野鳥道傳説Ⅱ

好きな野鳥さんたちをメインに、昆虫さんから植物さんまで身近な仲間たちを・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

駒沢オリンピック公園

今回は駒沢オリンピック公園です。
実は小さい頃は良く自転車で行ったものでしたが、それ以来は全く行っていませんでした。
勿論、近くはいつも通るのですが・・・。

そして、公園の名前通りで総合運動施設と言う感じですから、鳥君や生きものたちに関しては殆ど期待していませんでした。

そして、さすがにこの公園植物類や昆虫類、その他の写真を撮っているのはかなり珍しいようで、行き交う人たちも奇異の目で見ていたかも知れません。

カメラを持っている人も全くいないですし、ましてや自然観察をしている人も全く見当たりませんでした。

行き交う人から何回も「何をしてるんですか」と聞かれたのもここの風潮のあらわれかも知れません。
一応「趣味でこの公園植物類、生きものを調べてます。」と言っておきましたが・・・。

レンズはSigma APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM 使用での撮影です。

IMG_819524.jpg


マクロレンズでドバト君です。
実は鳥君の写真はこの1枚しかありません。

IMG_776124.jpg


結構あちらこちらで見かけるのですが、似た種類も多く、良くわからないうちの一つです。
イネ科なのか、スゲ科なのか・・・。

IMG_776424.jpg


ヘビイチゴさんです。

IMG_777624.jpg


ハコベさんかなですが・・・。

IMG_778724.jpg


ヘビイチゴ君の実がきれいに目立っていました。

IMG_779724.jpg


こちらはオヘビイチゴさんかなと言う感じですが・・・。

IMG_780324.jpg


いつものウマスゲさんで良いかと思われますが、調べてみるとスゲ科の種類はとてつもなく多いのに驚きました。
そしてどれもこれも似ていて、深く考えると全くわからなくなってしまいそうです。

