野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

等々力緑地

久しぶりの等々力緑地です。

日本庭園には未だに釣りに対する柵が張り巡らされていますが、当初何本も立っていた警告看板はなくなりました。

これで完全に釣り禁止が定着して、柵がなくても良いようになれば、また日本庭園の景観も取り戻せるのかも知れないと期待しています。

レンズはSigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM とSigma APO 80-400 F4.5-5.6 EX DG OS 使用での撮影です。

IMG_333025.jpg


岩の上でスズメ君の子供たちです。

IMG_338925.jpg


同じくです。

IMG_312325.jpg


カルガモ君、ここでは何故か毎年のことなのですが、子供たちが見られません。

IMG_323425.jpg


岩の上にメジロ君です。
少し遠すぎました。

IMG_274225.jpg


フジさんと思っていたのですが、調べてみるとどうも違います。
また調べ直しです。

IMG_278525.jpg


オニノゲシさんです。

IMG_282525.jpg


アシナガグモ君です。
実際に良く見たのは初めてではないかと思います。

IMG_287525.jpg


初めてでしたが、シモツケさんの様です。
白花もあるそうです。

IMG_287825.jpg


ウラジロチチコグサさんです。
いつもの光景ですが、クロオオアリ君がよじ登っています。

IMG_289625.jpg


いつも良く見るガガンボ君です。
今までホソガガンボ君の1種としてきましたが、どうもキイロホソガガンボ君というのが一番近そうです。

IMG_291625.jpg


アジサイさんです。
これからと言う感じです。

IMG_292125.jpg


ハハコグサさんです。

IMG_292425.jpg


ナガミヒナゲシさんです。
もうそろそろ終わりかなと言う感じで、ごくわずかでした。

IMG_292625.jpg


キンシバイさんです。
一部咲いていましたが、まだ殆ど蕾の状態でした。

IMG_293625.jpg


カタバミさんです。

IMG_295125.jpg


体型と色合い、ひげが長くないこと、また大きいものに横線が入っていることから、フウナガマダラオオアブラムシ君が一番近そうです。

IMG_295625.jpg


タチイヌノフグリさん、まだ咲いています。

IMG_296225.jpg


ナガミヒナゲシさん、花びらの落ちたあとです。
風に揺れていました。

IMG_296725.jpg


ツツジさんと言うか、サツキさんの様な感じです。
明確な見分け方はこれからなのですが、葉の感じ、大きさなどからです。

IMG_297525.jpg


シロツメクサさんにミツバチ君です。

IMG_298625.jpg


ニワゼキショウさんです。

IMG_300625.jpg


ヘラオオバコさんです。

IMG_305225.jpg


ツマグロヒョウモン君の♂です。

IMG_322125.jpg


ツマグロヒョウモン君の♀です。

IMG_308125.jpg


感じ的にはスイカズラさんのお仲間のようです。
しかし、調べてみても同じものが見当たりません。
ツキヌキニンドウさんと言うのが葉の感じと突き抜けているところ、また蔓性と言うことで一致しますが、お花の形が違います。

IMG_322525.jpg


マメグンバイナズナさんです。

ここでは今まで植物類はそれほど良く見ていなかったのですが、それなりに色々といるようです。
実際はいつも日本庭園と釣り池のまわりしかまわらないので、全体を見れば、まだまだ多くの種類がいるかと思われます。
確か、市民ミュージアム側の竹林の方にも色々いたと思いますので、今度はそちらの方にも足を伸ばしてみたいと思います。

鳥類に関しては、通常の6種(勝手にカラス君、スズメ君、ヒヨドリ君、ムクドリ君、シジュウカラ君、ドバト君)と写真のメジロ君(1羽)、コゲラ君(あちこちにいました)、カルガモ君(3羽)、カワセミ君(1羽)、カワラヒワ君(数羽)、オナガ君(数羽)、カワウ君(3羽)、カイツブリ君(数羽)、ツバメ君(数羽)、コアジサシ君(数羽)と言うところでした。
何故かサギ類が見当たらないのが、大変に気になるところです。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/09(土) 23:50:37|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<洗足池公園 | ホーム | 舞岡公園>>

コメント

こんばんは、

等々力緑地のスズメの雛君達
かわいいですね~~
岩の上で親が運んでくる餌を待っているのでしょうか
まだ少し嘴が黄色いですね
羽もぼさぼさです
スズメの子はなんでこんなにおとなしいのでしょう


岩の上のメジロ君、珍しい場面でしたね

等々力緑地あたりが、
もっと緑いっぱいな公園になってくれて
野鳥達で賑わうと、実にうれしいのですが
僕の子供の頃は、そうだった気がするのですが
でもこうして写真を見ると、
本当は自然がいっぱいですね
  1. 2007/06/10(日) 01:03:25 |
  2. URL |
  3. RUU #-
  4. [ 編集]

