野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

国立科学博物館附属自然教育園 (昆虫類、その他生き物編)

今回は国立科学博物館附属自然教育園です。

ここは真ん前を主要幹線道路(目黒通り)、そして真横には首都高速道路(2号目黒線)が通っていますが、中に入るとそんなことは忘れさせてくれる、都会の中の貴重な森林と言えるかと思います。

当日は残念ながら、曇り空、その上園内は深い森林形態で暗いですので、写真撮影に適しているとは言えませんが、それでも様々な生きものたちが多くいますし、植物類も豊富です。

今回はその殆どが初めて会う種類で、わからない種類が多くあります。

撮影はEOS 30D + Sigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM 使用です。

IMG_550029.jpg


全く初めて見るような気がします。
今回ここに来て、まず最初に会った昆虫類で大変に印象的でした。
最初は全くわからなかったのですが、良く見ると足や触覚、そして顔の感じからキリギリス君系ではないかと考えました。

手持ちの北海道出版会「バッタ・コオロギ・キリギリス大図鑑」のプレートを見て行きました。

結果的には・・・ササキリ君の幼虫でした。

ササキリ君の成虫にもまだ会ったことがありませんが、成虫の姿とはとうてい想像できない感じです。

IMG_557429.jpg


チュウレンジバチ君と言うよりも足が黄色っぽいので、ニホンチュウレンジ君という感じです。

IMG_562829.jpg


イオウイロハシリグモ君の中でも真ん中に白い筋の入ったスジブト型個体です。

IMG_762129.jpg


こちらはイオウイロハシリグモ君の赤色系個体のようです。

IMG_567829.jpg


トウキョウヒメハンミョウ君、最近よく会います。

IMG_568329.jpg


蛾君ですが、現在不明で調べ中です。
手持ちの図鑑類(新訂原色昆虫大図鑑Ⅰ蝶蛾類)のプレートを見ていますが、どうも標本写真と生態写真はかなり異なるために今一歩ピンと来ません。

ここで、蛾類の生態写真大図鑑なるものがあるのか、探してみたい気にもなって来ました。

追記:その後再度調べたところ、トビモンコハマキ君とわかりました。

IMG_574629.jpg


初めて見ますが、エノキハムシ君のようです。

IMG_617229.jpg


タカトウダイさんにクロオオアリ君です。

IMG_621829.jpg


カナヘビ君です。
結構多くいるもので、あちこちで出会いました。

IMG_627829.jpg


イチモンジセセリ君です。

IMG_631129.jpg


こちらはチャバネセセリ君です。

IMG_651629.jpg


キタテハ君です。
この日は大変に暑く、そのせいもあるのか、ベンチに座って眺めていると肩や腕などに何回もとまって来ました。

IMG_658729.jpg


アリグモ君です。

IMG_661629.jpg


ずいぶん色の薄い感じのカナヘビ君です。

IMG_668829.jpg


ハエ君の仲間のようです。

IMG_677129.jpg


ヒメクロオトシブミ君の様です。

IMG_697329.jpg


ヒメギス君です。
かなり多く固まっていました。

IMG_727629.jpg


初めてでしたが、オジロアシナガゾウムシ君です。
どうも死んだふりをしているようで、撮影中は全く動きませんでした。

IMG_759129.jpg


ヒメカメノコテントウ君です。

IMG_767629.jpg


ムシヒキアブ君の一種ですが、マガリケムシヒキ君というのが近そうです。

IMG_534429.jpg


そして、ザトウムシ君です。
詳しい種類が今一歩わかりません。
それにしても小さいですし、良く見ていないと気が付きません。

追記:その後、モエギザトウムシ君とわかりました。

今回は会ったことのある種類はごく一部で全体的に初めて会う種類が殆どでした。
それだけに多くの生きものたちを見落としている、気が付かないと言うことなのかも知れません。

さらに今回の種類に関してはことあるごとに注意して調べ直していきたいと思っています。 
スポンサーサイト
  1. 2007/09/07(金) 23:50:59|
  2. 生き物
  3. | コメント:12
<<谷津干潟 | ホーム | 洗足池公園 (植物類編その2)>>

コメント

おじゃまします^^

はじめまして!

