野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

向島百花園

今回は向島百花園です。

この方面に用事もあり、初めて行くことになりましたが、目的はカルガモ君の親子を見に行くことでした。

入って、広さの割にはかなり見るところがあり、大変に驚きました。

レンズはSigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM と Sigma APO 80-400 F4.5-5.6 EX DG OS 使用での撮影です。

IMG_444126.jpg


この時は1+3羽連れと1+1羽連れの親子がいました。
そのうちの1+3の方の子供のうちの1羽です。
ぱたぱたカルガモ君ですが、羽がまだまだです。

IMG_546426.jpg


お母さんカルガモ君です。

IMG_556126.jpg


3羽の子供たち、大変に仲が良いです。

IMG_579126.jpg


寄り添って、お休みカルガモ君です。

IMG_610026.jpg


3羽の子供たちです。

そして、現在では残念なことにこのうちの1羽しか残っていないとのこと、あとの2羽は遺影になってしまいました。

IMG_645226.jpg


もう1組の1+1羽の親子です。

IMG_629926.jpg


こちらは本当にまだまだ小さいです。

IMG_623626.jpg


やはり、ぱたぱたやっていますが・・・。

自然界は大変に厳しいとはいえ、ここでは残る確率があまりに低すぎです。
これだけ人間が多くいる場所ですから、半ば安全なはずですが、別に何か原因があるようです。

少なくとも今現在残っている子供たちは無事に育って欲しいものです。

IMG_407526.jpg


ドクダミさんです。

IMG_411726.jpg


ヤエザキドクダミさんです。
初めて見ました。

IMG_408026.jpg


ヤブヘビイチゴさんです。

IMG_408326.jpg


シモツケさんです。

IMG_409126.jpg


ツユクサさんです。

IMG_414626.jpg


フタリシズカさんです。

IMG_415126.jpg


ヤマアジサイさんです。

IMG_417026.jpg


カルミアさんです。

IMG_417826.jpg


ミヤコワスレさんです。

IMG_419126.jpg


キマダラセセリ君がいました。

IMG_420126.jpg


ガクアジサイさんです。

IMG_420726.jpg


アジサイさんです。

IMG_421526.jpg


同じくです。

IMG_422726.jpg


マユミさんです。

IMG_423426.jpg


ブラシノキさんです。
いつも見るよりも小振りな感じでした。

IMG_424026.jpg


アジサイさんです。

IMG_424526.jpg


イワタバコさんです。
流れの岩にへばりついていました。

IMG_471226.jpg


ヒヨドリ君です。

IMG_472226.jpg


スズメ君です。
ロープに止まって、こっちの様子をうかがっていました。

IMG_473426.jpg


ハナショウブ(山紫水明)さんです。

IMG_473726.jpg


ハナショウブさんです。

IMG_478426.jpg


ビョウヤナギさんと思ったら違っていました。
トモエソウさんです。
花びらに違う特徴があるようです。

IMG_478526.jpg


シモツケさんかと思ったのですが・・・。

IMG_480926.jpg


スイセンノウさんです。

IMG_482726.jpg


スカシユリさんです。

IMG_483926.jpg


ユスラウメさんです。
漢字では「桜桃」と書くようです。

IMG_484426.jpg


アワモリショウマさんです。

IMG_486726.jpg


ムシトリナデシコさんにオオスカシバ君です。

IMG_488626.jpg


ムシトリナデシコさんです。

IMG_489626.jpg


コバンソウさんです。

IMG_490826.jpg


ザクロさんです。

IMG_493526.jpg


ハナズオウさんの実のようです。

IMG_494226.jpg


ニワウメさんです。

IMG_495426.jpg


