが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、生田緑地にナナフシ君、ナナフシ君自体初めてでしたし、まさかいるとは思わないことです。

ただ、本当に良く見ないとなかなか見つかりそうにありません。

見ていると何とも不思議な生き物です。

ブログの方、後でお伺いいたします。
マクロもやられるようになられたのでしょうか、楽しみです。
  1. 2007/10/19(金) 20:33:00 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

シオカラトンボ君、どうもすっきりしない画像で大変に申し訳ありません。
どうも口の先にピントがあってしまった様です。

サクラコガネ君、アブラゼミ君、などなど手に載ってもらっての撮影は良くしますが、確かに片手で150mmは一般的には無理があるでしょうね。
おっしゃる通り、結構片手では重いです。
それでも1枚撮って、持ち直し、1枚撮って、持ち直しの連続ですが・・・。

実際はEOSカメラ本体+460g程度の重さです。

シュレーゲルアオガエル君、初めて会いましたが、大変に小さいです。
親指の頭程度の大きさとでも申しましょうか、小さくてかわいいです。

お名前の由来はこれから調べてみようと思います。

キボシアシナガバチ君、殆ど巣の度真ん前でずっと見ていましたが、こっちを警戒はしていても攻撃まではしてこないようでした。

白いお顔(幼い感じのお顔)をした個体もいましたので、何度か撮ったのですが、うまく行きませんでした。

クモ君、良く見るのはお尻に卵嚢を抱えているのばかりだったのですが、今回はお腹に抱えていました。

クモ君、子孫を残すと言うことに関してはかなり壮絶な世界で、大変に興味のある事です。

エダナナフシ君、たまたま目線より下に、そして動いていたから見付けられたのだと思います。

これがじっとしていたら、まず見つかりませんし、わからないでしょうね。

この少し後に群馬県の方へ行ったのですが、枝にナナフシ君が多くいるのにもかかわらず、普通に見ていたのでは殆どわからなかったことを思い出します。

またいつもながらお言葉も大変に恐縮です。
今回は自分としては今一歩の写真ばかりなのですが・・・。

また、HPの方もご覧いただいた様でしょうか。
お察しの通り、最初はHPからでそこから掲示板、ブログへと増やしてきた感じです。
現在はこのブログを更新するだけで手一杯になってしまっておりますが、少しでも全体的に更新して行かなければと思っております。

また様々な活動、その他、それぞれ色々な理由がありますが、やはり自分に今できること、これを微力でも、少しでも実践していければと常々思っています。

いつも色々とありがとうございます。
「自然道傳説」の方も少しでも更新を再開しないとと思っていたところでした。
  1. 2007/10/19(金) 20:56:06 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

どりさま さん

こんばんは、いつもありがとうございます。
今回は自分としては今一歩の写真ばかりですが、うれしいお言葉も誠にありがとうございます。

コチャバネセセリ君、撮ったときはいつもよく会う、イチモンジセセリ君とはちょっと違うなと言う事はわかったのですが、お名前は調べて後でわかりました。

チャバネセセリ君の系統ではとは思ってもその時は今一歩、自信が持てずにいました。

犬山市と言うと・・・地理的感覚殆どないですので、聞いたことはあっても・・・と言う感じです。

ただ、こちらとはかなり環境も違うでしょうから、またこちらとは違ったチョウ君もいる可能性は大きいですね。

広角2本、どうなのでしょうか。
実はうちが広角を欲しいと思っているのは、いわば奥行きのある広角マクロ写真を撮ってみたいと思っているからなのですが、実際のところ、本当にそんな事が出来るのか、やってみないとわからないことでもあります。
  1. 2007/10/19(金) 21:58:18 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

お言葉もいつもながら、誠にありがとうございます。

個展も盛況のうち、無事に終わられたようですね。
準備から個展開催中、その後と大変にお忙しかったのではと思います。

今回はお邪魔することが出来ず、大変に残念ではありましたが、そのすばらしさと伝わってくる迫力はわずかにでも想像できるような気が致します。

ほっと一息もつかの間、お風邪を召されてしまったようでしょうか。
この季節の変わり目、かなり冷え込んできていますので、ご無理をなさらず、お身体を十分にお大事にされてください。

うちの場合は、仕事もどんどん忙しくなる一方です。
あまり無理をするとこの前のような事になってしまいますので、出来るだけ仕事をメインに、その他のことはその空き時間で無理のない様にする様心がけています。

ブログも本当は毎日でも更新したいくらいですが、仕事以外の時間はその殆どが睡眠時間になってしまうために、なかなか時間が取れない状況です。

こちらもよく言えば、マイペースで、悪く言えば、完全不定期となってしまいますが、無理せずにやっていきたいと考えています。

写真撮影もここのところ、殆ど行くことが出来ず、なかなか難しいところです。
  1. 2007/10/19(金) 22:09:20 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/10/20(土) 00:58:07 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

MG さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

ツマグロキチョウ君、やはりかなり少ないというところから、どうしてもその殆どがキチョウ君ではとうちもいつも思ったりしています。

こちらではキチョウ君にはよく会いますが、モンキチョウ君は少ないのか、それほど会いません。

エダナナフシ君、お顔のアップ、もっとすっきりと撮れたら良かったのですが、暗くてこれが限界だったようです。
  1. 2007/10/20(土) 05:01:03 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

「管理人のみ閲覧できます」のお返事です。

再度わざわざありがとうございます。
その件について、了解です。
  1. 2007/10/20(土) 05:03:34 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

kurabar さん

こんにちは、いつもありがとうございます。

シオカラトンボ君、アップを撮ったのは良いのですが、もう少しくっきり、すっきり撮れたら良かったかと思っています。

口先にピントが合ってしまったようでした。
確かにトンボ君の眼は不思議で、近くで見ると様々に見えますね。

シュレーゲルアマガエル君、ドイツ語ですか。
このお名前に関しては調べてみようと思っているのですが、その由来がまだわかりわかりません。

うちも緑色のカエル君はアマガエル君と思っていたのですが、調べてみるとどうも若干違うようでしたし、違和感がありました。

エダナナフシ君、うちも初めてでした。
良く見ていると何とも奇妙な感じもし、また不思議な生き物です。
アップがもう少しくっきり撮れたら良かったのですが・・・。

アブラゼミ君、確かにかなり硬いようです。
指先に痛みが走って、一体何かと思ったのですが、それで初めてわかった様なあんばいです。
考えてみれば、樹木にも刺さるわけですから、当たり前だと言えば当たり前でした。
  1. 2007/10/20(土) 05:19:48 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

2つ目の「管理人のみ閲覧できます」のお返事です。

再度再度ありがとうございます。
大変に申し訳ありません。
文章を読み違えていましたね。
  1. 2007/10/20(土) 05:21:42 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。