写真が美麗で驚いています。このレンズはひょっとしてシグマの150mmマクロですか?私が購入を検討する1本なのでサンプルを見たかったのですがなかなか見つからなくて^^;昆虫野鳥私も大好きです♪
  1. 2007/09/08(土) 06:37:12 |
  2. URL |
  3. どりさま #YhxRTNrk
  4. [ 編集]

おはようございます。

今回の昆虫も素晴らしいですね。
ここは以前、新任の先生たちに自然感察の仕方を指導した時に訪れた事があります。その時はごく一部を回っただけでしたが、昆虫が多いと感じました。
☆小さな昆虫は見付けるだけでも大変なこと、それを撮影するのはもっと大変な事だと思います。残暑が厳しいですから無理をしないでくださいね。
  1. 2007/09/08(土) 10:28:32 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

150mmマクロのすばらしさ

自然教育園には随分前に1度行ったことがあります。
小暗い感じだなぁという印象があります。
さて、トップバッターのこのてかてかの虫さんは誰でしょうか。
ササキリ君の幼虫ですか。
よしの88さんはさすがですね。
本格的な図鑑をたくさん持っておられる。
東海大学の蝶の図鑑も相当専門的なものだと、耳にしたことがあります。
イオウイロハシリグモ。すごい名前ですねぇ。
これにも種類があるんですね。
それにしても、クモさんの目のちっこいこと。
ハンミョウで知っているのは、玉虫色のものです。
人の前を道案内するようにぴょんぴょんとんで歩く虫です。
よしの88さんの撮られる虫の中でアリさんに妙に惹かれます。
それは自分で撮ってなかなか撮れないからだと思いますが。
いつも見事に捉えておられますね。
チャバネセセリ君のこの目、すばらしいです。
そしてキタテハさんのアップされた目。
150mmマクロの威力を充分に発揮されていますね。
  1. 2007/09/08(土) 17:44:47 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

40Dさわって来ましたよ!!!
ライブビューはスゴイかも???
ライブビューしながら画面を拡大できますし。
でも
ライブビュー+マクロは三脚必須ですね!!!
(たぶん…)

ファインダーも、30Dと比べて
見やすいような気もします!!!

  1. 2007/09/08(土) 23:06:07 |
  2. URL |
  3. ひろゆき #-
  4. [ 編集]

どりさまさん

こんばんは、初めまして、またうちのブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

また、お言葉も大変に恐縮です。
美麗などとは大変に恐れ多いお言葉でうちの写真のような素人写真にはもったいないのではと思ってしまいます。

さて、今回の写真は全て Sigma の150mmマクロ使用で手持ちでの撮影です。

絞りは全て開放、F2.8での撮影です。
ISOは400での設定でした。

こんな写真でもお役に立てるかどうかはわかりませんが、その性能がわかるようであれば、うれしいことです。

うちの場合は専門的なことはまだまだわかりませんので、大したことのない写真ではありますが、そこからご判断いただければと思います。

うち個人の感想ですが、少なくともCanonの純正も使ったことがありますが、それよりも感覚的にだけですが、良いと感じています。

時間のある折にお伺いさせていただきます。
  1. 2007/09/09(日) 00:18:38 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

以前にここにも行かれているんですね。
確かに園内の一部だけでも結構な種類がいるかと思います。

ただ、気になったのは季節的なものなのか、場所的なものなのか、良くわからないのですが、トンボ君が少ないことです。

また、去年はバッタ君がかなり多くいたように記憶しているのですが、今年はあまり目立ちません。

単なる思い過ごしであればいいのですが・・・。

いつもですが、小さくても気が付くこと、そして見過ごさないようにして行くためには結構な時間もかかりますし、また結構体力消耗もするように思います。

ただ、好きなことですから、何とかなっているのかなと言う感じです。

今現在の健康状態から考えると、ある程度は大丈夫だと思いますが、仕事の兼ね合いもあり、身体と相談して中座することのない様、気長に続けていきたいと思います。
  1. 2007/09/09(日) 00:31:09 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

