野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

国立科学博物館附属自然教育園 (植物類編その1)

今回は前々回に引き続き、国立科学博物館附属自然教育園のうち、植物類編です。

ここは都会の中に残された森林系の場所で全体的に暗く、写真を撮るのには今一歩という感じがいつもしますが、それでも多くの生きものたちがいますので、仕方のないことかも知れません。

と言う訳で、全体的に暗い写真ばかりになってしまっています。

また、少し前の写真ですので、今現在とは多少様子が異なります。
つい先日にも行ってきましたが、今回掲載する分で比べてみると、今ではお花が完全に終わってしまった種も結構あります。

撮影はEOS 30D + Sigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM 使用です。

IMG_530529.jpg


マツカゼソウさんです。
意外なことにミカンさんのお仲間、そして木本でなく、その中でも唯一の草本で1属1種の様で特異的な存在にも感じます。

IMG_531329.jpg


ヤマアジサイさんです。

IMG_531529.jpg


ムラサキシキブさんです。
葉と同じ感じの色合いの実がきれいでした。

IMG_536629.jpg


オオバギボウシさんです。

IMG_537429.jpg


ハエドクソウさんです。
1科1属1種の植物類の様です。

IMG_538729.jpg


そのお花です。

IMG_543429.jpg


ヤブミョウガさんです。
今現在では実もかなり多くなっています。

IMG_572329.jpg


ツルニガクサさんです。
どちらかと言うと山地の方への分布が殆どの種類のようです。

IMG_532929.jpg


モミジガサさんの様です。
今現在ではお花が咲いています。

IMG_578329.jpg


マメ科でハギさんのお仲間かと思ったのですが、現在不明です。
足下に固まってではなく、あちらこちらに単独で咲いています。

追記:その後、マメ科ではなく、キツネノマゴ科でハグロソウさんとわかりました。

IMG_579729.jpg


ヤブマオさんです。

IMG_584329.jpg


センリョウさんです。
とは言っても葉の鋸状が少なめのようで、違和感があるのですが・・・。

IMG_586629.jpg


フッキソウさんです。

IMG_591029.jpg


マユミさんの実、色々な形をしています。
今現在でも実が沢山付いています(残っています)が、さて、その戦略が気になるところです。

IMG_598629.jpg


ダイコンソウさんです。
実のなっている個体も多くありました。

IMG_601929.jpg


イボタノキさんです。

その2に続きます。
スポンサーサイト
  1. 2007/09/10(月) 23:59:58|
  2. 植物
  3. | コメント:6
<<国立科学博物館附属自然教育園 (植物類編その2) | ホーム | 谷津干潟>>

コメント

私も

コムラサキを撮影してました。紫式部とこうやって見比べると違いがよくわかりますね^^
  1. 2007/09/11(火) 11:30:05 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

名前が分かって

ムラサキシキブ、実が可愛らしいですね。
たくさん実がついていますね。
光沢のある紫に色づいたものをまた見たいです。
ハエドクソウ、1科1属1種とは珍しいですね。茎は面白い形状をしていますね。
ヤブマオという名前でしたか。
よく見ますが、名前が分らなくて。
ダイコンソウ、黄のはなびらが美しいです。この花も名前が分りませんでした。
よしの88のさんの絵を見て、いままで分らなかった名前がわかるようになってとても嬉しいです。
ただ残念なことに物忘れが激しくてはたはた困っています。
  1. 2007/09/11(火) 18:12:44 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

こんばんは

今回の植物も見事ですね。
トップのマツカゼソウ良いですね。特に好きな植物です。
ミカン科で草本、葉が独特の複葉で見る度に感激しています。
  1. 2007/09/11(火) 19:30:11 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

どりさま さん

こんばんは、またありがとうございます。

コムラサキさんのお写真、鮮やかで大変にきれいでした。
うちも明るくきれいに撮れたらといつも思っているのですが、なかなか難しいところです。

ムラサキシキブさんとコムラサキさん、よく似ていますので、一見するとどちらだかわからないのですが、どうも実(お花)の柄の付け根が葉と一緒の所から出ているのか、そうでないのかで判断するのが確実そうです。

ただ、遠目ではわかりにくく、近くで見ないとダメなようです。
  1. 2007/09/11(火) 23:32:15 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

ムラサキシキブさん、小さな実が沢山集まって、何とも良い感じでした。
葉とほぼ同じ色だったのもまた惹き付ける所だったのかも知れません。
今現在では紫色になっている頃合いなのかなと思いますが、先日行ったとき確認していませんでした。
と言うか、見落としていました。
残念ながら写真はなく、今度行ったときに間に合うかどうかです。

ハエドクソウさん、今でもお花の咲いている状態です。
うちの知っている限りではここでしか見られないように思います。
何とも特徴的な感じがします。

ヤブマオさん、結構色々なところで見掛けるのではと思います。
ただ、ご存じの通り、似た種類でメヤブマオさんと言うのもいますから、葉の厚み、ザラザラ感、お花の付き方などで判断するしかないようです。

ダイコンソウさん、最初はケキツネノボタンさんかと思っていました。
というのは、そのすぐまわりで咲いていたからなのですが、どうも違和感があり、調べてみたらと言う感じでした。
今現在ではお花と実の両方を見ることが出来ます。

うちのつたない写真をご覧になって、不明であった植物類が判明するとあっては、大変にうれしい限りです。

ただ、うちも反対に不明種が解決したり、また色々とお教えを頂いていますから・・・。
  1. 2007/09/11(火) 23:42:06 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、個展の準備など、大変にお忙しいのではと思いますが、いつもありがとうございます。

さて、マツカゼソウさん、うちは初めてでした。
調べて見るとミカンさんのお仲間でも特殊のような感じですし、確かに葉の付き方がまた良い感じです。

先日行ったとき、お花はまだの様な感じでした。
かなり小さいお花かと思うのですが、是非撮ってきたいと思っています。
  1. 2007/09/11(火) 23:45:50 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。