野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東京港野鳥公園(盛夏・鳥類編)

今回は東京港野鳥公園、盛夏の鳥類編です。

しかし、この日は曇り空でこれと言った写真は殆どない状態でした。
出来た写真を見ると殆どが暗く、また場所も悪かったのか、何かがかぶっているような、そんな写真ばかりでした。

この時期の一般的に見られる、シギ・チドリ類、そしてサギ類は一通り勢揃いでした。

撮影はEOS 30D + Sigma APO 300-800 F5.6 EX DG HSM +2×テレコンです。

IMG_968031.jpg


コチドリ君の子供です。

IMG_975531.jpg


コチドリ君です。

今年の今シーズンはコチドリ君が少なかったのか、それとも縁が少なかったのか、どうもコチドリ君にあまり会わなかったような感じがします。

IMG_952631.jpg


アオサギ君です。
かなり暗いです。

IMG_960731.jpg


メダイチドリ君です。
今一歩光の状態が良くないです。

IMG_965131.jpg


セイタカシギ君、8羽ほど佇んでいたのですが、いきなり喧嘩をし始めました。
手前は全く知らん顔でのんびりカルガモ君です。

IMG_962131.jpg


喧嘩はすぐに収まりましたが、それにしてもどうしたのでしょうか。
3羽だけ残って、あとは別の方へと飛んでいってしまいました。

IMG_979131.jpg


遙か遠くにオグロシギ君たちです。
6羽来ていました。
ここでは毎年必ずオグロシギ君が1羽来ますが、6羽も来ているのは大変に珍しいのではと思われます。

センター内からガラスを通しての撮影でした。

あと、サギ類はコサギ君、チュウサギ君、ダイサギ君、そして、写真のアオサギ君、ササゴイ君と揃っていました。

シギ類はあと、アオアシシギ君、ソリハシシギ君、キアシシギ君と言うところでした。

昆虫類編へと続きます。
スポンサーサイト
  1. 2007/09/24(月) 23:55:21|
  2. 野鳥
  3. | コメント:10
<<東京港野鳥公園 (昆虫類編) | ホーム | 善福寺公園 (植物類編 その2)>>

コメント

私も昨日シギ類を撮りに田園地帯へ行きました。
撮れたのは良いのですが種類の分らないものが2種。よしの88さんのブログを探したり、図鑑類をひっぱり出して奮闘中です。シギ類はほとんど見ていなかったので難しいです。それに、こんなにアップでは撮れませんのでなおさらですね。
  1. 2007/09/25(火) 08:34:06 |
  2. URL |
  3. MG #H7ugZLQM
  4. [ 編集]

どりさま

私も滋賀で鷺たちの営巣地に行ったのですがちょっと届かなくて撮影を断念しました。それで撮ってきたのがギンヤンマだったのです^^;
  1. 2007/09/25(火) 10:14:45 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

 コチドリの子供かわいいですね。

 最近鳥を撮りに行ってないのですがこちらの写真で
楽しませてもらっています。

 先日旅行先で久しぶりにカワセミとアオサギを見ました。
さすがに望遠レンズは持ってなかったので写真は
全然でしたけど、久しぶりの出会いはうれしかったです。

 秋になってまた違う鳥たちが見られるようになってきますね。
  1. 2007/09/25(火) 11:23:34 |
  2. URL |
  3. kurabar #-
  4. [ 編集]

チドリかわいいです

東京港野鳥公園ですか。懐かしいです。もうずっと行っていません。
1,2枚目のコチドリ、可愛いですね。私はチドリの大ファンです。
中でも目の周りに金の輪をもつコチドリさんがもっとも好きです。
メダイチドリもいいですねぇ。
喉の下の白と胸の赤褐色が素敵です。
私ならこの写りで満足ですが、よしの88さんは不満顔ですね。
セイタカシギは結構仲間内での争いがみられますね。
姿は上品に見えても気は荒いようです。
カルガモさんとの対比が面白いです。
鳥はやはり曇り空よりからりと晴れた方がいいですね。
でもまあお天気は選べませんから仕方ないです。
  1. 2007/09/25(火) 17:32:24 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

こんばんは

コチドリの子供さんの写真が
最高ですね
可愛いいです
微妙な表情がいいですね
どきどきしているコチドリ君の
気持ちまで伝わってくるようです

僕がこの前いったときも
セイタカシギ君は
3か4くらいでグループでした
班行動でしょうか
面白いものですね
  1. 2007/09/25(火) 19:49:05 |
  2. URL |
  3. RUU #-
  4. [ 編集]

MG さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

田園地帯のシギ君はうちのよく行く干潟とは多少趣が違っているかと思われますので、もしかしたらうちがあまり掲載していない種類の可能性もありそうですね。

シギ・チドリ類は夏羽であれば、特徴もあり、どちらかと申しますと少しは判断しやすいのですが、冬羽となるとどの種類も同じような色合いで、遠かったり、特徴がわかりにくいと判断がかなり難しいことがあります。