自然教育園、行かれたことがおありですか。
確かに森林という感じですから、全体的に薄暗く、写真を撮るという事に関してはあまり向かない様な感じがしてきます。

ただ、水生植物園に関しては完全に日が当たりますから、そこがまずはメインになって来るかと思います。

また、うちからは比較的近い場所に位置すると言う事と様々な生き物がいると言うことから、結構行っている場所です。

ササキリ君の幼虫、なかなかかわいいです。
また書籍、図鑑に関してはお名前がわかることによって、少しでもその生きものたちに近づければと言う気持ちと色々なことを知っていきたいという気持ちの両方かと思いますが、どちらにしても使いこなさなければ、意味がなくなってしまいますから、宝の持ち腐れにならないようにしたいと思っています。

ですから、持ってはいるものの、到底さすが・・・と言うところではないと思います。

東海大学出版会の蝶類関係というと「日本産蝶類幼虫・成虫図鑑」があるかと思いますが、科目ごとに分かれて、それこそかなり専門的な感じがします。
ちょっと欲しくなる内容ですが・・・。

うちの場合、蝶類に関しては学研「日本産蝶類標準図鑑」と北館「原色蝶類検索図鑑」の2冊をメインに使用しています。

イオウイロハシリグモ君、結構あちらこちらで見掛けます。
大体、葉っぱの上でじっとしていることが多いような感じがします。
この種も同じ名前でも様々に個体変異があり、別のクモ君と間違える可能性もありそうです。

ハンミョウ君、実はその玉虫色のはまだ会ったことがありません。
このトウキョウヒメハンミョウ君しか会ったことがありませんが、このハンミョウ君も人の前を飛んでいきます。

しかし、土の色と同じようで、良く見ないと目立ちませんね。

アリ君は良く動きますし、小さいですから、なかなかうまく行きません。
特に表情を撮ろうとすると眼も身体も同じ色合い、いつも悩みます。

チャバネセセリ君、丁度オジロアシナガゾウムシ君を撮っていたときに、すぐ真横にとまってくれました。
角度的にも同じ体勢のまま、撮影できたのが良かったのではと思っています。

やはり、蝶君の場合は出来るだけ真横からの方が良い感じがします。

ここのキタテハ君は大変にかわいいです。
肩や腕に良くとまって来てくれます。
そのお陰で大変に暑い日でしたが、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

150mmマクロもまだまだ様々な使い方があるかと思いますが、あまりやらない絞り関係にも留意して、これからも色々と撮っていきたいと思います。
  1. 2007/09/09(日) 01:05:54 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

ひろゆき さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

40D試されましたか。

今のところ、試し撮りでマクロ撮影をしていないので、ライブビューはまだ試していない状態です。

やはり、三脚必須のようでしょうか。

うちの場合、マクロ撮影はどうしても自由度優先ですので、やはり手持ちでやりたい所です。

今度鳥君撮影ではないときにマクロ+ライブビューの試し撮りをする予定です。

また、ファインダーは視野率も格段にアップして、かなり見やすくなったと思います。

ただ、反面、2回の試し撮りの結果ではMFでどうもピントの山がつかみにくいように思いました。

まあフォーカシングスクリーンの交換という手もありますが、これに関しては30Dの方が一発でピントの山をつかめ、良かったのではと思っています。

あと、連写に関してですが、なかなか軽快で良いです。
音も慣れてしまえば、どうって事はありません。
要するにJPEGラージで100枚以上、なかなか良いです。
  1. 2007/09/09(日) 01:17:02 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

