野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

洗足池公園

今回は地元の洗足池公園です。
地元でありながら、あちこちに行く事ばかりで、事実上は久しぶりではなかったかと思います。

レンズはSigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM 使用での撮影です。
また、鳥君にはSigma APO 80-400 F4.5-5.6 EX DG OS 使用での撮影です。

IMG_376525.jpg


カワウ君、いつもの指定席です。
今回のTOPはやはりカルガモ君と思っていたのですが、カルガモ君は木陰にいることが多く、暗い写真ばかりだったので、こちらのいつもいる、カワウ君にしました。

IMG_402725.jpg


木の間にスズメ君の子供たちです。

IMG_374425.jpg


いつもいる、アオクビアヒル君です。
4羽いるのは変わらずですが、同じく4羽いた、白アヒル君が見当たらないのが気になります。

IMG_351425.jpg


ドクダミさんです。
ほぼ満開になってきました。

IMG_351925.jpg


ニワゼキショウさんです。

IMG_352325.jpg


タンポポさん、これからの旅立ち、光り輝いて見えました。

IMG_352625.jpg


ハルジオンさんにヤマトヒラタアブ君です。
ヤマトヒラタアブ君は初めてでした。

IMG_354025.jpg


サツキさんです。

IMG_355325.jpg


ブラシノキさんです。
うちが行くところではブラシノキさんに関しては、ここが一番多く、規模も大きいです。
クロマルハナバチ君が出たり入ったりしていました。

IMG_357325.jpg


キュウリグサさん、まだ咲いています。

IMG_359725.jpg


ササグモ君です。

IMG_360625.jpg


良く見るような感じもしますが、お名前がわかりません。

IMG_363725.jpg


こちらは初めての様に思いますが、調べると似たような種がかなり多く、時間がかかっています。

IMG_364625.jpg


ハコネウツギさんです。

IMG_372225.jpg


同じく、ハコネウツギさんです。

IMG_364825.jpg


モモさんの実がなっていました。
ここには2本の木があるのですが、両方ともハナモモさんと思っていたら、別々のようでした。

IMG_367525.jpg


今の時期、ヤエヤマブキさんと言うことがあるのかどうか、1輪だけ咲いていました。

IMG_371225.jpg


イモカタバミさんです。

IMG_373025.jpg


クワさんの実がなっていました。

IMG_374225.jpg


同じ赤でもこちらは、キクヒメヒゲナガアブラムシ君のようです。
良く見ると、何故か逆立ちしたような格好をしているのが、また面白いです。

IMG_375225.jpg


最近あちらこちらで出会いますが・・・。

IMG_378825.jpg


スイレンさん、咲き始めていました。

IMG_379125.jpg


チガヤさん、わずかでしたがいました。

IMG_379325.jpg


イチゴツナギさんか、ナガハグサさんかが近いのですが、今一歩良くわかりません。

IMG_380425.jpg


タネツケバナさんです。

IMG_381025.jpg


キショウブさんです。

IMG_381425.jpg


カキツバタさんです。

IMG_382925.jpg


アゼナルコさんの様です。

IMG_388225.jpg


ハルジオンさんにアオスジアゲハ君です。

今回も色々と新しい発見もあり、またわからない事も多くありました。
地元でありながら、今までは良く見ていなかったのもあるのですが、これからは、鳥君だけでなく、四季を通じて色々と見ていきたいと思います。

次回は神代植物公園の予定です。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/10(日) 23:10:54|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<神代植物公園・本園 | ホーム | 等々力緑地>>

コメント

おはようございます

・カワウもよしの88さんの手にかかると美しいですね。
先日、東渚手前の水路に1000羽ほど集まっていました。
・スズメの子、可愛いですね。しかも逞しい。
・ドクダミ、ニワゼキソウ、タンポポ、今旬の植物を美しく撮られていますね。素晴らしいです。
・花とアブ、ベストショットですね。
・キュウリグサ、良いですね。まだ咲いていましたか。こちらは全て果実になっています。
・ササグモ♂、素晴らしいですね。流石です。
・アブラムシも拡大して見るとおもしろいですね。
>最近あちらこちら・・・・・。は、タチツボスミレの閉鎖花と果実です。(閉鎖花と果実、若いうちは外見では見分けがつきません) タチツボスミレはスミレ類の中で、1番の普通種です。
・イネ科は、花だけで識別出来るものは、極めて少なく葉、葉舌、葉耳、小穂の数、穎の形などを現物で調べないと分からないのです。
最後のアオスジアゲハも良いですね。
朝から楽しませて頂きました。ありがとうございます。
  1. 2007/06/11(月) 08:49:54 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

