野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

清澄庭園

今回は少し久しぶりの清澄庭園です。

特にこれと言った目的はありませんでしたが、近くに行きましたので、寄ることにしました。

いつでもそうなのですが、どこに行くのでも必ず様々な生きものたちが出迎えてくれますから、特に目的を持たないで行くこともあります。

レンズはSigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM と Sigma APO 80-400mm F4.5-5.6 EX DG OS 使用での撮影です。
一部、×1.4テレコン使用での撮影もあります。

IMG_666026.jpg


カイツブリ君です。
ここのカイツブリ君はいつも思うのですが、大変に人懐っこくかわいいです。
いつも人間の近くにいます。

IMG_706626.jpg


そして、そのカイツブリ君に子供たちが生まれていました。

IMG_715626.jpg


3羽の子供たちのうち、2羽です。

IMG_719626.jpg


3羽のうち、一番小さいと思われる子供です。

IMG_738326.jpg


カイツブリ君の子供の好物はエビ君と言われますが、やはりそのようです。

IMG_744926.jpg


ぱたぱたカイツブリ君です。
羽がまだまだの様です。

IMG_765326.jpg


カイツブリ君の子供たち、3羽揃いました。

IMG_882626.jpg


そして、夕方にようやく、カイツブリ君親子、揃いました。

IMG_690026.jpg


木の枝の上でスズメ君の子供です。

IMG_868526.jpg


こちらもスズメ君の子供です。

IMG_919426.jpg


スズメ君、何かを捕まえたようでした。

IMG_720926.jpg


アヒル君です。

IMG_728726.jpg


カルガモ君です。
残念ながら、子供たちはいない様でした。

IMG_849326.jpg


中の島にアオサギ君が3羽いました。
そのうちの1羽です。

IMG_660326.jpg


ザクロさんです。

IMG_660526.jpg


IMG_660726.jpg


アジサイさんです。
2枚目はあまり見ない色合いです。

IMG_780926.jpg


日向ぼっこクサガメ君です。

IMG_787126.jpg


最近よく見るようになりました。
この前も見たように思うのですが、お名前が思い出せません。
ブログをさかのぼって見ているのですが・・・。

追記(7月7日):次のアップ予定の東京大学大学院理学系研究科附属植物園の写真を整理していて、思い出しました。
クサイさんです。

IMG_787926.jpg


チガヤさんです。

IMG_790126.jpg


ウラジロチチコグサさんです。

IMG_791926.jpg


トキワハゼさんです。

IMG_793026.jpg


ヒルガオさんです。

IMG_793626.jpg


サツキさんです。

IMG_793926.jpg


アジサイさんです。

IMG_794926.jpg


クサヨシさんです。

IMG_796926.jpg


イネ科とは思うのですが・・・。

IMG_799926.jpg


こちらも最近良く見かけるようになりました。
初めてでしたが、コモチマンネングサさんの様です。

IMG_802526.jpg


こちらも同じく、初めてでしたが、よく見かけるようになりました。
キキョウソウさんの様です。

IMG_806026.jpg


どこかで会ったような、初めてのような・・・。
葉と全体像を撮影していなかったのが失敗編です。

IMG_808726.jpg


小さなお花が集まっているようですが・・・。
キク科と思われますが、今一歩わかりません。
撮影したときの記憶をたどっているのですが、???状態です。
ハキダメギクさんの花びらのないような感じもします。
まさか分布を考えてもシオギクさん(よく似ています)と言うことはないかと思います。

IMG_809326.jpg


ネジバナさんです。

IMG_821526.jpg


アジサイさんです。

IMG_823726.jpg


ウシハコベさんです。

IMG_825226.jpg


ジョロウグモさんかと思ったのですが、何か違和感があります。

IMG_829526.jpg


こちらもコモチマンネングサさんの様です。

IMG_832026.jpg


ハハコグサさんです。

IMG_832526.jpg


クチナシさんです。

IMG_835126.jpg


ヤマトシジミさんです。

IMG_837526.jpg


ムラサキカタバミさんです。

IMG_838526.jpg


サナエタデさんです。

IMG_839126.jpg


ヤブヘビイチゴさんです。

IMG_840226.jpg


IMG_840426.jpg


IMG_841726.jpg


ハナショウブさん、満開でした。

IMG_859026.jpg


IMG_862726.jpg


アジサイさんです。

IMG_930126.jpg


ハナキササゲさんです。
初めてでしたが、入口の手前の気がつかないところにいて、見落とすところでした。
ただ、高いところにお花が付いているので、見上げるようにしか撮影できませんでした。