アジサイさんです。

IMG_495726.jpg


ムラサキツユクサさんです。

IMG_496926.jpg


キキョウさん、これからの様です。

IMG_497526.jpg


キンシバイさんです。

IMG_501326.jpg


クララさんです。

IMG_510826.jpg


クララさんにクマバチ君です。

IMG_521126.jpg


サツキさんです。

IMG_522926.jpg


ルリチュウレンジ君です。

IMG_523626.jpg


ウツギさんです。

IMG_524826.jpg


ユキノシタさんです。

IMG_525726.jpg


ヤマアジサイ(アマチャ)さんです。

IMG_527926.jpg


ヤマアジサイ(ミヤマヤエムラサキ)さんです。

IMG_528226.jpg


ヤマアジサイ(白扇)さんです。

IMG_528626.jpg


ヤマアジサイ(霧の三彩)さんです。

IMG_532426.jpg


ハマナスさんです。

IMG_533726.jpg


アザミさんです。

IMG_535926.jpg


ヒメジョオンさんです。

IMG_538026.jpg


モンシロチョウ君です。

IMG_542726.jpg


今一歩??です。

IMG_544426.jpg


アザミさんの色の薄いタイプです。

IMG_558126.jpg


マメ科の様でもありますが・・・。

IMG_561226.jpg


イヌタデさんの様です。

IMG_562226.jpg


落ちていた実にカナヘビ君です。

IMG_562726.jpg


カワラナデシコさんです。

IMG_563326.jpg


スイレンさんです。

IMG_564326.jpg


ワスレナグサさんです。

IMG_567026.jpg


ダイコンさんです。

IMG_567526.jpg


ハナダイコンさんです。

IMG_568226.jpg


いまのところ、不明です。

IMG_568826.jpg


カイコウズ(アメリカデイゴ)さんです。
逆光で、葉の隙間からの撮影です。

IMG_569426.jpg


ソシンロウバイさんの実です。

IMG_571026.jpg


アザミさんにヒメハナバチ君の一種です。

IMG_572526.jpg


アザミさんです。
色合いが多少異なっています。

IMG_594726.jpg


オカトラノオさんです。

IMG_616226.jpg


ガクアジサイ(花火)さんです。

IMG_618926.jpg


ヤマアジサイ(アマギアマチャ)さんです。

IMG_624626.jpg


ガクアジサイ(墨田の花火)さんです。

IMG_625126.jpg


シロヤマブキさんの実です。

IMG_649626.jpg


ホタルブクロさんです。

IMG_650126.jpg


ザクロさんのお花です。

IMG_653626.jpg


ウメ(道知辺)さんの実です。

IMG_620626.jpg


シジュウカラ君の子供です。


まだまだ多く撮ったのですが、さすがにプレートと現地の一致しないものもあり、わからないのがありました。
また時間のあるときに調べていきたいと思います。

また、アジサイさんに関しては品種のわかるもののみ括弧で書いておきましたが、良くわからないものに関してはそのままアジサイさんとしておきました。

今回、初めて行く所でしたが、こじんまりとした広さの割には大変に見るところが多くあるように思いました。

掲載写真も今までで一番多くなったのではないかと思われます。
目的のカルガモ君の子供たちの写真については2000枚ほど撮っていますが、ここに載せたのはほんの一部です。

次回は清澄庭園の予定です。 
スポンサーサイト
  1. 2007/07/03(火) 21:58:19|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<清澄庭園 | ホーム | 石神井公園>>

コメント

よしの88さん
こんばんは~

今回カルガモちゃん達の写真が
すばらしいですね
どれも雛たちが楽しそうで
ほのぼのとして
いきいきとして
そしてやさしまなざしのお母さんカルガモ・・・
本当に楽しませてもらいました
(出版してほしいくらい!!)