IMG_780924.jpg


ムラサキサギゴケさんです。

IMG_783324.jpg


ハキダメギクさん、この不揃いな感じが何とも自然で良い感じです。

IMG_786824.jpg


ウラジロチチコグサさんです。
ムネアカオオアリ君がよじ登っていました。

IMG_788624.jpg


アワフキムシ君です。
姿が見えないので、詳細はわかりませんが、いわゆる「頭隠して尻隠さず」の様な感じに見えました。

IMG_789624.jpg


ハハコグサさんです。

IMG_794924.jpg


ゾウムシ君ですが、詳しい種類が今一歩わかりません。

IMG_796724.jpg


ヒルガオさんです。

IMG_797124.jpg


ドクダミさん、咲き始めてきていました。

IMG_798624.jpg


アメリカフウロさんです。

IMG_803324.jpg


シロツメクサさんです。

IMG_805024.jpg


ウシハコベさんです。

IMG_808124.jpg


これもあちらこちらで良く見かけます。

IMG_809924.jpg


オオバコさんです。

IMG_813624.jpg


エゴノキさんのお花が咲いてきています。
エゴノキさんで思い出すのはヤマガラ君です。
実がなる頃、また賑やかになりそうで今から楽しみです。

IMG_815424.jpg


クサイチゴさんようです。
光沢があって、何とも輝いて見えました。

IMG_817324.jpg


これ、全く初めて見ました。

IMG_817824.jpg


ネモフィラさんです。
ルリカラクサさんとも言うようです。
お友達のブログで拝見して、どこかで会えるかなと思っていたら、案外近くにいた様でした。

IMG_818524.jpg


ソラマメヒゲナガアブラムシ君のようです。

IMG_821724.jpg


カラスノエンドウさんにクロオオアリ君です。

IMG_824424.jpg


これも初めて見ます。
実のようでもありますが・・・。

IMG_825524.jpg


ヤエムグラさんです。

IMG_826524.jpg


こちらも良く見かけるのですが・・・。

IMG_829024.jpg


トウカエデさんです。

植物類は意外と多く、まだまだ撮ったのですが、お名前がわからないものばかりでした。
しかし、考えてみると、鳥類は勿論、昆虫類がかなり少なく思いました。

ただ、いつもの如く、新しい発見も多く、じっくり歩いてみるべきと思いました。

ここも最近になって、指定管理者が公園管理をしているようで、植物類の植栽に力を入れると言う様な事も公園協会のHPに出ていましたが、その方向性が気になるところです。

ここは地元に近いですので、折を見て寄ってみようと思います。

次回は新宿御苑の予定です。

そして、まだまだ最近(ここ2週間以内)に行った公園での写真がたまって、整理し切れず、調べ切れずにいる状態です。

次回の新宿御苑のあとは
①舞岡公園
②等々力緑地公園
③洗足池公園
④神代植物公園
⑤田園調布せせらぎ公園
⑥多摩川台公園
⑦宝来公園
⑧東高根森林公園
⑨砧公園
の順でアップしていきたいと考えています。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/02(土) 23:10:26|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:6
<<新宿御苑 | ホーム | 六義園>>

コメント

こんばんは

名前は知っていますが行った事のない公園です。
その公園の生き物たちをよしの88さんの画像で見れるのはとてもありがたいです。

・イネ科のスズメノカタビラです。ごく普通でどこにでむあります。
スゲはカヤツリグサ科で、雄花穂と雌花穂があるので、イネ科の花序とは全然違ってみえるので、慣れれば簡単に見分けられます。またカヤツリグサ科は茎が三角です(例外もある)
・>ハコベさん・・・・・・。は、ハコベの蕾です。
・ヘビイチゴの実、良いですね。
>こちらはオヘビイチゴ・・・・・。は、ヘビイチゴです。前にも書きましたがオヘビイチゴは花茎が枝を分け数個の花がつきます。
画像のものは花茎に1花、これがヘビイチゴの特徴です。
>いつものウマスゲ・・・・・・。は、マツカサススキです。ススキとついていますがカヤツリグサ科です。
・ハキダメギク、良いですね。
・ウラジロチチコグサと蟻、実に良いですね。
ゾウムシ・・・・・・。は、コフキゾウムシで、クズやハギなどマメ科の葉の上に、特にクズの葉に多いです。鳥類園にも沢山います。
>これもあちらこちら・・・・・・。は、これもどこにでもあるイネ科のイヌムギです。イネ科のなかでは見分け易い方です。
>これ、全く・・・・・・・。は、アブラナ科までは分かるのですが、葉や花の大きさのどが分からないので????
>これも初めて、・・・・・・。は、確か以前UPされていたと思います。ヤエムグラの果実です。ちゃんと次ぎに花の画像がありますね。
いつも楽しませて頂いてありがとうございます。
  1. 2007/06/03(日) 00:39:07 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

ここは小さい頃にはよく行っていましたが、かなり久しぶりでした。

スズメノカタビラさん、これ初めて聞くお名前です。
ただ、調べてみると結構広範囲に生息しているようですね。

スゲさんとイネ科、やはり多くを見て慣れていかないと当分は難しそうですね。
サイト上の写真を見比べてみたり、色々とやっていますが、それでも実際に見るのが一番のようです。
あと例外はあるものの、茎が三角形と言うのは重要なキーポイントとなりそうです。

ハコベさん、この時期でもこれからの蕾があるんですね。
早春からお花を見ているように思いますが、かなり花期が長いような感じがしました。

ヘビイチゴ君、結構あちこちで赤い実がなっていて、目立ちました。
また、オヘビイチゴさんとの見分け方、これもまた基本から整理する必要がありそうです。
一番のポイントは花茎に何本付いているか、あとは色々とありましたが、まとめてみたいと思います。

マツカサススキさん、これも初めて聞いたお名前です。
調べてみると、松かさの様な物が出来るようで、絶滅危惧種に指定しているところもありました。
また、似たような種類も多く、うちには難しそうです。

