野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

神代植物公園・本園

今回は神代植物公園の本園です。

ここにはかなり小さい頃、深大寺とセットで家族と来た覚えがありますが、考えてみると、それ以来、来ていなかったかも知れません。

また、神代植物公園・水生植物園と言うところも少し離れてありますが、本園をじっくりとまわると1日近くかかってしまい、水生植物園には行けませんでした。

水生植物園は別の日に行ってきましたので、別途アップします。

レンズはSigma APO MACRO 150mm EX DG HSM 使用での撮影です。

IMG_483025.jpg


TOPを飾るのは、ホオノキさんです。
いつも高い場所に咲いていて、なかなか表情が写せないのですが、この日は何とか表情を写すことが出来ました。
それにしても、かなり大きく、存在感のあるお花です。

IMG_484025.jpg


同じく、斜め方向から。

IMG_408325.jpg


駐車場から本園に入る、途中でいくつか咲いていました。
ツユクサさんです。
一応、マクロでもアップで撮ったのですが、全てぼけてしまっていましたので、全体像の写真です。

IMG_410725.jpg


アメリカフウロさんです。

IMG_413525.jpg


タンポポさんに誰かさんの幼虫です。
シロチョウ君系の幼虫に近いのですが、良くわかりません。
透き通ったような色合いがまたきれいです。

IMG_416225.jpg


これはカメムシ君だろうなと思っているのですが、なかなかヒットしません。

IMG_420225.jpg


ハルジオンさんにホソヒラタアブ君です。

IMG_422925.jpg


マユミさんです。

IMG_424525.jpg


ネジバナさんの様です。
まだ、咲いている、またはこの状態以上はありませんでした。
本数は数本とかなり少ないです。

IMG_426825.jpg


タチイヌノフグリさん、まだまだ咲いていました。

IMG_428325.jpg


ハコベさんです。

IMG_430425.jpg


ツメクサさんです。

IMG_432925.jpg


タケさんです。
何とイネ科となっているのに驚きました。

IMG_434725.jpg


こちらもタケさんですが、種類が違うようです。
プレートは付いているのですが、実際にどれがどれだか良くわかりません。

IMG_436125.jpg


ムラサキカタバミさんです。

IMG_440825.jpg


リョウブさんです。
まだお花はこれからの様です。

IMG_440425.jpg


リョウブさんの上にクダマキモドキ君の幼虫がいました。

IMG_442125.jpg


コゴメウツギさんです。

IMG_444925.jpg


ヤマボウシさんです。

IMG_447325.jpg


カラタネオガタマさんです。
手前に何か挟まってしまったような写り方です。

IMG_448225.jpg


ハクモクレンさんの花柱か実でしょうか。

IMG_448725.jpg


こちらはトウモクレンさんです。

IMG_449625.jpg


オオヤマレンゲさんです。

IMG_451725.jpg


シランさんです。

IMG_452425.jpg


ドイツスズランさん、これからの様です。

IMG_453825.jpg


クリスマスローズさんの実でしょうか。

IMG_457725.jpg


トキワハゼさんです。

IMG_458725.jpg


オオバコさんです。

IMG_459625.jpg


アカバナユウゲショウさんです。

IMG_460425.jpg


ウラジロチチコグサさんです。
ここのところ、大変によく見かけます。

IMG_461625.jpg


スイバさんにテントウムシ君の幼虫です。

IMG_462725.jpg


モモさんの実がなっていました。
源平枝垂さんとプレートには書いてありましたが・・・。

IMG_463625.jpg


スズメノテッポウさんです。
ようやく初めて会うことが出来ました。

IMG_465025.jpg


ヒルガオさんかと思ったのですが、若干違和感があります。