私のところにコメントを寄せてくれる人から
聞いた話では
カルガモ君の雛を持ち去る人も
少なくないそうですね
悲しい事です
兄弟そろって遊ぶこの光景を
見せてやりたいですね



カメラ目線のすずめ・・・初めてみました
  1. 2007/07/03(火) 23:41:17 |
  2. URL |
  3. RUU #-
  4. [ 編集]

こんばんは

向島百花園は以前は何度か行きましたが、次から次へと花が植え替えられるので、最近は行きません。(前の花の札がそのままになっていることが多々あるので注意が必要です)
前置きが長くなってすみません。

・トップのカルガモのヒナ、実に愉快はポーズですね。実に素晴らしいですね。
カルガモの撮影が目的で行かれた成果が遺憾なく発揮されていますね。どのカルガモの画像からもよしの88さんの温かい眼差しが感じられます。
・ヤブヘビイチゴ、特徴も良く分かり、アングルもすばらしいです。
・キマダラセセリがいましたか、裏の公園には食草がないのでやって来ません。
・マユミの果実、面白いショットですね。
・イワタバコ、良く見付けましたね。私は10年以上前の5月に見て、その側にやってきたシジュウカラの巣立ち雛と一緒に『巣立つ』という画題の自然画の大作を描いた事を思い出しました。
実は先日、東御苑にも咲いていました。
・シジュウカラの幼鳥、今の時期ならではのショットですね。素晴らしいですね。
幼鳥の無事を祈って・・・・・
本日も素晴らしい画像を見せて頂きありがとうございました。
  1. 2007/07/04(水) 00:01:19 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

優しい目でみつめられています

向島百花園には、結構行きます。
こぢんまりとした造りですが、四季の花が見られますから、それなりに楽しめます。
つい先日行きましたところ、カルガモの姿は全く見あたりませんでした。
残った1羽の子ガモは大きくなって親と共に広い場所へ飛び立ったのではないかと思っております。

よしの88さんが撮られたのは、ちょうど可愛い盛りの子カルガモの様子ですね。
トップの絵、まだ形ばかりの小さな羽を羽ばたかせています。いいタイミングで撮られましたね。
顔をくっつけ合って寝ている3羽の子どもたち、何とも愛らしい限りです。
もう一組のこちらはまだまだあどけない雛。水鳥だけに足はさすがに大きいですね。
う~ん、こちらも羽ぱたぱたさせています。このくりくり目、ほんとにきれいです。
ドクダミの3兄妹、可愛く撮れてます。八重咲きも風情がありますね。
カルミアの花、独特の造りですね。
マユミ、ふくらんだお餅のようです。私の頭の中ではサイコロのようなイメージだったのですが、こうしてつぶさに見ると、思い違いをしているのがよくわかります。
ザクロの色ってとてもきれいですね。朱より少し赤が大目の感じでしょうか。私が行ったときには実もいくつかなっていました。
クララのクマバチ君、いいですねぇ。花にけっこう来ていますが、なかなか撮れないものです。
ヤマアジサイ。ちいさな花ですが、存在感がありますね。
イヌタデの垂れた穂、見事です。こんなふうにマクロで撮ると、この花の魅力がぐんと引き出されますね。
カナヘビ君、サーカスの玉乗りみたいです。これは枇杷の実でしょうか。このショット決まっていますね。
ヒメハナバチ君、アザミの花粉を体中につけて、いかにも仕事してるって感じです。
ウメ(道知辺)の実、きれいです。まるでモモのようにきれいな肌です。

よしの88さんの自然を見つめる目が優しくて、1枚1枚の絵が集中して丹念に撮られていることがよくわかります。
人が見向きもしないようなものにも目を向けて撮られています。
よしの88さんのブログを見るたびに、これまで見過ごしていたことに気づかされます。
  1. 2007/07/04(水) 09:59:10 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

RUU さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

お言葉も大変に恐縮の至りです。
お褒めのお言葉も頂いて、誠にうれしい限りです。

本当におっしゃる通り、実物は大変に生き生きしていて、いつの間にかかなり多くの写真を撮ってしまっていました。

写真に関しては多分にして、モデルになってくれた、カルガモ君たちが良かったお陰で少しはマシな写真になったのではと思っています。

しかし、連れ去り、誘拐のお話は初めて聞きましたが、全くとんでもないことですね。
気持ちはわからないわけでもないのですが、絶対にしてはならないことです。

ましてや密猟の部類でしたら、なおさらのことですね。

大変に厳しい自然の中ではあるものの、家族揃って一緒にいることに意味があって、それから独り立ちして、また小さい頃育った場所を思い出して、戻ってくる、この繰り返しですが、それがあるからこそ生態系が保たれて行くものと考えています。

