野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

洗足池公園 (鳥類編)

今回は地元の洗足池公園です。

地元とは言いながらも、なかなか立ち寄る機会がない状態です。
どうしても地元は後回しになりがちですが、最低でも1ヶ月~2週間に1回は様子を見に行きたいと思っています。

さて、今回はがらっと変わって、いつもの身近な鳥君だけです。
その身近な鳥君こそ、また大切で貴重でもあると思っています。

撮影はEOS 30D + Sigma APO 80-400 F4.5-5.6 EX DG OS 使用です。

IMG_509229.jpg


カルガモ君です。
ここには必ずカルガモ君が数羽います。

またアヒル君もアオクビ・白と4羽ずついるはずなのですが、アオクビアヒル君が3羽しか見当たりません。
あとはどこに行ったのか、またはどこに隠れているのかわかりませんでした。

IMG_391929.jpg


スズメ君の子供たちがかなり多くいます。
様子を見るとまだ巣立ったばかりという感じです。

IMG_425629.jpg


そして子供たちは水浴びを良くしていました。

IMG_513929.jpg


いつも必ず1羽、カワウ君がいます。
この杭の所はいつものお気に入りの場所のようです。

IMG_527429.jpg


そして、またまたスズメ君の子供、少し心配です。と言うのは・・・。

IMG_528729.jpg


すぐ真上ではハシブトカラス君の子供がじっと見ていました。

おおむね一般的な種類がこの時期は殆どです。

あとゴイサギ君(この時期はホシゴイ君が多い)やコサギ君もいるはずなのですが、見当たりませんでした。

今後の予定ですが、
順番としては・・・
①国立科学博物館附属自然教育園
②善福寺公園
③東京港野鳥公園
④谷津干潟
⑤生田緑地
⑥群馬県立ぐんま昆虫の森(1日目・主に外周コース)
⑦東京港野鳥公園・再び
⑧国立科学博物館附属自然教育園・再び
⑨群馬県立ぐんま昆虫の森(2日目・主に内周コース)
⑩茨城県自然博物館・野外施設~菅生沼
⑪千葉県立中央博物館・生態園
⑫泉自然公園
⑬東高根森林公園

の順でアップ、そしてそれぞれ情報的には古くなってしまいますが、それぞれ、鳥類、昆虫類、植物類に分けて掲載したいと考えています。

例外的に40Dの試し撮り、干潟関係は割り込み掲載をします。
スポンサーサイト
  1. 2007/09/03(月) 22:29:35|
  2. 野鳥
  3. | コメント:8
<<洗足池公園 (昆虫類編) | ホーム | 谷津干潟、再び>>

コメント

こんばんは。

トップのカルガモ、良いですね。
お腹の羽が輝いていますね。水滴が光っているのでしょうか。
身近な鳥達は親しみがあってとても良いですね。
子スズメ、とても可愛く撮れていますね。とても微笑ましいです。
スズメは私の最良のモデルです。
  1. 2007/09/03(月) 22:54:09 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

 一枚目のカルガモ、一本足の不安定な姿勢と若干斜めになった
構図がマッチしていてよい写真ですね。

 見知った場所の写真だとまた見方が違ってきます。スズメの
子供たち、こんなにたくさん見られたんですね。自分はまだまだ
観察眼が足りないようです。

 ハシブトガラスの子供にもまったく気づきませんでした。

 カワウは羽を大きく広げて気持ち良さそうです。
  1. 2007/09/04(火) 00:26:05 |
  2. URL |
  3. kurabar #3aXRcdxk
  4. [ 編集]

どっちもがんばれ

カルガモさん、いつみても元気で愛嬌がいいですね。すばらしい写りです。
スズメの子、いや可愛いです。
まだあどけない表情ですね。水浴びのシーン、特にいいです。
カワウはこのスタイルですね。
羽を乾かしているというより、どうだ見てくれこの俺様の雄姿を、って感じです。
これくらいのスズメの子は大変危険ですね。
動きが機敏ではないですし、しかも頭上からだと気付きにくいでしょうし。
ただ、相手も子どもということですから、どうでしょうね。
こうして並べて見てると、どちらにも応援してあげたくなります。
  1. 2007/09/04(火) 07:06:07 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

スズメがとってもいいですね

仲良しそうに水浴びてるところとか

日をいっぱい浴びてるところ

素晴らしいです

カラス君の迫力は凄いですね
  1. 2007/09/04(火) 22:12:34 |
  2. URL |
  3. RUU #-
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

お腹の羽はお察しの通り、水滴なのではと思います。
カルガモ君、夏は丁度は換羽の時期とも思いますので、そのせいもあるのかも知れません。

本当に身近こそ、またつい忘れがちですが、親しみもわくと同時に大切にして、ことあるごとに様々に撮っていきたいと常々思っていることです。

スズメ君の子供たち、元気に育っていると思いますが、この時期はどうしても撮ってしまいます。

子育ての時期は鳥君たちが殆どいませんので、勝手に「中抜け時期」と称していますが、その間は子供たちを撮影すること、これが一番の楽しみです。
  1. 2007/09/05(水) 01:02:28 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

kurabar さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

お言葉も誠に恐縮です。
カルガモ君、場所的な関係もあって、この角度からしか撮れない状況でしたが、偶然にもそれが良かったようです。
これからお休みと言う感じの所でした。

スズメ君の子供たち、この時期は本当に多くいます。
うずくまっていたり、とまったまま動かなかったり、動作を見ていると本当に心配になってきてしまう面もないわけではありません。

どちらかと言うと人間の多い場所(水生植物園、児童公園側)に多く見受けられました。

カラス君の子供たちは図書館側で何羽か騒いでいました。

どちらも少し前の撮影ですので、今では無事に成長しているものと思います。

カワウ君はいつものお気に入りの場所でいつものスタイルですね。
  1. 2007/09/05(水) 01:08:40 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

カルガモ君、丁度良いところにいたのかなと言う感じが今ではしています。
その時は撮影する角度は完全に1方向しかなかったのですが、反対にそれが良かったようです。

これからお休みと言う感じの直前の様子を撮影しました。

スズメ君の子供たちは本当にかわいいです。
ただ、心配な面も多々あるのですが、どちらかと言うとここでは人間の多くいる場所にいますので、外敵からは身を守れるのではないかと言う感じもしてきます。

まさに成長が早いせいか、良く水浴びをしています。
砂浴びは今回、残念ながら見られませんでしたが・・・。

カワウ君はここでは1羽だけ、いつものお気に入りの場所で杭の上にいます。
ここにいる鳥君の中では一番大きいですから、ただとまっているだけでも十分に存在感はあります。

スズメ君もカラス君も今では大きく成長しているでしょうが、やはりこのくらいの時が一番危険ではと思います。

ただ、どちらも公園内でも特に人間の多い場所にいますので、その点はお互いに助けにはなっているようです。

どちらも本当に頑張って、無事に成長して欲しいものですね。
  1. 2007/09/05(水) 01:19:52 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

RUU さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

スズメ君の子供たちは本当にかわいいです。
どこにでも一緒に行動しているようです。
そして、成長も早いので、そのせか良く水浴びもし、砂浴びもしたりしています。

カラス君はやはり子供でもかなりの大きさがありますので、親と同じに感じます。
ただ、見ていると待っている体勢、まだ自分でと言うところまでには行っていないようでした。

スズメ君もカラス君も今では無事立派になっているのではと思います。
  1. 2007/09/05(水) 01:23:44 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。