野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大井埠頭中央海浜公園・なぎさの森

ここの所、週末は曇り空か、雨模様ばかりが続いていましたが、ようやくこの週末は何とか晴れ模様となりました。

昨日に谷津干潟へ、本日は大井埠頭中央海浜公園・なぎさの森へと行き、また EOS 40D を使用しましたので、割り込みのまた割り込みで掲載をします。

撮影は EOS 40D + Sigma APO 300-800mm F5.6 EX DG HSM + 1.4×テレコンです。

画像的にはやはり今一歩、露出オーバー気味が多いような印象もあります。

そして、ここでの一番の目的は心待ちにしていた、イカルチドリ君がようやく戻って、帰ってきたことで、その元気な姿を見るためでした。

IMG_717732.jpg


昼前に着いた時にはイカルチドリ君の姿は見えず、もしやまたどこかに行ってしまったのかなと半ば諦めかけていたのですが、遠くの岩礁の合間にようやく姿を見ることが出来ました。

そして、ここに2羽いるハクセキレイ君とどうも相性が悪いのか、ハクセキレイ君のお陰で飛び立ち、近くの岩礁に舞い降りました。

IMG_741432.jpg


今のところ、いるのは4羽です。

IMG_743532.jpg


IMG_760532.jpg


IMG_790932.jpg


IMG_798632.jpg


IMG_803732.jpg


4羽、それぞれと思ったのですが、撮っているうちに誰が誰だかわからなくなってしまいました。
多分この6枚で4個体それぞれ写っていると思うのですが・・・。

IMG_708532.jpg


遠く杭の上にセグロカモメ君です。
バックに余計な人間が写ってしまっているのが失敗編です。
優しい表情と良い、感じと言い、お気に入りに杭の上にいることから考えて、去年ここにずっといた個体と同じ個体ではないかと思っています。
セグロカモメ君も帰って来ました。

IMG_709232.jpg


遠くにこちらはウミネコ君です。

IMG_711032.jpg


遠くの岩礁にお休みオナガガモ君が3羽です。

IMG_729432.jpg


遠くにアオサギ君です。

IMG_751832.jpg


ハクセキレイ君です。
かなり色の白い感じです。

IMG_762432.jpg


ハクセキレイ君、何と飛びながらトンボ君を捕まえてきました。

IMG_769832.jpg


コサギ君です。

IMG_786332.jpg


イソシギ君です。
いつもは2羽ですが、今日は4羽一緒にいるところも見られました。

IMG_808132.jpg


何故かヒドリガモ君、1羽だけいました。

画像的には冒頭に書いたとおりですが、2倍も試すべきでした。
2倍で写せば、この場所でのイカルチドリ君は画面いっぱいに写ります。
今度は2倍も試してみたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/07(日) 22:45:09|
  2. 野鳥
  3. | コメント:8
<<谷津干潟 (晩秋) | ホーム | 東高根森林公園 (鳥類編)>>

コメント

レンズの合性でしょうか

2枚目、1本足で立っていますね。
この白い首の周りの白黒の線、まさしくイルカチドリさんですね。
3枚目の子、何とも愛らしい。
セグロカモメさん、同じ鳥さんが今年もここへと思うと、いとしくなりますね。
ハクセキレイ、すごい技ですね。この大きい獲物を食べるのでしょうか。
おお、ヒドリガモですね。今季初めて見ました。
1.4のテレコンはそこそこの写りですね。
いえ、よしの88さんの以前の30Dの画像に比べてです。
2.0だと画像は大きくなるでしょうが、解像度は1.4よりもいいということはないと思いますが。
80-400mmの方のレンズはとてもいい写りをしていましたが、とすれば、やはり300-800mmとの相性でしょうか。
  1. 2007/10/07(日) 23:18:28 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

おぉ~!