自然の中の生態系を壊すと言うことがどういう事か良く考えて欲しいことですね。

スズメ君、たまたまこっちをのぞき込んでいました。
この写真は完全な成鳥ですが、子供たちは好奇心で結構レンズの方をのぞき込んだりもします。
  1. 2007/07/05(木) 00:24:15 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

こんばんは

トップのヒナのかわいさに、ニコニコしながら拝見しました。
いつもながら素敵な写真が次から次へと出てきますね。
アザミもきれいだし、私の好きな「マユミ」もありました。
秋の赤く色づいた実の写真を見るのが楽しみです。印象的なのは「ヒメジョオン」。
花びら一枚一枚が輝いているようで
とてもきれいですね。
次回も楽しみです。
  1. 2007/07/05(木) 00:40:03 |
  2. URL |
  3. shilky07 #rDKnVBoQ
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。
お返事が大変に遅くなり、申し訳ありません。

向島百花園、やはり、場所柄植え替えを周期的にもしているようでしょうか。
出来れば、自然のまま、そのままの方が良いかと思うのですが、場所柄、広さ的。その他の理由から難しいかも知れませんね。

プレートはもしかしたらそう言うケースもあるのかもと思いました。
ただ、うちではその場ではっきりとはわからないですし、調べてもどうも一致しないと言うだけの話ですから、真実みに欠けてしまいますね。

さて、カルガモ君、やはり子供たちがいると明るくなります。
水の上での羽ばたきをしても羽がまだまだですから、ちょっと愉快にも見えてしまいますね。

今回はカルガモ君が目的でしたので、撮影もカルガモ君を中心にしていきました。
お言葉も大変に恐縮です。
色々な場面を様々に撮っていきましたが、やはりこの子供たちの羽ばたき写真、そして一緒に寄り添っているところが一番良いかなと思って掲載しました。

ヤブヘビイチゴさん、それほど数は多くありませんでしたが、それだけにかなり目立ちました。
いつもどう撮るか、悩む種類でもあります。

キマダラセセリ君、かなり久しぶりでした。
食草はイネ科のようですが、ここにはそれほどイネ科は見当たらないような気がしました。
たまたまいたと言う感じなのではないかと思いました。

マユミさん、実が葉の上にうまく乗っていましたので、撮ってみました。

イワタバコさん、初めてでしたが、良く見ないと目立たない流れの岩の所にいました。
10数年前のイワタバコさんとシジュウカラ君との大作、いつか機会があれば、拝見したいです。

東御苑はまだ行ったことがありません。
機会があればと思っているのですが・・・。

シジュウカラ君、まさにの時期ならではですね。
もう1羽いたようにも思うのですが、撮影は失敗でした。
本当に無事に元気に育って欲しいといつも思うことです。

いつも色々とありがとうございます。
  1. 2007/07/05(木) 23:08:32 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。
また、お返事が大変に遅れてしまい、申し訳ありません。

さて、ここは確かにこじんまりとはしていますが、結構見るところは多いように思いました。
四季を通じて、様々な植物類をはじめとした種類が見ることが出来ると言うのは、なかなか良いかもしれません。

何を隠そう、うちの様な者には、プレート付きなのが特に助かっています。

カルガモ君はもう姿が見えないと言うことで、どこかに一緒に飛び立ったようですね。
また来年に戻ってきてくれるかと思いますが、それまでのお楽しみになるようでしょうか。

丁度この時はおっしゃる通りで、一番かわいい頃かなと言う感じの時ですね。
様々な表情やシーンを撮らせてもらいましたが、やはりその中でも、子供たちが3羽揃っている所、寄り添っているところ、また短い羽ながら羽ばたきをしているところが特に印象的で掲載しました。
そして、共通のことかと思うのですが、確かに足は頑丈そうです。
バン君ほどではないにしても、やはり何か必須の条件なのかも知れません。