環境に問題が

等々力緑地にはずっと以前に(まだ写真を撮っていないことですが)何度も行ったことがあって愛着があります。とても興味深く見せていただきました。
巣立ったばかりの子雀さんのようですね。まだ餌は貰っているのでしょうか。ちょっとした仕草が何ともかわいいです。
カルガモさん、雛がみられないということは環境的にさほど恵まれていないということでしょうか。環境がよければ当然繁殖すると思われますが。
メジロさん、このところ鳴き声は聞くのですが、姿をとんと見かけません。葉が茂っているのと、集団で行動していないということでしょうか。メジロ大好き人間としては寂しい限りです。遠いといえど、お目々もぱっちりと写っていて凛としています。
シモツケの花、きれいですね。こうした小花の集合体は撮り方は難しいでしょうが、見栄えがします。
ナガミヒナゲシ、この花ももう終わりですか。ずいぶんと楽しませてくれたと思います。私は残念ながらあまり撮ることができませんでした。この花は風によく揺れるので、私は待ちきれずにぶれぶれの花を何度も撮ったことでした。
花びらを落とした姿、何だかすっきりした表情です。一仕事終えたかのようなそんな感じです。
ヘラオオバコ、これも撮ろうと思いながらとうとう撮らずじまいでした。その花に心が傾がないと撮る気にならないのです。で、この花は気になりながらも撮るまでには至りませんでした。こうしてよしの88さんの絵を見ますと、うんいい雰囲気を持ってるなぁと思うのですが。
ツマグロヒョウモン♂♀共に撮られましたね。私はまだ♀の姿を見ていません。両方とも羽の色合いが見事です。
「感じ的にはスイカズラさんのお仲間」のような花、オレンジがとてもきれいです。正確な名前是非分かるといいですね。
サギ類が見あたらないということはとても気になりますね。
サギは小魚やザリガニなどを食しますから、そうした餌が乏しいということでしょうか。短絡的かも知れませんが、やはり環境の問題にかかわることでしょうね。
サギ類やカルガモは留鳥でどこにでも見られる鳥ですから、そうした鳥が少ないということはいずれにせよ何らかの問題があるということですね。
  1. 2007/06/10(日) 13:35:57 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

こんにちは

今日は明治神宮の感察会でしたが、途中から本降りに生ったので早めに帰って来て、今拝見させて頂いています。
トップの小雀、とても素晴らしいですね。2羽一緒のところは見た事がありますが、3羽一緒のところは初めて見ました。見飽きません。本当に素晴らしいですね。
カルガモ、繁殖期なのに実に美しいですね。さすが的確に表現されていますね。素晴らしいです。
メジロ、なんと可愛いのでしょう。大きな石との対比が上手く表現されていますね。
全ての画像が輝いていて、とても素晴らしいです。
よしの88さんの自然讃歌がとても上手く表現されていると感じます。技術も素晴らしいですが、何より自然との接し方が素晴らしいので、良い画像が撮れるのだと思います。

>フジさんと思って・・・・・。は、シナサワグルミです。果穂の形も特徴的ですが、葉が「偶数羽状複葉」というのもかわっています。偶数羽状複葉は極めて稀ですから、見分けの1番いいポイントです。
>感じ的には・・・・・。は、スイカズラの園芸種のロニセラ(ハニーサックル)です。外来の園芸種です。

  1. 2007/06/10(日) 14:46:12 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

RUU さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

鳥君の子供たちは本当にかわいいです。
このスズメ君の子供たちも確かにおとなしくしていました。
まだ、親と一緒にいましたから、巣立ったばかりなのかなと言う感じです。
岩の上で寄り添うようにしていたのが印象的でした。

丁度スズメ君を撮っていたときに、遠くの岩にメジロ君がとまったのに気がついて、撮ったものです。
少し遠かったのが残念でしたが、岩の上のメジロ君はうちも初めてでした。
いつもはカワセミ君が来るところなのですが、この日は姿が見えませんでした。

さて、ここの公園はどうもどっち付かずの様なそんな感じがしてなりません。
良く見てみれば、色々といますし、それなりの自然も残っているのですが、やはり釣り池というのがいけませんね。
早くあれをやめさせないと自然がどんどん破壊されてくるような、そんな感じがしてなりません。

多摩川にごく近いところにあるのですから、本当は鳥君たちで賑わうべき所のはずと思うのですが、実際はそうではない様に感じます。

そのあたりに何か眼に見えない、自然破壊が進んでいるのかも知れません。
  1. 2007/06/10(日) 22:02:02 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつも色々とありがとうございます。

等々力緑地、かなり以前に行かれていましたか。
ただ、現在のここはその時とはかなり眼に見えないところで変わっているのではと思います。

スズメ君の子供たち、確かに巣立ったばかりと言う感じで、なかなかかわいいです。
親についていましたから、まだ自分で食べ物を探すことは難しそうです。
岩の上で寄り添っていましたが、その後親について、木の上に飛んでいきました。