今回は偶然にもカイツブリ君の子供たちを見ることが出来ました。
もう少し早ければ、親の背中に乗っている姿も見ることが出来たかも知れませんが、少し遅かったようです。

カイツブリ君もスズメ君もまた子供たちには無事に元気に育って欲しいものです。

今回も新しい発見、出会いも多くあり、わからない種類がかなり多くありました。

これから、夏のお花の時期になってきますが、全くの未知の世界、図鑑との格闘、勉強の連続です。
スポンサーサイト
  1. 2007/07/06(金) 23:59:24|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<東京大学大学院理学系研究科附属植物園 | ホーム | 向島百花園>>

コメント

おはようございます

清澄庭園、ここ数年は行っていませんが、スケッチや感察会などで10回は行っています。庭石で有名な庭園ですが、池があるので多くの生き物がいますね。それに、とても珍しい木が、入ってずっと左手の開けた所にあります。モクレイシという木です。ここ以外では見た事がありません。随分前置きが長くなって申し訳ありません。(数々の思い出があるのでつい)

・カイツブリ、とても素晴らしいですね。
それぞれのショットが、とても上手く表情が表現されていますね。その上に見せ方が特に素晴らしいと感じました。
・スズメの子も可愛いですね。
・花、昆虫、皆素晴らしいですね。
・島のアオサギ、今も健在ですね。ゴイサギは居ませんでしたか。
・クサイの果実のアップ、凄いですね。数多くの花被片がはっきり分かりますね。素晴らしいですね。
>イネ科とは・・・・・・。は、実が熟して小穂がほとんど取れたカモジグサ(イネ科)のようですね。
>どこかで・・・・・・。は、カタバミの仲間のようにも?
>小さな・・・・・。は、アップ過ぎてわかりませんが。筒状花だけの頭花(多くの花が集まって一つの花のような形になった花の形のことで、キク科の重要なポイント)のようですからキク科である事は確かですが、コセンダングサのようでも??
>ジョロウグモさん・・・・・・。は、オオシロカネグモです。上から見ると複数の白い線が目立ちます。画像のクモの横腹に僅かですが白線がはっきり分かります。
>ヤブヘビイチゴ・・・・・・。は、結論から言いますとヘビイチゴです。破れた葉の色、実と正ガクの大きさの比率、実の光沢の無さでヘビイチゴとわかります。決めては正ガクと実の大きさです。ヤブヘビイチゴの葉は濃い緑色をしています。
・広場のハナキササゲ、咲いていましたか。見落とされなくて良かったですね。とてもきれいに撮られましたね。素晴らしいです。秋には数十センチの細長い果実がぶら下がります。これも見応えがあります。
今日もありがとうございました。
  1. 2007/07/07(土) 11:37:00 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

これからの夏の花や虫さんたちが

清澄庭園ですか。ここにはまだ足を運んだことがありません。
トップのカイツブリさん、どうしてこんなにくっきり撮れるかと思うほどです。
目の色、口元の白、頬から首の臙脂色、実に見事です。
人の近くにいるということは、近くで撮れるということですね。
私はカイツブリだけは近くで撮れた試しがありません。
巣の上の子と餌をあげようとしている親、いい表情が撮れています。
3羽の雛のまん丸な目、すべてにピンが来てますね。
松の木をまるで登っているような感じです。この子スズメのあどけない顔がいいです。
ザクロのこの朱の色が好きです。
チガヤの白のほわほわ、妙に心動かされます。
キキョウソウといわれるだけあって、色がキキョウ色ですね。このあっさりした紫が好きです。
ジョロウグモみたいな蜘蛛さん、糸を出して巣の修理でしょうか。きれいな色をしていますね。
一重のクチナシ、美しいです。まだつぼみがたくさんありそうですね。うん、このすっきりした花がいいです。八重咲きよりも。
ハナキササゲ、美しい花ですね。しわしわの花びらがいいです。