ハキダメギクさん、こうして考えてみるとどこでもと言うわけではない様に思えてきました。
そして、いてもごくわずかに、まさにひっそりと咲いていると言う感じです。

うちの行く場所ではそれほど見かける頻度が高くないのも気になります。

ウラジロチチコグサさんとアリ君は良いパートナーのようで、必ず見るとアリ君がいます。
アリ君の好きな何かがある物と思われますが・・・。

ゾウムシ君、確かにコフキゾウムシ君を真っ先に思い浮かべたのですが、どうもコフキゾウムシ君と言うと薄緑色と言うかの色合いで、どうしても違和感がありました。

ただ、その薄緑色という個体しか見たことがないので、それ以外があるのかどうか調べていますが、いかがでしょうか。

イヌムギさん、これも初めて聞くお名前です。
調べてみるとまさにそうですね。
そして、結構色々なところで見かけているのにも気がつきました。
あと、類似種を調べておかないとまた間違えますので、調べているところです。

アブラナ科で色々と調べてみました。
どうも、イベリス・センペルウィレンス (常磐薺)さんと言う、トキワナズナさんが一番近いような感じもしますが、何とも言えません。
更に調べてみようと思います。
アブラナ科であること、重大なヒントを頂き、感謝しております。

ヤエムグラさんの果実はそう言えば、だいぶ前に見たような記憶があります。
本当に新しいことを覚えようとすると、それまでの記憶はどんどん出て行ってしまっているかの如くです。

今回は以下の点をまとめてみようと思います。
①ヘビイチゴさんとオヘビイチゴさんの見分け方
②スゲさん、イネ科、カヤツリグサ科の違い、検索
③ゾウムシ君、更に調べて見ること。
④アブラナ科の検索

いつも色々と誠にありがとうございます。
  1. 2007/06/03(日) 21:23:45 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

野の草花の名前はむずかしいです

駒沢オリンピック公園にはいちども足を運んだことがありません。
ドバトさん、首筋の変化に富んだ色がきれいに出ています。
ハコベ、うぶ毛がかわいいです。この花(つぼみ)ちいさくて難しいです。私は避けています。
ヘビイチゴの独特の赤がそのままちゃんと出ています。子どもの頃、毒があると教えられて今でも敬遠しています。
ヘビイチゴにも違う仲間があるんですね。オヘビイチゴ、初めて聞く名前です。
スゲ科もいろいろと種類があるのですか。このコメントを読んだだけで目が回りそうです。
ムラサキゴケ、この花ちいさいけど、ほんとに美しいですね。あまりにちいさいのでどんな構図にするか悩みます。
ハキダメギクとはあまりな命名ですね。こういうのに限って花は可愛らしいんですよね。
ウラジロチチコグサとムネアカオオアリ。とてもよく撮れています。このくっきり感、すがすがしさはよしの88さんの持ち味だと思います。
ハハコグサ、この黄系、ほわっとした温かさを感じます。
ドクダミ、今日私もいくつか撮りました。臭いを嫌う人もいますが、私は子どもの頃煎じ薬を飲まされていたので平気です。
シロツメグサ、この角度から撮るととても面白いですね。白がとても映えて見えます。
エゴノキの花、白がとても美しいです。よしの88さんの白はとても素敵です。
クサイチゴ、ヘビイチゴの赤よりやはりこの赤が何倍もいいです。
クサイチゴの次の白い花、私も見たことがあります。この花もとても美しい白ですね。
ネモフィラ、これはみんなから文句なしに愛されている花ですね。私は葛西臨海公園の観覧車の下の花畑で見ました。
クロオオアリ、見事に撮っておられますね。目がこれほどクリアに撮れているのはなかなかお目にかかりません。トウカエデ、いいですね。バックの白と緑のぼけがすてきです。
野の草花の名前はむずかしいです。調べるのもなかなか骨が折れますし。
それにしても、ずいぶんあちこち巡られていますね。
編集作業が大変でしょうが、無理のないようにおやりください。
  1. 2007/06/03(日) 22:02:10 |
  2. URL |
  3. asitano_kaze #QfVI8dBA
  4. [ 編集]