追記:思い出しました。撮ったことがありながら・・・。
ヒルザキツキミソウさんでした。

IMG_466125.jpg


ヤマハギさんです。

IMG_466425.jpg


マルバハギさんです。

IMG_467325.jpg


ハルジオンさんにモンシロチョウ君です。

IMG_471025.jpg


カワラナデシコさんです。

IMG_471325.jpg


ムシトリナデシコさんです。

IMG_473625.jpg


ムシトリナデシコさんにイチモンジセセリ君です。

IMG_475425.jpg


クサノオウさんです。

IMG_478325.jpg


ムラサキセンダイハギさんです。

IMG_482725.jpg


ユリさん系の様ですが・・・。

IMG_486525.jpg


サラサウツギさん、これからの様でした。

IMG_488525.jpg


ヤマブキさんの実がなってきました。

IMG_487625.jpg


ヤグルマソウさんです。

IMG_489525.jpg


すぐわかると思っていたのですが・・・。

IMG_491325.jpg


ヤグルマソウさんにアリ君です。

IMG_493625.jpg


ホウチャクソウさんです。

IMG_497125.jpg


イチゴさんです。

IMG_498025.jpg


こちらもユリさん系のようですが・・・。

IMG_498525.jpg


コバンソウさんです。

IMG_500425.jpg


イタドリハムシ君のような感じです。

IMG_503425.jpg


ユリさんです。

IMG_504325.jpg


ハハコグサさんです。

IMG_507725.jpg


マーガレットさん、いつも見ていると思うのですが、姿とお名前が一致したのは初めてでした。

IMG_510025.jpg


シャクヤク「オリエンタルゴールド」さんです。

シャクヤクさんは様々な品種が満開に咲いていました。
全種を撮ってきましたが、ここに載せるのは、その中の一部です。
やはり、表情の見える方がきれいと感じます。

IMG_511325.jpg


シャクヤク「フレイム」さんです。

IMG_516325.jpg


シャクヤク「御稜威の光」さんです。
何とも果てしなく濃い、重厚な赤色という感じです。

IMG_518425.jpg


カルミアさんです。

IMG_521125.jpg


気になるのですが、お名前がわかりません。

IMG_521625.jpg


スイレンさんです。

IMG_524025.jpg


ユキノシタさんです。

IMG_526225.jpg


フタリシズカさんです。

IMG_531625.jpg


熱帯性スイレン「ジェネラルパーシング」さんです。

IMG_531925.jpg


熱帯性スイレン「ペンシルバニア」さんです。

IMG_536225.jpg


熱帯性スイレンさんです。

まだまだ多くの写真がありますが、お名前のわからないものばかりです。
初めての発見、出会いとかなり多い1日でした。
ここはまだ、何百種と言うバラさんもいますが、見る時間がありませんでした。

本園全体、温室、シャクヤク園、バラ園を全てじっくり見るならば、1日でも足りないかも知れません。

また近いうちに行ってみたいところです。

また鳥君は通常6種(カラス君、ドバト君、ムクドリ君、ヒヨドリ君、シジュウカラ君、スズメ君)のほか、ツバメ君、そして、深大寺門のすぐ横ではコジュケイ君が賑やかでした。

今後アップの予定は・・・
①田園調布せせらぎ公園
②多摩川台公園
③宝来公園
④東高根森林公園
⑤砧公園
⑥神代植物公園・水生植物園
⑦鍋島松濤公園
⑧石神井公園
⑨向島百花園
⑩清澄庭園
⑪東京大学大学院理学系研究科付属植物園
⑫小石川後楽園
⑬柳原千草園
⑭東高根森林公園(再び)

の順番でアップする予定です。
しかし、なかなかアップの方が追いつきません。 
スポンサーサイト
  1. 2007/06/13(水) 22:26:24|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<田園調布せせらぎ公園 | ホーム | 洗足池公園>>