 ササキリの幼虫はつやつやと光の当たり方もよく
きれいに撮られてますね。

 エノキハムシは自分も見たことがありません。こんな色の
ハムシもいるんですね。

 タカトウダイはトウダイグサの仲間でしょうか。トウダイグサは
確か毒があった気がしますがアリにとってはご馳走みたいですね。

 キタテハは前からの構図が迫力があっていいですね。
折りたたまれた口も良く見えます。

 カナヘビのアップ、目にばっちりピントが来てきれいに空が写りこんで
ますね。よしの88さんが写ってそうな感じさえします。

 ザトウムシ。懐かしいです。子供の頃クワガタを採りに行くと
よく見かけました。ちょっと不気味だけどなんだかかわいらしい
愛嬌のある虫でした。
  1. 2007/09/09(日) 09:21:08 |
  2. URL |
  3. kurabar #3aXRcdxk
  4. [ 編集]

マクロの作り出す

素敵な世界を堪能させてもらいました。
特にカナヘビのアップは素敵ですね。
こんな風に撮れたら、本当に楽しいだろうなぁと思っています。
40Dはなかなかよさそうですね。
興味あります。
  1. 2007/09/09(日) 11:46:35 |
  2. URL |
  3. shilky07 #-
  4. [ 編集]

kurabar さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

さて、ササキリ君の幼虫、初めてでしたが、何とも小さくてかわいい固体でした。
光が強いと光ってしまいそうですが、丁度光の条件も良かったのかも知れません。

エノキハムシ君、うちも初めてでした。
エノキさんの木に付くのでしょうから、結構いそうな感じがするのですが、実際は目に付かないところにいるのか、少ないのか、なかなか会うことがありません。

タカトウダイさん、お察しの通りでトウダイグサさんのお仲間です。
そして、同じく有毒の様です。
ただ、アリ君の集まる蜜のある場所に毒があるわけではなく、植物体を傷つけたときに出る、乳白色の液体に毒があるようです。

キタテハ君、ここのは大変にかわいいです。
大変に暑い日でしたので、そのせいもあるかと思うのですが、大変に人懐っこいという感じでした。
本当は手乗りキタテハ君を掲載したかったのですが、残念ながら全てボケ写真でした。
口の方はストローが伸びていた方が良かったかもと今にして思っています。

カナヘビ君、だいぶ前にここで撮ったときは自分がカナヘビ君の目に入っていたのですが、今回は角度的に入っていない様です。
やはり、身体全体も重要ですが、眼だけでも十分にその存在を表す事が出来ると思いました。

ザトウムシ君、うちは初めてでした。
移動の仕方が何とも面白いですね。
クモ君というより、厳密にはダニ君のお仲間にはいるそうです。
クワガタ君、最近は全く会えなくなりました。
昔は結構いたように記憶していますが、これも生態環境の変化なのでしょうね。
  1. 2007/09/10(月) 00:10:34 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

shilky07 さん

こんばんは、またありがとうございます。

いつもながら、お言葉も大変に恐縮です。

マクロ、本格的に始めたのはここ最近のことです。
いつも見ているものでも、また違った世界が見えてくるような気がします。

カナヘビ君はいるとどうしても撮ってしまいます。
表情が単一のように見えて、結構色々な表情をしたりします。
その色々な表情を撮ると言うことでも、身近なカナヘビ君は最高のモデルではないかと思います。

40D、機能的にはかなり魅力があるのですが、いかんせん、画像がどうも納得いかない感じです。

今までの試し撮りは望遠でしたが、今日はマクロで試し撮りをしました。
レンズの相性かなとも思ったので、マクロレンズであれば、また違った結果が出ると期待していたのですが・・・。

結果は全くでした。
もしかしたら初期ロットの製品そのものに原因がある可能性もあり、時間のあるときにメーカーに持ち込みたいと考えています。
  1. 2007/09/10(月) 00:18:00 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。