 いつものカワウですね。杭の上で羽を広げて干しているのを
見るのが好きです。

 黄色いくちばしのスズメの子はかわいいですね。自分が
見たのは親と1体1だったので別の親子でしょうか。

 ブラシノキもきれいですね。ここでもつぼみが丸まっていますね。
蜂が来てますが、蜜はブラシの根元にあるんでしょうかね。

 キュウリグサも息が長いですね。自分も洗足池以外でも
あちらこちらで見かけます。

 黒い羽虫はなんでしょうね。蛾の仲間に見えます。

 黒い甲虫はゴミムシ系でしょうか。

 そうそう、桃の実がなってたんですよね。あそこは実がならないと
思ってたんですが、自分もこれを見てちょっとびっくりです。

 確かにあそこにのんびり屋さんのヤエヤマブキがいました。
見たときは時期的にかなり不思議でした。

 クワの実と赤いアブラムシ、とても似た雰囲気で対比が面白い
ですね。

 カキツバタはちょうど花菖蒲とあわせて今満開できれいですね。
アジサイも咲き始めてあの辺りは彩り豊かですね。

 アオスジアゲハ、見事に精細に撮られてますね。青いラインが
きれいで子供の頃から好きな蝶です。

 ちょうど時期的に符合するものが多く、どうやらほぼ同じ時期に
洗足池を訪れていたようです。しかし、やはり見る人が違うと
視線も違いますね。同じ場所ゆえの面白さと言うのがあります。
  1. 2007/06/11(月) 19:07:33 |
  2. URL |
  3. kurabar #3aXRcdxk
  4. [ 編集]

洗足池公園
僕もよく行くんです
カモ君達や
ユリカモメ君のシーズンは
ここはピカイチですね
奥の丘にはウグイスもいますね
あとはなんと言ってもゴイサギ君


スズメの子たちは
喧嘩でしょうか
活き活きとした写真です
素晴しいですね
  1. 2007/06/11(月) 20:01:51 |
  2. URL |
  3. RUU #-
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。
また、お言葉も大変に恐縮です。

カワウ君、いつもいる個体で、ここの木杭のところで佇んでいます。
冬、ユリカモメ君がずらっと並んでとまっていても、そのうちの1本には必ずカワウ君がいたりします。

東渚の水路に1000羽ですか、かなり壮観ではと思いますが、何かいたのかも知れませんね。

スズメ君の子供たちはどこに行っても見かけますが、それぞれにまたかわいいです。
行動、その他を見ても全く飽きません。

ドクダミさんは今まさに満開、そしてニワゼキショウさんはもう少しかなと言う感じで実のなっている個体もいます。
タンポポさんも咲いていたり、このような状態であったり、様々です。
季節の一時期ではなく、長い間に見られるというのは大変にうれしいことです。

アブ君、どうしてもこういう状況を見ると撮ってしまいます。
撮っているときは気がつかないのですが、いつものホソヒラタアブ君であったり、今回のヤマトヒラタアブ君であったり、それぞれであるのも又楽しみなことです。

キュウリグサさん、まだ咲いているのもいますが、もう実のなる時期ですね。

ササグモ君、見上げるような感じで、丁度撮るのには良いポーズをしてくれました。
この透き通った様な身体が大変に印象的です。
初めて会ったのは、横浜市の四季の森公園でしたが、こんなにきれいなクモ君もいるのかと思ったほどでした。

アブラムシ君、いれば大体撮影するのですが、何故か今回はみんなで逆立ちしているような、そんな感じがしました。
あとはクワさんの実と対比して載せるのも良いかなと思っただけでしたが・・・。

タチツボスミレさん、とは全く思いつきもしませんでした。
お花が咲いていれば、何となくわかりそうですが、やはりお花だけでなく、葉、実、その他の特徴をもセットで覚えておかないといけないと言うことですね。

イネ科、今度はその他の部分も撮影しておこうと思います。

いつも色々と誠にありがとうございます。
  1. 2007/06/11(月) 22:53:04 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

kurabar さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

カワウ君、いつもいるカワウ君です。
この日は池に入らなかったのか、羽を広げることもなく、ずっとこうして佇んでいました。

スズメ君の親子も何組かいるようで、1+1も確かにいました。
こちらは、1+2でしたが、多分まだまだいるのではないかと思います。
本当にスズメ君の子供たちはかわいいもので、見ていて全く飽きませんね。