カルガモ君、毎年のことですが、子供が見られないと言うのが、どうも不思議なのですが、確かに色々なところで環境が悪化していると言うことの表れなのかも知れません。

メジロ君、ここのところ、声だけで姿が見えないことばかりでしたが、今回はたまたまスズメ君の子供たちを撮っているときに遠くの岩にとまりました。
偶然というか、運が良かったというかだったと思いました。

シモツケさん、こう言った小さなお花の集まっているお花は撮り方にいつも迷いが出ます。
全体にピントが合うようにするのは難しいですから、やはり一部分にピントを合わせて、なおかつ全体が入るようにするしかないのかなと言う感じです。

ナガミヒナゲシさん、もうそろそろ終わりかなと言う感じです。
本当に風に良く揺れますので、撮るのに手間取りますね。
反対に花びらの落ちた後のは並んで風になびいているところが、また良かったです。

ヘラオオバコさん、それぞれ好みがありますから、何とも言えませんが、それもまた良いのではないでしょうか。
うちの場合は目に付くものは出来るだけ全てを目標にしていますから、そう言った点で違いがあるのではと思います。

ただ、このゆらゆらとした頭の部分に小さなお花がいくつも付いているのに気がついたのは最近で、これもまたきれいだと思います。

ツマグロヒョウモン君、♂♀と全く違う場所にいましたが、1日で両方を撮れたのは初めてではなかったかと思います。
これもスズメ君の子供たちを撮っているときにすぐ横に飛んできたのを撮ったもので、この日はスズメ君のお陰で色々な運に恵まれたと思っています。

スイカズラさんのお仲間のような・・・、後のコメントでお教えを頂いておりますが、園芸種のようでした。
それでも、実物を見ると何とも不思議な感じがしたのを思い出します。

また、ここではサギ類はこの時期大変に多くなり、カワウ君とともに大変に賑わうようになります。
2年前は少なくともそうでした。
去年はだいぶ少なくなったと思いながら、疑問点も思いつきはじめました。
そして、今年は今のところ、全くです。

おっしゃる通り、環境の問題は目に見えないところで、かなり大きく響いていることには間違いないと思います。

釣りをいつまでもやらせている所などは環境悪化の最たる原因ではないかと考えていますし、それに乗じて、生き物の採取など早々にやめさせないと、さらに荒廃の道をたどることは間違いありません。

そう言った点も含めて、川崎市には提言を何回かしていますが、日本庭園がやっと釣り禁止の策に乗り出して、柵を張り巡らし、看板を立ててと言うのは今年の初めのことでした。

あとは釣り堀はいつになったらやめるのか、ここが問題です。

こういった問題は本当に時間がかかるものです。

先のコメントでも書いたのですが、多摩川にごく近い場所でありながら、鳥類で賑わうことがないと言うのは大変に矛盾しており、おかしいとしか思えないことです。

いつも色々とありがとうございます。
  1. 2007/06/10(日) 22:37:49 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。
昨日は植物調査ではなかったかと思いますが、今日は明治神宮でしたか、大変にお忙しいようで何よりです。

今週末はどうもお天気も恵まれず、珍しくどこにも行かないでおりました。

スズメ君の子供たち、本当にかわいいもので、ずっと見ていましたが、時間を忘れるほどでした。
まだ、動きなどは機敏と言うところには程遠いようですが、無事に元気に育って欲しいものです。

カルガモ君は3羽いるのですが、子供が見当たらないのが毎年のこと、気になります。
少し羽を広げたかなと言うときに撮ってみました。

お言葉もいつもながら大変に恐縮です。

メジロ君、これはスズメ君の子供たちを撮っていたときにふと目に入りました。
遠かったのですが、反対にそれも良かったようでしょうか。

また再度とお言葉も誠に恐縮の至りです。
技術的なことはまだまだ引き続き、試行錯誤の段階ですし、全くではと言うところではないかと自分では思っています。

まずは思いだけから、色々と撮っているような感じですが、全てはそこからが始まりでもあると考えています。

シナサワグルミさん、全く初めて聞いたお名前です。
調べてみたら、おっしゃる通り、偶数羽状複葉で頂小葉がないとありました。
大変に特徴的、見分けるキーポイントとなりますね。

これは前にも写真に写していて、その時はお花の状態だったと思います。
完全にフジさんと勘違いをしていました。

スイカズラさんの様な・・・、ロニセラ(ハニーサックル)さんと言うんですね。
全く初めて聞くお名前で調べても出てきませんでした。
園芸種と言うことで、身体はツキヌキニンドウさんでお花の先はスイカズラさんと言う感じがします。

いつも色々と誠にありがとうございます。
  1. 2007/06/10(日) 23:05:46 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoshino88.blog31.fc2.com/tb.php/235-c1e10551
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。