こんばんは

コフキゾウムシ、地色は黒色ですが、全体に青緑色の鱗片があり、粉をふいたようで、光線の具合で、緑っぽく見えたり、黒っぽく見えたりといろいろ変化して見えるようです。
  1. 2007/06/03(日) 23:10:38 |
  2. URL |
  3. hitakijo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

asitano_kaze さん

こんばんは、いつも丁寧にご覧いただき、誠にありがとうございます。

駒沢オリンピック公園、小さい頃から慣れ親しんだ、半ば地元の公園ですが、運動施設が殆どですので、自然関係となるとどうも劣るような感じがします。

うちも実際に小さい頃から以来、今回がかなり久しぶりと言う感じです。
園内は昔と全く変わっていず、それだけは救いだったような気がします。

ドバト君、良く見ると色々な色合い、バリエーションがあり、また一番身近でもあることから、どうしても撮ってしまいます。
これも多分にして、光の当たり具合で色合いが変化しそうな感じがします。

ハコベさん、確かにかなり小さいですね。
うちの場合は得てして、小さな、普通で見てもわからないくらいのをカメラを通して、少しでも大きく目立つ存在にしたいという気持ちもあり、どちらかと言うといれば、率先して撮っているような感じです。

ヘビイチゴさん、こうしてみるときれいです。
きれいな物には毒がある、いやトゲがあるでしたか、それも又良いですね。

オヘビイチゴさん、この写真は実際上と同じく、ヘビイチゴさんでしたが、結構よく似た感じです。
ただ、良く見てみると微妙に違いがあると言うところで、理屈ではわかっていても、未だに判別できない種類の一つです。

スゲ科、イネ科、カヤツリグサ科、色々とあり、また種類もかなり膨大で、その上似たような感じばかりで、とても簡単には判別できません。
これも少しは勉強のために、スゲ科、カヤツリグサ科、そしてここでは別ですが、シダさんの図鑑などを早々に購入しました。

現在、それを見てあれこれとやっていますが、どんどんと混乱してきそうな、そんな感じです。

ムラサキサギゴケさん、そうですね、なかなか構図は迷いますが、小さいですから、単体で撮ることが多いように思います。

本当はこの場合、真正面から撮るのが順当かと思うのですが、今回は少し斜め方向から撮ってみました。

ハキダメギクさん、確かにいつもうちもそう思います。
これも結構小さいですが、意外といれば目立ちます。
そして、花びらの付いている位置が均等ではなく、それぞれにばらつきがあるのが、また面白いところです。

お名前とは裏腹にかなりかわいい、そしてひっそりと咲いている地味なお花だと思います。

ウラジロチチコグサさんとアリ君は良いパートナーのようで、見るといつもアリ君が必ずいます。
やはり、どちらかと言うと単体よりはそこにいる生きものたちも一緒に撮れば、さらに躍動感と申しましょうか、生き生きとした感じになる様な感じがします。

ハハコグサさん、いるとやはりどうしても撮ってしまいます。
お花のようでお花に見えない、この柔らかい固まりがいつ見ても良いと思います。

ドクダミさん、これちょっと撮るのが難しいですね。
どこにピントを合わすか、大変に迷います。
煎じ薬、聞いたことがあります。
うちは臭い、その他あっても別に気にしませんし、それがそれ独特の持ち味なのではとも思います。

シロツメクサさん、これもどう撮るか、いつも迷います。
集合体を撮るのか、一つ一つを際だたせて撮るのかでかなり感じが変わってくるように思います。
この写真は簡単に頭にピントを合わせてしまいましたが、本当は真横からが一番良いのかも知れません。