試しにブログに載せてみてはいかがですか。
それも一つの手段ではないかと思います。

わかる範囲でですが、うちも応援させていただきます。
  1. 2007/09/25(火) 23:48:17 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

どりさま さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

サギ君のところへ、そうだったんですね。

でもあのギンヤンマ君の飛翔写真はまた素晴らしかったです。

小刻みに動くトンボ君はなかなか難しいと思っています。
  1. 2007/09/26(水) 00:01:45 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

kurabar さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

コチドリ君の子供たちはなかなかかわいいです。
模様もこれから、眼のまわりの黄色も薄く、何となく成鳥に比べて未完成という部分はあるものの、それがまた良い感じです。

かなりお忙しいようですね。
鳥君の季節も確実に夏から冬へと変わってきています。
洗足池公園でももうそろそろカモ君の先陣が来ている頃かも知れません。

アオサギ君もカワセミ君も地元で見ることが出来るとは言っても、やはり旅先での出会いなどはまた良い物ですね。

そう言えば、カワセミ君、ここ最近飛んでいるのは見るのですが、とまっているのは全く見ていないような、そんな感じです。

まだ、少し暑い時期ですが、鳥君たちの季節も確実に冬に入って来ているようですね。
  1. 2007/09/26(水) 22:19:33 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

東京港野鳥公園、うちからは比較的近い場所にありますので、結構行く機会が多いです。
ただ、反対に最近は大井埠頭中央海浜公園に行っていないことに気が付きました。

イカルチドリ君たちが戻ってきたら行こうと思っているのですが、情報ではまだ戻ってきていないようで、どうも心配になってきています。
繁殖期以外はほぼ大井埠頭中央海浜公園に例年いたのですが、今年は帰ってくるのが遅れているようです。

また気になるのは、去年滞在していた、サメビタキ君やコサメビタキ君、今年も来てくれるかどうかです。

コチドリ君、そうだったですね。
うちもいれば必ず撮りますが、今年は例年に比べて、少し少なかったような、そんな感じがしてなりません。

とは言ってもシギ・チドリ類全般に共通して、例年に比べて少ないと言う感じがしていますので、思っているほど異常事態ではないのかも知れません。

余談ですが、今年の例外で当たりは何と言ってもキリアイ君かなと思っていますが・・・。

コチドリ君はなかなかかわいいです。
イカルチドリ君、シロチドリ君もうちは外せません。

メダイチドリ君に関してはかなり個体差を感じます。
今回は表情的なものが写せなかったのが、心残りです。

セイタカシギ君はおとなしく8羽でいたのは良いのですが、何か我々にわからない訳があるのでしょう。
いきなり、喧嘩を始めてしまいました。
それでもものの数分で収まりましたが、その訳というのが何なのか、気になることです。

まあ、ちょっとした事なのかなとも思うのですが・・・。

鳥君の世界も実に様々で、遠く旅をするシギ君たちに喧嘩は殆どありません(見たことが殆どありません)が、さすがにほぼ留鳥の分類になってしまったシギ君(他の種類も含めて)は喧嘩したりしているのを少なからず見ます。

その環境、境遇、生きてきた背景など色々な要素があるものと思われます。
反対にそれくらいでないと生き抜けないと言うこともあるかも知れません。

そう考えるとなかなか厳しい世界であることに改めて気が付きます。

そしてカルガモ君、やはり留鳥ですが、その神経の図太さも見えてくるようです。
面白いくらいに全く知らん顔、マイペースでした。

全般的に撮影は曇り空ではかなり厳しい結果となります。
これは暗いレンズであることもあるのですが、すっきりと晴れていないとかなり厳しいです。

これだけはどうにも仕方のないことですね。
  1. 2007/09/26(水) 22:40:12 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

RUU さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

コチドリ君の子供はなかなかかわいいですね。
何となく不完全な感じがまた更に良い感じがしています。

また、表情からその気持ちまでこの写真でくみ取っていただけると言うのは、実は一番大事な事で、まさにこのブログの根底にあること、大変にうれしいことです。

さすがにその視点は素晴らしいですね。
おっしゃる通りで、うちはあとその表情と行動から「迷い」、「不安」、「とまどい」も感じられるかなと思いました。

セイタカシギ君、確かにまとまっていると言うよりはいくつかの固まりがあるように感じられます。
ただ、一緒にいることもあるようで、普通に何もなければ、一緒の固まりに見えてしまうのかも知れません。

ほんのちょっとした事なのでしょうが、まさに様々です。
  1. 2007/09/26(水) 22:53:03 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。