季節は夏に入ろうとしています。
緑が濃くなり少ない鳥さんはますます見にくくなります。
花は次々と新しく咲き、写真も花撮り中心になっていきます。
これから虫さんたちが続々と出てきます。
よしの88さんの絵に夏の花や虫が登場してくるのが楽しみです。
  1. 2007/07/07(土) 21:03:26 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

こんばんは~

人になついているカイツブリ君とは、
かわいいでしょうね~
そんなこともあるのですね

今回のカイツブリの雛たちの
写真が本当に素晴らしいですね
しっかりと撮ることさえ難しいと思いますが
こんなにも綺麗に・・・
さすがです。おかげで
雛の細かい部分まで見ることができました


また、スズメの雛、いいですね~
  1. 2007/07/07(土) 21:47:57 |
  2. URL |
  3. RUU #-
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

ここは確かに庭石の有名な庭園ですね。
初めて行ったときに全ての石を撮影してあります。
そして、モクレイシさん、ここでは多分にして見落としている様です。
今度行ったときに注意してみようと思いますが、もう実がなるか終わってしまうかの頃ですね。
ニシキギさんのお仲間と言うことで、うちの行くところでは東京大学大学院理学系研究科附属植物園(小石川植物園)にもいるようです。
もしかしたら、わからないで撮っている可能性もありますが、整理が悪く見つからず、撮っていない可能性の方が大きそうです。

カイツブリ君、丁度子育て中でした。
お言葉も誠に恐縮です。
一応は撮った順にピックアップして並べただけと言う感じなのですが・・・。

スズメ君の子供たちはかなり多くいました。
行動を見ているとまた色々で不思議なことも多くありました。

アオサギ君、3羽でしたが、そのうちの1羽は幼鳥のような感じでした。
残念ながら、ゴイサギ君はいなかったようです。
うちが行った限りですが、ここではゴイサギ君を見かけることがありません。

クサイさん、なかなか覚えられません。
撮っていてもお名前が思い出せなかったり、わからない事はいつものことですが、以前撮っているにもかかわらず思い出せないのもまた困ったものです。

この系統は様々で興味はあっても覚えるのはなかなか難しいようです。

クサイさん、今現在では殆ど枯れたようになってしまっているかと思われますが、丁度きれいな時期だったのではと思います。

カモジグサさん、確かにそのような感じもしますね。

そして、黄色いお花、カタバミさんのお仲間、そう言えばそんな感じもしてきます。
葉を写しておけば良かったとこれもいつもながらの事ですが、失敗編でした。
撮っている時はまわりも見ていますし、何となく予想も出来ることもあるのですが、後で写真だけを見てみるとわからなくなることが多くなります。

小さなお花・・・コセンダングサさん、調べてみましたらそのような感じですね。
似ている種もありますが、可能性は高そうです。

クモ君、オオシロカネグモ君と言うことで調べてみました。
確かに白い線、アシナガグモ君系、その他からも間違いないようです。
やはり、こう言うときには背中の模様を撮っておくべきですね。
全く初めて聞くお名前でした。

そして、またヘビイチゴさんとヤブヘビイチゴさんを間違えてしまったようです。
再度復習です。

ハナキササゲさん、見落とすところでした。
頭上約5~6mくらいの所にお花が付いていましたので、見上げないとわかりません。
実の方もまた楽しみです。

このハナキササゲさんに関してはその後に行った、東京大学大学院理学系研究科附属植物園(小石川植物園)でも満開模様でした。

いつも色々とありがとうございます。
  1. 2007/07/08(日) 23:50:46 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。
また、いつもの如くですが、お返事が遅くなり、大変に申し訳ありません。

またお言葉も大変に恐縮です。
ここのカイツブリ君は以前からそうなのですが、意外と人間の近くにいますので、かなり近くで撮ることが出来ます。

人懐っこいというか、人間の存在を全く気にしていないというのか、の感じです。

様子を見ていると人間は気にしていないものの、黒い物体(カラス君)には即座に反応していました。

子供たちは少し遠かったですが、その分全体的にピントがあったのではないかと思っています。

スズメ君の子供たちはかなり多くいました。
本当に行動は様々でいきなり真ん前に来たり、飛ぶかなと思ってもそのままうずくまっていたり、やはりこの時期が一番危険を伴うようにも思いました。