エゴノキさん、今ではかなり花びらが落ちてしまったようですが、これからがまた楽しみです。
白色、いつも難しいと感じます。

クサイチゴさん、この艶がまた何ともきれいでした。
全体で一つなのでしょうが、この一つ一つの透明感のある輝きがまたきれいです。

その次のお花、一応調べてみましたら、トキワナズナさんと言うのが一番近いような感じでした。

ネモフィラさん、葛西にもいますか。
うちはお友達のところで拝見して、何かオオイヌノフグリさんなどのあのお花に一見似ているような、そんな感じもし、どこかで会えればと思っていた矢先でした。

これまた灯台もと暗しと言う感じです。
この澄んだ青い色合いはなかなかきれいだと思います。

クロオオアリ君、最近よく撮っています。
動きが意外と素早いので、なかなかうまく撮れません。

トウカエデさん、もう少し近くで撮れたら、また違った趣になったのかなと思います。

本当に植物類の世界はとてつもなく広く、とてもうちの様なにわか観察者ではお名前が殆どわからず、大変に難しいところです。

色々な書籍や図鑑なども購入して、様々に調べているのですが、やはり系統立てて、特徴をつかまないといくら調べてもおぼつかないようです。

また、あちこちに行ってはいますが、身体の方は以前にほぼ戻りましたので、今のうちと言う感じで頑張っています。

暖かいお言葉も誠にありがとうございます。

ただ、さすがに毎日のアップはとても難しく、時間的に見ても結構厳しいです。
良くて2~3日に1回のアップが精一杯と言うところです。
  1. 2007/06/04(月) 23:15:51 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

hitakijo さん

こんばんは、再度わざわざありがとうございます。
色々と調べているのですが、この色合いのコフキゾウムシ君が見当たらずです。

ただ、緑色が剥げたようになっている、コフキゾウムシ君の写真の剥げた部分はこんな感じの色合いでした。

薄緑色は鱗粉で、その条件によって、色々な色合いに見えると言うことは少なからず予想できそうです。

元々の色合いが黒っぽいと言うことと、薄緑色は鱗粉の色合い、これは初めて知ったことです。

お顔の感じなどはまさにコフキゾウムシ君なのですが、この鱗粉のことが謎のままだったら、いつまでたっても解明できなかったかと思われます。

いつも色々と誠にありがとうございます。
  1. 2007/06/04(月) 23:22:35 |
  2. URL |
  3. よしの88 #a0J2.lfM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yoshino88.blog31.fc2.com/tb.php/232-ece3f26d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

有機リン系(マラチオン、MEP、アセフェート等)、合成ピレスロイド系(ピレトリン等)、クロロニコチル系(アセタミプリド等)などの多くの殺虫剤が有効である。しかし、最近の研究結果では、特に有機リン系や合成ピレスロイド系に対し、高い薬剤抵抗性を持つ傾向が顕著で
  1. 2007/07/06(金) 13:50:34 |
  2. 昆虫類が面白いかも

プロフィール

よしの88

Author:よしの88
東京都目黒区在住
昼夜・休みと関係のない不規則な仕事の合間に時間を見付けては、あちこち撮影に歩いています。

写真は駆け出しの素人写真ばかりですが、どうぞ、ごゆっくりと。
コメントなども大歓迎です。
ただし、記事の内容に対する記述の含まれないコメントは勝手ながら、無条件削除とさせて頂きます。

全ての写真はノートリミング、無修正・無加工でそのままJPEG画像をサイズ変更だけで手を加えることなく掲載しています。
遠い、小さい、見にくい、ぼけている、そして暗い・明るい・飛んでいるなどの写真が往々にしてありますが、ご了承下さい。

また、ここで掲載している写真・画像の無断転載、使用、画像への直接リンクなどは一切お断り申し上げます。
事前にメールなどでお知らせ頂きたくお願い致します。


リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。