ブラシノキさん、ここは本数も多いですし、知っている限りでは最高規模です。
丸まっているのもいくらかありました。
多分にして、クロマルハナバチ君、潜ったり、出たりを繰り返していましたから、目当てはブラシの根元のようですね。

キュウリグサさんももうそろそろかなと言う感じがしますが、それでも良く見ていると結構咲いていますね。
洗足池公園以外でもこの時期でもまだよく見かけます。

黒いの、蛾君ですか。
その可能性も大いにありそうですね。
その方面も調べてみようと思います。

黒いのはゴミムシ君系、これも調べてみます。
キマワリ君系かとも思ったのですが、今一歩違うような感じもしますし、似たのが何しろ多いです。

モモさん、うちはてっきり、2本とも色違いのハナモモさんと思っていたのですが、良く見ると実がなっていましたので、今回びっくりしました。

ヤエヤマブキさん、かなり遅咲きのがやはり、いたんですね。
時期的にどうしても違和感があるものの、どう見てもヤマブキさんだし・・・、さてと言う感じでした。

クワさんの実、そしてアブラムシ君、何となく対比してみるのも良いかなと思ったのですが、これもたまたまふと思った偶然でした。
場所的には全く違う場所で撮ったのですが、何故か写真を見ると感じが見ているかななどと勝手に思ってみたりしただけでしたが・・・。

カキツバタさん、ハナショウブさん、今は水生植物園とそのまわりはかなりきれいでしょうね。
うちが行ったときもすでに満開近かったですが、反対にアジサイさんがもう少しと言うところでした。

アオスジアゲハ君、なかなかじっとしていないので、撮るのにも手間取ります。
とまっていても、翅はふるわせていますので、なかなかピントのあった写真が撮れません。
この青いラインはどこでも目立ちますから、存在はすぐにわかりますね。

時期的には5月の終わり頃です。
その頃でしたでしょうか。
見るもの、視点は人それぞれですから、それもまた、様々で面白いことではないかと思いますし、それだから良いのかも知れません。

これからはあちこちに行き、フィールドを開拓して行くことは勿論ですが、地元にも頻繁に立ち寄って、様々な四季を見ていきたいと思います。
  1. 2007/06/11(月) 23:24:39 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

RUU さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

ここに良くいらっしゃっている様で、うちは反対に地元なのになかなかそう頻繁には行っていない状況です。
冬の時期はユリカモメ君やカモ君たちの季節で行く回数もかなり多くなるのですが・・・。

ウグイス君も声は聞こえますが、まだ姿を見たことがありません。

ゴイサギ君は前から必ず1羽は弁財天のまわりにいたのですが、どうも最近はいたりいなかったりの様です。
それでも最近は夜間の様子を見に行っていないので、夜動き回っている可能性は大きいかも知れません。

スズメ君の子供たち、そうですね、何か喧嘩しているようにも見えますね。
ただ、喧嘩ではなかったと思います。
それこそ、色々な行動をしますので、何がどういう意味を持つのか、果てしなく難しいです。

これからは、色々なところに行き、新たなフィールド開拓をしていくことは勿論ですが、地元も出来るだけ定期的に立ち寄っていきたいと考えています。

もし見かけましたら、お声でもかけていただければ、大変にうれしく思います。
ただ、ここでは800mmを使っていることは殆どなく、500mmか400mmの手持ちで撮影していることが多いです。
  1. 2007/06/11(月) 23:40:39 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