ドクダミさん、たまには並んでいるのも良いかなと思って撮りました。
いつもはアップで撮るのですが、今回は何故かアップ写真を撮っていませんでした。
一番右側はこれから、確かに3兄弟とも言えそうですね。

ヤエザキドクダミさんは初めてでしたので、どう撮るか悩みましたが、同じようなアングルで撮りました。

カルミアさん、本当に独特に見えます。
とてもツツジ科とは思えないほど、ツツジさんに似てもにつかない感じがしてなりません。

マユミさん、実は形が微妙に違ったりする様です。
さいころの様な、でも合っているのではと思います。
もう少し絞って撮れば良かったと今にして思っています。

ザクロさん、今まで見過ごして来たのですが、確かに赤でもなく、桃色でもなく、何ともきれいな色合いだと思いました。
もう実もなってきている様で、今度見に行くのも楽しみです。

クララさん、初めてでしたが、これはお花として撮るとちょっと難しい部類なのかなと思っています。
どうしても表情が撮れない分、クマバチ君に登場してもらいました。
結構多くのクマバチ君が来ていましたが、じっとしていないので、なかなかうまく撮れませんでした。

ヤマアジサイさん、ここにもこの系統は色々な種類がいるようです。
色々な色合いと形状があって、いつも思うことですが、飽きが来ません。
また小さくとも存在感が確かにありますね。

イヌタデさん、今まで撮ってきたのはお花の開いたのが全くなかったのですが、今回は何とか一部開いていました。
もう少し多く開いてくれるとかなり感じも違ってくるかと思うのですが、時期的にはもう少しのようです。

やはり、これもマクロレンズの恩恵かも知れません。

ヒメハナバチ君、アザミさんに出たり入ったり、繰り返していました。
体中花粉だらけもその恩恵によって受粉できるとすれば、アザミさんも大歓迎と言うところでしょうか。

ハチ君はどうも決まった種類を集中的にと言う性質があるようです。
同じお花に数種類のハチ君がいると言うことは殆どないのが、また不思議なことで、これもうまく出来ているものと感じます。

ウメさん、この種類はなかなか実の色合いがきれいでした。
初めてでしたが、本当に色々です。

いつも多大なお言葉も誠に恐縮の限りです。
写真についてはまだまだ、また思いだけではなかなか通じなかったり、それこそ様々です。
また、基本的に全てを撮影すると言う気持ちでいますので、どうしても普通であれば見向きもしない種類にもたまたま目が行ってしまっているのかも知れません。

全ては等しく平等に・・・この気持ちは忘れずに持ち続けていきたいと思っています。

見過ごし、考え方も見る場所も好みもそれぞれですから、見過ごしとはならないのではと思います。
その人それぞれの感性があってのものですから・・・。

いつも色々とありがとうございます。
  1. 2007/07/05(木) 23:48:25 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

shilky07 さん

こんばんは、再度、ご訪問いただきまして、誠にありがとうございます。

またお返事が遅くなり、申し訳ありません。

さて、カルガモ君の子供たち、お楽しみ頂けたようで、大変にうれしく思います。

やはり、この時期は子育ての時期ですから、子供たちが主役です。

また、お言葉も大変に恐縮です。
アザミさん、うちも良いなあと思っている種の一つです。
小さなお花が集まった様子をうまく写すことが出来れば良いのですが、なかなかうまく行きません。

マユミさんもまたお花も実も小さいですが、存在感のある感じがします。

同じくニシキギさんも同様でしょうか。

植物類は四季を通じて、お花だけでなく、実、冬芽、またそれに類するもの、などなど色々な楽しみ方が出来るといつもコメントを頂く方から、お教えを頂きました。

お花だけでなく、実もまたそれに匹敵する美しさを持っているのではないかと思い、目にすると撮ってしまいます。

本当にこれからの時期も大変に楽しみです。

次回分はまだ整理できていませんが、早めにアップしたいと思っております。
  1. 2007/07/06(金) 00:03:40 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoshino88.blog31.fc2.com/tb.php/245-b5e77226
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。