コメント

こんにちは

・トップのホウノキの花、素晴らしいですね。
10年ほど前の事を思い出しました。花園渓谷に鳥見に連れて行ってもらったとき、尾根の上から見下ろしてみた事があります。しかも花の側でセンダイムシクイが囀っていました。
・ツユクサ一輪、実に良いですね。
>これはカメムシ君・・・・・。は、ツチカメムシでしょう。
>ネジバナさんの様です。・・・・・は、多分タデ科の蕾でしょう。
ネジバナの花茎の途中にこのような葉は付いていません。
ぼんやりと葉鞘が見えるような、葉鞘はタデ科の見分けの重要なポイントです。
・タチイヌノフグリ、ツメクサ、とても良いですね。さすがです。
・こちらもタケさん・・・・・。のまわりにあるのも、イネ科のチヂミザサです。
・クダマキモドキの幼虫、良く撮りましたね。流石ですね。
モクレン類の若い果実も良いですね。
・ヤマブキさん・・・・・。葉が対生のようですが、対生でしたらシロヤマブキですが。シロヤマブキはバラ科で唯一対生なのです。
さすが植物園ですね。いろいろの花がありますね。
ここは40年ほど前に1度だけ行った事があります。
大きな植物園はちょっと苦手です。
私は野っ原のようなところがあっているようです(笑)
今日もとても楽しめました。ありがとうございます。
更新の日がとても楽しみです。決して無理をしないで、楽しくやってください。
  1. 2007/06/14(木) 12:38:05 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

 ホオノキの花はやっぱり豪華な感じですね。先端の赤紫の部分は
糸が捩れて集まってるような感じですが、ここも開くんでしょうか。

 ツユクサはどこでも咲いてますが、この青は好きな色です。でも
いつもなかなかうまく撮れません。

 またタンポポの上に芋虫さんですね。同じ種なのか違う種なのか。
同じ種だったらなにかそういう性質があるのかもしれませんね。

 マユミはあまり見た覚えがありません。不思議な形をしていますね。

 竹もいろいろ種類があるんですね。しかしイネ科とは自分も驚きです。

 クダマキモドキの幼虫は目がつやつやときれいに撮れていますね。
よく見てみるとかなり足が長いんですね。

 アカバナユウゲショウは好きな花なのですが今年は撮らずじまいでした。
意外といろんなところに咲いてますよね。

 テントウムシの幼虫。斜め後からですが今回は目がちゃんと写ってますね。
なかなか小さい顔ですね。

 ヤグルマソウ、きれいに撮られてますね。しべの先端がボケて丸く広がって
印象的です。

 カルミアは知人に教えてもらった花なのですが、なかなか変わった形
ですよね。いつか見てみたい花です。

 ユキノシタもかわいい花ですね。意外なところにこっそり生えていたりして
難しいです。

 スイレンもさまざまな種類があるんですね。どれも趣があってきれいです。
淡いグラデーションがいいですね。
  1. 2007/06/14(木) 22:36:25 |
  2. URL |
  3. kurabar #3aXRcdxk
  4. [ 編集]