見習わなくては

どういうわけか地元はだいたい後回しになるんですね(笑)。
トップのカワウさん、大きな身体に小さな目。
よく見ればとても美しいロマンチックなビー玉色の目。
雀の子育て。親はみんな大変です。
けれど雛の愛らしさを見れば苦労なんて吹き飛びます。
この角度のドクダミの構図、面白いです。
タンポポ、きれいな球体ですね。綿毛がきらきら光っていますね。旅立ち前の笑顔。
花も虫もくっきり。これはヤマトヒラタアブさんですか。きれいな個体ですね。
ブラシノキ、この赤はよく目立ちます。規模が大きいということは、さぞかし壮観でしょうね。
キュウリグサ、儚げな花ですね。淡いはなびらの色が優しさにみちています。
ササグモさん、これはまたかわいらしい眼差しです。何かを訴えているようです。両眼をしっかり捉えられていますね。
ハコネウツギ、同じ木で違う色の花が出るというのは不思議ですね。
ヤエヤマブキですね。どうみても。鳥も花も個体差があって、例外的なものが必ず存在しますね。これも自然の懐の深さでしょうか。
スイレン、時期になると、あちこちで花を咲かせます。ほんとに面白いですね。申し合わせたようにいっせいに咲くというのは。
タネツケバナ、きれいな花ですね。この花はちいさくてこれまでついつい撮るのをためらっていましたが、やはりいいですね。よしの88さんの撮られる白だからことのほか魅せてくれます。今度出会ったら撮ってみます。
果たしてまだ咲いているかどうか。
カキツバタの紫と緑。ぴったりと息が合っていますね。
アオスジアゲハはハルジオンが好きなようです。吸蜜する姿がよく見られます。アオスジアゲハは蛍光色の模様がとてもきれいです。目はさすがにジャストピンですね。
この時期、鳥さんたちの姿がすくないですが、その分草花や樹木が次々と花を咲かせています。虫君達もいよいよ活躍の時を迎えようとしています。
よしの88さんは精力的に虫君たちも撮っておられますね。好き嫌いのはげしい私もすこし見習わなくてはと思っております。
  1. 2007/06/12(火) 00:11:48 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

また、それぞれ考え方も見方もそして視点、好みも千差万別ですから、それはそれで良いのではないでしょうか。

さて、地元はどうしてもいつでも行けると言う考えもあるのか、確かに後に後にとなってしまいますね。
本当は地元だからこそ、ある程度立ち寄って、色々と見ていくべきなのかなとも思うのですが・・・。

カワウ君、いつもいる個体です。
1羽だけ、この木杭に佇んでいます。
本当にいつも思うことなのですが、真っ黒でない、不思議な模様、エメラルドグリーンの眼が何とも不釣り合いと言うか、そこが良いのかも知れません。

スズメ君の子供たちは今一番賑やかな感じがします。
確かに親も大変ですが、これも全ては種を残すために頑張っていることですね。
ここにも見習うべき事が多くあるようにいつも思います。

ドクダミさん、満開に近くなってきています。
撮るとき、どう撮るかいつも迷いますが、今回は斜めに撮ってみました。

タンポポさん、旅立ち前、なかなかきれいに光り輝いていました。

ヤマトヒラタアブ君、初めてでしたが、やはりハルジオンさんに飛んできていました。
他にもお花は色々といるのですが、ハルジオンさんは結構人気がありますね。
ブラシノキさん、規模が大きいと言っても、うちが行く場所でのことですから・・・。
ただ、行くところでは本数も多く、大きさも大きく、なかなか壮観であることは確かです。

キュウリグサさん、何とも不思議な色合いのお花です。
結構花期も長く、早春から咲き続けています。
儚げと言うか、何というか、ひっそりと咲いているという感じです。

ササグモ君、丁度うちが写そうとしたら、こちらを見上げましたので、その瞬間でした。
この目は敵意ではなく、確かに何かを訴えているように見えますね。

ハコネウツギさん、お花の色合いは本当にバラバラです。
白だったり、赤っぽかったり、その中間だったりというあんばいです。
これも遺伝子に影響することなのかも知れませんが、どうしてなのか、調べてみる価値はありそうです。

やはり、ヤエヤマブキさんの様ですね。
1輪だけ、季節に当てはめてしまうのももしかしたら違うのかも知れませんが、不思議と言えば、不思議です。
これもまた、どんな生き物でも色々ですね。

スイレンさん、あちこちで咲き始めていますね。
今度は季節感の正確さと言うところでしょうか、これもまた不思議です。

タネツケバナさん、まだまだ間に合うと思います。
どちらかと言うと水のある場所に多くいるように思います。

カキツバタさん、今年はだいぶ早く咲いていましたから、もう少しなのかなと言う感じもします。
ハナショウブさんと合わせて、今が満開の時期ですね。

アオスジアゲハ君、良くハルジオンさんにとまっていますね。
しかし、ぴったりととまる事がないので、さすがになかなかうまく行きません。
ピントがあったと思ったら、すぐ移動、その繰り返しでした。

この時期、鳥君は子供たちが楽しみですが、あとは他の時期に比べて、少ない時期です。
ただ、それでも自然界には多くの生き物がいますから、お花や昆虫類、その他の生きものたちと撮る対象には四季を通じて困ることはないとも言えそうです。
これからも四季を通じて、様々な生きものたちの姿を撮っていくことが出来ればと思っています。

いつも色々とありがとうございます。
  1. 2007/06/12(火) 21:43:29 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoshino88.blog31.fc2.com/tb.php/236-10a58957
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。