野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京港野鳥公園、再び (盛夏・昆虫類編)

今回は再び行った、東京港野鳥公園の盛夏、昆虫類編です。
あまり時間がなかったためか、それほどじっくりとは見て回ることが出来ませんでした。

撮影は EOS 30D + Sigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM です。

IMG_058932.jpg


ショウリョウバッタ君です。
最近はよく見掛けるようになりました。

IMG_060832.jpg


初めて見るアブ君です。
全身黒っぽいので、さしずめ「クロハナアブ」君って感じでしょうか。
調べてみるとニセジョウザンケイクロハナアブ君というのが最も近いのですが、今一歩良くわかりません。

IMG_064032.jpg


オレンジ色のイトトンボ君も初めて会います。
アオモンイトトンボ君のようです。

IMG_065532.jpg


オンブバッタ君です。

IMG_067832.jpg


ヤマトシジミ君です。

IMG_073032.jpg


アオバハゴロモ君、ここではあちこちでよく会います。

IMG_083432.jpg


このゾウムシ君、初めて会う種類でした。
いつもここでは、コフキゾウムシ君によく会うのですが、明らかに違う種類のようです。

初めてでしたので、うちの指に乗ってもらいました。
スグリゾウムシ君の様です。
死んだふりもせずにうちの手の上を歩き回って、かわいいゾウムシ君でした。

IMG_085132.jpg


ベニシジミ君です。

IMG_090032.jpg


先日も会いました。
ホシハラビロヘリカメムシ君です。

IMG_095232.jpg


ツチイナゴ君です。
眼のまわりの特徴をも撮っておきたかったのですが・・・。

IMG_098632.jpg


マルカメムシ君です。
うちのレンズ(300-800mm)に飛んできました。

IMG_103632.jpg


エノコログサさんにへばりついている生き物がいました。
水生生物ではないかと思うのですが、現在不明です。

IMG_124332.jpg


ひまわりさんにミツバチ君と言うより、ヒメハナバチ君の1種のようです。

IMG_133332.jpg


マメコガネ君です。

IMG_148232.jpg


シオカラトンボ君です。

IMG_153132.jpg


うちの指に乗ってもらいました。
カナブン君でも少し青色の強い感じです。

IMG_177132.jpg


クモ君は昆虫類ではありませんが、一緒に掲載しています。
今のところ、不明です。
胴体の模様からコガネグモ類の幼体なのかなとも考えられますが・・・。

IMG_986732.jpg


ふと見たら、葉っぱの上に佇んでいました。
シオヤアブ君です。

昆虫類もまだまだかなり多く撮ったのですが、不明種ばかりです。
引き続き、調べていくとともに、2度目に会ったら、そのお名前がわかるようにしたいものです。

**久しぶりに「我孫子市鳥の博物館」のHPを見たら、TOPがオオバン君から変わって、かわいいコサギ君のアニメーションになっていました。
スポンサーサイト
  1. 2007/09/30(日) 22:38:14|
  2. 昆虫
  3. | コメント:8
<<仕事場にて | ホーム | 東京港野鳥公園、再び (盛夏・鳥類編)>>

コメント

どりさま

そうですよね~、私が花や昆虫の名前を調べているのも、次回出遭った時に名前で呼んであげたいからなんですよ^^膨大な量を覚えていくわけですが、鈍い頭なりに少しずつ覚えてきています♪
  1. 2007/10/01(月) 01:54:05 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

昆虫の世界は無限に近い種類がいますので調べるのも大変です。トンボ達でさえ採集して調べないと分らないものがありますね。可能な限り様々な角度から撮りたいものですが、やはり相手は生き物、そうたやすくは撮らせてもらえません。
真っ黒のアブ・・初めて拝見しました。エノコログサにいるものは一見ミズカマキリのような姿です。横からも見たいですね。
  1. 2007/10/01(月) 08:23:37 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

ヒマワリとハチ君

ショウリョウバッタは、バッタの中でいちばんやさしい感じがして好きです。
でっかいのを捕まえて、子どもの頃遊びました。
アオモンイトトンボ、きれいですね。このトンボ、確か緑色のもいましたね。
ヤマトシジミのペア、すばらしいです。
こういう光景に出会っても、なかなかこう美しくは撮れません。
スグリゾウムシ君、可愛いですね。手に載せて、よくもまあ、くっきりと撮れましたね。
ベニシジミ君、愛嬌もいい美しいし、いろんなポーズはしてくれるし、大好きな蝶です。
ツチイナゴ君、ずいぶん近くで撮られました根。迫力満点です。
ヒマワリの花粉をくっつけているハチさん、ほんとにリアルです。
羽の筋がとてもよくわかります。
シオカラトンボ君、この目の美しさ。羽の優しさ。顔が笑っています。
クモさん、これも見事に撮られていますね。光の当たり具合がとてもいいですね。
今回はよしの88さんらしいくっきりとした絵がほとんどでした。
ヒマワリとハチ君の絵にいちばん心惹かれました。
  1. 2007/10/01(月) 18:19:53 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

どりさま さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

本当に昆虫類、植物類は大変に大きな世界です。
何とかお名前を調べようと色々頑張っていますが、なかなか難しいです。

いつの日か、また会って、この前の・・・さんと呼ぶことが出来れば素晴らしいことですね。
  1. 2007/10/01(月) 22:55:36 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

 オレンジ色のイトトンボ!自分は見たことがありません。
きれいですね。

 アオバハゴロモは被写界深度が薄いのがすごく良くわかる
写真ですね。真横からの写真でハゴロモも透明感が出てて
きれいですね。

 マルカメムシって目が赤いんですね。ちょっと不思議な感じです。
不思議と言えば背景も不思議だと思いましたが、これは
シグマのレンズの表面のきらきらなんですね。

 マメコガネの写真はきれいですね。背景の日の光。やや逆光
でしょうか。目の上のまつげのような毛もきれいに写っていますね。

  1. 2007/10/01(月) 23:06:38 |
  2. URL |
  3. kurabar #3aXRcdxk
  4. [ 編集]