その行動力、感服します

神代植物公園にはたまに出かけます。
よしの88さんみたいに丁寧に見回るわけではないので、私は半日もあれば充分です。
トップはホオノキですね。この花は神秘的ですね。
高いところの木の花は全体の造りが写しにくいです。
でも150mmマクロでよくここまで撮られましたね。2枚目がとくに見事です。
タンポポの花の上を横断中ですか。それともゆったり寝そべっているのでしょうか。
何の幼虫なんですかね。ほんとに透き通っていてきれいです。
ホソヒラタアブ君。ものすごい鮮明ですね。複眼の粒々までがわかります。羽も美しいです。
タチイヌノフグリ、花も葉もいいです。葉の外周のうぶ毛のようなものがすごくいいです。大きくなった竹の子君、先っちょがまたリアルです。細いのもあるんですね。この時期にまだ竹の子がみられるんですね。てっきり春先だけかと思っていました。
クダマキモドキの幼虫、よく見つけましたね。小さな虫君でしょう。手足と触覚の長さには驚きです。ジャンプ力がすごそうです。
オオヤマレンゲ、美しいですね。花心をのぞきこんでよくこれだけはっきりと撮れましたね。白に赤の色合いが美しいです。
シラン、フリルがすてきです。それにこの赤紫色、やっぱり虫君たちを惑わさずにはおきませんね。
トキワハゼ、この花大好きです。蘭のような色をしてますね。どっち向きに撮ればいいのかいつも迷ってしまいます。
スイバにしがみついているテントウムシの幼虫。この黒い身体が何とも妖しくていいです。
モモの実、美しいです。表面の白い毛がよくうつっています。バックのボケもいいし。
スズメノテッポウ、オレンジ色は花粉でしょうか。鮮やかです。
モンシロチョウさん、得意のぶらさがりです。触角が美しいです。
イチモンジセセリ、今季初めて見ました。このチョウ、愛嬌があって大好きです。
サラサウツギ、なかなかきれいな花です。まだつぼみがたくさんありますね。
ヤグルマソウ、きれいな花ですね。こんな花だとは知りませんでした。これは撮りたくなるような花です。
ホウチャクソウも初めて見ます。小さな花なんでしょうか。これから開くのでしょうか。神秘的な感じの花です。これまた撮ってみたい花です。
イチゴ、これは食べられる野いちごのようですね。
ハハコグサの黄、いい色が出ています。私は黄はどうしても苦手意識があって避けてしまいます。
カルミア、これは大好きな花です。不思議な形、不思議な色です。
ユキノシタ、下の白い大きな2枚の花びら、ものすごく巨大ですね。この不釣り合いが面白いです。
よしの88さんのようにじっくり腰を落ち着けて撮っていけば、確かに1日あっても撮りきれず、もっと時間がほしいと思われるでしょうね。
よしの88さんのとどまるところを知らないその行動力にはほんとうに感服します。
  1. 2007/06/15(金) 00:18:48 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

ホオノキさん、さすがにセンダイムシクイ君はいませんでしたが、普通でしたら、高いところから見下ろすようにしなければ難しいですね。
ただ、この日は歩道から普通に撮ることが出来、運が良かったのかなと言う感じがしています。

ツユクサさん、2~3輪ほどしか咲いていませんでした。
アップでも撮ったのですが、全てボケ写真で残念ながら使えませんでした。
これは後で調べるとき用に全体像を撮っておいたものなのですが、結果的にこっちを載せることになってしまいました。

ツチカメムシ君、調べてみるとまさにその通りですね。
結構個体で色合いなど差があるようですが、これは一般的な感じの個体の様です。
ゴキブリ君に似ているなどとの記述もあちらこちらでありましたが、撮ったとき、一目見たとき、うちはゴキブリ君は連想しませんでした。

ネジバナさんの様・・・、これは最初からネジバナさんと言う思いこみで撮ったものでした。
調べてみますと、どうもイヌタデさんが近いような感じがします。
ネジバナさんは見るからに違う感じですね。

タチイヌノフグリさん、ツメクサさん、まだまだ頑張っていますね。

タケさんも色々と種類があるようですが、イネ科とは驚きました。
チヂミザサさん、いまはまだまだですが、秋頃が楽しみですね。

クダマキモドキ君の幼虫、丁度良いところにいたと言うか、偶然と言うか、と言うところだったと思います。
結構小さいでしたが、動かないでいてくれた(風があって少し苦労しましたが)のが助かりました。

モクレンさんたちはお花を終えて、これからと言うところでしょうか。

ヤマブキさん、確かにそのようです。
葉の付け根の写っている写真が見当たりませんでしたが、感じ的には対生でシロヤマブキさんの様ですね。

確かに植物園と言うことで、様々な種類がいます。
野草専門の区画もありますが、季節ごとかなり様相が違うようです。
プレートも一応は付いているのですが、どれがどれだか、今一歩わからないものも多いです。

うちの場合は人の多いのがどうも好きではないのですが、最近は多少は気にならなくなってきました。

いつも色々とありがとうございます。
  1. 2007/06/15(金) 21:35:21 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

kurabar さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

ホオノキさん、日本の樹木の中ではお花も葉も最も大きいそうです。
さすがに大変に存在感がありました。
また、先端の赤紫色の所、どうも資料がなく、どうなるのか良くわからないのですが、少し表面が毛羽だって、ゆくゆくは実になるような感じです。
しかし、詳しくはわかりませんので、またの機会に見てみたいと思います。