まあ、人間の多い中にいましたから、その分安全と言えば安全ではあるのですが・・・。

ザクロさん、もう実もかなりなっている頃なのかなと思います。
大変に微妙なきれいな色合いといつも思います。

チガヤさん、最近は目立たなくなりました。
と言うか、綿のような部分がなくなり、わからなくなって来たと言う方が正解なのかも知れませんが・・・。

キキョウソウさん、ここのところあちこちで出会うようになりました。
キキョウさんもこの時期ですし、キキョウソウさんもほぼ時期的には同じような感じ、この紫色はまた大変に微妙な色合いです。
薄いというのか、何というのか、難しいですが、おっしゃる通り、あっさりと言う表現がまさにぴったりと言う感じですね。

ジョロウグモ君の様なクモ君、前のコメントでお教えを頂きましたが、オオシロカネグモ君との事でした。
確かに良く見ると網の修繕中にも見えますね。
そこまでは気がつかず、クモ君の姿だけしか目に入っていませんでした。
クモ君にも様々の模様があって、きれいな色合いから俗に言う毒々しいと言われる色合いまでこれから大変に楽しみです。

クチナシさん、会ったことがないと思っていたのですが、気がつかないで撮っていたようでした。
八重咲きの方をまだ実際に見ていないので、何とも言えないところもありますが、やはりいつもうちが思っている表情の見えると言うことを重視すれば、一重の方が断然良いかという感じがします。

重厚よりもすっきりとした感じ、これも重要ですね。

ハナキササゲさん、見上げるように撮りましたので、今一歩表情がはっきりしませんでした。
後日別のところでほぼ目の高さでも撮影が出来ましたので、再度アップする予定です。
このお花も何とも不思議な形をしているのではないかと感じています。

そして、おっしゃる通り、これからは確かに鳥君はなかなか難しい時期になってきます。

それだけに去年まではうちの中ではなかった、植物類、昆虫類の撮影がメインになってきそうな感じがします。

しかし、もう少しでうちが勝手に言っている「中抜け時期」も終わり、7月も中旬を過ぎますと今度はシギ君・チドリ君たちの秋の季節がやってきます。

この夏はまず一つ、大磯のアオバト君(毎年必ず見に行きます)を見に行き、それからは湾岸地域をまわっていくと言うのがいつものパターンです。

また望遠の毎日になりそうですが、その合間にもマクロレンズで季節の植物類と昆虫類をも撮影していきたいと考えています。

夏のお花、昆虫類はほぼ未知の世界です。
殆どお名前もわからない状況、図鑑とのにらめっこ状態が毎日続きそうです。

いつも色々とありがとうございます。
  1. 2007/07/09(月) 23:21:25 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

RUU さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、お返事が遅れまして、大変に申し訳ありません。

ここのカイツブリ君は以前から人懐っこいというのか、人間の存在を全く気にしていないと言うのか、と言う感じで、大変に人間に近い場所にいます。

手を伸ばせば、届くような所にカイツブリ君がいるというのもそうないことではないかと思っています。

すぐ近くで見ると本当に小さくて、なかなかかわいいです。

少なくとも、これだけ人間の近くにいるカイツブリ君がいるのはこの清澄庭園か井の頭恩賜公園くらいしかうちの行くところでは思い浮かびません。

子供たちは流石にそれほど人間に近いところにいるというわけではないのですが、それでも親の近くにいるお陰で通常よりも近くで見ることが出来るという恩恵はありそうです。

もう少し早い時期であれば、親の背中に乗っている子供たちも見ることが出来たのかなと思いますが、少し遅かったようです。
来年は更に早い時期に行きたいと今から思っています。

スズメ君の子供たちもかなり多くいました。
やはり、こちらも人間にかなり近いところにいます。

自然界ではとかく人間の近くにいること、人懐っこいことが得てして好ましくないと言われますし、何を隠そう、うちもそう思ってきたのですが、最近は必ずしもそうではないと感じてきています。

言葉では言い表しにくいのですが・・・。

もう少しするとシギ君・チドリ君の時期になってきます。
そして、大磯のアオバト君も忘れてはなりませんが、時期的にまたあちこちと忙しくなりそうです。
  1. 2007/07/09(月) 23:37:46 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoshino88.blog31.fc2.com/tb.php/246-8e47da85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。