MG さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

昆虫類、確かに我々が考えているよりも遥かに多くの種類がいるかと思われますので、その殆どが未知の世界であると言えるかと思います。

調べるのも本当に大変な時間がかかりますし、その結果、わからない方が多いとも言えるかもしれません。

トンボ君も色々な角度からその特徴(出来ればお顔の真正面、頭、上部、翅などが全てはっきりしている状態、更には産卵管の形など)が写すことが出来れば言うことがありませんが、おっしゃる通り、とても無理なことです。

うちの場合は写真を撮ることだけであって、調べるために採取することはしません。
それだけにいかに写真の出来がその後の調べに左右するか、難しいところがあります。

まあ、手をさしのべて、手に乗ってきてくれる虫君たちはまた例外となり、手の上で様々に見ることはしますが、その場でお別れをします。

我々が調べたいと言う勝手だけでそれ以上のことはしてはいけないといつも考えています。

真っ黒のアブ君、うちも初めてでした。
ただ、確かに十数種類の真っ黒なハナアブ君が存在するのも確かなようです。
しかし、調べてみても殆ど酷似していて、細かな所まで見ないと同定するには難しそうです。

エノコログサさんにいる虫君、ミズカマキリ君の様と言うことで、もしかしたらと言う感じもしています。
以前にもこんな感じの虫君を見たことがあり、タイコウチ君ではと思ってはいたものの、決め手がなく、今までに至っています。

今回もタイコウチ君かとも思ったのですが、やはり今一歩決め手がないので、不明としました。

ミズカマキリ君も同じ仲間ですから、可能性は十分にありそうです。

残念ながら横から撮った写真がありません。
更に調べていきたいと思うとともに今度会ったときは別の角度でも撮っておきたいと思います。

いつもありがとうございます。
  1. 2007/10/01(月) 23:12:12 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

ショウリョウバッタ君、今仕事をしている多摩川の河川敷には大変に多くいます。
この時期になると本当に大きいショウリョウバッタ君がいます。
感じ的なところかと思うのですが、バッタ君の中でも何とも個性的な感じがしますね。

アオモンイトトンボ君、確かにおっしゃる通り、緑色の個体が一般的に知られている色合いかと思います。
このオレンジ色の個体は♀の未成熟個体とされています。

オレンジ色の色合いで背中に黒い線が入るのは「日本産トンボ幼虫・成虫検索図説」によれば、このアオモンイトトンボ君の♀だけです。

ヤマトシジミ君、半分日向で半分日陰、これもまた条件的に良かったのかも知れません。
しかし、単に運で偶然、これが大きいかなと感じます。

スグリゾウムシ君、なかなかかわいいゾウムシ君でした。
いつもよく会う、コフキゾウムシ君では死んだふりをしてしまって、動かなくなり、ころっと落ちてしまいます。

しかし、このスグリゾウムシ君はそんなこともなく、元気に動き回っていました。

左手にスグリゾウムシ君、右手片手で何とか撮影しました。
手に載ってもらうときは後のカナブン君もそうですが、いつも片手で撮影する事になります。

ベニシジミ君、馴染みが深いだけに色々な行動を見ることが出来ますね。

ツチイナゴ君、本当は大きな葉っぱの裏にぶら下がっていたのですが、流石に逆光で動くのを待っていたら、また葉っぱの間に入ってしまい、こんな感じになってしまいました。

真上から撮ったという感じです。

ヒマワリさんにハチ君、これはうちも今回の中では気に入っている写真です。
もう少し光が目に入ってくれたらとも思いますが、これだけは仕方がありません。

ヒマワリさんは元々好きなお花、それにハチ君がいれば、もう言うことありません。

シオカラトンボ君、本当は真横から写したかったのですが、斜め前からでこのようになりました。
反対にお顔がかなり強調されて、表情が見えるようになったのが良かったのかも知れません。

このつたない写真で表情をくみ取っていただき、大変にうれしい限りです。

クモ君、今のところ不明なのが今一歩ですが、条件が良かったのかも知れません。

いつもお言葉誠に恐縮です。
ここのところ、曇り空か雨模様ばかりで撮りに行けないのが困ったことです。
  1. 2007/10/01(月) 23:44:48 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

kurabar さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

オレンジ色のイトトンボ君、勿論うちも初めてでしたが、一般的には緑色のアオモンイトトンボ君の♀の未成熟個体のようです。

「日本産トンボ幼虫・成虫検索図説」によるとオレンジ色のイトトンボ君はベニイトトンボ君かこのアオモンイトトンボ君の♀の未成熟個体で背中に黒線のはいるのはアオモンイトトンボ君だけと言うことになっていました。

アオバハゴロモ君、確かにちょっと透けたような感じ、うちも偶然とはいえ、良い感じに思いました。

ただ、被写界深度とは未だに完全に理解していない言葉です。
良く聞くのですが・・・。

マルカメムシ君、眼が赤いんですよね。
うちもこの前気が付いたばかりでした。
また背景はおっしゃる通り、うちのレンズの表面の模様です。

マメコガネ君、確かに多少逆光だったような記憶がありますが、定かではありません。
良く動くのでなかなかうまく撮れませんでしたが・・・。

まだまだ昆虫類の季節はこれからですが、考えてみるとあと少しです。
少しでも外に出たいところですが、お天気が悪いのではどうしようもない状態です。
  1. 2007/10/01(月) 23:57:02 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。