ツユクサさん、うちの行くところではそう見かけないので、撮ったのも今回が初めてでした。
今回はアップ写真は全てぼけてしまい、失敗しました。

タンポポさんに幼虫さん、先日のは多分にして蛾類の幼虫ではないかと言う感じがしてきています。
蝶類の幼虫にあの感じは調べたところではいませんでした。

ただ、今回のは反対に蝶類の幼虫と言う感じがしています。
かなり近いのがシロチョウ君系ですが、齢によっても個体によっても様々で確実にこれと言う決め手がありません。

結果的に前回のは蛾類の幼虫でたまたま、今回は蝶類の幼虫で得てして、と推測しています。

マユミさん、あのニシキギさんのコルク状の枝がないもののようです。
お花は同じ感じのようでした。

タケさん、プレートを見ていたら、本当に色々とありました。
しかし、イネ科とはうちも大変に驚きでした。

クダマキモドキ君、かなり小さいですが、足は結構長いですね。
これからどんどん変わっていくのかと思いますが、まだまだ生まれたばかりと言う感じなのかも知れません。

アカバナユウゲショウさん、個体数は少ないのですが、結構行く先々で見かけます。
結局はいつも撮ってしまうのですが・・・。

テントウムシ君の幼虫さん、お顔が今までわからずでしたが、今回は何とかかろうじてと言う感じでした。
結構小さいですし、下を向いてばかりで、なかなか目立ちません。

ヤグルマソウさん、初めてでしたが、小さいお花が集合している様な感じでした。
いつも全体か一部分かでどう撮るか、悩みます。
ただ、白色なので、ピント合わせがうまく行かずでした。

カルミアさん、これも初めてでした。
ツツジ科の様ですが、どうもツツジさんとは似てもにつかないような感じのお花です。
アメリカシャクナゲさんとも言われるようです。

ユキノシタさん、結構何かの陰とか、隠れていて奥まったところに咲いているパターンが多いです。
それだけに明るさの点でいつも苦労しますが、これもこの特徴ですね。
何ともこのアンバランスな感じが又良いです。

スイレンさん、まだまだ沢山の種類がありました。
全体的に明るいきれいな色合いなのが、またこの季節に合うような、そんな感じがしました。

いつも色々とありがとうございます。
たまには植物園もまたいいものです。
  1. 2007/06/15(金) 22:29:52 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、こちらにも行かれますか。
うちは本当に久しぶりでしたが、これからはたまに行きたいと思っています。

ホオノキさん、まさに素晴らしい表情でした。
大変に不謹慎なのかも知れませんが、ケーキを思い浮かべてしまいました。
何とも整ったというか、何というか・・・。
これからどうなっていくのかが大変に楽しみです。
ここでは偶然にか、歩いているところから無理せずに撮れましたので、運が良かったと思っています。

タンポポさんに幼虫さん、多分にして花粉を食べに来たのではないかと推測しているのですが・・・。
ヤブキリ君の幼虫時代と同じのような、そんな感じがしました。
しかし、今気がついたのですが、タンポポさんの花粉は食べに来る幼虫がいますが、ハルジオンさんの花粉を食べに来ている幼虫はそう言えば、見たことがなかったような・・・。
反対にハルジオンさんには良く、蝶君やその他の昆虫類が良く来ていますが、タンポポさんにはそう言えば、あまり来ているのを見たことがなかったような・・・不思議です。

ホソヒラタアブ君、今回は少し前から写してみました。
眼を強調するのはいつも気をつけていることなのですが、この複眼はなかなか表現しきれません。

タチイヌノフグリさん、まだまだ頑張っていますね。
これも小さいので撮るときは気をつけていますが、どうしても眼にあたる、雄しべかめしべの先にピントが行くことが多いようです。