ハクセキレイくんはこんな大きな獲物をゲットするんですねー。いつも小さな羽虫を捕食しているトンボが鳥に食べられ・・・食物連鎖ですねー。
  1. 2007/10/08(月) 01:53:10 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

イカルチドリがとてもいいですね
おとなしいイカル君ならではですね

ここは鳥さんとの距離が近いのでしょうか
行ってみたいです

ハクセキレイ君はびっくりしました
あのトンボどうする気でしょう?
大きいですが、食べれるのかな
  1. 2007/10/08(月) 03:33:07 |
  2. URL |
  3. RUU #-
  4. [ 編集]

色々撮れる場所で羨ましく感じました。
オナガガモやヒドリガモももう現われましたか。この場所は冬になると素晴らしいのでしょうね。
多くの人影が見られるのにも驚いています。
  1. 2007/10/08(月) 08:26:32 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

イカルチドリ君たち、動いているのはまさにほんのちょっとの間で、あとは殆どお休み状態です。
他のチドリ類と比べると全く行動、性格が違い、見ていると本当に面白いです。

どちらかと言うと河川の中流域よりも山側に生息しますから、元々干潟にはまず珍しく、行動も異なるのかも知れません。

ここのイカルチドリ君は繁殖期以外は殆どをこの大井埠頭で過ごすようですが、元々湾岸地域にいること自体珍しいですので、何故ここなのか、大変に興味のあるところであるとともに大変に不思議です。

どちらにしても、このイカルチドリ君もなかなかかわいいですし、1日中眺めていても飽きないです。

セグロカモメ君、結構カモメ君はきついお顔をしているものなのですが、ここのセグロカモメ君は大変に優しい顔つきをしています。
去年も冬の間はずっといました。
顔つきと言い、何から何まで同じ、多分帰ってきたんだなと本当にうれしいものです。

いつもうちが気になるのはその時期にいた鳥君たちが、また年を越して来てくれるか、また姿が見えないと心配になったり、様々です。
これも多くの個体がいる場合はわからないですから、少数個体で来ている場合ですが・・・。

ハクセキレイ君、この行動は初めて見ましたが、どうも突いて食べていたようです。
半分岩の陰になってしまっていましたので、トンボ君がどうなったのかは見届けられませんでした。

ヒドリガモ君、ここでは何故か1羽、多分オナガガモ君と一緒に来たものと思いますが、また不思議です。

先日の谷津干潟でも数羽来ているのを確認しました。

画像に関してはこんなものかなと言うところで今のところは諦めようと思っています。
確かに1.4よりも2.0の方が画像は格段に落ちますから、どうかなとも思いますが、大きさをとるか、ある程度の画像をとるか、そこのところですね。

また、貴重なご意見をありがとうございます。
80-400は悪くなかったですか。
そうなるとやはり、レンズの相性もかなりの可能性でありそうですね。
時間が出来たら(と言っても当分は無理ですが)、Sigmaにカメラごと持ち込みしてみたいとも考えています。

いつもありがとうございます。
  1. 2007/10/08(月) 23:22:05 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

どりさまさん

こんばんは、いつもありがとうございます。

ハクセキレイ君、トンボ君を捕まえるのは初めて見たことでした。

まさに自然生態系の中の食物連鎖、その一場面を見ているようですね。
  1. 2007/10/08(月) 23:31:56 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

RUU さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

イカルチドリ君、おとなしいというか、何というのでしょうか、何しろ休んでいることの多い、チドリ君です。

干潟のチドリ君とは大違いです。

距離的には実際問題かなり遠いと言った方が正しいかと思います。

観察小屋は全てにおいて遠く、うちは未だに入ったことがありません。

干潟の運河側に観察壁がありますが、うちはいつもここからです。
午前中は殆ど逆光ですので、昼くらいが良いかと思われます。

距離的には先にも書いたように谷津干潟ほどではないにしても遠いです。

ただ、観察壁のすぐ前に岩場があり、そこに来てくれるとかなり近いとも言えるかもしれません。

また、ここのイカルチドリ君は殆どこの岩場を利用しており、その他イソシギ君などもいます。

ハクセキレイ君、この行動は初めて見る所でしたが、どうも何回も突いては食べていたようでした。
  1. 2007/10/08(月) 23:40:36 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

MG さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

色々撮れると言うよりは種類ごとに撮れる確率の大きいところをあちこち出歩いているだけなのかも知れません。

それぞれの場所は様々に素晴らしいところですが、やはり本当の意味の自然と言うよりは、いわば人工的な自然が殆どです。

今回の大井埠頭中央海浜公園も運河が縦横に走っている所にある小さな人工的な干潟です。

冬にはカモ類も多く来ますし、またすぐ隣のなぎさの森では様々な鳥君たちが来ます。

今の時期では去年、コサメビタキ君、サメビタキ君も滞在しましたが、今年はまだの様です。

人間の多いのは干潟保全区の外が釣りの出来る場所になっているためです。
大変な人がいる反面、様々な弊害もあります。
  1. 2007/10/08(月) 23:53:45 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。