タケノコ君、うちも春先だけと思っていましたが、6月に入っても見られました。
しかし、色々な種類があるようで、太いのから細いのまで様々です。

クダマキモドキ君の幼虫ですが、たまたま良いところにとまっていてくれたのが幸いしました。
大きさは15mmくらいではなかったかと思います。
それに反して、触角と足は大変に目立つほど長いです。
その場では飛ぶところを見ることが出来なかったのですが、確かにジャンプ力はかなりありそうです。

これもバッタ君、キリギリス君系の共通の特徴の様で幼いときから、丈夫な足が備わっているような感じですね。

オオヤマレンゲさん、これがまだ開いていない状況の様で、真ん前から写すことにしました。
やはり全体像よりは表情が写った方が良いのではと思ったのですが、これもなかなか難しいですね。

シランさん、もう少しで終わりなのかなという季節になってきました。
ただ、このシランさんに虫君が来ているのを見たことがなく、どういう風に入っていくのかが、未だに不明です。

トキワハゼさんもまだまだ頑張っていますね。
この撮る方向はうちもいつも迷います、
その時の状態次第ですが、上からよりは同じ高さで真ん前からか斜め前からかが良さそうな感じがします。

テントウムシ君の幼虫さん、多分にしてここにアブラムシ君が来ることを知っているのでしょうね。
少なくともこれを撮ったときはアブラムシ君がいた様子はありませんでしたが、このテントウムシ君、幼虫時代から、なかなか頭脳的です。

モモさん、いつも果物でのモモさんしか見たことがなく、こういった状態で見るのは初めてでした。
この毛のようなもの、これはモモさんの特徴ですから、少し強調しようと思いました。

スズメノテッポウさん、初めてでしたので、良くわからないのですが、調べる課題です。

モンシロチョウ君、なかなかとまらず、やっととまったかと思ったのがこの状態でした。
どこにでも結構いるのですが、撮るとなると苦労する蝶君です。

イチモンジセセリ君、身体は小さいですが、目が大きく、また動きも素早く、面白いですね。
これから色々なセセリ君が出てきますので、楽しみです。

サラサウツギさん、まだの状態でした。
今頃は満開になっているのではないかと思いますが・・・。

ヤグルマソウさん、初めてでしたが、この透き通った様な白色がなかなかきれいでした。
それを表現するのはかなり難しいです。
柔らかい日差しが当たっているときに撮れば、良いのかなと言う感じもしました。
そして、これかなり小さなお花の集合体です。

ホウチャクソウさん、このお花は小さいと言うほど小さいお花ではないかと思います。
ただ、垂れ下がっていますので、表情はなかなか撮れませんね。
長さ的には2cmくらいかなと思います。
春先から咲いていますので、もう終わりの頃合いではないかと思います。

イチゴさん、確かに大変にきれいなイチゴさんでした。

ハハコグサさん、いるとやはりどうしても撮ってしまいます。
この前もどこかで書いたのですが、お花のような、お花に見えないような、そんな感じが良いかなと思います。

カルミアさん、ここではほぼ満開に近くなっていました。
ツツジさんのお仲間のようですが、とても似てもにつかないかなと言う感じもします。
何とも不思議な形という点では同感です。

ユキノシタさん、本当にこにの不釣り合いがまた良いですね。
もう少しきれいに撮れたら良かったのですが、日の当たるところにはどうもいないようで、それもその種ごとの好みの差のようですが・・・。

ここはある程度ゆっくり歩いても1日では足りません。
行くときは、まず本園と水生植物園は別日で行くしかありません。
また、バラ園を省略するとか、シャクヤク園を省略するとか、温室を省略して、他をまわるとか、また別日に設定するとかしないととてもまわりきれないボリュームがあると思います。

植物園ですから、それこそ、撮る対象は全て、いくら時間があっても足りなくなることは分かり切っているのですが・・・。

これからはここではその時ごとにテーマを決めて、じっくりと見ていこうとも考えています。

いつも色々とありがとうございます。
  1. 2007/06/15(金) 23:36:27 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoshino88.blog31.fc2.com/tb.php/237-8e69263e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。